スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010.02.18の備忘録

    2月18日

    人気ブログランキングへ

    “労働信仰”の危うさ~希望って何 ひきこもりの自殺出始める
    http://digest2ch-bizplus.seesaa.net/article/141487093.html#more
    アメリカの大陸型大店舗方式を採用で自営業崩壊、製造業の海外流出、農業の崩壊の結果、ひきこもりの雇用がなくなったとか。


    秀逸なコピペ

    まるで神話のように語り継がれる日本の「真面目な労働者」その正体を知っているだろか?
    昭和も支えた滅私奉公を美徳とした日本人の労働に対する精神は
    経営者が労働者の人生を全部背負うことで成り立っていたのである。
    今では悪習とされるコネ採用も企業や役所による労働者への社会福祉である側面があった。
    労働者である夫がケガや死で一家の支えを失っても昔はその家族の妻を、子供が大きくなれば子供を
    優先して採用することで労働者の家族が路頭に迷わぬように経営者は配慮したのだ。
    確かにこれのデメリットは大きい。
    しかしながら自分が虫けらのように過労死しても会社や役所は自分の家族を助けてくれるという
    安心感があるから日本の労働者は身をなげうって職場に忠誠を誓えたのだ。
    ところが現在のあらゆる経営では労働者は過労死も厭わない過酷な労働を強いられるうえに
    力尽きればまさに虫けらのように捨てられる。
    派遣や契約社員となればその存在はあまりに軽く、経営者にとっては捨てるという意識すらない。
    良識とされる労働者のあり方と社会の労働者に対する無責任の差に孤立した若い人は絶望するのだ。
    この不条理を自力で乗り越えられない人間の選択支は二つしかない。
    政治に口を出し家族を不幸に巻き込む怪しい新興宗教の門を叩くか、自殺(孤立死)だ

    人気ブログランキングへ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。