スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    7月12日

    7月12日

    時事通信が慰安婦問題で米国務省高官の発言を歪曲し、印象操作
    http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-888.html

    天下り官僚の税金ドロボーの首を斬り捨てて機構縮小すれば過剰融資155兆円を国が回収するのはいとも簡単。
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/38d5d458baafb1f1f0d3c807e52891c5

    これからは、少女は巨乳に、少年のペニスは短小になっていく
    http://www.bllackz.com/2012/07/blog-post_12.html



    Unknown (貼り付け)
    2012-07-11 14:47:53
    先般、米国のTIME誌が、実際に米国内で起きた事件を題材として、極めて単純明快に、この問題について答えを出しています。
    http://healthland.time.com/2012/06/20/why-a-texas-dad-who-killed-his-daughters-alleged-rapist-wont-face-charges/

    紹介されている事件は、テキサス州の牧場の馬小屋で、性的暴行を受けそうになった娘をたすけるために、父親が素手で加害者の男性を撲殺した、というものです。

    この事件について、米国の大陪審は、父親を完全無罪としました。
    さらに父親は、一切の罪に問われない、と判決しています。

    TIME誌は、「子どもは自分を守れない。もしこの事件において父親が犯罪を犯したとするならば、多くの父親が子どもを守るために刑務所に行く」と、判決内容を全面的に支持している。

    ーーー日本ではーーー

    主として在日朝鮮人、在日韓国人による、冷酷無残な連続強姦や女性への性的虐待が、数多く行なわれています。

    先日には、フィリピンに留学していた日本人女性が、韓国人男性に酒をのまされた挙げ句、強姦され、処女を奪われた挙げ句、肛門まで犯され患部に裂傷を負わされたという事件もありました。

    さらには韓流ドラマに触発されて韓国に旅行した女性が、現地の韓国人男性に強姦されるなどという事件も、数限りなく起こっています。
    ある事件では、宿泊ホテルのオーナーが、日本人女性を毎回強姦していて、100種類を超える性具まで用意していた常習犯だったという報道もありました。

    いずれも日本のメディアでは一切報道されず、現地の新聞から日本語訳したものが、ネット上で拡散されたものです。

    http://nezu621.blog7.fc2.com/?no=1564



    歴史秘話「長崎プルトニウム原爆投下による聖絶(ポア)は、プロテスタントとユダヤ合作のカトリック虐殺事件」だったのではなかろうか? (浦上天主堂は、カトリックでござる。)
    2012-07-11 23:01:09
    米英による第二次世界大戦は、アジア人虐殺だけでなく、新教徒とユダヤ人の合作による旧教徒虐殺も適度にブレンドされていたのではないだろうか?

    エノラ芸の搭乗員の半分がユダヤ系だとの話と、アメリカによる浦上天主堂へのプルトニウム原爆投下に違和感があったが、
    これは、日本人でさらに旧教徒カトリックへの虐殺を目的とする殺戮=聖絶=ポアだったのではないかと、ふと思った。


    アメリカ人は、一部のユダヤに利用されて、旧教徒への聖絶に加担させられたのだろう。それとも本望だったのだろうか?


    聖絶=ポア=虐殺(ジェノサイド) 

    この視点に立った時、始めて見える地平があるように思う。

    そして、各種米帝の要求項目は、経済的「聖絶=ポア」を目論む勢力によって、繰り出されていると見て良い。
    それを隠蔽するための数々の嘘を繰り出すが、自分の出す陰謀論は正しく、相手の指摘する陰謀論「謀略」を否定するという手前勝手な発想には驚きを禁じ得ない。

    そういう異民族差別の「聖絶=ポア」信仰のある異民族は、すべて搾取目的の侵略者であるのだろう。

    なにより、タントラバジラヤーナが源泉とされたオウムのポアが、実際は「ユダヤ教やその分派のキリスト教の概念」だったという事実が重みを増すばかりである。

    キグルミの
    皮見て決める
    愚かさよ
    袈裟の下から
    クロス突き出る


    長崎の松本某と麻原は、繋がっているのかしら?



    「聖絶=ポア」神社放火の信者の正体は? オウム、隠れキリシタン説の真偽は何処に。 (巧言令色鮮なし仁の民で「聖絶教徒」か?)
    2012-07-12 00:02:06
    キリシタンによる日本破壊は、聖絶=ポアであり、異端の魔女狩りではないだろうか。(末端信者の一部は何も知らない家畜だろう。オウム同様、大部分ではないね。)
    そして、官僚も重要な標的のひとつであり、改宗して狂戦士として操られたり、嫌々協力させられたりしているのだろう。


    神社が燃やされている
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1066.html
    >日本精神を代表する施設といえば、その筆頭にあるのは神社かもしれません。

    >その神社が、最近、狙われています。

    >埼玉県春日部市では、立て続けに神社が5カ所、放火にあって全焼しています。

    最近の御神木倒壊も何者かの手管で枯れ葉剤でもまかれているのだろうか?


    かつて戦国末期、九州のキリシタン信徒周辺で神社仏閣の破壊と信徒虐殺奴隷貿易の事実を考えると、犯人は自ずと推定される。(おまけに明治維新の廃仏毀釈。タリバン行為。)

    秀吉は偉大な決断をした日本の英雄である。が、災いを呼び込んでもしまった。

    信長は、キリシタンに唆されて、比叡山の聖絶を実行しようとしたのではないだろうか?
    そして、伊勢長島の一向宗にも、吹き込まれた聖絶を実行しようとしていたのだろうか?
    更に、日本統一後、中国大陸へキリシタンの尖兵として操られて、侵略の露払いとして利用されそうになっていたのではないか?

    だから、我一生の不覚也。そして、本能寺で暗殺され、その経緯を後から聞かされた秀吉は、
    九州でのキリシタンの暴虐を知り確信し、マニラ征伐のための中国侵攻を決め、通り道の朝鮮に出陣したのだろう。


    結局、信長にしろ、秀吉にしろ、キリシタンの策謀がなければ、そもそも半島に興味を持つことも無かったのではないか?
    そして、明治維新の半島キリシタンカルトが煽動し、東北を見捨てて韓国併合をさせて、満州へ、泥沼の日中戦争へと、
    英国と共謀した薩英戦争と同じく、国家基盤破壊と朝鮮の一部民族の聖地満州への通路を併合させたのではないだろうか?

    日本から、半島に魂を惹かれる人間が居なくなり、
    日本から、キリシタンに魂を惹かれる人間が居なくなり、
    日本には、聖徳太子の礼に習って暮らせれば、平和な日本が出来上がる。

    朝鮮難民のおたあ・ジュリアも、聖徳太子と光明皇后の事蹟を勉強していれば、キリシタンに狂うことも無かったのに、残念である。
    (朝鮮には、貧民を救う政策は、支配者層がヤンバンだしアレだから、少なかったのだろうが。)

    http://ja.wikipedia.org/wiki/ジュリアおたあ
    >文禄の役で日本軍により平壌近郊で捕縛・連行されたのち、キリシタン大名の小西行長に身柄を引き渡され、小西夫妻のもとで育てられる。

    キリスト教徒は、信仰の洗脳のために、菓子を与え、貧民にかゆの炊き出しなどを行ったようだが、そこで獲得した信者は、後に狂戦士(バーサーカー)としてすり潰される運命にあるのだろう。
    何にしても、中世の魔女狩りの時代に、それも知らず殉教した26使徒はある意味愚かであり、ある意味11使徒より優れていると言えるのである。(知らない!×3)
    だって、日本人だからね。律儀なんだよ。
    (嘘で塗り固めた大陸半島人の生き方は、所詮、信仰さえも便宜的な場合が多いのだから。
     でもオルレアンの魔女は別か? しかし、最期は利用されて打ち捨てられたけどね。結局、狂戦士なんだね。)

    http://ja.wikipedia.org/wiki/魔女狩り
    「魔女狩りは15世紀から18世紀までにかけてみられ、全ヨーロッパで最大4万人が処刑」(900万人説あり。都合が悪いので改竄?どちらの都合が・・・)
    >魔女狩り(仏: Chasse aux sorci?res、英: Witch-hunt)は、中世末期から近代にかけてのヨーロッパや北アメリカにおいてみられた魔女(sorci?res、Witch)や魔術行為(Witchcraft)に対する追及と、裁判から刑罰にいたる一連の行為のこと。
    >かつて魔女狩りといえば「12世紀以降キリスト教会の主導によって行われ、数百万人が犠牲になった」というように言われることが多かったが、このような見方は1970年代以降の魔女狩りの学術的研究の進展によって修正されており、
    >「もともと民衆の間から起こった魔女狩りは15世紀から18世紀までにかけてみられ、全ヨーロッパで最大4万人が処刑された」と考えられている。

    >魔女狩りの根拠とされたのは旧約聖書『出エジプト記』22章18節の「女呪術師を生かしておいてはならない」 (??????????? ??? ???????? [m??a?????h l?’ t??ayyeh]) という記述である[2]
    (魔女狩りとユダヤホロコースト。回り回って、己に還って来たのだろうか。或は、インディアンの頭皮剥がしのレッテル貼りと同様の捏造自己習慣を相手に貼付けか?)

    http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャンヌ・ダルク
    「ジャンヌは死してなお、性器を晒されるという女性としての屈辱も受けた」
    >点火されるまでのジャンヌは「神様、神様」と泣き叫んでいたが、火の勢いが強くなると「全てを委ねます」といって無反応になったと記録されている。炎の中、ジャンヌが高温と煙で窒息死し、その服が燃えた時点で一旦火は遠ざけられた。
    >群衆に向けてその裸体、性器を晒し、ジャンヌが聖女でも両性具有と思われていた魔女でもなく、ただの女性に過ぎないと示すためであった。
    >ジャンヌは死してなお、性器を晒されるという女性としての屈辱も受けたのである。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。