スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010.04.14の忘備録

    4月14日

    人気ブログランキングへ

    統一協会はKCIAを通じてCIAの制御に服する実働部隊というのが実像だよ。

    自民党と統一協会との腐れ縁も、アメリカが統一協会を通じて自民党を監視し、
    統一協会を通じて自民党を間接支配するという目的があったから。

    冷戦後、日本でより制御が容易な二大政党体制構築を画策したのもアメリカで、
    この偽二大政党体制は主にアメリカの裏庭である南米で見られるものだが、
    それと同じ事を日本でもやり、日本を完全に植民地化しようとした。

    だから二大政党の一翼を担う民主党に統一協会が付いているのは当然。

    それから統一協会が民主党に強い影響力を保持したのはずっと前から。
    民主党と統一協会との繋がりについて書くと長くなるので、分割します。

    民主党という政党は、鳩山と菅が元々のボスだが、鳩山は統一協会とズブズブ。
    そして菅も学生時代にノンセクト学生グループという名のセクト集団を作り、
    CIAの防共政策に貢献した過去があり、公調庁経由でCIAと接点があるとの説もある。
    というわけで民主党はスタート当初からアメリカの傀儡政党だった。

    まずはこれが一点目。

    またこの党は新保守から社民主義まで左右に幅が広く反自民で固まっただけで、
    選挙対策の為の党と言われるくらいずっと分裂の危機が囁かれていた為、
    党中央で金の管理を行って地方から力を殺ぐ独裁的党運営をずっとやっていて、
    代表になれば、金で地方組織を縛り、自分の政策を呑ませられる組織になっていた。
    小沢が出てきてがらりと政策転換しても分裂が起きなかったのはその為。
    闇氏は小沢になってから民主党が党独裁体制を強化したといっていたけど、
    実はそれ以前から民主党の党体制は独裁的・強権的な体質を持っていた。

    何故こんな話をしたかと言うと、それは鳩山がずっと代表だったから。
    民主党は、小沢時代より前から、代表の座を掴めれば何でも出来る政党だった。
    その代表の座には長期間に渡って鳩山がいたのだから、統一協会の影響力は強力で、
    同時に統一協会は民主党内で代表が変わっても影響力を保持できる仕組みを
    作るだけの時間的な余裕が十二分にあった。

    そういう土壌があったからこそ、民主党から統一協会絡みの醜聞が絶えなかった。

    恐らく統一協会の民主党に対する影響力は連合並みかそれに準ずる水準でしょう。

    それから、統一協会の活動実績について書け、という人がいますが、
    もしも統一協会とアメリカ、CIAとの関係が断たれているなら、
    韓国政府は統一協会をぶっ潰してます。

    だが、韓国政府は統一協会を相変わらず潰していない。

    これが実態を物語ってる。相変わらずCIAの実働部隊なんですよ。



    (その1)
    江東区の集団ストーカーは今日もすごかった。
    タクシー業界で、業者が複数にまたがり、完璧にネットワークが出来上がっている。
    毎日毎日あからさまに明らかなのは5台以上、微妙なのを含めると20台ぐらい、
    それも毎日毎日毎回毎回運転手が異なる(ほんとすごい。ぞっとします。なれ
    たけどぞっとします)し、しかも決まってそれらはお客がいないケースばか
    り(今のところ)。

    数分間のいつもの裏道ウォーキングに入ると、それにあわせて毎回タクシー
    がじゃんじゃんじゃんじやん通過していく。そういう時は決まって普通車が
    裏道の一方通行をこれ見よがしに逆走したりすることも、毎回ではないが、
    頻繁に結構ある。すごい目立つ。
    ありえない裏道でこれだけやられると、タクシー連合はお前を24時間付き纏っ
    ているぞというメッセージを送っているとしか、否が応でも思わざるを得ない。
    まさにこれぞ集団ストーカーノウハウといった具合。
    もちろん自宅玄関の前でのこれみよがし通過も、ほとんど毎日行われているとい
    った状態であり、このことも決して忘れるわけにはいかない。

    (その2)
    江東区の柿沢未途先生にお願いがあります。
    江東区のタクシーネットワークでの集団ストーカーをやめさせて下さい。
    江東区での宅配便ネットワークでの集団ストーカーをやめさせて下さい。
    江東区でのその町々の酒屋とか仕立て弁当屋とかピザ屋とかの100%確実
    といえる集団ストーカーをやめさせて下さい。
    江東区での複数のバイク集団を使った集団ストーカーをやめさせて下さい。
    盗聴器を使って私の自宅玄関の出入りを探っての毎日のこれ見よがしの集
    団ストーカーを辞めさせて下さい。

    柿沢未途先生のお父様の人脈があれば、これらの戦略的機動的集団ストーカー
    なんてやめさせることができるのではと思われるのですが、いかがでしょうか。

    (その3)
    ちなみに私は今のところ江東区でだけで、次から次へと統合失調症患者が述べる
    被害妄想と同じ現象を次から次へとセッティングされているのですが、これは私
    の妄想でしょうか。江東区でだけなのですがこんな妄想ってあるのでしょうか。

    ちなみに私は医者から統合失調症と認定されております。しかし医者以外からは
    統合失調症だなんて全く思われてはいません。
    薬も飲んでいないですし、バイトの仕事もすごく順調です。

    それでも医者から統合失調症と認定された有権者だと、そのお願いは、やはり
    未途先生の場合、聞いてはもらえないのでしょうか。

    川田先生はエイズになったそうですが、私も癌などの大病を経験させられており
    ます。私の姉も大病を経験させられております。私の姉は柿沢先生のお姉さまと
    同じ千代田区の高校出身です。電話でお姉さまから高校が同じですから父の選挙
    を宜しくと頼まれた事が何度も何度もありました。
    これも何かの縁でございましょうから、江東区の集団ストーカーをやめさせる

    尽力の程、何卒何卒、お願い申し上げます。

    私は不破哲三先生に投票した事は一度もございません。柿沢弘治先生の選挙を
    邪魔したことも一度もございません。つまり、集団ストーカーされるいわれは
    全くございません。そのような江東区の有権者をお守り下さいます様、ご尽力
    の程、重ねてお願い申し上げます。



    …太田知事時代に、何故東京へ本社移転したのか?というアンケートを元・大阪
    企業へ行った。

    その結果は恐るべきもので

    1…情報が得られる
    2…他の財界人との交流に便利
    3…大阪にいると社員の士気や会社の風土が悪くなる←

    であった。

    自分の会社も大阪発症の会社で登記上の本社は今でも大阪にあるが、実質本社は東京。
    役員もみな東京在住。大阪にあるのは近畿地方担当の営業部門だけ。
    大阪と東京とで感じるのは、
    >>16が書いていたように、「3…大阪にいると社員の士気や会社の風土が悪くなる」
    これは事実。
    ・些細なことで因縁をつけてふんだくろうとする人(いわゆるクレーマー)がほかの地域に比べて多いのが関西。
    ・古い商慣習や風習(問屋制度など)にこだわる人が多い。ネットがこれだけ普及してBtoCやBtoBの時代に合わない商慣習が多い。
    ・教育を重視しない。学問は利益を産まないと思いこんでいる古い頭の人が多い。他者のヒット商品をマネして売り出す「松下商法」で行けるといまだに思っている。
    その結果、関西メーカーでも研究所を関西以外に置いているところが多い。
    ・根性論や精神論が好きな人が多い。
    ・客観的・冷静に分析できる人が少ない。未だに大阪は日本第二の都市と思いこんでいる。現実は失業率は高いし、工業出荷額は第5位、都道府県民所得でも低迷。
    ・公務員の質が悪い。特に第3セクターに付き合わされると、大損させられることがよくある。公務員も無責任だが、
    民間もプロジェクトで関西をよくしようなんて考えていない。自分ところの会社に利益が落ちるようなプロジェクトを考えている。
    ・住民が政治に無関心というよりふざけている。「おもろいやつ」を自治体の首長や議員にする人間が100万人いる。
    ・個人的にはDQNだと思った話は関西の方が人口の割に関東より多い。

    以上のような要因が連鎖している。だから、関西の有名大学の卒業生はみな何年かすると東京に集まる。
    関西に残るのは、インフラ企業(電力・ガス・鉄道)と公務員と中小企業
    残った人たちは、大阪は日本第二の都市、東京のライバルと自己満足 ますます悪化。
    そもそもどこの国でも2番目の都市は生き残るのに知恵を絞っているのに、大阪だけ戦前から昭和30年代の栄光にすがっているようなもの。



    ①TBSが再放送したくない 日の丸の行進 2-2WBC
    http://www.youtube.com/watch?v=bpD-DRIpWm0&feature=related
    ②6月3日 朝日新聞に問い合わせの電話1/2
    http://www.youtube.com/watch?v=-X-UBvRUtxI&feature=related
    ③6月5日 朝日新聞に電話してみました2/2
    http://www.youtube.com/watch?v=WQxexTEOduQ&feature=related
    ④日本とパラオ ~歴史を越えた友情~
    http://www.youtube.com/watch?v=cTRfPNEPR-A&feature=related
    ⑤国旗の重み~命懸けで日の丸を守ってくれた外国人~
    http://www.youtube.com/watch?v=iSdDWjbIPhU&feature=related
    ⑥中国人は日本人より、韓国人が嫌いらしい
    http://www.youtube.com/watch?v=W-HTaqDgk44&feature=related
    ⑦マスコミを批判する人、期待に反する発言をする人・・
    http://www.youtube.com/watch?v=w55o8HMinho&feature=related
    ⑧民主党の正体
    http://www.youtube.com/watch?v=GY8CrRHWDes&feature=related
    ⑨日本国民を騙し続けた、日本の朝鮮メディア
    http://www.youtube.com/watch?v=sgXFfrV0Fdk&feature=related



    ■麻生クーデター説の真相 その1

    ほぼすべてを解説します。


    まず、↓をご覧ください。
    ---------------------------------------
    http://freejapan.tv/?News%2F2009-02-19

    * 緊急拡散『読売新聞とCIA』 (水間政憲)
    2009/02/19 07:10:03

    一昨年の「麻生クーデター説」を、 読売新聞グループが主導したことは、当時、ネット上に筆者が配信したコメントが、現在も、「クーデターの主犯はメディア」とのタイトルで検索すると多数ヒットします。

    その時のコメントでも指摘しましたが、戦後、 読売新聞社主・ 正力松太郎は、 CIA の エージェント「ポダム」(暗号名)として活動していたのです。

    そして、国家利権のテレビ電波をいち早く認可してもらってます。

    戦後日本テレビは、、日本が二度と米国に逆らうことができないように、米国の「日本人総白痴化 3S政策」( スポーツ、 スクリーン、 セックス)を 日本テレビ放送網で、 プロレス・ 野球や 西部劇などの米国番組を垂れ流して、日本人洗脳政策の手先になっていました。

    一昨年の「麻生クーデター説」を主導したのは、 読売新聞と 日本テレビでした。

    今回の G7に、 読売新聞編集局経済部・ 越前谷知子記者は、 中川昭一財務大臣を同行取材するだけでなく、昼食後に飲酒した席に同席していたと報道されているが、一記者の行動にしては非常に不可解なのです。

    一昨年も、福田康夫議員の支持率が、どのマスメディアより高く、過半数を超えたと報道したのも読売新聞でした。

    今回、各マスメディアが、麻生首相の支持率を17~19%と報道しているにも拘わらず、 日本テレビだけが一桁の「9.7%」と、報道していることが偶然とは思えないのです。

    【その1のつづき】

    筆者は、2006年6月号『 正論』で「スクープ!遺棄化学兵器は中国に引き渡されていた」を発表しました。そして、継続して「遺棄化学兵器問題」を発表していたのです。その頃、読売新聞社会部記者から連絡があり、読売新聞本社に出向き、正論編集部にきていた筆者宛ての告発資料を提供したのです。
    その時、社会部記者は「政治部は取り上げないが、社会部の切り口で取り上げたい」と言っていました。
    2007年秋、遺棄化学兵器処理事業に関係していた PCIが、東京地検特捜部に強制捜査されたので、読売新聞社会面に、遺棄化学兵器処理事業の闇が掲載されると期待していたのです。

    しかし、取材を積み重ねていたその社会部記者は、唐突な人事異動で、社会部から飛ばされたのです。
    中国の雑誌に「読売新聞1.000万部の力で安倍政権を倒す」と発言したは、 渡邉恒雄読売新聞社主でした。

    読売新聞グループは、どこの国の国益を守ろうとしているのであろうか。
    そしてまた、読売新聞グループの力で、麻生政権を倒すことを策謀しているのであろうか。

    それが杞憂でなければ、日本人1億3千万人の力で、読売新聞グループの野望を、阻止しなければならないのだ。

    ジャーナリスト・水間政憲
    ネットだけ転載フリー  http://www.freejapan.info/?News
    ---------------------------------

    わかりましたか?

    >元締めは財務省でしょうかね?

    厳密には違います。
    旧大蔵省について歴史を調べれば、すぐわかりますが、戦後GHQに真っ先に擦り寄ったのが旧大蔵省なのです。

    GHQは、内務省は解体、大蔵省は見事に温存しました。去年の8月中旬頃の日経の一面の特集(たしか『政権』だったかな)、に書いてました。図書館で調べて今度ブログに書きます。

    さて、GHQが占領中、アメリカはコミンテルンに支配されていたことは知ってますね。(田母神氏談)

    【その2のつづき】

    昨日の>28.maruさん
    >福田政権は本当にムダだったと思います。

    ---------------------------------------
    外貨準備:政府が米金融2社救済案 08年8月に支援検討

    米政府系住宅金融機関2社が経営危機を迎えていた08年8月下旬、
    日本政府が外貨準備を使って両社の支援を検討していたことが5日、
    関係者への取材で分かった。
    入札不調に終わる懸念があった2社の社債数兆円を、日本政府が買い支える計画だった。
    世界的な金融危機に陥る瀬戸際とはいえ、公的資金で外国の金融機関を救おうとしたことは
    極めて異例で、経済的に密接不可分な日米関係の特殊性を明らかにする事実といえる。

    金融機関2社は、社債で調達した資金で金融機関から住宅ローンを買い取り、
    証券化商品に組み替えて投資家に販売しているフレディマックとファニーメイ。
    両社が発行した住宅ローン担保証券の残高は約6兆ドル(約540兆円)と米国の
    住宅ローン残高の半分を占め、世界の金融機関も広く保有していた。
    両社が経営破綻(はたん)すれば、日本を含めた世界の金融システムに
    深刻な影響を与えることは確実だった。

    ■:麻生クーデター説の真相 その4

    【その3のつづき】

    日本政府では、限られた財務省幹部が米財務省と緊密な連携をとりながら、
    外貨準備から数兆円を拠出して両社の社債を購入する救済策「レスキュー・オペレーション
    (救済作戦)」という名の計画を立案。通常は非公表の外貨準備の運用内容をあえて公表し、
    日本の支援姿勢を打ち出して両社の経営に対する不安をぬぐい去ることも検討した。

    しかし当時の伊吹文明財務相が慎重論を主張し、9月1日の福田康夫内閣の退陣表明で
    政府が機能不全に陥ったため、実現しなかったという。米政府は9月7日、公的資金を投入して
    両社を国有化し救済したが、同月15日には米リーマン・ブラザーズが破綻し、
    結局、金融危機の深刻化は防げなかった。

    伊吹元財務相は毎日新聞の取材に「大臣決裁の段階にはなかった。しかし、
    米国の経済危機が目前に迫る中、日本の外貨準備で損失が出かねない資産を
    購入すべきでないという当たり前の判断だ」と述べた。(一部省略)

    ソース:毎日新聞
    http://mainichi.jp/select/today/news/20091006k0000m020130000c.html
    ----------------------------------------

    福田政権はアメリカ(ウォール街・米財務省複合体←これは金融界の「常識」)から日本を護ったのですよ。

    ■麻生クーデター説の真相 その5

    【その4のつづき】

    【日本政府では、限られた財務省幹部が米財務省と緊密な連携をとりながら、外貨準備から数兆円を拠出して両社の社債を購入する救済策を立案】

    ↑と↓により『ウォール街・米財務省複合体と日本の財務省と密接な関係』がわかりますね。

    【旧大蔵省について歴史を調べれば、すぐわかりますが、戦後GHQに真っ先に擦り寄ったのが旧大蔵省なのです。】
    【GHQは、内務省は解体、大蔵省は見事に温存しました。去年の8月中旬頃の日経の一面の特集(たしか『政権』だったかな)、に書いてました。図書館で調べて今度ブログに書きます。】
    【さて、GHQが占領中、アメリカはコミンテルンに支配されていたことは知ってますね。(田母神氏談)】


    昨日の>45.nobuhikoさん
    >これを一番最初に言い出したのは青山繁晴氏だったように記憶しています。

    昨日の>56. 午前さん
    >ただ正直自分の記憶では安倍さんと麻生さんが対立していると取られても仕方ないようなことを話してた気もする…


    その情報が「真」ならば、「ウォール街・米財務省複合体=彼ら」側の人間の可能性があるということです。

    【警戒すべき事由】
    極端な親米反中、またその逆の極端な反米親中の有識者には、要警戒です。

    歴史を勉強すれば、理解できる、必ず「彼ら」の工作は相対立する【両方】に入り込むのです。

    戦前の右翼は左翼←調べてください。動画もあります。

    自分で能動的に調べ、考えることが重要です。

    ■麻生クーデター説の真相 その6

    【その5のつづき】

    >3.sunさん

    >マスコミは「みんなの党」をもちあげることで反民主党の票が自民党に向かないように仕向ける作戦に出ていますね。
    >「第二民主党」といえる「みんなの党」に参院選で投票すれば民主党連立政権の暴走がとまらないと強調していきたいですね。

    「みんなの党」は、厳密には「第二小泉構造改革派です」

    「小泉構造改革派」は「みんなの党」「自民党の中の改革派(麻生降ろしを画策した大物政治家たち)」「民主党の小沢・鳩山・菅・岡田(前原は調査中)」

    小泉・竹中は『ウォール街・米財務省複合体=彼ら』の手先であることはご存知でしょう。

    つまり、「みんなの党」も「彼ら」の手先なのです。

    また、「自民党の中の改革派(麻生降ろしを画策した大物政治家たち)」も「彼ら」の手先なのです。

    さらに、「民主党の小沢・鳩山・菅・岡田(前原は調査中)」も「彼ら」の手先なのです。
    ※「民主党」は極端な反米親中を装ってますが、実は隷米親中(厳密には隷「彼ら」親中)

    意外かも知れませんが、支那も「彼ら」の手先なのです。

    それが、垣間見えるのが、習近平の天皇陛下謁見事件です。

    考えれば、わかります、裏で誰が動いていたか。

    必ず「彼ら」の工作は相対立する【両方】もしくは【すべての勢力】に入り込むのです。
    ■麻生クーデター説の真相 その7

    【その6のつづき】

    >6.竹本秀之さん

    >今の民主党政権に関与している勢力はアメリカ、中国、欧州など多くあります。
    >これは検証できる事実です。陰謀論ではないのです。

    そのとおりです。陰謀について検証しようとしないのは本当の「歴史」を知らない情報弱者が多いからです。

    自称「保守」、自称「情報強者」ほど、実は、意図せずに、「情報弱者」だったり、国を護ってるつもりが国を売ってたりします。


    私は、皆さんのご想像通り、いわゆる「陰謀」について調べています。

    私は、世間で有名な陰謀論者については、かなり懐疑的に見てます。

    例えば、植草氏、副島氏、リチャード・コシミズ氏、ベンジャミン・フルフォード氏など・・・

    この人たちの話には「是」「非」、 「真」「偽」が混在してると考えています。

    私の考えている陰謀の黒幕を「彼ら」と定義します。

    「彼ら」は、本質を隠すために、「本当の情報」と「罠情報」を流布すると考えます。

    この人たちはその「罠情報」に嵌まってしまった感じがします。

    穿った見方をすれば、この人たちこそ 「罠情報」流布のための先兵(エージェント)のような気もします。

    ※ 「罠情報」とは、一見、その「真実」と矛盾しない情報を流すことで、「本質」を覆い隠してしまう情報のこと

    以上のように考えています。

    ■麻生クーデター説の真相 その8

    【その7のつづき】

    【陰謀論について「馬鹿馬鹿しい」と言って検証しようとしない方へ私からメッセージです。】

    あなたたちは、『陰謀論』『オカルト』は好きじゃない、信じないと言って、わたくしたちと議論にならない場合があります。

     【『陰謀論』『オカルト』】←これがレッテル張りだと気がつかないのですね。

     【「軍国主義」、「ウヨク」、「国債は国の借金」】がブラックプロパガンダ効果によるレッテル張りだとは気づいているのですよね?

     「『陰謀論』『オカルト』にもプロパガンダがあるのでは?」



    なぜ、反証・分析・考察しようとしないのですか。

    誰か(社会的に信用のある人)が言ったことを自身で検証せず、絶対的に正しいと思い込み、それ以外を「陰謀論」「オカルト」とレッテルを張り、思考停止に陥っているということですね。

    「陰謀論」と「陰謀」は違います。


    『愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ』-オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン-

    『歴史から学ばぬ者は歴史を繰り返す』-エドマンド・バーク-

    『現代において事実だと証明されている出来事は、かつては想像の中に存在していた。』-ウィリアム・ブレーク-

    『想像は知識より重要である。』-アルバート・アインシュタイン-

    ※ ただし、アルバート・アインシュタインは「彼ら」側の人間だったので要注意!

    みなさんも、今までの先入観・既成概念・常識をもう一度疑ってみては?

    【以上です】



    >121.solarinさん

    >興味深く読ませていただきました。

    私の長文並びに駄文を読んでくださいましてありがとうございます。


    >あなたの言う「彼ら」に関する書物が数多く書店に並んでいます。時々手に取るのですが、読んでみるとどれも今ひとつ現実味がないというのが正直なところです。

    それには、理由があります。
    ・「彼ら」がスポンサーとなり、数多くの書籍を用意する。
    ・数多くの書籍を用意するのは、「真実」と「罠情報」を混ぜて「大衆」を混乱させるため。
    ・有名な『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』『ロスト・シンボル』で「大衆」をミステリーの世界へ誘導し、「洗脳」する。
    ※映画は特に洗脳効果倍増
    ・その「洗脳」によって、「彼ら」の本当の「本質」「目的」が見えなくなる。
    ・「彼ら」はこれまで、「フリーメイソン」「イルミナティ」を秘密主義にしてきた。
    ・しかし、ネットの普及で、もはや隠し切れない。※YouTubeにはたくさん動画があります。(もちろん「罠」もたくさんあります)
    ・だから、敢えて、秘密を解除し、それを「洗脳」のツールに利用した。

    ですから、現実味がないのです。

    多くの書籍にある「罠」の例をあげましょう。

    ・ユダヤと特定の人種に固定することによって本質を見えなくする。
    ・神の破壊工作を含ませる
    ・皇室の破壊工作を含ませる
    ・反米になるように誘導する。
    ・アジア共同体に誘導する。
    ・爬虫類人が人間をのっとっているなどと馬鹿げたことを・ありえないようなことをいって
     陰謀論→フィクションと関連付けられるようにする。

    【②へつづく】

    >junya1981さん

    >それは、自分が国際政治や経済の問題に疎いのが一番の原因ですが、現実だとするとあまりに巨大でつかみ所がなく、それでいて裏あるいは地下深くに潜行した腹黒い組織のイメージで、「そんなもの認めたくない」という気持ちの裏返しのような気もします。

    実は、私も、国際政治や経済の問題には疎いですよ。
    というより、変に知識がある方が、「罠」に掛かってしまいます。
    「彼ら」がそういう風にしてますから。
    政治経済学者や評論家を御用学者や御用評論家として「工作」していますから・・・
    ここのブログの読者ならよく理解できるでしょう?(笑)

    厄介なのは、ノーベル賞級の経済学者に御用学者がいますから、みんな騙されるのです。

    特に、日本人はいわゆる「権威」に弱い。

    ※本当の「権威」は天皇陛下です。


    わたしも、最初は『現実だとするとあまりに巨大でつかみ所がなく、それでいて裏あるいは地下深くに潜行した腹黒い組織のイメージで、「そんなもの認めたくない」』という気持ちがありましたよ。

    というか、皆そう思いたいのですよ。

    いやでしょ、この世界がすべて、「彼ら」によって支配されているなんて・・・誰も認めたくないのですよ。本当は心の中では薄々感じてても・・・

    わたしは、「彼ら」の「本質」「目的」を見抜いた(※100%完全にではない)時、この世に絶望しましたね。

    ただの大富豪が、金儲けのためにやってるのだったら別に私は構わないのですよ。我々は資本主義の世界に生きているわけですから。弱肉強食はある程度しかたないでしょ。生物の摂理なのですから。

    しかし、「彼ら」の「本質」「目的」が達成されたら、「人類」は終わりです。「日本人」もほとんど滅亡。「日本国」も滅亡です。

    だから、この世に絶望しました。

    しかし、立ち上がりました。

    なぜなら、「日本人」「日本国」が好きだから・・・

    【③へつづく】

    >民主党は隷米親中というのも、かつて小沢氏が、自民党時代に日本を「普通の国」にするといっていたことを思い出します。自衛隊を格上げ(軍隊?)して普通の国に・・・と言っていたのが、いまや左翼的な政策を振り撒いています。かつての親米反中のスタンスが、今や反米親中ですよね。小沢氏も「彼ら」に操られているのでしょうか

    はい、見事に操られてます。


    >自分は、フリーメイソンとか「彼ら」のような存在は認めたくありません。大金持ちだとか、金で世界を動かすとか、裏社会から表舞台を操ろうとか。自分はやはり、良心・信念・気概を持った人間が世界を動かして欲しいと思います。

    それならば、「彼ら」と闘うしかありません。私と志を同じくするのは、私の知る限りで、最大で約100名です。

    これが、100万人になれば、「彼ら」を追い詰めることができる。

    数を集めなければなりません。

    右翼、左翼、中道、意見は違っても協力するしかないのです。
    もちろん、反日団体は除いてです。

    「日本人」が「日本国」を護り、「天皇陛下・御皇室」を御護りするという「錦の御旗」に結集するしかありません。

    「彼ら」に対抗できるのは、「大衆」を土台とした真の「権威」であられる「天皇陛下」において他にはないのです。
    ※(注)戦前のような神仏分離・廃仏稀釈など愚策の上の「権威」では断じてない!!

    詳しくは、私のアメンバーさんのブログをご覧ください。
    http://profile.ameba.jp/yamabushitaiken/


    右翼、左翼、中道、意見は違っても無用な争いをしているヒマはありません。

    【④へつづく】

    >最後に、「彼ら」を追い詰めたい、というあなたの気概に賛同します。

    ありがとうございます。

    人数を集めて一緒に行動する人を増やさなければなりません。

    私の考えに賛同していただける方は、

    ↓までご連絡ください。

    フリーメール(捨てアド)でOKです。
    junya.akutsu.1981@gmail.com

    You Yubeのアカウントをお持ちの方は、
    http://www.youtube.com/inbox?to_users=junya1981&action_compose=1

    アメブロを開設されている方は、
    http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=junya1981


    「アメーバブログでは書けない内容」を書いている某SNS(会員数:約18,000名)の私のHPをお教えいたします。

    さながら、ネット有志の「情報機関」といっても過言ではないです。

    ココでは「集合知」と言われているものですね。


    【注意事項】

    「彼ら」は何重もの罠を仕掛けまています。

    もしかしたら、私も「罠」に掛かり、意図せず「罠情報」を流布していることもありえます。

    「彼ら」は99%の「真実」+1%の「罠」で「大衆」を間違った方向へ導く事ができるのです。

    ですから、敢えて言います。

    私を信用しないでください。

    【⑤へつづく】

    最後に、「陰謀」を解明するためのバイブルを提供します。
    頭に叩き込んでください。


    有志(私と協力関係にある方)作成の格言をご紹介。【一部改変】


    ※陰謀論の世界は罠が多すぎるので注意。マスコミと同じです。(※ネットの映像も罠ばかりです。)

    日本を残すための十か条(初級編) 

    ※ 元々は『罠だらけの陰謀論業界の歩き方』として書いたものです。

    格言1:ユダヤにこだわる人は怪しい。(海外の政治家も含む)

    格言2:巨悪を凶弾するヒーローに注意せよ。(特に政治家に注意)
    ※マスゴミのヒーローを信じるのは言語道断

    格言3:良い人、紳士こそ特に注意せよ。信用させて誘導する可能性がある。

    格言4:その情報は信じても、その情報の発信者は信じるな。
    ※情報の正確さ真実さと発信者の信用性はまったく関係が無い。

    格言5:解決策は頭を真っ白にして自分で1から考えろ。
    ※事実で信用させてあとで誘導する可能性がある。

    格言6:何でもアメリカもしくは中国のせいにするやつの情報には徹底的に注意しろ。
    ※かならず両方に入り込むから、国がどうこうの話ではない。

    格言7:今は味方でもいつ脅されて手先になるかもしれないから、毎回必ず発言はチェックせよ。
    ※親と自分の子供以外は鵜呑みにするな。自分で考えろ。

    格言8:どんな資料(映像も)も罠が入っている可能性を考えろ。
    ※一部の真実を利用して罠を仕込んであるものがよくある。

    格言9:陰謀論者を見かけたらとりあえず手先と思っておけ。    
    ※【追加】私(junya1981)の『アメーバブログ、某SNSの日記』も同様です。

    格言10:イルミナティの行動綱領は頭に叩き込んでおけ。
    ※これで9割方の罠は避けれる。というかこれらが罠です。

    ①すべての既成政府の廃絶とイルミナティの統括する世界単一政府の樹立。
    ②私有財産と遺産相続の撤廃。
    ③愛国心と民族意識の根絶。
    ④家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現。
    ⑤すべての宗教の撤廃。


    実は皆さんが騙されているのです。

    【以上】

    最後までご覧いただきありがとうございます。



    年4%成長でGDPも給料も
    年金も1.5倍になる
    バラマキでは成長しない。「大きな政府」と訣別せよ
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/454
                ∩_
               〈〈〈 ヽ
              〈⊃  }
       ∩___∩  |   |
       | ノ      ヽ !   !
      /  ●   ● |  /
      |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
     彡、   |∪|  /
    / __  ヽノ /
    (___)   /




    年間5万人 就職できない有名大学
    「第3の入学組」の悲劇 AO入試合格組
    大手企業人事担当者も要マーク
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/452
    な、私立で文系って白痴だろ?



    国会改革関連法案 わかりやすいまとめ

    ●ビフォー

    与党:「外国人に参政権法案を提出します」
    野党:「これ憲法に違反していない?憲法解釈の専門家連れてきて」
    内閣法制局長官:
        「最高裁での判決は、参政権を国民(日本国籍者)以外に与えるのは
        違憲であると判断されています」

       ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    ●アフター

    与党:「外国人に参政権法案を提出します」
    野党:「これ憲法に違反していない?憲法解釈の専門家連れてきて」
    小沢:「合憲だよ合憲」
    鳩山:「合憲ですね、最高裁(の傍論)でも認められています」
    枝野:「ゴウケンデス」


    ※その他、専門家である官僚答弁が禁止されることで、ありとあらゆる物事に
      対して「専門家である官僚の解釈」が失われ、「素人に毛の生えた閣僚の
      解釈」が国政を左右することになります



    左手の

    小 指・・・恋人、愛、出会い、願い
    薬 指・・・愛、絆
    中 指・・・協調性、人間関係、コミュニケーション
    人差指・・・積極性、自信、勇気
    親 指・・・信念を貫き前進する
    左手の薬指に、結婚指輪をはめますよね。


    右手の

    小 指・・・自己アピール
    薬 指・・・心の安定、落ち着き、安らぎ
    中 指・・・守る、避ける
    人差指・・・集中力、行動力
    親 指・・・困難をのりこえる、信念を貫く



    メモ
    中国は元を切り上げるとヤバいだのどうだの言っていますがもう手遅れです。やはりアメリカのほうが一枚も二枚も上手だった。中国だって日本の存在がなければ欧米からの独立などできなかったわけだからまだまだアジアの時代は遠い未来であり、アメリカを打倒できるのは中国ではなく、今のままではもちろん駄目だけど、日本しか消去法で残らない。


    在日の兵役免除願の理由
    http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/04/blog-post_8382.html
    みっともねえ。



    中川昭一元財務金融相「変死」はCIAの暗殺か
     中川氏は、盟友の亀井氏と同じく、日本の歴代自民党政権が無制限に唯々諾々として米国債を購入する姿に危惧を抱いていた。氏は財務省で腹心といわれる玉木林太郎国際局長に相談したという。そこで代案として打ち出したのが、「IMFへの緊急10兆円融資」だった。世間で喧伝された「中川構想」も、米国当局から見れば米国の100兆円国債購入の要求は、中川氏によって10兆円に「値切り倒された」形になったのだ。
     歴代の自民党政権で米国の国債購入要求を10分の1にまで「値切り倒した」財務相はいなかった。小泉政権まで順調だった米国の対日工作は、一敗地にまみれた。
     国内で中川氏の快挙をほめそやす声が上がる一方、事情を知る自民党の財務相経験者から「中川は大丈夫か」と心配する声も出るほどだった。
     さらに、財務省関係者によると、驚くべき措置を中川氏は指示した。それは日米同盟関係の琴線に触れる内容だった。
     10兆円の資金を新たに米国債の購入でなく、外貨準備の活用、すでに購入した米国債の売却で充当するよう指示したという。日本政府が購入した米国債はどこにあるのか。日本政府は明確に回答していないが、日本の金庫にないとの指摘が多い。多くは米財務省の金庫に眠るといわれており、日本政府の米国債購入という証書を米政府に発行してもらうだけで、実際の国債は日本の封印付きで米国にあるというわけだ。
     つまり中川氏は米国に眠る古い国債の売却を命じることで、米国の資金拠出要求に応えた。米国には生きたドルのキャッシュは振り込まれないどころか、日本政府からの借入書を自分で処分しろと命じられたようなものである。
     当時の麻生首相も財政負担の懸念を示す民主党の追及に「外貨準備を使うのだから」と胸を張って答えている。国益重視の保守主義者、中川氏の真骨頂が発揮されたのだ。
     致命傷というのは、ここだ。
     「触れてはいけない封印措置だったのです」とある財務官僚は指摘する。購入した米財務省証券の現物が日本にないことを明らかにすること、さらに日本が購入した米国債を大量に売却するということ、この二つの「禁じ手」に中川氏が手を出したことが米国の怒りを買った、という。
     当時、中川氏はロバート・ゼーリック世界銀行総裁に何度も会談を求められ、交渉を繰り返していた。今は亡き中川氏から真相を聞くことはできないが、日本の資金貢献を求めるぎりぎりの交渉が行われたことは想像に難しくない。
    【米大統領も驚愕した核武装論】
      米国が国益を進める中で、一度は“衝突”しなければならない政治家として、氏は深く刻まれたのか。
     さらに米国の世界支配の道具である核武装問題でも、逆鱗に触れた。
     「原爆投下は米国の犯罪です」
     当時('06年)、自民党の政調会長だった中川氏は長崎で講演し、過激な対米批判を繰り返した。
     「原爆投下を決断した米国の判断は許すことはできない。これはまさしく犯罪なのです」
     当時は小泉政権で防衛相を努めた現役閣僚の久間章生氏までが講演で長崎への原爆投下について「あのような状況では仕方ない」と発言、ネオコン率いる米国に阿諛追従(転記者註:あゆついしょう)を述べる始末だった。ましてや被爆地・長崎は久間防衛相の選挙区である。選挙区の有権者の心情より米国への追従(ついしょう)を優先させた現役の防衛相に比べ、中川氏の対米非難は際立っていた。
     中川氏は鬼門である日本の核武装論議にまで踏み込み、日本核武装という米中両国が最も恐れるシナリオに触れることにいささかのためらいもなかった。
     民報(原稿まま)のテレビ番組('06年)で「北朝鮮の核兵器実験の動向を受けて、非核三原則の約束を見直すべきかどうか議論を尽くすべきだ」と語り、日本に核武装という選択肢があることを公言したのである。
     これには米国大統領も驚愕したとの指摘もある。
     中川氏の父の一郎氏は旧ソ連との漁業交渉を主導した北海道出身の政治家であり、旧ソ連との関係が深い政治家としてマークされていた。一部では旧ソ連のエージェントだったと指摘する声まで出る始末であり、その自殺劇の真相はいまだに謎に包まれている。
     そうした父の一件もあって、「戦争犯罪」で米国を指弾する、親米派にみられた中川氏の面従腹背ぶりは、米国の情報機関にとって「要警戒」人物のトップリストに加わっていたとみられても不思議ではない。



    白川総裁の言う事なんぞまともに信じちゃいけませんぜw
    35兆円~40兆円もあるギャップが簡単に埋まる訳は無い罠。
    円安と原材料費の高騰によってガソリン価格を始めとして値上がりしてるだけ。
    国内需要が引っ張る形でのインフレじゃない最悪のパターン。
    本当なら国民の可処分所得や名目GDPが伸びなきゃならん。
    それにしてもここに来て消費税増税は景気に水を差してデフレギャップ広げるだけ。
    本当なら可処分所得=国民に対する利益分配率を増やす政策をやらなきゃならんのに逆の方向に向かおうとしてるな。
    プラザ合意以降、それで散々失敗してるのにまだ懲りないと見える。
    つうかわざと日本経済低迷させようとしてる?
    消費税増税→内需低迷→税収ダウンで余計に財政赤字増やしただけだろ?
    与謝野前大臣や財務省・日銀のようにデフレを維持=国債の低金利維持の為にやるのかいw?
    それじゃあ結局真綿で首を絞めるのと一緒じゃねえか。
    ところでまた米国でトヨタ叩きが再燃していますね~。
    よっぽど創業家一族に実権が移ったのと民主党政権=小沢が気に入らんようです。
    横転の危険性があるんだとさw
    他のRV車も似たようなもんだろうにw
    全くしつこいね~。
    それから円安・ドル・元・ウォン高は歓迎ですね。
    金融危機後何故か円だけ高くなったのはやっぱり納得いきませんしw



    宮崎正弘の国際ニュース・早読み(中国の不良債権爆発が近い)
    http://www.melma.com/backnumber_45206_4822124/
    予兆が見えてきた。

    人気ブログランキングへ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。