スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    6月29日

    6月29日

    これほど欺瞞(ぎまん)に満ちた政策提言をこれまで見たことがない
    http://tamurah.iza.ne.jp/blog/entry/2339360/

    中国 - その分裂の文明史的な機縁(@w荒
    http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/52193577.html

    原発学者のメルトダウン
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-652.html



    環境を兵器にした歴史

     リンカーンという人は、奴隷解放のために南北戦争をしてまで戦った偉大な大統領ということになっている。
     なにしろ、昭和天皇が昭和20年8月14日深夜、玉音放送の吹き込みを終わって皇居の自室(御文庫)に戻ってから、すぐにやったことはそれまで飾ってあったナポレオン像を仕舞って、代わりにリンカーンの像を飾ったほどに…有名な人物であった。

     だが実像は首を傾げざるを得ない、とても偉大とは言えない大統領であった。
     そも、彼がやった奴隷解放は南部諸州に限られ、北部では解放されなかったのだ。つまりは戦う相手たる南部諸州の奴隷を解放すれば、ちゃんと賃金を払って労働させる仕儀とは相成り、南部経済力が減衰することを見込めたからであった。

     そればかりか、エイブラハム・リンカーンほどいわゆる先住民族=インディアンに対して冷酷無比な政策を実行した大統領はいない。ネイティブアメリカンに対しては、人間扱いしなかったのがリンカーンである。
     だから彼の有名な「人民の(合意によってできた政治)、人民による、人民のための政治」と演説で叫んだとされる言葉は「人民」とは「白人」だけを意味したのだろう。

     リンカーンは、自分と同じ名前のエイブラハムという祖父がインディアンに殺されたとされる。恨まれるようなことをやったからだろうと推察されよう。
     どれほどリンカーンが、対インディアン討伐に情熱を燃やして、若い頃は実際に戦闘に参加したり、大統領として虐殺命令を出したりしている経歴は、wikipediaにも載っている。

     有名なホームステッド法はリンカーンが制定した。狩猟や遊牧をネイティブアメリカンたちに禁じ、定住させて農業民にすることを強制したのである。反抗する部族は殲滅した。 
     「士農工商なんとやら」と言うけれど、リンカーンにとっては、白人、黒人、インディアンの順だったのではないか。
     ちなみにリンカーンが大統領だった時代(1861~65年)は、日本では坂本龍馬や新撰組が活躍していたころだった。


     さて、リンカーンが若かりしころの1840年代は、彼自身もネイティブアメリカン部族の討伐に兵隊として参加しているけれども、アメリカ政府は北米大陸全体でネイティブ部族と戦争をしていた。ヨーロッパで食い詰めたならず者が、勝手にアメリカ大陸に移住して来て、先住民を追い出しにかかっていたのだ。

     当時のネイティブらはバッファロー(バイソン)を生活基盤とする独自の生活、経済を持っていたので、白人どもはバッファローさえ居なくなれば、ネイティブ部族は食料が尽き、暮しが立ち行かなくなると考えた。そこで政府は何千人というハンターを雇って、数千万頭のバッファローを殺させた。バッファローは絶滅寸前にまで激減し、ネイティブたちはついに白人に降伏せざるを得ないところに追い込まれた。
     
     やがてアメリカ政府はネイティブに、指定した荒れ地に強制移動させ、そこに定住すれば年金は支給してやると言って騙し、その年金さえ払わなかった。ために部族の暴動が起きると、徹底した弾圧をやってのけた。それがリンカーンなのである。

     時は流れて、それからおよそ100年後。
     アメリカはベトナムで戦争をやっていた。そして敵のベトコンや北ベトナム軍がジャングルに隠れて行動するからというので、大量の枯れ葉剤を飛行機から撒いてジャングルそのものを消滅させる作戦をとった。環境破壊の最たるものだった。

     この枯れ葉剤は有名になったが、ほかにも米軍は、ホーチミンルートを断つとの目的で、ジャングルの上空で雲のタネを撒いて、豪雨を降らせジャングル内に通る道路をぬかるませて輸送能力を奪う試みもなされている。

     環境そのものを兵器として利用することは、一応1976年に国連で禁止条約がまとめらた(環境改変兵器禁止条約)。しかしこれには強制力がなく、国連加盟国のうち批准した国は40%にも満たない。ザル法である。

     古くは、ローマ帝国がカルタゴを破って勝利を収めたあと、ローマは再びカルタゴが脅威にならぬよう、農地に塩を大量に撒いて耕作不能にしたのだった。カルタゴ人たちは生活基盤を奪われ、おかげで都市にも住めなくなった。

     現代では、HAARPという地震を起こす兵器があるとされ、今度の東日本大震災を起こしたのもHAARPの仕業ではないかという説はある。確定的なことは言えないのだが、頭から否定する人は、歴史上のいわゆる環境を兵器にした作戦を学んでいないのではないだろうか? 過去にはあったのである。それも白人がやった過去が。

     日本でも例外ではない。現在も山階鳥類研究所があるが、元はあれは軍事研究の一環であった。渡り鳥を利用して軍事利用できないか、あるいは敵が鳥を使って攻撃してくる可能性はないかなどを研究したのが発端であった。

     地震や津波を人工的に起こせないことはもはやない。ずいぶんと核実験では地層をずらす研究は行われたと聞く。まさかそんなことがと、私も思いたいが、頭から否定してしまうことは避けたいと思うだけのことである。



    Unknown (Unknown)
    2011-06-28 16:04:53
    雑誌サピオで特集された記事によると、日本の特許制度
    は海外が自然に把握できるように細工されているそうな。
    電子特許庁の一日の閲覧が中国だけで3000人で
    中国のの翻訳部隊だという。次に多いのが、韓国政府。

    いずれも長年特許が平然と漏洩していたが、自民党は
    対策をしなかったという。

    ちなみに最近漏洩した事件で最悪となったのが、ソニーと
    学者が開発した有機elのテレビ技術。日本が開発したのに
    特許全般が韓国政府が取得するというとんでもない事件
    になっていて、1兆円近くの損害と言われているが、官僚機関
    によって特許が平然と漏洩されている事実。

    さらに開発した学者もなんで私が開発した技術が
    韓国政府が取得していたのか、と驚愕している様子。
    なんでソニー製だと手のひらサイズで20万円というとんでもない
    金額に設定されてしまったという。

    実はこうした背景には、官僚に対する勧誘があって、
    各国の情報機関が賄賂と引き替えに、各政党の
    政策機関と提携して、工業や科学振興の技術交流という団体を
    設置させて経団連の指令で漏洩させていたという実態があったな。


    日韓技術交流とか、中国技術交流というのを見てみれば、
    外務省系や官僚、諜報機関代表が平然と出てきている
    がわかる。経団連がこうした細工をしてる限り、有事において勝つ
    ことは不可能。

    前回公安部を職員にしろと助言したが、結局自民党の官僚に
    全部妨害されてしまった。昨年も保守派の桜井に連絡したが、無視されて
    しまったという。

    自民党の保守派にもおかしな組織がある。国民を騙してな。

    ちなみに特許流出が激しいのが、東芝、日立、ソニー、
    そして自衛隊系だ。

    全部この中から漏洩している。

    日本は特許漏洩に対する懲罰が無いために、他国では
    死刑となる技術でも韓国や中国に漏洩していた。
    例えば核技術では竹中平蔵らのグループが政府内部から
    漏洩させている事件も多数ある。小泉も北朝鮮に核技術を
    こっそりと提供していた事実があって、よくあんな演技をするもんだと
    唖然としていた。

    グローバル化推進団体にはそういうスパイ機関が
    たくさんあって、有名大学の学者が率先してスパイをしている。
    例えば東大、北大、大阪大学、慶応にそういうスパイがいて、
    最近だと近畿大学、一橋大学、などにもいる。商業系
    大学は全般が汚染されている状況だ。

    最近だと中学生にまで民団が工作をしており、
    有名進学校の中学では民団新聞を教員が
    積極的に読ませているケースが多い。

    こうしたことは自民党では語ることはできない。



    Unknown (Unknown)
    2011-06-28 16:17:31
    ロバートフェルドマンがまたしても民主党を操作している。奴はユダヤ系
    反日組織の機関員だが、tppでバイオテロ食品を国民に投与しようと
    計画している。ロシア、英国、イスラエルで禁止となった食品をだ。
    判っていて導入させると発言をしている。テロ容疑で死刑にできないか


    ロバートフェルドマンを政府が暗殺すれば、これから発生する国民
    殺害計画が防げる。もし政府が怠ると、国民の74%が
    自動的に病原体となり、イスラエルのいいなりとなる生体実験が
    開始される。以前はミツバチ、アレルギー、今度はバイオテロだ。
    警告しておく。これは事実である。



    シナ共産国の中距離弾道ミサイル130基以上を日本に照準している (Unknown)
    2011-06-28 19:46:23
    中共がアジアやアフリカなどの諸国に盛んに経済援助をしているが、そんな支那に何故日本が経済援助をしなければならないのか →利権集団のキック・バックだ 日本はもう支那中国への援助は一切、切断すべきである。この一事をみても、結論は明白だ。
    マスコミが決して報道しない支那の核弾頭ミサイル群
      名称            区分  射程          弾頭            
    東風3型(DF-3)CSS-2   MRBM 2,650km  2Mt熱核(水爆。広島型原爆132発分の威力)
    東風3型改(DF-3A)    IRBM  2,800km  2Mt熱核(水爆。広島型原爆132発分の威力)
    東風4型(DF-4)CSS-3   IRBM  4,750km  2Mt熱核(水爆。広島型原爆132発分の威力)
    東風5型(DF-5)CSS-4   ICBM  12,000km  5Mt熱核(水爆。広島型原爆333発分の威力)
    東風5型改(DF-5A)    ICBM  13,000km  5Mt熱核 or MIRV 150-350Kt核
    東風11型(DF-11)CSS-7  SRBM 300km   90Kt核(広島型原爆6発分の威力)
    東風15型(DF-15)CSS-6  SRBM 600km   20KtER(中性子爆弾) or 90Kt核(広島型原爆6発分の威力)
    東風21型(DF-21)CSS-5  MRBM 2,150km  250Kt熱核(水爆。広島型原爆16発分の威力)
    東風21型改(DF-21A)Mod2 MRBM 2,500km  20,90,150Kt核(広島型原爆1,6,10発分の威力)
    東風31型(DF-31)CSS-9  ICBM  8,000km  1Mt熱核(水爆。広島型原爆66発分の威力) or MIRV
    巨浪1型(JL-1)CSS-N-3  SLBM 2,150km   300Kt熱核(水爆。広島型原爆333発分の威力)
    巨浪1型改(JL-1A) Mod1  SLBM 2,500km  20,90,150Kt核(広島型原爆1,6,10発分の威力)
    日本に照準を合わせている核弾道ミサイル(吉林省通化(Tonghua)基地に24基)
    東風3型(DF-3)CSS-2   MRBM 2,650km  2Mt熱核(水爆。広島型原爆132発分の威力)
    東風21型(DF-21)CSS-5  MRBM 2,150km  250Kt熱核(水爆。広島型原爆16発分の威力)
    または高性能爆薬、子爆発体、化学弾頭も搭載能 ---台湾紙、聯合報も報道 中距離弾道ミサイル130基以上を日本に照準していると。 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4146.html



    1997年、泰子は売春婦として殺され闇に葬られた。翌年、勝俣は常務取締役になった
    2011年06月29日 | 経済
    渡邊親子が警告を発し続けたプルサーマルが本格稼働した1997年、泰子は
    売春婦として殺され闇に葬られた。翌年、勝俣は常務取締役になった。


    2011年6月29日 水曜日
    東京電力がエリートOLを追い詰めて売春婦にしたのか?
    東電OL殺人事件:佐野眞一著



    ◆東電株主総会大荒れ!「お前ら原子炉に飛び込め」 6月29日 スポーツ報知

    東京電力の株主総会が28日、都内のホテルで行われた。過去最多の9309人が出席し、最長の6時間9分に及んだ総会は、開始15分で勝俣恒久会長(71)の議長解任動議が出されるなど大荒れ。福島第1原発事故の責任を追及する株主からは、経営陣に「お前ら原子炉に飛び込め!」などの怒号が飛び交った。原発事業からの撤退を定款に盛り込むよう求めた一部株主からの議案は、反対多数で否決された。この日は、中部、九州、北陸の各電力会社でも株主総会が開かれた。

     会場となった東京・港区のホテルの周辺には、総会開始1時間前の午前9時頃から長蛇の列ができた。例年は3000人集まる程度の株主総会が、この日は過去最多の9309人に膨れ上がった。

     総会の冒頭、原発事故や計画停電について「心より深くおわびします」と頭を下げる勝俣恒久会長ら経営陣には、容赦のない罵声と怒号が浴びせられた。「人生を絶たれている人がいるんだ」「役員は全資産を売却して償え!」。さらに「お前ら、原子炉に飛び込め!」。開始15分後には、株主の女性が「本当に責任を感じているなら議長は務められないはず」と涙声で、勝俣会長の議長解任動議を提出。否決されたが、拍手が巻き起こった。

     株主402人から提案された、「原発事業からの撤退」を定款に盛り込む議案には次々と「賛成」の声が上がったが、大株主や機関投資家の大半が反対に回った模様で、東電は議決権の大半を委任されていることを理由に否決。「脱原発」議案への賛成は全体の約8%で昨年の5%を上回ったが、60代の主婦は「最初から結論が出ているみたい。茶番だわ」とあきれ顔だ。

     過去最長6時間9分にわたった総会は、株主と経営陣が対立したまま終了。引き揚げる役員たちの背中に、株主の「お前らはオウム真理教と同じだ」という声が刺さった。


    ◆東電OL殺人事件の被害者は反原発の為消された? 6月28日 メルマガ激裏GATE

    渡邊女史の父も東電幹部であったが在職中に病死。この父娘の死には原発の影がつきまとうという。渡邊女史の父は東電公務部統括する幹部だったが当時「明るい未来のエネルギー」として期待されていた原発事業にも関わる立ち場にいた。しかし高圧の地中送電線を東京都内に引く責任者を務めてからは反原発に転じ、社内で原発の危険性を説くようになり、副部長という役職からたった1年で降格。翌年ガンで急死・・。その2年後に予測されたかのようにスリーマイル事故が起る。

     当時慶応2年生だった泰子を、東電に引き入れたのはあの勝俣だったという。そして泰子は勝俣が当時企画部長を務めた企画部経済室へ。そこには現在副社長を務める企画管理課長藤原氏もいる花形部署だった。しかし勝俣、藤原の思いとは裏腹に泰子は父の意思を継ぎ、反原発へ。そのリポートは賞を取る程すぐれたものだったという。

     そして・・渡邊親子が警告を発し続けたプルサーマルが本格稼働した1997年、泰子は売春婦として殺され闇に葬られた。泰子の死の翌年、勝俣は常務取締役になり、原発推進事業が加速し、今に至るという。

     泰子を殺した犯人は売春客だったネパール人(実刑確定済み)とされているが、冤罪の可能性が高く、捨てられた泰子の定期など矛盾点も多い。東電の圧力で報道規制をかける事も可能だったろうこの事件。OLではなく管理職だったにも関わらず「売春婦」として報道が垂れ流された、その理由は何なのだろうか。

     そして事件の真犯人、深層は。



    ◆『東電OL殺人事件』著者 表題の“東電”外すよう工作された 6月25日 週刊ポスト

    実は震災を取材するなかで、特に福島を歩く俺の脳裏から離れなかったのが、かつて『東電OL殺人事件』(2000年)に書いた渡辺泰子のことだった。慶応から東電に入り、通産大臣の渡辺美智雄ら政界との連絡役も務めた泰子は、娼婦として街角に立つ夜の顔を持ち、そして殺された。

     当時、俺はせめて表題から“東電”の二文字を外させようとする広報担当者からやけに豪奢な鯛釣り旅行に誘われたり、慇懃で狡猾な懐柔工作の標的になったから、その隠蔽体質はイヤになるほど肌で痛感しているけどね。

     隠蔽体質の最たるものは泰子が夜の商売をしていることを、東電の連中がみんな知っていたことだよ。それでいて社員が身体を売っているなんて認めるわけにいかないから処分するでもなく、ロクに寝てないから会議中にウトウトする泰子を、同僚はみんなでバカにして笑っていた。どれだけ陰険な会社かわかるだろ。

     つまり今回露呈した東電の隠蔽体質は昨日今日始まった話じゃない。底意地が悪くてどこか他人事な無責任体質の化けの皮が、多少剥がれたってだけなんだ。



    (私のコメント)

    東電は日本を代表する巨大企業であり、日本のエリートをかき集めたような会社だ。その中でも出世コースに乗るには激しい出世競争に勝ち残らなければならない。東電は終身雇用と年功序列の典型的な会社であり、能力よりも会社にどれだけ忠誠を尽くすかで出世が決まるようだ。勝俣会長や清水社長もその典型的な社員の一人だろう。

    「東電OL殺人事件」の渡辺泰子も親子そろっての東電社員でしたが、父親は役員一歩手前まで出世したエリート社員だった。最近では高級官僚の子が高級官僚になり、民間会社でも会社の幹部の息子が出世して幹部になるような身分の固定化が進んでいる。最近では金さえあれば一流大学を出られるし、コネがないとは入れない大会社も多くなりました。

    テレビ局や広告代理店などには政治家や大企業幹部の息子や娘でいっぱいだ。こんな事をしているから日本企業の停滞が起きるのでしょうが、誰もが自分の息子や娘がかわいいからゴリ押しでコネ入社させる。渡辺泰子もその一人なのかもしれませんが、父親が東電幹部だったが反原発派になったことで副部長から降格された。そしてまもなく病死した。

    渡辺泰子を東電に引き入れたのが勝俣会長であり、渡辺泰子は出世コースを歩んで管理職になった。その彼女が売春婦として殺されたのだから、裏には何かあると考えるのが普通だ。女子OLとしてのストレスから夜の売春に走ったというのが一つの推理ですが、東京電力と言う悪徳会社に毒されて身を落としたと言う見方もできる。

    ここから先は私の想像だが、渡辺泰子は勝俣会長の愛人となり、社内では知らぬ人がいないほどの関係になっていたような状況だ。だから日中から居眠りをしていても誰も注意が出来ない。東電と言う会社はそういう会社であり、会社の幹部ともなるとやりたい放題の事が出来るのだろう。一般的にも会社の幹部になれば愛人の二人や三人いるのが当たり前であり、いまどきの女は高額なお手当てがもらえれば愛人になる女はいっぱいいる。

    原子力安全保安院の西山審議官も愛人騒動で週刊誌をにぎわしていますが、テレビでは全く報道されません。ワイドショー向きの話題ですが「みのもんた」も取り上げない。




    ◆タイトル:原発対応「スポークスマン」愛の日々 経産省「美人職員」を弄ぶ「西山審議官」

    中身:
     ――6月17日深夜、西山審議官は都心ホテルのバーで妙齢の女性と密会していた。
     店を出て手をつなぎ、嫌がる素振りの彼女にキスを迫る。
     実は、彼女との不倫が始まって1年が経過していた。
     危急存亡の時にも愛人と大人の関係を続けるスポークスマンの裏の顔。
     2人を知る経産省関係者が打ち明ける。
    「実は、彼女は経産省に勤める職員です。
     以前から西山さんお寵愛を受けており、1年前から特別な関係にあります。平たくいえば愛人ですね。
     (愛人と2人で)大手カラオケチェーン店に行くことが多かったそうです。
     決まって使っていたのは、8階のVIPルーム。
     西山さんは、【古いカツラを使っているので激しい動きをするとカツラがズレてしまう】。だから、ゴルフなんかやらない。
     【セックスする際、上の肌着を脱ぐとカツラが引っ掛かってズレてしまう。
     そのため、パンツは脱いでも上は着たまま、しちゃうそうです】」(強調カッコ【 】ホンマ)
        (週刊新潮 2011.6.30 26~29ページ)


    (私のコメント)
    このような状況があると、勝俣会長と渡辺泰子が愛人関係であってもおかしくはない。しかし出世していくにつれて愛人の存在をばらされると邪魔になるから始末したのではないだろうか? 渡辺泰子が夜は売春婦になったのも東電社内でセクハラにあって挫折したと言う見方もできる。

    愛人も全く個人的に持つのなら個人の自由なのかもしれませんが、社内のOLに手を出すようになると会社もモラルが問われます。西山審議官の愛人は経済産業省の女子職員であり、柳原可奈子似の女子職員だ。このようなことは大企業ならば当たり前のようになり会社のモラルは乱れっぱなしだ。

    東電OLの殺人事件の真相は知る由もありませんが、一つ一つの状況証拠を繋ぎ合わせていくと、殺人事件の裏にはとんでもない事がありそうだ。社内で受けたセクハラが原因で会社に復讐のために身を持ち崩していったと言う事もあるかもしれない。なぜ絞殺されたかは全くの謎ですが、容疑者のネパール人も冤罪かもしれない。

    東京電力は金のある会社であり、マスコミにも毎年数百億円もばら撒いてコントロールしている。原発問題も3・11の前は原発は脱炭素社会の切り札のようにマスコミは報道していた。そして反原発の声は封じられてしまって、原発に対する安全性の問題は封印されてしまった。渡辺親子も反原発で出世が断たれて非業の死を迎えた。



    6月
    29
    人心売買をする多数決民主主義
    ●政治は主に国内のテーマとして考えられ扱われてきた。しかしガンジーが示す通り、もし政治に哲学が欠かせないとするならば、あるべき政治の姿には国を超えた思考と議論が必要なのだ。事実、経済は国家を超えている。そして哲学にも国を超える力がある。しかし国家を超えた政治哲学があまりにも静かすぎる。
    ●日本の民主主義と呼ばれているものは堕落を極めた多数決にすぎない。すなわち民主主義が経済の手先になった。カネがすべてを左右する民主主義。理性の敗北である。理性を放棄したこの国の民主主義が終には人身売買する事を正当化してしまう。原理的には人心売買と人身売買はほとんど同じだ。公務員組織には政治哲学ができない。軍隊と同じだ。だから憲法を守ろうとはせず。わがまま勝手な決まりを作り、組織の保全に躍起になる。その結果、公務員組織が国民に対して見えない戦争を仕掛けている。
    ●本来、政治哲学を担うのは政治家であり、それを前提にした政治家の権力なのだが、今は理性が経済に敗北した。政治家が公務員組織軍隊の手先をしている。事実上、官僚の人事権を官僚組織が所有している。これは大戦直前と同じで極めて危険な状態だ。公務員制度の大幅な改革が出来なければ政治家が政治をしていることにならない。
    ●公務員は国家を乗っ取った官僚組織の従業員である。乗っ取られた国民が「国民のために仕事をしろ」と公務員に言うのは、おそらく間違っている。公務員は思う。「国民の皆さんで国家を取り戻してください、私は雇い主の命令に従います」
    ●サルが憲法を読んだとしても意味を頭の中で再構成して社会の在り方に展開することはできない。日本は憲法に沿った社会づくりが出来ていない。この国はサルのレベルだと思う。

    2011年06月29日05:54



    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。