スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    6月28日

    6月28日

    『今こそパラダイム転換が求められる時』シリーズ-9-②~現実、その下部意識と上部意識~
    http://blog.trend-review.net/blog/2011/06/002012.html

    藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2011年6月29日 日本を再生させよう
    http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2011/06/201129-3d5c.html

    藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2011年6月29日 リーダーシップのタテ糸・ヨコ糸
    http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2011/06/201129-2574.html



    802 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/06/27(月) 21:48:00.50 ID:29qbYfm7
    浜田氏の入閣
    やはり今回の地震は地震兵器だったんだな

    809 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/06/27(月) 23:22:05.46 ID:ypkvDa2/ [1/5]
    >>802 そうらしいですね。
    http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2011/04/weekly-geopolitical-news-and-analysis20110405-japans-government-threatened-with-more-haarp-attacks-pays-60-trillion-yen.html
    >The cowardly Japanese Prime Minister Naoto Kan handed 60 trillion yen over
    > to the Federal Reserve Board crime syndicate immediately after his country was attacked
    > with HAARP and nuclear terror, according to Japanese security police sources.
    つまり、「さっさと北朝鮮と国交回復しろ!さもないと富士山を・・・・・」  
    浜岡原発やられれば、首都圏はアボ~ン ⇒ いやでも遷都 なわけ。
    で、あわてて60兆円支払った、てことで。

    つまり、あるのです日本にはたっぷりた~っぷりのお金が。



    802 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/06/27(月) 21:48:00.50 ID:29qbYfm7
    浜田氏の入閣
    やはり今回の地震は地震兵器だったんだな

    809 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/06/27(月) 23:22:05.46 ID:ypkvDa2/ [1/5]
    >>802 そうらしいですね。
    http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2011/04/weekly-geopolitical-news-and-analysis20110405-japans-government-threatened-with-more-haarp-attacks-pays-60-trillion-yen.html
    >The cowardly Japanese Prime Minister Naoto Kan handed 60 trillion yen over
    > to the Federal Reserve Board crime syndicate immediately after his country was attacked
    > with HAARP and nuclear terror, according to Japanese security police sources.
    つまり、「さっさと北朝鮮と国交回復しろ!さもないと富士山を・・・・・」  
    浜岡原発やられれば、首都圏はアボ~ン ⇒ いやでも遷都 なわけ。
    で、あわてて60兆円支払った、てことで。

    つまり、あるのです日本にはたっぷりた~っぷりのお金が。



    804 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 22:42:32.41 ID:9gcGpKw9
    【賭博】「パチンコ、パチスロなど世界のギャンブル機の6割が日本に。世界水準に下げる必要が」…クレサラ実務研究会
    http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1309168428/

    805 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 22:58:17.52 ID:Wh85i7SE [4/4]
    >>804

    数字で日本がギャンブル国家であることがわかるな。

    806 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 22:58:51.23 ID:bNkTiD3a
    原子力推進役の一人、中曽根元首相が突如、自然エネルギー派に変節
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110627-00000306-alterna-soci

    807 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/06/27(月) 23:05:43.12 ID:CvKMI9LT [2/2]
    >>805
    そのように仕向けたのはアメリカで、
    手先になってるのがチョンどもだ。

    808 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/06/27(月) 23:16:37.14 ID:V6vYLKiG [2/3]
    カジノは、まあ少しは分からなくもないけど
    パチンコほど非生産的なギャンブルはないな。
    機械相手にチンチンじゃらじゃら
    韓国じゃ禁止されてるんでしょ、何で日本だけ。
    おかしいって。

    810 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/06/27(月) 23:35:16.35 ID:ypkvDa2/ [2/5]
    >>804 ~ >>808
    1977/11/15 横田めぐみさん拉致
    1979/12/25 足利銀行 北朝鮮とコルレス契約締結、送金業務開始

    日本政府は、北朝鮮へひたすら送金し続けてきたのですよ。おそらく
    その仕事を担当していたのは、ここじゃないかな?
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/974
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1026
    過去ログにたしか、亀井さんがここのトップだったとかなんとか
    書いてたひといませんでしたっけ?だとしたら、亀井さんは知っているわけで。
    誰がなぜ、いついくら北に送金したか、そしてそれを誰がいつどれくらい
    受け取ってきたかしっているでしょ。だから許永中なわけ。

    アメリカは日本に、北朝鮮と国交回復せよ と命じている。
    ところが、あの8人死亡発表で予定が狂ってしまった。



    812 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/06/27(月) 23:42:07.25 ID:ypkvDa2/ [3/5]
    福田さんは、蓮池・地村両家だけをマスコミの前にだし、「小泉政権のおかげです。」
    と、日本中が喜ぶシナリオを考えてたみたいで。ところが、蓮池兄はのせられなかった。
    だから「なんで、どうして喜ばないんだ!!」と怒り焦ったみたい、福田さんは。
    日本中が喜ぶ段取りになってて、朝鮮人ってステキ~将軍様ってヨン様みたい~・・・と
    なるはずだったのに、逆の目がでてしまった。そんでもって「冬ソナがみられない!」
    という苦情殺到・・・というあてつけ報道やったんですね。



    817 名前:闇の声[] 投稿日:2011/06/27(月) 23:55:28.10 ID:sKuX3fsf [7/8]
    あのなバカ花子・・・60兆の金をどうやって支払うんだ?
    ああ??国の予算並みの金が何処にあってどうやって北朝鮮の口座に移すんだ?
    ああ・・・アメリカか・・・何だって良いや。
    金ってのはな、大きな金ほど表だって動かさないと使えないんだよ。
    陰で60兆払いました・・・誰がどうやって使うんだ??
    このキチガイババア片目にフォーク突きたててやっか??
    コロンボ警部みたいに片目にガラス玉入れてみるかよ!!

    823 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/06/28(火) 00:03:03.79 ID:rXgBwjbq [1/2]
    >>817 金正日は日本人なの。ただ、佐藤勝さんの書いた本は、すこし裏読みが必要。
    なぜなら、中野学校のスパイ「畑中理」=「金策(キム・チェク)」
    金策の息子が金国泰、その娘がたぶん金玉(キム・オク)

    金正日がほんとうは金策の息子なら、いま平壌にいる将軍様は姪を
    結婚したことになる。でもそれはちょっと・・・考えにくいわ。

    このレベルの話がわかる人だけ読んでくださいませ。それ以外のみなさまは
    無視してくださいな。でも、明治天皇=大室寅之助と世界中にウィキリークスが
    報道したら、日本の皇室はどうなるのよ。そこんとこ考えなのかなあ。

    822 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/06/28(火) 00:00:15.95 ID:zEvBxj8a
    イタリアで拘束された日本人が持ってた米国債も10兆円強だからなあ。
    あれってどうなったのかな。続報聞かない

    824 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/06/28(火) 00:04:42.63 ID:rXgBwjbq [2/2]
    >>822 あれが世界を動かしてる、間違いないです。



    (Unknown) 氏既出2010-02-27 (Unknown)
    2011-06-27 22:01:41
    なぜ、電通はマスコミの支配者なのか?
    http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-390.html
    電通に葬られた日本外国特派員協会会長
    カレル・ヴァン・ウォルフレンの言葉

    電通は、日本の全テレビ・コマーシャルの三分の一の直接責任者であり、ゴールデンタイムのスポンサーの割り振りに関して実質的に独占的決定権を持つ。午後七時~十一時の時間帯の番組にコマーシャルを出したい広告主は、電通を通すしかない。スポンサーの選定と放送番組の内容の大部分を電通が握ってるからだ。このような状況下では、電通に気をかけて扱ってもらえることが一種の特権となり、立場が逆転して広告主が電通の指示に従うことになる。その結果電通の影響力は日本のテレビ文化の内容まで左右し、世界中どこにも類例が見られないほど、強力なマスメディアを通しての社会統制力になっている。新しい雑誌は、電通が一人前の広告媒体として認めるまでテスト期間を設けられ、その間は無料で広告を掲載するよう言われる。もし電通の要請に応じなければ、逆に足を引っ張られ広告主が落ちてしまう。それほどの力が電通にはある。また逆に電通は自社の子会社のみならず大手新聞社、全国・地方テレビ局、その他マスメディア関連会社に社長やトップクラスの役員として人材を供給する。多数の子会社や下請け会社を通じて行使する統制力については、いうまでもないだろう。約120の映像プロダクション、400以上のグラフィックアートスタジオがその傘下にある 他の国では広告代理店は仲介業者である。日本では広告主がどのような広告をどこに出すべきかまで電通が決めることが多い。商業テレビが主要産業になってるもう一つの国、アメリカでは、番組がどのていど商業的に成功しているかを評価するのは、独立した視聴率調査会社である。日本ではこの機関も電通の手に握られているのである。
    電通は企業の不祥事を世に知らせたりその後でもみ消したりする手が使えるので、大企業を脅かすことができる立場にある。また、電通は仕事の上で知った不正行為を当局に通告するという噂があるので、企業は代理店を変えることもできない。一九三六年から四五年まで独占的な政治の宣伝機関だった同盟通信社と一体だったこと、また、どちらも戦時中の同盟通信社の末裔である共同通信社と時事通信社という日本の二大通信社と、非常に緊密な関係があることにも起因する。このつながりは株式の相互持合いによって強化されている。共同が扱うニュースについては、つねに電通に情報が入る。



    詐偽師・孫正義は、携帯のサーバーを韓国に設置したいという意向を持っていると一部うわさがあり、精神を病んでいる菅直人を詐術に掛けて、東京電力の発電と送電を分離させ、太陽光発電事業というペテンをやろうとしている。 (Unknown)
    2011-06-27 22:08:49
    そしてこの総会でソフトバンクの定款を変更して太陽光発電の事業をできるようにしたという。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E6%AD%A3%E7%BE%A9

    詐偽師・孫正義は、今まで日本債権信用銀行を売却した際の相手先になったことがある。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%82%B5%E5%88%B8%E4%BF%A1%E7%94%A8%E9%8A%80%E8%A1%8C
    2000年 ソフトバンク、オリックス、東京海上火災保険(現・東京海上日動火災保険)などから成る投資グループに売却された。
    2000年9月、次期社長にも内定していた本間忠世頭取(元日銀理事)が不可解な自殺を遂げる。
    http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200507140000/
    そして「あおぞら銀行」になりソフトバンクの持ち株は全株がサーべラスグループに転売された。
    東電をまかせるとまた不安なことになる。

    そしてわれわれは日本をここまでひどくした仙谷のこれ以上延命・跋扈をゆるしてはならない。



    2011年06月28日
    海外中銀が日銀に保有する円資産が2010年末時点で前年末比24.7%増加。2001年末以降右肩上がりの上昇。
    海外の中央銀行が保有する日本国債など円資産のうち、日銀保管分が2010年末時点で前年末比24.7%の34兆9798億円に増えた事が昨日(2011年6月27日)明らかになったとのことである。円資産は2001年末以降右肩上がりに増加している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00000065-reu-bus_all
    海外中銀の円資産4年で2.3倍、9年で3倍に急増=日銀

    ロイター 6月27日(月)19時28分配信

     [東京 27日 ロイター] 海外の中央銀行が保有する日本国債など円資産のうち日銀保管分が2010年末時点で前年末比24.7%の34兆9798億円に増えたことが27日明らかになった。

     過去4年で2.3倍と急増、保存された記録でもっとも古い2001年末と比較して3倍に膨らんでいる。海外中銀が米ドルに偏っていた外貨準備を見直す一環として円資産が買われてきたのが裏付けられた格好で、円高の一因とも言えそうだ。

     2010年末の円資産の内訳は、債券が33兆0039億円、預り金が139億円、自動運用が1兆9620億円。

     円資産は01年末以降ほぼ右肩上がりに増えている。例外は08年末で37兆9239億円に膨らんだが、これはリーマン・ショック後の日銀によるドル資金供給で、米連邦準備理事会(FRB)の日銀預け金が一時的に急増したためとみられる。 

     日銀が開示したのは、海外中銀が保有する円資産のうち、1)日銀が保管する日本国債など保有債券、2)海外中銀の日銀預け金、3)日銀が国庫短期証券などで運用する海外中銀の日銀預け金。開示対象は過去10年分で、国別の金額などは公表されない。

     世界の外貨準備を示した国際通貨基金(IMF)統計に含まれない数字を含むと推察される一方、民間金融機関が保有する海外中銀の円資産などは含まれていない。


    此れは即ち日本円の強さの表れであるが、残念ながら現在の日本円の強さは外国人に取って日本国民が最高の搾取対象だという事の証明でもある。デフレ継続で搾取され続ける日本国民は、円資産を持つ外国人にとって最高の搾取対象だということだな。

    売国政治家どもに増税の必要性を説いたり、「増税せねば日本が破綻する」などと洗脳工作を仕掛けているのは、日本のデフレを継続させたい国内外の資産家たちである。

    デフレ下で日本人は安い人件費で製品やサービスを作り、それを海外消費者が購入する。一見普通の商取引に見えるのだが、実際は単なる搾取の構造でしかない。海外消費者が購入に使う円貨は、日本を増税などでデフレに追い込んで日本国民から絞り盗ったカネなのだから。

    それに加えて、日本の官僚までもが搾取に加担するから性質が悪い。彼らは国内のデフレが継続することで其の地位を高められるからだ。公務員の給料はデフレでも然程下がることは無いにも関わらず、世の中の物価はどんどん安くなるので、相対的にメリットが生じるのだ。市場原理主義が台頭する中で彼らの多くは公僕であることも忘れ、唯只管(ただひたすら)私利私欲のために売国に加担する下衆集団となっている。

    豚の様に肥え太った銭ゲバ外国人や泥棒公務員、そして売国政治家が徒党を組んで日本国民の富を奪い続けているのだ。

     http://surouninja.seesaa.net/article/181431726.html
     http://surouninja.seesaa.net/article/182757249.html

    現在の日本円の強さは、断じて日本の国力を表すものなどではなく、寧ろ日本国民の愚かさ・奴隷根性を表しているのだと言う事を忘れてはならない。



    400年に一度のチャンス -24     2011-06-28
    24.パラダイムの転換と新しい経済学の樹立①
     これまで4回にわたって(「400年に一度のチャンス -20」「400年に一度のチャンス -21」「400年に一度のチャンス -22」「400年に一度のチャンス -23」)、時代の流れが大きく転換しようとしていることを述べた。パラダイム・シフト(転換)である。延々と踏襲されてきた社会の仕組みとそれを支えてきた人々の考え方そのものが、現実の社会の歪みを惹起し、その歪みが極限にまで達して社会自体を崩壊させようとしていることだ。

     私は、社会の歪みを端的に表している現象は貧困であると考えた。
     世界では、10億人もの難民が存在する。慢性的な飢餓にあえいでいる人々が、実に6人に1人の割合で存在するという現実は、容易ならざることだ。富める人々が援助の手を差しのべる限界をはるかに越えているのである。
     この他に、経済的には豊かな国であるとされている日本でもアメリカでも、ワーキング・プア(貧民)層(「400年に一度のチャンス -17」参照)が増大の一途を辿っている現実がある。日本では、労働人口6,700万人のうち1,700万人もの貧民がいる。4人に1人の割合だ。働く能力も意欲もありながら職を得ることができない人々(失業者300万人)に加えて、職を得てはいるもののまともな生活ができない人々(ワーキング・プア。1,400万人)がいるのである(「400年に一度のチャンス -13」参照)。
     私は、日本におけるワーキング・プア層を解消する方策として、1,000万人のパブリック・セクターの人々に過大かつ不当に配分されている国富を大幅に削って、ワーキング・プア層に再配分することを提案した(「400年に一度のチャンス -17」参照)。ただ、この方策は、一時的な、いわば対症療法にしかすぎない。貧民層を解消するための根本的な方策ではない。収奪経済が続く限り、仮に一時的に貧民層が消滅したとしても、時間が経つにつれていずれ新たなワーキング・プア層が生まれてくるであろう。
     従って、対症療法を断行した後に、貧困を生み出す元凶である収奪経済そのものを見直されなければならない。そのためには、経済活動において当然のような前提となっている「市場原理主義」に冷徹なメスを入れて、その実態を明らかにした上で、思い切って訣別する必要がある(「400年に一度のチャンス -23」参照)。

     これまでの経済学は、物理学と同様の科学(サイエンス)であろうとすることに拘(こだわ)る余り、経済事象を抽象化することに明けくれていた。
     生産の理論は、経済を組成する生産要素としての、資本、労働力、生産手段をもとに組み立てられていたし、所得の理論は、投資と消費によって、支出の理論は、消費と貯蓄によって組み立てられていた。マクロ経済学は、これらに利子率をはじめとする金融的側面を加味して組み立てられているものだ。
     ミクロ経済学に関していえば、抽象的な経済人(ホモ・エコノミクス)を想定して、経済合理性のある行動をとることが前提条件とされている。
     モノを作る側(供給)は、作ったモノをできるだけ高く売ろうとし、モノを買う側(需要)は、同等のものであるならばできるだけ安く買おうとする、これがホモ・エコノミクスの基本行動であるとされ、価格決定理論の出発点をなしている。自由な競争が行われている市場においては、供給側と需要側とが競り合いを行って、双方が納得した水準でモノの価格が決まる、これが価格決定理論の中核だ。

     マクロ経済学といい、ミクロ経済学といい、西欧的な合理主義のモノサシで組み立てられているもので、科学的とは言いながら多分に思弁的なものである。
     マルクス経済学は、以上とは趣きが異っているが、資本の形成過程の論証に、ヘーゲルの弁証法が組み込まれている分、更に思弁的だ。
     これらの経済学に共通しているのは、思弁的に構築された理論に、現実の経済事象を無理にあてはめようとすることである。多彩な局面を持っている経済事象の中には当然のことながら理論に合致しないものが出てくるのであるが、それらは例外的なものとして捨象されたり、あるいは理論に合致しない経済事象は誤っているとして切り捨てられたりする。
     理論とはいいながら、物理学のように実験によって検証ができない以上、単なる仮説の域を出るものではない。ケインズ経済学、マルクス経済学、あるいは新古典派経済学等全て、仮説の寄せ集めである。仮説にすぎないものを伝家の宝刀のごとく振り回して、経済を分析し、経済の実態を解明しようとしたり、あるいは一国の経済政策の指針にしているのである。

     日本の場合、経済学に関していえば全て西欧の借りモノである。たかだか、この100年余の間のものであり、手っ取り早く出来合いの理屈を借りているだけのものだ。
     日本には古くから、思弁的な捉え方を排し、一つ一つの事象を具体的に確かめながら組み上げていく伝統がある。職人的手法といえるものだ。学問における職人技(わざ)である。
     今求められている経済学は、思弁的な一人よがりの児戯に等しいシロモノではない。多彩な側面をもつ、現実の経済事象が、ありのままの形でズバリ投影されるようなシステム、現実そのものを反映して思弁的に流れることのない経済学、考えてみればごく当り前のものが、これまで世界のどこにも存在しなかったのが不思議なくらいだ。
     400年に一度というべきパラダイムの転換にあって、借りモノでない全く新しい経済学が求められている。
    (この項つづく)

     ―― ―― ―― ―― ――

     ここで一句。
    “大相撲 芝居と思や 腹立たず” -佐世保、枯れすすき
    (毎日新聞、平成23年6月10日付、仲畑流万能川柳より)

    (私の敬愛する安部譲二さんは、相撲取りは、政治家、歌舞伎役者などの芸人と並んでカタギではないと喝破(「あんぽんたんな日々:第25回 『橋本龍太郎の孤独』」参照))



    人工物質の脅威:大気・水・食品

    253628 フランスは原発電力をドイツに輸出していたが、それ以上にドイツはフランスに電力を輸出している
      佐藤英幸 HP ( 48 新潟 塾長 ) 11/06/28 PM05

    >マイケル・シュナイダー
    (251968)

    「マイケル・シュナイダー: “原子力にすでに未来はない”」、仏メディアパール誌インタビュー記事全訳
    (リンク)
    より抜粋して転載します。

    -----------------------------------------------------------------

    マイケル・シュナイダー:「原子力にすでに未来はない」

    記者:アンゲラ・メルケル独首相は、2022年までにドイツは原子力から脱却するとの決議を行いました。これは、エネルギー史においても大きな転換となる出来事に思えますが?

    マイケル・シュナイダー:目覚ましい決断であったと思います。現ドイツ政権はドイツ国内の政界においても最も急進的な原発推進派とみられていただけに、ドイツでのこの度の出来事は、単なる政治の出来事ではなく、歴史の一つの転換であると言えるでしょう。

    (中略)

    記者:ドイツのこのような決断がある種の目くらましであるとする見解もあります。結局のところ、脱原発といったところで、フランス産の核エネルギーに頼ることになるのではないか、また、そのことによりドイツの脱原発はフランスの脱原発を遅らせることになるのではないかという意見もありますが。

    それは非常に面白い、しかしながら、誤った見解であると言えるでしょう。フランスはむしろここ数年、ドイツ電力の純輸入国でした。つまり、両国間の輸出入総額の収支においては、フランスのドイツからの電力の輸入額は、輸出額に上回っていたということです。2010年においては、フランスは、6.7テラワット(67億キロワット)の電力をドイツから輸入しており、これは、原子力発電所一つ分の生産量に該当する電力(!)です。ただし、フランスの輸入は、冬に集中しており、その電力もドイツの石炭火力発電所から供給されるものです。また、フランスの冬季における電力消費のピークは、96ギガワットを記録しているのに対して、フランスの人口を1600万人も上回るドイツの数字は80ギガワットにとどまっているのです!

    (中略)

    記者:日本国民の保護、そして福島原発外の環境への影響はチェルノブイリと比較してどうなっているのでしょうか?

    (中略)

    逆に、福島の場合は、汚染物質は継続的に排出されつづけ、原発の周辺が主な汚染地域となりました。半径100キロから200キロ圏内が特に被害を受けた地域であり、数千キロ先まで被害が及んでいるわけではありません。外国にとってはこれは幸い、しかしながら、日本にとっては最悪の事態であると言えるでしょう。そして現時点においては、汚染地域を地図上で特定することは非常に難しいのです。なぜならば、汚染が進むのに一定の規則性はなく、天候に左右されながら、地表上に染みのように広がっていくからです。最も危険な地域を特定するには、非常に多くの計測を行う必要があります。日本ではガイガーカウンターは売り切れ状態になっています。この点においても、日本は今も散々な状況にいると言えるでしょう。

    記者:福島の地域住民の被害状況は、チェルノブイリ事故の後にベラルーシの人々がさらされた状況と同じくらい酷いものであると言っていいのでしょうか?

    (中略)

    放射能の排出量が低いといっても、人口密度がより高い限られた面積の上に集中して散布されているわけですから、健康への影響という意味ではチェルノブイリを上回っていると私は考えます。このままでは大勢の人が見殺し状態になる可能性があります。

    ------------------------------------------------------------------

    (転載おわり)

    ■なるほど表向きはフランスは電力輸出国なのですが、事実は輸入国なのですね。日本がフランスとともに世界第2位を争う原発大国なのに、電力資源輸入国であることと似ています。

    ■人口はドイツの方がずっと多い。それなのに総電力使用量はドイツの方が少ない。ドイツの方が工業生産は多そうだし、国力は下げてない
    人口は維持している
    電力は少ないのにアグレッシブな政策ができている

    ■陸続きのせいでしょうか、外国では国家間で電力の売買が盛んのようです。市場を通じているので売買ですが、季節調整、融通のようにも感じます。

    日本は送電の問題もあり電力の輸出入はあまり行われていないのだとすれば、日本は初めから電気に関しては自給することが前提ですから、自給に関する産業というのは本来は国営がふさわしいのでしょう。

    日本は電気を商売にしないで、自給生産として位置づければ、原発を導入するような割に合わない方法を選択することは無かったのではないかと想います。

    市場における商売にすると農業もそうでしたが、なんだかガタガタになる。市場には社会をガタガタにする作用があるように想います。

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。