スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    6月18日

    6月18日

    【サルデーニャ報告】「白血病になり軍を辞めた」
    http://tanakaryusaku.jp/2011/06/0002518

    19時全民放1ケタ視聴率・なぜテレビは見られなくなった?・韓国ごり押し法則発動、ネット台頭、コネ入社無能揃い、制作費削減で悪循環・「民放の19時台視聴率が1ケタになった」 テレ朝プロデューサーの「ツイッター」に「当然」の声
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-date-20110618.html

    『超』割高な米株式市場、シラー教授「4割割高」
    http://uskeizai.com/article/210503658.html

    林檎(りんご)には放射性セシウムを排出せしめる効能がある様である(@w荒
    http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/52190364.html

    「6月16日 最低300年閉じ込める必要 小出裕章 (MBS)〔小出裕章(京大助教)非公式まとめ〕」
    http://sun.ap.teacup.com/souun/4831.html

    被災地の満州派は韓国製仮設住宅をお望みニダ!(爆w
    http://tokumei10.blogspot.com/2011/06/blog-post_5859.html

    地球を汚すな!寿司を食わせろ! 俺は何の心配もなく和食が食いたいだけなんだ!
    http://mkt5126.seesaa.net/article/210433027.html



    188 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/06/17(金) 12:21:52.65 ID:6G6yK+Ww
    306 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/04/29(金) 09:20:12.14
    本来のマーク1原子炉  底にコンクリと大量の減速材としての鉛を敷いておいて、
                    メルトダウンしても突き抜けず、
                    底に大量に敷いてある鉛で自動冷却できるようにしてある。

    日本のマーク1原子炉  設計を持ち込むんで施工するに際して、基材の鉛の部分を抜いた。
                    床に減速材として厚い鉛とコンクリの層を敷くのはコストかかるから
                    コストカットで。
                    おかげで、現在、炉が溶けた後、底が割れて、
                    汚染水がダダ漏れになっているものと思われる。



    189 名前:鳥肌実ニセモノ[] 投稿日:2011/06/17(金) 12:31:16.80 ID:GkfygPTv [1/3]
    一つ目は、菅政権が続く場合、孫さんたちに電力事業を譲渡するが、YESかNOか?
    国民の大多数はどうでも良いと思っている。
    だが、郵政選挙のように電力選挙で決めないと既得権も納得しない。
    2つ目は、菅政権が続かない場合で、解散総選挙になる場合。
    解散総選挙は、原発YESかNOかでやるだろう。
    菅政権に反対する抵抗勢力は、原発推進派である!
    として、原発反対は菅政権に投票!原発賛成は菅政権以外に投票!
    どこかの国の国民投票同様に90%以上が原発反対の菅政権に投票する。
    ヒトラーがやった大衆迎合政治とは、そうであろう。W
    3つ目に、解散総選挙をやる能力が菅総理になく、ポスト菅を誰にするか?
    マスコミは野田財務相が新総理だと国民に刷り込んでいる。
    テレビばかり朝から見ている老人たちや主婦たちは野田新総理だと言っている。
    野田かそれ以外か?

    192 名前:鳥肌実ニセモノ[] 投稿日:2011/06/17(金) 14:36:54.45 ID:GkfygPTv [2/3]
    解散総選挙をやるのは総理大臣だ。総理が自らを不利にする選挙にはしないだろう。
    かんぽの宿など郵政事業を二束三文で政商に売りますと言わずに郵政選挙したように、
    電力事業を二束三文で政商に売りますと言わずに原発選挙をやるだろう。

    国民目線では、電力政策云々より、被災者や被災地への政策が優先順位では上だと思うがなあ。
    電力政策優先の菅政権より、被災政策優先の小沢さんや自民党を支持するべきだと思うのだな。
    岡田幹事長はこの前、国難優先で…と会見していたが、できているか?
    自然エネルギー推進派である俺としては、このドサクサにスマートグリッドなでをねじ込む事もできる。
    また消費税増税派である俺としては、このドサクサに復興税をねじ込む事もできる。
    まあ、しかし火事場泥棒みたいでフェアじゃないと思うので、今は自然エネルギーと増税はすすめない。



    218 名前:鳥肌実(ニセモノ)[] 投稿日:2011/06/17(金) 23:00:08.54 ID:OntiD4ye [3/3]
    もう少し人的不良債権問題について、前にもこのスレで書いた事だが、ハロワを通して採用した人間がハロワに労働問題の苦情を言う。
    そうすると、ハロワから然るべき役人をその職場に送り込み、巨額の賠償金を払うような時代になっている。
    よって、ブラック企業はハロワを通さずに求人情報誌や新聞広告で「使い捨てにできる人材を募集している」わけだ。驚いたが、この前面接に行った人が

    「正社員で新聞広告に求人を出していますけど、正社員では採用しません!」

    と言われて、怒って帰って来ていたわ。w一応、40人の失業者たちには毎回新しいメンバーに変わるたびに俺がアドバイスはしていたのだがなぁ。w
    本当は技術指導だけで、そんな就職支援までやる必要はないけど、休み時間なんかに話をしている。しかし、今時の企業は酷いね?
    同じように、新聞広告で就職して俺の教室をその日に去った人が後で言っていたけど、国から税金を不法にかすめ取る職場だったそうで、架空の会社をいくつも作っているそうだ。
    それらの会社それぞれの従業員として役所に行って、税金を注入してもらう許可を取る(詳しくは書かないけどw)。まぁ、一般企業の方がよほどヤクザだねぇ。w

    民主党のハロワを利用した不法労働取り締まりは、そうやってすり抜けているし、みんなの税金はブラック企業がかすめとっているね。w



    231 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/06/18(土) 07:04:52.75 ID:OzPF5M0y [1/3]
    核兵器工場や原子力発電所、核燃料再処理施設における主な事故

    1957年~ ウラル核惨事(核兵器工場) ソ連ウラル地方
    1960~1970年代~ セラフィールド核燃料再処理工場 イギリス (放射能物質を含む廃液をアイリッシュ海に流し続けた)
    1964年~ ハンフォード・サイト(核兵器工場) アメリカ・ワシントン州 (世界最大級の核廃棄物問題)
    1979年~ スリーマイル島原子力発電所事故 アメリカ・ペンシルベニア州
    1986年~ チェルノブイリ原子力発電所事故 ソ連・ウクライナ
    2011年~ 東電福島第一原発事故 日本・福島県

    いずれも今現在、放射性物質を流し続け、付近は危険でその場所には近寄れない状態が続いています。



    鬼塚英昭氏の説く原発マフィアとは(5)

    《6》“地球温暖化”の詐術
     本稿最後に、原発マフィアどもが企図するさらなる原発推進の詐術を見ておこう。

     1987年9月(チェルノブイリ原発事故から1年3ヶ月を経ていた)、アメリカのデンバー市で「世界野生環境保護会議」が開催され、この席でロスチャイルド家の一人エドモン・ド・ロスチャイルドが提唱して世界環境銀行が設立された。
     世界環境銀行は建て前上は、「環境管理に関する国際援助と被援助国の資源管理を統合するため」の「新しい銀行」、すなわち「開発途上国を債務のどん底から救済すると同時に環境保護を実践できる」というわけであった。

     鬼塚氏によればこれが原発マフィア=石油マフィアが仕組んだ「銀行」であり、要は原発は環境にやさしい」というキャンペーンがここから始まったのである。
     「読者よ、知るべし。世界のどこかで、平和とか、環境とかが叫ばれだしたら、世界に危機が近づいている時なのだ」
     
     そしてユダ金の召使いになった官僚、政治家、御用学者どもが結託して、環境問題をいっせいにしゃべりはじめ、環境対策に税金を湯水のごとく使うようになっていった。
     以前、ケニアの肥満体女性マータイが日本に来て、毎日新聞と組んで「もったいない MOTTAINAI」を世界共通語にしましょう、などとキャンペンーンを張っていったが、あれも一連の環境をダシにした、ユダ金の策謀だったのであろう。

     「開発途上国はIMF(国際通貨基金)や国際銀行からドルを借りて近代化を進めていた。アメリカのロスチャイルドの召使いの一人、FRB(連邦準備制度理事会)のポール・ボルカー議長が公定歩合を20パーセント引き上げたため、莫大な金利が債務に加算され、各国はデフォルト寸前だった。
     そこでエドモン・ド・ロスチャイルドが借金をチャラにしてやるから土地を寄越せ」と開発途上国に迫った。」

     つまり世界環境銀行の真の目的は、「ロスチャイルド家が地球の陸地の30パーセントを占める第三世界の支配権を握ること」にあったのである。
     この1987年のエドモン・ド・ロスチャイルドがつくった世界環境銀行が、「世界史の一つのターニングポイント」だったと鬼塚氏は説く。

     ここから「環境戦争」という新しい戦争を原発マフィア=石油マフィアが仕掛けたからだった。
            *         *         *

     石炭と石油を使った発電所から大量にCO2が出てくるので、CO2を退治すべく人類は未来のために立ち上がれという、CO2に対する戦争である。この地球が誕生してきてから、初めて、しかも突然CO2が悪者にされた。(中略)
     もし、二酸化炭素が悪の元凶ならば、私たちが食べる植物すべてが悪となる。

     IPPC(気候変動に関する政府間パネル)が1988年に設立された。世界環境会議から1年後、チェルノブイリ原発事故から2年後であることに注目してほしい。
     国際金融マフィアが、ついに原発を世界中に拡大させようと動きだすのである。エドモン・ド・ロスチャイルドは、世界環境銀行を設立し、IMFと世界銀行を駆使して世界中の金、銀、銅、石油、そしてウランを第三世界に求めていく。同時に、エドモンは、IPPCなる組織を作り上げ、この組織を国連の中に組み入れることに成功する。

     IPPCは何をしたのか。地球温暖化説を広めたのである。
     「気温の上昇は、海面上昇、異常気象、生態系破壊などの引き金となる。地球温暖化が進むと、陸上にある氷河の一部が融け、海水の体積が熱膨張し、ついに海面が上昇する。すると、沿岸部の低地が水没し、臨界部の生態系が破壊される……」

     IPPCは、その地球温暖化の最大の原因を二酸化炭素の増加によるものと結論づけた。
      (中略)

     しかし、IPPCのデータがすべて偽物であることが判明した。IPPCに集まった科学者のほとんどは、エドモン・ド・ロスチャイルドに買収されていた。元アメリカ副大統領のアルバート.ゴアの『不都合な真実』なる本が、実は偽物であることも分かった。ただただ、原発を大量に造ろうとせんがために仕組まれた芝居だったのである。
            *         *         *
     
     鬼塚氏はこの本では触れていないけれど、温暖化ガス排出権の取引なるけったいなビジネスも、地球環境ファシリティ(GEF)も、みんなロスチャイルドの掌で踊らされているものであろう。
     だから民主党の鳩山由紀夫前首相が、政権をとって浮かれたのどうか知らないが、早速にわが国は温室効果ガスを、1990年比で2020年までに25%削減することを目指すと国連の演説で表明したことを思えば、彼もまたユダ金の手先であったことが自ずと明らかになるというものである。

     たとえば地球環境ファシリティ(GEF) は、国際機関、非政府組織(NGO)、民間セクターと連携しながら、地球環境問題に取り組む一方、各国の開発イニシアティブを支援する。  GEF は、生物多様性保全、気候変動、国際水域汚染、オゾン層保護などに取り組むプロジェクトを対象に、途上国や経済移行国に無償資金を提供するとされるが、これを見ただけでとてもいかがわしいと分からねばならない。

     カネは貸すが、返ってこなければにわかに本性をあらわして冷酷な取り立て屋に変身するのは、シェイクスピアの『ヴェニスの商人』に描かれるとおりである。

     ここまで、鬼塚英昭氏の『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア」を紹介しながら、今次福島原発事故の背景を探ってきた。
     この本は全国民必読の書でありながら、テレビなどにしきりに出演するユダ金の御用学者どもの本に埋没してしまうのではないか。それが残念でならぬゆえ、いささか過剰な分量を承知のうえで引用してきた。
     さらに詳しくは、ぜひに購入して読んでいただきたい。



    孫正義 は、「日本人は遺伝子レベルで独創性に欠けている」と言い放った程の日本人差別・侮蔑思想の持ち主だ。汚沢一郎とまったく同じことを言う。DNAが近いとこうまで同じことをいうとは。 (Unknown)
    2011-06-17 21:23:54
    そもそも携帯電話の契約者から料金を取っているくせに、携帯電話で通話が出来ないのだから詐欺行為以外の何モノもない!先日、運送屋のドライバーと話す機会があり、また驚くべき事実が判明した。何と、ソフトバンク の携帯電話は高層ビルの地下でも通話ができないそうだ。

    NTTドコモやAUの携帯電話なら普通に通話が出来る高層ビルの地下でも、ソフトバンク の携帯だけは全く通じないことが多いという。そのドライバーは、もう仕事にならないので携帯電話を変更しないといけないと話していた。

    ソフトバンク の携帯電話では通話が出来ないことは有名だった。

    特に山岳地帯では、殆ど通話が出来ず、2010年8月に埼玉県の秩父山中で次々と遭難して死亡する事故が発生したが、彼らの携帯電話はソフトバンク だったといわれている。

    ソフトバンク孫正義は、2010年3月28日のイベントで、こうした状況を改めようと、電波改善宣言を発表している。しかし、孫正義は口先だけなので、未だに碌な改善はしていない。以前からずっと指摘され続けている重大欠陥なのに、孫正義 が金儲け至上主義であるために金のかかる対策はとられていないのだ。

    まさに詐欺師だ。

    そして、3月11日の東日本大震災の後も、何日経ってもソフトバンク の携帯電話だけが電波が届かず、通話が出来ない状態が続いた。その結果、ソフトバンク の携帯電話を持っていた多くの被災者が命を失った。

    どうして総務省 はソフトバンク に対して業務改善命令と業務停止命令を出さないのか理解に苦しむ。どうして警察が詐欺罪で孫正義 らソフトバンク 責任者を逮捕しないのか理解に苦しむ。

    孫正義 の100億円寄付の発表は、上記のような携帯電話サービスの不備を誤魔化し、逆に宣伝にしてしまう起死回生の一打だった。通信事業者にとって、携帯電話が使用できないというのは致命的欠陥であり、詐欺と言って良い。

    他にも、ソフトバンク 社長の孫正義 は、「日本人は遺伝子レベルで独創性に欠けている」と言い放った程の日本人差別・侮蔑思想の持ち主だ。また、孫正義 は、ソフトバンク の就職採用も朝鮮大学校を断トツで優遇し、さらにはソウル大学、高麗大学、延世大学などの韓国の大学生を優先して採用している。
    ―――――――――――――――――
    ソフトバンク の朝鮮人割引

    日本人   韓国 人
    基本使用料      9600円   4500円
    Sベーシック       315円     0円
    パケットし放題     4410円     0円
    26250円分通話料  26250円     0円
    合計       40325円   4500円

    (韓国 宛電話代   130円/分   5円/分)
    ―――――――――――――――――
    さらに、孫やソフトバンク は、通話料金の「在日割引」を行ったり、「ケセッキ」「ケーセッキ」(犬の子)CMによって日本人や黒人を最大限に侮蔑している。

    韓国では「ケセッキ」「ケーセッキ」(犬の子)や日本人や黒人が最低の侮蔑対象
    朝鮮人が最も馬鹿にしている生き物が犬っころ(ケセッキ、ケーセッキ)
    朝鮮人が最も侮蔑している人種は、黒人と日本人

    ●関連記事
    ソフトバンク の日本人侮蔑CMと在日特権料金
    日本人を侮蔑する犬のお父さんと黒人のお兄さん
    韓国では「ケセッキ」「ケーセッキ」(犬の子)や日本人や黒人が最低の侮蔑対象
    SMAP 出演CMでは犬の肛門から日本人と黒人が出る
    在日韓国 人だけなぜ安い?
    http://ameblo.jp/konichiwa/entry-10918835231.html



    広瀬隆氏の主張 (Unknown)
    2011-06-17 23:38:22
    http://nanjinggenpatsu.com/hokoku.htmlから引用

    ★広瀬隆さんより

     現在の反原発運動についてひと言申し上げます。
     みなさんにもこれを広めてください。

     電力会社の原発はほぼ5000万kWだが、今夏のピーク時には、福島第一が
    廃炉になり、福島第二、東通、女川、東海第二が全滅し、浜岡が停止、柏崎
    刈羽が3基再起不能で停止、さらに全土で定期検査中の原発が運転再開不能
    のため、事実上1300万kWしか稼働しない状況にある。

     この頼りない原発より、資源エネルギー庁が公表している産業界の保有する
    自家発電6000万kW(昨年9月現在、添付ファイル)のほうが、はるかに大きな
    バックアップとしての発電能力を持っている。

    「原発の代替エネルギーとして自然エネルギーに転換せよ」という声が圧倒的
    に多いが、日本人が“快適な生活”をするために使っている電気の大半を生み
    出しているのは、現在は火力発電である。この火力発電は、日本においてきわ
    めてすぐれた世界最高度のクリーンな新技術を導入しているので、何ら問題を
    起こしていない。決して原発が、電力の大半をになっているのではない。原発は
    事故続きで、4分の1も発電していない。

     自家発電をフルに活用すれば、このすぐれた、クリーンな火力だけで、「まっ
    たく現在のライフスタイルを変えずに、節電もせずに、工場のラインを一瞬でも
    止めることなく」電気をまかなえる。これは、将来、自然エネルギーが不要だと
    言っているわけではない。多くの人が抱いている「自然エネルギーで代替しなけ
    れば原発を止められない」という現在の反原発運動の固定観念は、まったくの
    間違いである。

     将来のエネルギー構成をどうするべきかについてはここで論じないが、原発
    を止めるのに、選択肢の一つである自然エネルギーは、今のところ特に必要で
    はない。つまり、産業界を味方につけて自家発電をフルに活用し、原発を止め
    ることのほうが、もっと重要である。

     週刊朝日6月10日号で私が特集したように、週刊朝日の記者が各電力会社に
    取材した結果、興味深い電力需給について裏の構造が明らかになった。全国で、
    電力会社が他社受電の発電能力を秘密にして、取材にも答えようとしなかった。
    特に九州電力だけは、「発電設備ごとの能力の内訳は公開していない。経営戦略
    情報なので教えられない」と、火力・水力・他社受電(自家発電からの買い取り)・
    原子力の内訳さえも答えないというトンデモナイ非常識な態度をとった。この九州
    電力が、原発を動かせないので夏に電力不足になる、と言い立てている。

    なぜ電力会社は、これら当たり前の事実を隠そうとするのか、という疑問から、
    ここで重大なことが明らかになった。

     それは、「電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない」、
    この事実を国民に知られると、産業界からも、一般消費者からも、「送電線を自家
    発電の民間企業に解放せよ!」という世論が生まれる。そして制度が改善されて、
    誰もが送電線を自由に使えるようになると、地域を独占してきた電力会社の収益
    源の牙城が崩れる。送電線の利権だけは、何としても電気事業連合会の総力を
    あげて死守する必要がある、と彼らは考えている。九つの電力会社にとって、福島
    原発事故を起こした今となっては、原発の確保より、送電線の確保のほうが、独占
    企業としての存立を脅かすもっと重大な生命線である。そのため、自家発電の電
    気を買い取らずに、「15%の節電」を要請するという行動に出てきたのである。

    したがって日本人は、「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、「送電線を
    すべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のため
    に、まず第一に起こすべき国民世論である。何しろ、送電線が解放されて、安価
    に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用もで
    きないのだから。

     原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。
    産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。  広瀬隆



    コンピューター監視法案とは「あなたの携帯メールのぞき見法案」である。 (Unknown)
    2011-06-18 13:48:59

    http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/799.html


    記事抜粋
    多くの人にはこの法案(コンピューター監視法案)
    のおそろしさがあまり身近に感じられていないため
    それを一言で表現するとどうなるか考えてみた。

    危険性を一言で表現してみるとこうなる。

    「あなたの携帯メールのぞき見法案」(コンピューター監視法案)
    <のぞかせてください。そっとね。>

    となるだろう。

    理由は以下のとおり。

    ○メールは携帯もパソコンも全部、のぞき見が警察官、検察官が実質、OKになる。(60日間保存しろと書面でいい、
    裁判官のハンコのついた令状をもってくればOK)

    ○たとえば、「○○ちゃんのメールを見たい」と思えば
    警官や、検察官が、口頭で、会社でも、携帯電話会社でも、契約しているパソコンメールの会社にも
    「○○ちゃんのメールを保存しておいてね、60日間」と 言う。形式上、書面も提出する。この書面は簡単に出てくる。

    そのあと、裁判官のハンコのついた令状もってくればメールを全部、自由に見れる。CDか何かにメールを全て保存してもっていく。

    <裁判官のハンコのついた令状は、捜査段階のものなので、簡単に出てくる>
    裁判官のハンコのついた令状というのは、なにも裁判判決が確定した段階でもなく、まだ捜査段階での話しなので
    いわば簡単に機械的に押されるだけ。すぐに出される。検察官が申請すれば99%認められるわけだから
    実質、検察官が出しているようなもの。昨今問題になっているように検察官が「作文」を書いたら、簡単にいつでも
    「捜査容疑」をでっちあげられる。

    <60日間だけでなく永久に延長可能>
    しかも毎回、「もう60日分見たいから保存しておいてね」と言えばいいわけだから、60日間というのは
    ずっと延長されて続く。つまりあなたの携帯メールもパソコンメールも全てのぞき見し放題法案である。

    <「メールなど出せ」という依頼を拒否したら、差し押さえる。差し押さえの封印をとりさったら3年以下の懲役刑、もしくは250万円以下の罰金刑、またはその両方>
    もし、会社やプロバイダーなどが拒否したら、警察がパソコンを差し押さえる。または携帯電話を差し押さえる。
    もし、パソコンや携帯電話に貼ってある「差し押さえ」の封印を取り去ったら、その人は
    3年以下の懲役刑、250万円以下の罰金刑、またはその両方が可能。

    http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&dname=0na&dtype=0&stype=1&p=%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%8A%BC%E3%81%95%E3%81%88&index=08886807299200

    これは、インターネットの置いてある大学も、ネット喫茶も、携帯も、当然スマートフォンも、IPADも
    全部、いつ、どこに、だれに、送ったか、を保存させるので、完全言論監視体制になる



    つい最近スイスで催されたイルミナティの会合では日本そのものを「最終処分場」にすんべいか、って議題にあがってるかもな・・・
    海で隔離された島国だしゴミ箱にはちょうどいいような・・・

    百姓根性の日本人はおしなべて視野が狭いので「福島VS他県人」みたいなツマラナイ展開でツバ飛ばしあってるのが笑えるんだが、まぁこれも日本人の病気みたいなもんだからしようがないわな・・・

    近代国家やめて政治屋・役人ぜんぶ殺処分してみんなで自給自足っていうのがナウでアーバンな、かつエコでリーズナブルで貧乏万歳なんじゃねーかな・・・

    あっ、でもすぐに侵略されちゃうよな・・・

    投稿 Nobita | 2011/06/17 15:54



    放射線量は私の地元の南相馬市でも平常時0.5~0.6mSv/年ですよ
    日本の自然の平均放射線量1~1.5mSv/年というのは罠がありますね。
    年間の放射線量が高いところもあれば低いところもある。
    温泉地などは高めだと言われている。(ラドン温泉ね)
    気候風土と食生活で健康や寿命は決まると言われるが
    今回の原発事故の放射線量はいかなる影響が出るか?
    安心していてはダメでしょう。
    玄海の原子力発電所付近の白血病患者の発生率は11倍とのデータもあります。
    昔付き合っていた女性で2連荘で長崎・佐賀だったが、どちらとも同級生に
    女性特有の癌が多く、不妊症気味が多いと話がでていた。
    (10年以上前の話)
    本来の日本の年間の放射線量とは温泉地を除くと0.2~0.3mSv程度じゃないのか?

    また福島を放射性廃棄物の集積場所にするのが世界の約束事とは早計だと思う。
    黒潮と親潮がぶつかり合う世界有数の漁場の近くである。
    世界の食糧事情を考えると、海洋性たんぱく質を確保する場を潰すことになるのだ。
    果たして中国が納得するのか?

    投稿 ペンタ刑事 | 2011/06/17 21:44



    大体日本の平均放射線量は0.1~0.2位です。(岐阜は0.22程)
    これに関しては「自然界における」という但し書きが付きます。
    その土地に住む人達には「耐性」という遺伝子が組み込まれています。
    全く別物と考えるべきなのです。今現在も垂れ流されている「原発由来」
    の放射能とは。
    何%がん患者が増える云々とかその程度ジャン!けれど、原発事故によって癌に罹ってしまった人にとっては100%です。事故が無ければ0%だったかもしれないんです。チェルノでも現状は子供の生存率は非常に低いままです。
    25年たった今でも・・・
    何回も書いてますが、子供たちと母親は避難するべきです。

    投稿 研磨屋 | 2011/06/17 22:59



    私の兄は20代でガンで死にました。(30年以上前。)
    大学の研究室の冷蔵庫に無造作にアイソトープが入れられていて、そのせいで癌になったのかなあと悩んでいました。
    もちろん因果関係など証明できるわけでもなく、大学にクレームつけるでもなく、うちは物分りの良い家族なんで抗議も何もすることなく母親なんか学問のためと兄を解剖用検体にと希望しました。
    担当教授は、裁判にでもされるんではないかと戦々恐々だったようですが。自己保身、自己保身、名誉ある地位ですから。
    同じ放射線を浴びても影響の出る人もいれば出ない人もいる。
    結局自己責任でしょう。ただ子どもだけは。

    投稿 じろう@兄が癌で死んだのでタバコはやめちゃいました。 | 2011/06/18 00:20



    ①原子炉三つに穴が空いて、②そのうちひとつはウラ二ウム20万倍以上の毒性をもつプルサーマルで、③連日原爆相当レベルの放射性物質が放出されて、④都市圏でも高濃度汚染ポイントが観測され、⑤生物濃縮は最上位のクジラまで進捗し、⑥東海地方もすでに汚染地域であり⑦太平洋を越えアメリカでもプルトニウムが検出され、⑧これらを収斂される手段はありません。

    さあ、この国はどうなるのでしょうか?

    という単純な思考実験をいい歳した大人ができない。

    いいかげん、主観や希望的観測で現実から目をそむけるのはやめよう。

    次世代がどれだけ癌や障害をかかえ、どれほど苦しむのか考えよう。

    野次馬さんの奥さん、娘さんだって被曝してるんだよ。

    怒りむき出しのエントリーをしてくれよ。

    投稿 Kyosuke | 2011/06/18 00:24



    キタは、日本に帰らなかった、関東軍が作った国、という噂がありましたが。故・大平首相も、昔は満州で、クスリ、作ってましたね。その手の事を書く本は、ことごとく、初版で、終わります。

    投稿 新潟 | 2011/06/17 23:30



    17 名前: 名無し 投稿日: 01/12/01 23:03 ID:yYUi92IP
    東郷の外務省次官時代のエピソードに、
    半島出身の朝鮮人が外務省に任官し東郷に挨拶したとき、東郷は
    やはり自分の出自と重ね合わせ、その青年官僚を激励したという
    話がある。

    この話から、併合時代は半島出身者も日本の本省外務官僚になれたという
    驚くべき事実が現れている。 欧米の植民地支配には絶対にありえないことだろう。



    20 名前:   投稿日: 01/12/02 00:13 ID:v11Ml4W1
    半島からの陶工の子孫が、日本でずっと異民族扱いされているというのは本当。
    新井症慶だって、半島人だが新日鉄や大蔵省に入れたじゃないか。しかし、結婚相手は
    高卒の女。

    27 名前:   投稿日: 01/12/02 00:44 ID:2dA7tTpl
    >>20

    司馬遼太郎の短編 「故郷忘じがたき候」 っつーのに出てくるよ

    奴らは自分たちの方から日本に交わることを拒絶して、特別待遇を
    薩摩藩からもらって自分たちだけのコミュニティを作ってた

    今の在日と変わらん、何百年経っても進歩なし(藁

    28 名前:   投稿日: 01/12/02 01:30 ID:tpTxoWr/
    「故郷忘じがたき候」ってけっこう嘘まじってるらしいよ。「週刊新潮」で読んだ。
    鮮人の主人公?が学校で日本人生徒からいじめ抜かれた話も、真相は、先輩の彼女に
    手を出したのが原因。彼は、その本で有名になってからも料亭かなんかの女将に襲い
    かかったんだって。姉の日本人亭主の証言。東郷茂彦とそっくり。鮮人はスケベの血ありだな。
    今、薩摩焼の開祖の家系として教育国民会議に故小渕首相の肝いりで参加しているが、
    それも嘘。彼は薩摩焼の開祖ではなく、ろくろすら回せない。

    38 名前: 地球市民@ ◆sj4EGwIQ 投稿日: 01/12/02 13:34 ID:0E+TbUa3
    >>36
    朝鮮人陶工の話は、有名なんだけどなーー。
    何処にコピペがあるか忘れたので、思い出しで書くのでご容赦を。。。
    数年前、KBSあたりが、陶工の子孫にインタビューしにきて、
    K「こんにちは、秀吉の倭乱の際、強制連行された同胞にインタビューします。」
    K「どうですか?日本にいて差別されて辛かったでしょう。」
    J「バカヤロー。俺は日本人だ。何で朝鮮人にされなきゃならねーんだ。」
    J「先祖は向こうかもしれんが何しにきた。差別だと?くだらねー事言ってくるな。」
    K「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

    確か沈氏にインタビューしたはず。
    つまり、400年以上も日本に根付いて商売を続けているのに、今更400年前の話を持ち出して
    半島の手柄にされても困ると言う事。
    ましてや、不法入国&経済移民の今の在日が本当に強制連行された陶工の子孫を掴まえて
    在日認定するなどと言うのは、非常に無礼千万と言う事。



    2011/6/18
    「[ひでぇー話]海江田「東電賠償金抑制」発言と“逸失利益”が基礎の「人殺し賠償指針」」  税制・年金
    [ひでぇー話]海江田「東電賠償金抑制」発言と“逸失利益”が基礎の「人殺し賠償指針」:まだ「免責」にすがる東電の悪あがき投稿者 あっしら 日時 2011 年 6 月 17 日から転載します。

    14日に開催された参議院東日本大震災復興特別委員会での質疑に関する第2弾である。

    前回は自民党山田参議院議員の賠償金支払いをめぐる質疑に関連したものだったが、共産党の山下参議院議員も賠償金の支払い問題を取り上げた。

    昨日のテレビ朝日「ワイドスクランブル」が取り扱っていたが、先週末自殺した酪農家は、それまで搾乳してはその乳を廃棄していた乳牛36頭を既に売却していたそうだ。
    自殺した場所は最近建てたという堆肥小屋で、その板壁には建築費用を生命保険金で大工さんに支払うようにと書いてあった。

    自民党山田参議院議員の質疑を聞いている間は、東電は「ひでぇー」という感想だったが、共産党山下参議院議員の質疑を聞いているうちに、「ひでぇー、とんでもない政府だ!」という思いが強くなった。

    まずは、「ひでぇー、とんでもない政府だ!」という箇所を紹介する。


    人気blogランキング <-- クリックしていただくと、より多くの方に読んでいただけます。応援よろしくお願いします。


    ■ 東電ではなく政府自身が東電の代理人であるかのように賠償金額を抑え込み

    今回のような事故の賠償については、東電という大企業とそれほど力や法的知識もない個人や中小零細事業者のあいだの話になるので、間に立つ政府がどのような対応をするかで多くの人が被った被害がきちんと賠償されるかどうかが決まることになってします。

    それなのに、菅政権の大臣は、国会という場でありながら平気で東電の代弁者であるかのような発言をした。

    流れは後述のものを参照して欲しいが、海江田経産大臣は、山下議員の「賠償紛争審査会の指針を理由に支払いを拒否したり遅らせたりする必要はないのでは」という質問に対し、「被害を与えた方々に対し東電側がお支払いしようということであるならよろしいのですが、ただ、“それによって損害賠償の額が大きく膨らむ”ということがございます」と、東電が負担する賠償額を抑え込みたい意向を明確に示した。

    山下議員は、九州の旅館が原発事故のために中国人の来日が減って収入が大きく落ち込んだことへの賠償問題を質問したわけではなく、周辺県の農業者・漁業者に対する損害賠償の迅速なる仮払いを求める質問をしただけなのにである。

    (九州の旅館が原発事故のために中国人の来日が減って経営が苦しくなったことも、“相応の因果関係がある”根拠だと思うので、東電は賠償の責があると考える)


    東電に賠償をできるだけ負担させていこうとするのではなく、16%の電気料金のアップなどと気楽に電力需要者や納税者に転嫁する賠償スキームを法制化しようとしている政府ならでの答弁である。

    よく言えば、電力需要者や納税者の負担を減らしたいということになるが、それはダマシであり本末転倒である。
    被害にあった人々にまずきちんと賠償をするというのが最初(本旨)で、それを東電(株主及び役員・従業員)が自分の身を削りながら実行してゆき、それがどうしてもできないということになったら、融資を受けた相手に債権放棄を求め、最後に電力需要者や納税者に頭を下げるのが筋というものだ。
    そのような方向性さえ追求せず、東電を現状の所有形態のまま金融債権者もまるまる保護するかたちで温存しようとしているのが菅政権なのだ。


    ■ 賠償金額の算定基礎を“逸失利益”に置くという驚くべき生活破壊の賠償指針

    菅首相は、山下議員の質問に答えるかたちで恐ろしい事実を説明した。

    「原子力災害賠償紛争審査会が策定した第1次指針は、“本事故がなければ得られたであろう売上高から本事故がなければ負担したであろう売上原価を控除した金額である逸失利益が損害として認められる”と理解している」

    上述の海江田発言はそう思っているに違いないと考えていたから驚きはしないが、菅首相のこの説明には目が点になった。

    “本事故がなければ得られたであろう売上高から本事故がなければ負担したであろう売上原価を控除した金額である逸失利益が損害として認められる”ということは、収入をすべて補償するのではなく、東電から仕入れたわけでもないものの諸経費を勝手に差し引いた金額を補償の限度にするということだ。

    野菜をハウスで栽培して販売している農家を例に説明すると、種苗・肥料・農薬・燃料費・水・地代もしくは固定資産税・設備減価償却などで70万円かけて栽培した量の野菜をこれまで150万円で販売していたとしたら、今回の事故で受け取る賠償金は80万円になるということだ。

    おいおい、である。
    野菜を栽培するための諸々のものを東京電力から仕入れ、その代金は被害を与えたから支払わなくてもいいという状況ならそのような計算でも構わない。

    しかし、肥料や種苗そして燃料を東電から買ったわけではないから、もうすでに支払っているかもしれないが、とにかく第3者に支払わなければならないものなのだ。
    こんな賠償算定方式では帳尻がまったく合わない。

    想定した例の農家がまだ費用の支払いをしていなければ、その農家は、賠償金として受け取った80万円のなかから70万円を仕入れ先に支払わなければならない。
    ということは、残る金額はわずか10万円である。

    東電から仕入れたものでもない費用があたかも東電から仕入れたかのように差し引いてしまう賠償算定方式は、“詐欺”や“ペテン”以外の何ものでもない。
    まさに、政府が手を下す犯罪行為である。

    しかも、菅政権はいつもながらの逃げ口上を使える態勢をつくっている。
    学校線量のときも原子力安全委員会の名を使って決定責任を回避しようとしたが、この問題も、騒ぎが大きくなったら(なるわな)、「私どもが決めたわけではなく、原子力災害賠償審査会がまとめた指針であって、それにより迅速かつ公正な賠償が進められると考えていた」と説明するはずだ。

    このような話になっているとは知らないまま、自民党山田議員の質疑に関する投稿で、「農家・水産業や中小企業への賠償金は、昨年度(か一昨年度)の収入(所得ではない)の1/12×0.9(月平均収入の9掛け)を一律の基準にして仮払いすべきだと考えている。
    とりわけ、生産基盤から追われるように避難させられている福島の農業者に対しては、そのような一律の基準で賠償金を仮払いしなければいのちそのものがつなげない状況だと思う」と書いた。


    新聞を丹念に読んでいるわけではないが、だいたい見ているNHKのニュースでも、見た限りの新聞報道でも、こんなとんでもない賠償指針が基準になっているとは見聞きしたことがなかった。

    このような賠償指針がこれからも生き続けるのなら、よき日本は終わりを迎えることになると断言する。

    このような賠償安定方式を聞くと、政府が3月20日頃から野菜をはじめとする食品の安全性を声高に叫び、野菜等を洗浄までして放射能レベルを下げたり、とにかく出荷制限解除を急いだわけがわかるというものだ。
    あのときから既に、国民の健康なぞどうでもよく、とにかく東電が負担する賠償金額が少なくなるよう画策していたということだ。
    猿回しの官僚が最悪とは言え、それに引き回されちんたら踊っている猿軍団=菅政権も腐り切っていると断言する。

    政府がそういう姿勢だからこそ、静岡県のお茶業者をはじめ各地の放射能汚染被害業者が、東電に賠償を求めるのではなく、「とにかく安全だと言ってくれ」、「なんとか出荷できるようにしてくれ」と、あまりに哀しい姿をさらすハメになっているのだ。


    山下参議院議員の質問や担当大臣の回答を流れに従って要約すると、


    ● いわき市漁協に所属する漁師たちは放射能汚染のために県と協議して漁を控えているため収入はゼロだが、3カ月間経っても東電から1円の賠償金も受け取っていない。そのため、貯金を取り崩しながら生活している。

    ● 漁業は、漁師・仲買人・製氷業者・燃油業者の4者が協力することで成り立つものなのだから、4者一体で賠償して欲しいと思っている。

    (農林水産大臣)賠償審査会の第1次指針では、水産加工業や流通業は賠償の対象となっていない。今後は、対象になるように強く働きかけていきたい。


    【コメント】税金問題まで非政治家に語らせる復興会議もそうだが、菅政権は、自己の責任を放棄してなんでも中立を装った組織に下駄を預けて知らん顔をする。今回は働きかけると言っているだけまだましだが..。


     (東電社長)原賠法に則り政府のご支援もいただきながら賠償審査会の指針に従って賠償金の支払いを行いたい。第一次指針に基づき政府による指示で避難した地域にあった業者の営業損失についてのみ賠償をしていきたい。
     [再びの質問に対し]賠償審査会の現在の指針に基づいて公正にやりたい。


    ● 5月末で福島・茨城・栃木・群馬・千葉の5県で合わせて153億円の損害賠償請求があり、5月18日までに請求された34億円に対し5億円が仮払いされた。なぜ、そんなに少ないのか?

    (東電社長)賠償審査会の第1次指針に基づき、出荷制限指示等により生じた営業損失につきその1/2を仮払いしている。


    ● 東電が賠償に背を向けるのは、自らの責任で事故を起こしたのではないと考えているからではないか?原賠法3条1項の但し書きの巨大な天変地異に相当すると解釈もできると考えているのか?


      (海江田大臣)免責の要望を出した相手は賠償審査会だが、政府としては免責にあたらないと最初から考えている。東電は、5月10日政府に対し原賠法第16条に基づく政府による必要な援助の枠組みを策定してほしいとの要請文書を提出している。

      (東電社長)国内観測史上最大の地震とそれに伴う大津波の影響により起きた事故で免責に該当するとの解釈もあるえるとの考えもありますが、当社が事故の“当事者”であることを真摯に受け止め、早期の被害者救済という観点からも、政府の支援の枠組みに沿って迅速で公平な賠償に努めていきたい。
    [再度の質問に]いわゆる賠償スキームに則って賠償を行っていく。


    【コメント】共産党も、吉井さんがいるんだから、正義論的な攻めではなく、事故の責任がすべて東電にあることを事故原因などの説明で明らかにしなければならない。
    東電が免責を主張するのは一向に構わないのである。そうでなければ、法の解釈や訴訟を無意味なものにしてしまう。


    ● 東電は口を開けば賠償審査会の指針に従ってと言うが、原子力災害賠償審査会は本来賠償をめぐる紛争が起きた時に和解を進めるところなのであり、賠償審査会がどういう指針を出そうとも、被害者が原発事故の被害だと根拠を示して請求するものには迅速に賠償していくのが当たり前だ。


    (海江田経産大臣)賠償審査会は文科省の主管だが、賠償をめぐって払え払わないの紛争が起きたとき、そのジャッジをするところだと思っている。


    ● 賠償審査会の指針を理由に支払いを拒否したり遅らせたりする必要はない。東電が賠償に値すると思えば賠償金を支払うべきものだ。

    (海江経産大臣)もちろん、被害を与えた方々に対し東電側がお支払いしようということであるならよろしいのですが、ただ、“それによって損害賠償の額が大きく膨らむ”ということがございます。それともう一つ大切なのはやはり、今回の事故と相応の因果関係がなければいけないわけですから、相応の因果関係があると証明できれば支払えばいい。審査会が第1次指針、第2次指針と出してきたが、これからも中間的とりまとめだとかあるいは第3次指針とかを逐一出していくことになるだろうから、政府もそれに注目していく。


    【コメント】上述。


    ● 原賠法は被害者保護と法の目的が第1条に書いてある。請求が妥当なら東電は積極的に賠償しなければならない。東電がこれはちょっと過剰だなと考えるものは当事者間で話し合ってそれも決着がつかないとき賠償審査会に調停を求めればいい。


    ● 茨城県では、農業団体が、一人ひとりの農家が生産者段階廃棄処分報告書・販売先からの返品証明書・販売金額減少報告書・栽培履歴・出荷伝票などの証拠資料を付けてきたものを取りまとめるかたちで請求している。全額支払うのが当たり前なのに、34億円の請求に対し5億円しか支払われていないのは問題だ。3か月も経っているのにこれでは被害者は救われない。

     (まったく生気がない菅首相がもごもごと) 基本的に、被害できちんと根拠のあるものは東電が最終的に責任をもつことは当然だと思っている。たとえば出荷制限に関わるものについては、10億円の請求額に対し仮払いを半分行い、残りの24億円は第2次指針を踏まえながら早急に対応すると聞いている。原子力災害賠償紛争審査会が策定した第1次指針は、“本事故がなければ得られたであろう売上高から本事故がなければ負担したであろう売上原価を控除した金額である逸失利益が損害として認められる”と理解しているので、それについてはきちんと支払わなければならないと思っている。


    【コメント】おいおい、共産党の山下議員は何を聞いているのだ。実質的に賠償はほとんどしないと言っているのだぞ。


    ● 現場は待てない。審査会の指針を待たず因果関係が明らかなものは東電に支払わせるべきだ。第一義的責任は東電であるが、二次補正で政府が立て替え払いすることも含めて考慮したらどうですか?

    (菅首相)必要な財源については二次補正を含めてできだけ早く対応したい。

    【コメント】おいおい、共産党も東電温存派なのかい。東電は、100億円を超える日銭(月額4千億円近い)が入ってくる企業である。銀行への利払いだけで月々30億円もある。東電従業員の給与だって50%カットには至っていない。農林水産業者や中小零細事業者の賠償は、2次補正まで待つという悠長な話ではなく、東電に6月末までに支払いをさせるということを政府に求めなければならないだろうに。


    ※ 関連投稿

    「政府・東電一体化賠償スキームが国民の“健康”と“財布”をむしばむ!:「最後まで国が面倒を見る」が騙しの手口」
    http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/497.html
     
    「参議院復興特別委員会:東電は福島県の農家に未だ1円たりとも賠償金を支払っていない!;自殺者が出るのも当然」
    http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/763.html

     


    コメント
    01. あっしら 2011年6月17日 04:44:24: Mo7ApAlflbQ6s : FOFJ3ucx7c

    参議院のサイトで質疑の内容を録画で見ることができます。

    http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

    2011年6月14日の審議中継を選択し、一番下の「東日本大震災復興特別委員会」を選択いてください。

    共産党山下議員の質疑は、3分割されている最後の3時間過ぎから始まります。

    02. 2011年6月17日 05:53:12: wGaSu5Yb0U
    とにかく、犯罪的な重大事故を起こした場合は会社がつぶれる、ということを明確にしておかないとモラルハザードが生じる(既に生じている?)と思います。
    東電はやはり法的処理すべきです。小泉竹中以来の自己責任論からしても。

    03. 2011年6月17日 09:51:25: esmsVHFkrM
    被害者は路頭に迷って自殺者まで出ているのに、加害者は給料カットはあっても依然高給でぬくぬく暮らしているということか。その上、政府は加害者の味方と来たもんだ。

    こんな政府、日本人の政府じゃない。変えなくちゃ駄目だ。

    それも政治家を替えるんじゃなくて官僚を替えなくちゃ駄目だ。政治家を替えたって政府が変わらないのは政権交代で分かったこと。この国の政府がひどいのは官僚がひどいからだ。

    この件だって、海江田じゃなくてひどいのは官僚だ。海江田なんて官僚の言いなりになる意気地のない馬鹿にすぎない。

    官僚を替えられる政治家を選んであくまで代議制民主主義の枠内でやるか、それとも革命か。



    「進化か退化か、それが問題だ!」:放射能下悪環境下の人類の行く末とは?
    食料をコントロールする者が人々を支配し、
    エネルギーをコントロールする者が国家を支配し、
    マネーを支配する者が世界を支配する

    -------- ヘンリー・キッシンジャー

    「白人は真綿のように攻めて来る!」:怪しい動きの情報
    http://quasimoto.exblog.jp/14411459

    みなさん、こんにちは。

    いやはや、物理の分からない(物理学の分からない、ではない!)人が経営者や政治家や官僚になることほど社会や国家や世界にとって危険なことはない。今やホリエモン(は刑務所勤務)に代わって(いつの間にか成り済ましてしまったが)在日エリートの代表格に上り詰めた観のあるのが、孫正義である(もちろん、このブログ内では、ノータブー、ノー敬称、ノー権威)。

    一連の動きを見ていると、この孫正義、通称孫不正義、のやっていることは、ヘンリー・キッシンジャーの有名な言葉通りのことのようである。「エネルギーを制するものは国家を制す」。すなわち「電力を制するものは国家を制す」。

    これをやるためには、反原発の揺り戻し、要するに、右へ行ってだめなら左へ、という流れで逆に大きく振るという柔道技や相撲技といっしょで、原発がだめなら自然エネルギーへという流れで一気に火力も水力も全部いっしょに自分のものにしてしまう。そして、「自然エネルギー法案」というような名目で、この法案の認める電力以外は売ってはならないというような条項を密かに付ける。そう、モンサントがアメリカで農産物に関して行ったこと(モンサントは、国が認める種しか販売も栽培もできないという法律をオバマにサインさせた)とまったく同じようなことを電力行政で行えばいいということである。

    まあ、孫不正義とバラク・オバマは同じ穴のムジナ。なぜか彼らは非常に似た感じがするところがあるようである。孫は韓国人、オバマはアフリカ人。なのになぜか日本人やアメリカ人を語っているという詐欺師的ニオイというやつだナ。

    ところで、そのビルダーバーグ会議の重鎮のヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)は、いまや世界中で「KissMyAssinger(俺のケツにキスしろ男)」と言うニックネームで呼ばれる始末である。その悪者ぶりから、世界中の標的になっているのである。今では、安心して歩けるのは韓国か日本などの極東だけである。なぜなら俺のケツにキスしろ男がアメリカンエキスプレスのオーナーだからである。日韓ではこういう偽ユダヤ人はいまだに大手を振って歩けるタイムラグ(時間差)があるからである。

    Bilderberg Meeting in st. Moritz 2011 KissMyAssinger
    http://www.youtube.com/watch?v=OHc6Uqp2Jck&feature=player_embedded

    さて、そんな在日セレブ(未だ100億円の寄付が実際に行われたかどうか分からないが、これは一種の「やるやる詐欺」というやつですナ)の動向に危機感を募らせている人がいたので、今回はこれをメモしておこう。以下のものである。

    敦盛の歌
    自治体が始めた放射線測定により新たなホットスポットが見つかっている。

    マスコミは今頃になってホットスポットの危険性について報道し始めた。
    http://pds.exblog.jp/pds/1/201106/18/14/e0171614_9504026.jpg

    (この症状が「低線量障害」というもののようである。【驚愕】元東電社員の内部告発:福島第一の1号機じゃ東京ディズニーランドは動かない!、「誘導放射能」:人体に放射能がうつるのではなく、人体が放射能になるのだ!)

    伊達市や福島市が安全だとは言えなくなってしまった。
    そして、子供たちが避難するには遅すぎるのだ。

    政府や復興会議は、増税によって集めた金で、
    孫のメガソーラー事業を推進することだろう。

    菅は今や大手を振って孫の目メガソーラー事業を支援している。
    菅は「再生エネルギー法案」が成立するまでは絶対に辞めないと言っている。
    「辞めさせたいなら、この法案を通せ」とまで言っている。
    孫も辞めるなと言っている。

    こんなアメリカ張りの利権一体事業が許されてもよいのか・・・
    と憤りを感じるがマスコミもこぞって応援している。

    その代わりとして東電が益々叩かれる。
    近い将来、電力会社の送電設備や電力販売事業は、
    孫を経由して外資のものとなるだろう。

    JR北海道では相変わらず事故が続いている。
    終いには国土交通省の視察時にまで信号が正常に作動しないと言う念の入れよう。
    この会社もまた外資から狙われているだろう。

    民営化された郵便事業では、
    日通と合併したため、
    今まで扱っていなかった低料金で荷物を運んでいるため、
    赤字が拡大している。

    この状況を打開するとすれば、
    社員の大幅リストラ、賃金の大幅カット、
    非正規社員の拡大、
    というシナリオがまっている。
    現在の日本の病気である。
    (デフレがますます進み、賃金もどんどん下がってゆく)

    それでも立ち行かなくなった場合、
    「お荷物」として外資に貯金ごと転売されるだろう。

    電力会社やJRの危機、
    実はそれらは国家の重要な資産である。

    線路や駅など莫大な不動産、
    発電所や送電線下の莫大な不動産、
    それらはすべて日本国の土地であり、重要設備である。

    ハイエナたちが涎を垂らして待っているのは、
    分割され、価値がなくなったかのように思われるこれらの真の資産である。

    二重ローンの支援策にもファンドを使うそうだ。
    菅とソロス会談の成果が姿を現そうとしているのだろうか。

    日本人が放射線を浴びて寿命がちじまるというこの時期に、
    菅や孫は、新事業の拡大によって一旗挙げようとしているのだった。

    孫が国籍を取ったのはそのためなのか。
    国籍を取っても、心が韓国系華人という、
    「アジアのユダヤ人」とも言うべきこの多国籍人の狙いは何なのか。

    孫は「私心のあらず」と言っているが、
    孫が狙っているのはあくまでも事業であって、
    私財を投げ打っての寄付ではない。

    事業である限り、利益を追求するわけだから、
    それは善ではない。

    哲学の教えでは、「善」は利益を生み出さないことになっている。

    利益を生み出すということは、実は「悪」なのである。

    近い将来日本では、「人間50年」の世界がやってくるだろう。


    まあ、しかし、私の直感では孫不正義は意外にぽっくり逝きそうな感じがするのだが。一方、菅直人の運命は故宮澤喜一

    のような感じになって死ぬのではないかという気がする。それにしても、歴代の首相というものを見ると、戦後の政治家のドンの大半が悪者だから恐れ入る。

    一方、放射能に関して言えば、私が3月中旬、原発事故当初にここで予想した通りの事態になっていたことが徐々に分かり始めただけのことである。お粗末な脳みそではそうなるのはいたしかたない。こういうマスゴミやインテリ層はいまはそうであるかもしれないが、いずれ「ロボット人間」への退化する人種の系統に属しているというわけである。


    さて、ここから話は飛ぶが、その昔、太古の世界の生物を見ると、次世代にジャンプしたものは、その時代の寵児がそうできたというのではなく、むしろ進化の小道の中ではいつも生存に怯え、その時代では弱者であったというような生命体から後の環境変化の中では次世代への適応から大きく進化したという事実がある。

    アノマノカリス全盛時代のナメクジ魚、シャーク全盛時代のはぜ、サバンナの猛獣全盛時代の森のチンパンジー。そして、イルミナティー白人全盛時代のアジアの日本人。在日エリート全盛時代の貧しい日本人。一見、弱っちい存在から次世代への偉大なるジャンプが行われるのである。

    私は個人的にはアドルフ・ヒトラーの予言通りのことが、ここ日本から本当に起こるのではないかという気がしてならないのである。いつ起こるかはだれにも、私にも分からないが、きっとこの30年の内には誰の目にも分かるようになるだろうと思う。

    もちろん、一方の「退化」の方はすでに誰の目にも明らかである。思考力ゼロの若者、市民、国民はどこの国々でもいまや大半を占めて来ているからである。そしてヒトラーがいみじくも感嘆して述べた「永遠に大人になれない人間」、「永遠の未成年者集団」もまた大量発生中だからである。

    ここでは、「大人」という意味があいまいだと、様々な解釈があり得るが、仮にかつてのギリシャ時代やかつての日本やどこの社会を見ても存在した、いわゆる「長老」のような人のことを「大人」と意味することが一番解り易いだろう。その社会の過去、現在、未来をその社会の歴史を踏まえて語ることの出来る人というような意味合いのもので十分だろう。

    これに対して、将棋ばかり、野球やサッカーばかり、ゲームばかり、アニメばかり、物理学ばかり、経済学ばかり、などなどと1つのものごとだけに熱中している、悪しき「還元論」や「分裂支配主義」のような生き方をしているものは、「永遠の未成年者集団」のカテゴリーに入るというわけである。

    この20年で、両者は確実に分離する。そしていつの日か、一緒に住むことができなくなる。これがヒトラーの予言であった。後者のカテゴリーの人々は前者のカテゴリーの人々に支配されコントロールされているということすら分からなくなるからである。


    あなたは「進化」するか、「退化」するかの瀬戸際にある。

    というのが、私が最近感じるところというわけですナ。ちなみに、これは「アセンション」ブームでいう、アセンション(次元上昇)とは全く違うことだから要注意。



    2011年06月18日
    6月18日は「移民の日」。資本主義と切っても切り離せない「移民政策」という名の「棄民奴隷政策」。
    今日(2011年6月18日)は「移民の日」とのことである。

    1908年(明治41年)4月末、日本人移民希望者たち781人が神戸港で笠戸丸(かさとまる)に乗り、ブラジル(サンパウロ州サントス港)を目指して出港した。その後、日本人移民たちがブラジルに到着したのが6月18日ということで、今日がその日になったとのことである。

    抑々(そもそも)何故、移民する必要があったのか。それは日本とブラジルの間で経済的利益が一致したからである。

    当時の日本経済はまだ農業が中心で、過剰な労働力を抱えていた。要するに今で言うところのニートが多かったということだなw 政府は彼らを何とか利用しようと考えた結果、外貨稼ぎ要員として使うことにしたのだ。政府は当時のニートたち(農地を相続できない次男や三男など)に移民を促した。これを「口減らし」、または「棄民政策」と言うのだろう。

    当時はコーヒープランテーション経営が資本家たちの間でブームだったわけだが、アフリカ奴隷解放により労働力が極端に不足していた。そこで目を付けたのが産(うぶ)で勤勉な日本人労働者である。此処で政府と資本家の利害が一致するわけである。

    農家の次男、三男たちはニート状態だとは言え、どこかへ勤める様な奴隷生活をしなくても十分生きていけたわけだから、日本はそれだけ豊かだったとも謂える。にも関わらず、資本家と日本政府は、彼らとその家族を上手く唆(そそのか)し、体(てい)の良い奴隷に仕立て上げたのである。ここら辺の話は、どこか現代日本にも当て嵌まる所があるなw

    資本主義と移民は切っても切り離せない関係にある。

    モノの需要が伸びればそれだけ労働力が必要になるが、かと言って、いくら出生率を増やす政策を行った所で生まれた子供たちが直ぐに労働力として使えるわけではない。なので効率を考えれば、どこかから連れてくるしか方法は無いわけだ。そうなると矢張り奴隷か移民に頼るしか無いのである。

    そこから100年以上経った現在、日系ブラジル人たちは雇用を求めて日本へ逆移民してきている。これは、当時の日本とブラジルの労働力バランスが逆転したからだ。これもまたいつか逆転する日が必ず来るだろう。つまり日本人がまたブラジルへ移民する日が来るということだ。此の二国間の労働力のシーソーで、資本家たちはサヤ取りをして儲けているとも謂える。

    経団連が移民政策に前向きなのも、此の様な背景があるからだ。資本主義経済において合理性だけを求めるとすれば、矢張り人件費の安い国民を移民として連れてくるのが最も合理的なのだから。

    ということは、資本主義を崇拝する拝金教信者どもが移民政策に反対するというのは実は矛盾しているということだな。移民政策に反対するのなら、同時に資本主義や市場原理主義も否定しろと俺は言いたい。

    2ちゃんねるを見ていると、移民には大反対の癖に日本の経済成長には肯定的な阿呆どもが多いが、残念ながら経済成長(笑)と移民政策はセットなんだよ(プ

    移民政策に反対するのなら、極力市場に頼らない生き方を模索しろということである。お前らが市場性商品に頼った生活をすればする程、お前らは自分で自分を追い込んでるんだよ(プ



    ユーラシア帝国建設の、夢に執着する、ビジネス・マン達


    「福島原子力発電所・事故の、本当の原因」、より続く。


    http://alternativereport1.seesaa.net/article/208998312.html




     2008年以降、現在まで続く、リーマン・ショックと呼ばれる、金融恐慌を引き起こし、

    金融恐慌に続く、大規模な戦争を世界で引き起こそうと、画策する「軍事産業」リーマン・ブラザース。

    このリーマン・ブラザースは、日露戦争において、日本とロシアを戦争に「追い込んだ」、戦争画策の犯人であった(前回までの記事、参照)。

    その目的は、帝国ロシアに「市場開放」を行わせ、ロシアの安価な農産物・資源を、鉄道によって西欧に運び・販売し、

    莫大な利益を上げる事になった。

    日本は、この鉄道事業の利益ための、「持ち駒=アヤツリ人形」に過ぎなかった。

    リーマン・ブラザースの「正体」を見抜く事が出来なかった、世間知らず=外交オンチが、日本を戦争に追い込み、

    日本人を戦争によって、多数、死なせる結果となっていた。

    2011年現在も、リーマン・ショック=リーマン・ブラザースの「正体」を見抜く事が出来なかった、世間知らず=外交オンチが、日本を大不況に追い込み、大量の失業者=自殺者を生み出し、

    日本人を、多数、死なせる結果となっている。

    1930年代、ソ連=ロシアに、スターリンが現れ、鎖国体制を取った事によって、アメリカが、ソ連を敵視する「冷戦」が始まる。

    鎖国体制によって、ロシアの安価な農産物・資源を、鉄道によって西欧に運び・販売し、莫大な利益を上げる事が不可能になった事が、原因であった。

    ソ連を崩壊に追い込んだ、核ミサイルの大規模な軍拡を展開した、アメリカのレーガン政権の実権を握り、政権を動かしていた父ブッシュ副大統領の一族が、このリーマン・ブラザース=鉄道屋の経営一族であった。

    ソ連時代の、「ロシアに入り込み」、ソ連の鉱山開発等に従事してきた、「ザ・トラスト」と呼ばれる密輸組織の中心人物=ヘンリー・キッシンジャーは、「密輸」の形で、ロシアの「市場開放」の準備を行い、全面的な市場開放の方途を探っていた(前回までの記事、参照)。

    79年の、アメリカ・中国の国交回復を準備したのも、ヘンリー・キッシンジャーであり、それは、2011年現在の、中国の市場経済への「全面的な参画」を準備した。


     30年代の、スターリンの鎖国体制によって、ロシアの安価な農産物・資源を西欧に運ぶビジネスが不可能になった、鉄道会社インターコンチネンタル・エキスプレス社=ヨーロッパ横断鉄道は、鉄道事業が窮地に追い込まれてきた。

    このインターコンチネンタル・エキスプレスの子会社が、リーマン・ブラザースである。

    ヘンリー・キッシンジャーの経営する、インターコンチネンタル・エキスプレス社は、ソ連=ロシアとの密輸、中国との国交回復によって、ロシア・中国の「市場開放」を狙い、鉄道事業によるヨーロッパ=ロシア=中国の統一、ユーラシア統一事業を目指していた。

    「そのための」ロシアとの密輸、中国との国交回復であった。

    インターコンチネンタル・エキスプレスは、ロシアとの鉄道ビジネスが不可能になると、アメリカに本拠地を移し、

    鉄道事業から、金融事業に、「とりあえず」ビジネス・モデルを変更し、ユーラシア統一の戦略を練り直し続けてきた。

    アメリカに本拠地を移した際、インターコンチネンタル・エキスプレスが、アメリカン・エキスプレス社と改名し、クレジット・カード会社であるにも関わらず、エキスプレス=鉄道という名前を残したのは、鉄道事業によるユーラシア統一と言う、ヘンリー・キッシンジャーの「執念」を世界に示すためでもあった。

    なお2011年現在、ロシア・東欧、旧共産主義圏で使用できるクレジット・カードは、VISAでも、マスターカードでもなく、圧倒的にアメリカン・エキスプレスであり、旧共産圏がアメリカン・エキスプレス社の「金融支配圏」となっている。

    共産圏の「市場開放」を手がけた、ヘンリー・キッシンジャーへの、「創業者利得」である。

    日露戦争、帝国ロシアの崩壊=ソ連の成立、冷戦=核ミサイルの開発競争、ソ連の崩壊、ロシア・中国の市場開放路線。過去100年間の世界史は、インターコンチネンタル・エキスプレス社の鉄道事業、ユーラシア横断鉄道の完成の「ために」、動いて来た。



    【驚愕】元東電社員の内部告発

    http://www.youtube.com/watch?v=wlaAVvpIG-k&feature=mh_lolz&list=FLHpbOUBMdLoE

    短くお話ししますと、僕は福島原発、第一原発から15キロ真西に住んでました。 標高は550ぐらいあったんで、津波は全く問題なく、家も束石方式の基礎の古い家に住んでたんで、平屋の、で、屋根も軽くて、ちょうど本震が来たときは薪 の仕事をしとって、で、一服しようかなと思って、3時前だけど、まあ、いっかなと思って、ココアを、薪ストーブに火入れて、ココア飲んで、で、たまたま午 前中にデジタル放送のテレビの難聴区域だったんで、光ファイバーみたいなのを大熊町が引いてくれて、その工事が終わって、で、別にテレビとか、全然見たく ないんだけど、子供とかがいるんで、テレビ見れるようにしたんですけど、で、ぱっとテレビつけたら、どーんと緊急地震速報が出て、で、これだと思って、す ぐ外出て、で、ココア持ってたんだけど、薪割り台のとこに置いて、で、2分、3分弱ですか、本震があって、その間、山がもう、ごーってずっとうなってて。 で、ココア、ほとんどこぼれました。そのぐらい。でも、立ってられて、別に這いつくばって腰抜けるようなほどでもなくて、薪ストーブにちょうど火入れた ばっかりだったんですけど、中の煙突がちょっと外れたぐらいで、ひっくり返りもせず、何の被害もなかったです。



    で、次の日、爆発したんですね、1号機が。その爆発までは、僕はもう、地震、津 波、炉心溶融というのはもう予測してたんで、で、嫁はちょっと離れたとこに、たまたまちょっといたんで、迎えに来てくれて、土曜日、で、常葉町っていう 35キロのところに嫁の実家があったんで、そこに逃げて、で、2日ほどして、まあ、子供もまだ小学校2年生の女の子なんで、もうちょっと逃げようかって話 になって、さらに嫁の親戚筋をたどって、栃木県の那須、70キロぐらいですね。まで逃げて、で、そこに3週間ぐらいいたんですかね。で、高知県の県庁が県 営住宅の無料開放を宣言してもらったんで、もともとナカムラのほうに、ほうばい?がおったんで、僕、サーフィンやるんですけど、サーフィンブラザーズがい て、県営住宅あれば、余計行きやすいかなと思って、4月の頭にこっちまで逃げてきました。



    実際、じゃあ、放射線、どのぐらい浴びたのかなってぱっと計算したんですけど、 20ミリシーベルトありました。放射線量率って単位時間当たりのマイクロシーベルトとか、ミリシーベルトで表示されてますけど、僕は一応、原子力、学校合 わせると20年いて、国の日本原子力研究所ってとこで大学の原子炉工学コースのさらに短時間濃縮コースみたいのを半年ぐらいトレーニングを受けた人間なん で、ちょっとした線量率の計算とか、あと、どのぐらい積算で浴びるのかって簡単な計算方法はもう自分でできるんで、で、こっち来て、落ち着いて、計算した ら20ミリシーベルトを大体浴びてて。



    結局、具合悪くなりました。はっきり言うと。栃木の那須に逃げて、すぐ、だから、4日目ぐらいからもう鼻水、どろどろの鼻水が出て、で、鼻血もとまんなくて、のども痛い。これが低線量障害ってやつなんですね。



    だから、実際、100ミリまで行かなくても、恒常的に常に浴びてれば、何らかの障害というのは出てきて、で、国も政府も、当然、原子力安全委員会も、東電も、全く問題ないって言い方してますけど、全く問題あります。というのが1つ、僕の生の証言です。



    一応、今日あんまりコピーしてこなかったんですけども、単位時間当たりの線量率をどうやって積算にするのかという計算式を書いたメモ、すごい汚い字なんですけど、書いてきたんで、欲しい方はどうぞ持ってってください。



    で、0.24マイクロシーベルトパーアワーって書いてありますよね、新聞に。1時間当たり0.24マイクロ、それを1年間ずっと浴び続けると、2ミリシーベルト、1年間当たり浴びるんです。



    ICRPって国際放射線防護委員会が勧告してるのは、一般公衆の被曝線量限度ってのは1ミリシーベルト、わかりますか。その20倍をたった1カ月もたたない3週間ぐらいで浴びちゃったんです、僕は。



    で、僕はもう今年47歳なんで、そんなにもう細胞分裂もしてないからいいんです けれども、子供、子供はもう細胞分裂、活発で、自分の原本のDNAをコピーして体でっかくしてるわけですから、壊れたDNAをコピーすることによって発が ん率ってのは高まりますんで、まあ、子供もすぐこっちまで避難させたっていういきさつなんですけれども、そんな、ちょっと生々しい感じの話になっちゃんで すけど。



    で、もう1つ言わせてもらうと、僕は10年前に東電やめたんですね。で、何でや めたかって皆さん、聞いてくるんだけど、理由はね、ほんとに簡単なこと。もう、うそ、偽りの会社、ひどい会社。で、偉くなれるのは東大の原子力出てきた人 間、技術系だったら、もしくは東大の法学部出てきた人間が社長とかになりますから。で、もう、そういうエリート官僚主義の最先端行ってるとこなんですね。 最先端っていうのかどうかわかんないんだけども。



    で、うそばっかついてて、例えば、あるものが壊れましたと、このハンドルが壊れ ました、壊れた理由は、例えばこうやって日に出しといて、紫外線で劣化して壊れたっていうのが普通の理由なんだけれども、それを経産省、昔でいうと通産 省、で、今でいうと保安院と原子力安全委員会に説明するにあたって、自分たちが説明しやすい、しかも、結果ありきでつじつまが合うようにストーリーをつ くって、それで保安院に報告してプレス発表するわけです。それを専用のテレビ回線を使って、トラブルをちゃんと収束するまでの間、テレビ会議で延々と、昼 夜を問わず、1週間缶詰とか、2週間缶詰は当たり前の中で、どうやって壊れた、ハンドルが壊れた原因を役所で説明しようかってことをやってるわけです。



    で、僕はもう17のときからサーフィンやってて、レゲエの神様のボブ・マーリー が大好きで、で、そのせいで、そういううそ、偽りに気がついて、僕は会社いるときにバランス崩しちゃってですね、そういう世界にいたから。いつも自然と触 れてて、レゲエが大好きで、ビールも大好きで、で、友達といい波乗って、おいしいビール飲むっていう生活と、その東電のその組織の中での役割っていう ギャップですよ、真逆ですから、はっきり言って。



    で、それでバランス崩して、もうやめたいって表明して、やめるのに3年かかりま した。3年です。もう引きとめに引きとめて、で、最後、もう、僕ちょっと労働組合の仕事とかも少しやってたんで、労働組合の委員長と面談になって、引きと めの面談になって、で、何で、キムラ、やめるんだと、そのほんとうの理由を教えてくれと労働組合の委員長に言われたときに、僕、こう言ったんです。



    はっきり言って、10年前ですよ。原子力発電とか、原子力エネルギーというのは斜陽、終わってるって。



    だって、わかりますよね。皆さん、ほんとに意識が高い人たちだから、プルトニウ ムの241番が放射能の力が弱まる、半分になるまで2万4,000年かかるんですよ。今この瞬間使ってるエネルギーのために2万4,000年先の子孫にご みを、負の遺産を受け渡すことの解が出てないわけじゃないですか、答えが。なのに、発電し続けてることのその矛盾、だから斜陽なんですよ。



    そしたら、労働組合の委員長、こう言いました。キムラ、おまえ、頭が狂ったんだな、気が狂ったんだな。



    僕は、あんたが気が狂ってるんだよってはっきり言ってあげました。そしたら、すごい怒って、おまえみたいなやつはもうやめろと、そう言われて、やめられて。




    で、またその後におもしろい話があるんですけど、僕はね、原子炉の認可出力って あるんですよ。例えば福島第一の1号機だったら、1,380メガワットなんですよ、原子炉の出力は。1,380メガワットを電気にすると、46メガワット で、東京ディズニーランドを1日動かすのに必要な電気は57メガワット。だから、福島第一の1号機じゃ東京ディズニーランドは動かないんです。足りない の。



    でね、電気の出力ははかれるんですよ、ちゃんと。オームの法則みたいなやつで。「オーム」(ガヤトリー・マントラのたぐい?)ってやつ。なぜかオームなんですけど。



    で、1,380メガワットをはかってるんですけども、間接的に、だけど、認可出力が1,380メガワットだから、絶対に超えちゃいけないんです、それは。1時間に1編コンピューターを使って計算して、打ち出しして、保安院に報告するんです。



    で、1,380メガワットを1メガでも超えちゃいけないんです。で、誤差ってい うのは2.5%なんです。ということは、27メガワットプラマイ誤差があるんですけど、だから、うちらは技術者の判断で、それは誤差範囲だからっていうこ とで下げるんですよ。1,381にならないように、僕が計算機に、大型コンピューターにアクセスして、裏技なんですよ、これは。アクセスして、超えそうな ときに係数を掛けるんですよ、0.995とか。1に対して。それで認可出力を超えないように、打ち出しが、そういう操作をしてたんですよ、僕は。



    で、それができるのは東京電力の中でも、4,000人原子力従事者がいるんだけども、社員だけでも、その中でも2人か3人、そんな技を持ってたんで、なかなかやめれなかった。全くやめさせてくんない。



    何でかっていうと、やっぱりこうやってね、内部告発みたいなことするわけですか らね。あれは間違ってるよって。だって、僕、人並みぐらいには正直な人間ですもん。だから、知りたい人にはこうやってちゃんとアナウンスして、ほんとうの 情報だけ、さっきの単位時間当たりの線量率をどうやって年間にかえるのかとか、そういうことも全部レクチャーしますんで。



    そういうことを危惧して、東電は僕に、会社やめるときに、850万円退職金上乗 せしてくれたんです。そのときに、本店に呼ばれて、副社長に、キムラ君、わかってるよね。何がわかってんだろうって思ったけど、わかってますって。わかっ てるよねって言われたら、わかってます、わからないとは言えないんで、じゃあ、もう帰っていいよって言われて、面接2分、それで850万上乗せしてくれ て、で、1,300万もらって、まあ、親が事業やってたんで、全部そっちに回しちゃって、今はそんなお金持ってないんであれなんですけども。まあ、そんな おもしろい話が1つあって。



    で、あんまり、第一の1号機も燃料の全体の燃料の7割が溶けちゃって、で、最近 はちょっとデータ見てないんですけれども、原子炉の圧力とかも上がってるし、格納容器内の放射線量率も上がってるし、で、ヨウ素の131番っていうのが 減ってない、最近ちょっと減ってきたみたいなんですけども、つい最近までは確実に再臨界になってました。だって、皆さん勉強してるから、ヨウ素の131番 というのは放射能の力が半分になるのにたった8日間ですよね。なのに、もう8日たって、もう1カ月近くになってるのにヨウ素131がどんどん増えてる、そ れ自体がもう再臨界して、臨界にならなければ、ヨウ素というのはできないんです。絶対に。中性子、ぼーんとウラン235番が受けて、割れて、ヨウ素の 131番っていうのができるんですよ。原子力っていうのはそういうもんなんで。で、そのうちのアインシュタインの相対性理論の話になっちゃうんですけど、 そのうちのほんの1グラムとか、0.何グラムが熱になって、で、水を温めて、蒸気にして、その蒸気をタービンに回して、タービンに直列につながって発電機 を回して電気ができるんです。それが発電システムなんで。



    で、絶対にヨウ素の131番は中性子が出て核分裂しない限りは、絶対に出ないん です。だから、再臨界してて、そういう、ほんとは再臨界してるのに、原子力安全委員会、認めないでしょう。東電、認めないでしょう。政府も認めないでしょ う。これはね、再臨界はしてたんです。つい最近まで。これはもう事実です。プロがほんのちょっと原子炉の物理とか知ってる人間であれば、だれでもわかるこ と。それがまず1つ、うそね。



    で、さっき言った、例えば0.24マイクロシーベルトパーアワーというのは安全だとかっつってるのもうそ。うそです。



    それが僕は今日、皆さんに伝えたかったことです。で、高知は結構離れてるんでい いんですけど、ドイツの気象局が出してる放射線の、放射能の分布予測、スピーゲルっていうんですか、わかんないですけど、それを見て、北東の風が日本を全 体を流れてくるときは、絶対に子供を雨に当てないでください。あと、女の人、これから子供をまだ産む人は出さないでください。それは、おんちゃんらはいい ですよ。おれとかも含めて。



    何でかっていうと、セシウムの137番というのがあります、今度。それの放射能 が半分になるのが30年かかるんです。で、何が危ないかっていうと、セシウムの137番というのは筋肉にたまりやすいんです。男の人は比較的筋量が多いん で、筋肉に薄く、体の中に取り入れたとしても薄く広がっていきます。だけど、女の人は乳腺と、あと子宮、どうしても筋肉がないんで、そういった器官に濃縮 しやすいです。そうするとやっぱり乳がんの発生率とかがちょっと上がってしまう可能性があるので、そんなことは知ってれば防げることなんで、で、どうして も外に出なきゃなんないときは、布マスクの中にガーゼ入ってるじゃないですか。それをぬらして、で、マスクして外に出る。



    あと、ヨウ素が出てる限りは、ヨウ素はやっぱり昆布とか海草類にヨードとしてたまるので、そのヨウ素なんです。で、髪の毛から吸収されやすいです、人間は。だから、帽子をかぶって、直接雨に触れないようにするっていうのが1つ防げる方法です。



    全然そんなことだれも言わないですよね。政府も。だけども、これだけは僕は言いたかったんで、今日、ナカムラから来てみました。



    あんまり話が長くなっちゃうとあれなんで、最後に1つだけ。



    何かチェルノブイリの30キロ圏内にあるすごいきれいな泉を守った長老たちがい るらしいんです。どうやって守ったかっていうと、僕、こんなに原子力のこと勉強して、物理のこととかもある程度勉強したけども、目に見えない力ってのも絶 対あるんです。その30キロ圏内にあった泉を守った長老たちは、逃げなかったんです。逃げずにその泉をどうやって守ったか。祈りです。だから、そう言っ ちゃうと信じる人も信じない人も、どのぐらいの割合でいるかわかんないけども、もしちょっとでも信じてもらえるんだったら、朝、まず、福島第一が穏やかに 眠りにつきますようにって祈りと、あと、出てしまって、僕たちが使った放射能じゃないですか。電気のもとだから。それが、愛と感謝の思いによって消滅し て、無毒化するようにという祈りで、何とかみんなで力を合わせて、次の世代に伝えてもらえたらなって思います。



    以上です。ありがとうございます。【転載終了】



    日本における大豆の実情

    さて、遺伝子組換え作物について輸入すべきではないという意見は多数あります。
    しかし、実際は大豆に限らず多くの遺伝子組換え作物が日本に輸入され、
    私たちの食生活の一部になっています。
    ここでは、農林水産省の大豆のホームページから、現状を探ってみましょう。
    http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/daizu/index.html

    【大豆をめぐる事情】H22年12月版(PDF:1,514KB)http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/daizu/pdf/daizu_meguji_h2212.pdf
    によると、
    日本ではおよそ400万トンの大豆を毎年消費しています。
    そのうち、自給できているのはおよそ5%です。

    大豆の需給動向
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/ohira-y/20110117/20110117011927.png

    400万トンのうち食用が100万トン、それ以外の300万トンが油糧用・飼料用です。
    仮に食用の100万トンがすべて非遺伝子組換えの大豆だったとしても、
    残りの300万トンは遺伝子組換え不分別の大豆が輸入されます。

    日本へ輸入される大豆は70%がアメリカからです。

    アメリカではすでに作付け面積の9割が遺伝子組換え大豆となっています。
    また、2位のブラジルも65%は遺伝子組換えです。
    およそ250万トンほどの遺伝子組換え大豆が輸入されています。

    仮に国内で非遺伝子組換え大豆を自給しようとすると
    どれだけの面積が必要でしょうか?次の図は大豆の単収を表しています。

    大豆の単収
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/ohira-y/20110117/20110117011622.png

    およそ150kg/10aであることがわかります。
    つまり、1.5t/haです。
    400万トンの需要を全て満たすためには270万haの土地が必要になります。
    これは日本の田んぼの面積と同じです。


    次に、他国の栽培状況を確認してみましょう。
    資料は農林水産省の海外食料需給レポート2009 です
    http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_rep/annual/2009/index.html


    アメリカ、ブラジル、アルゼンチンで 世界のほとんどの大豆を作っています。
    また、主要な輸出国の輸出量と日本の輸入量を確認してみましょう。

    主な大豆輸出国と日本の輸入状況
    http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/ohira-y/20110117/20110117215939.png

    日本に大豆を供給可能な国は本当に限られていることがわかります。

    もし、本当に遺伝子組換え作物を拒否するならば、それだけの農地を新たに確保する必要があるでしょう。
    非遺伝子組換え大豆は栽培が面倒なため、特別にプレミア料金を払ってつくってもらっている状況です。

    また、日本が輸入しているのは大豆だけではありません。
    トウモロコシやナタネも多くは遺伝子組換えです。
    私たちが今の食生活を送るためには外国の農地なしには成り立たない
    ということは理解しておくべきだと思います。



    松木謙公・氏 HP
    http://kenko-matsuki.jp/
     
    マダマダ、”日本の財務省は 隠し財産を たくさん持っている” と、
     ”日本の官僚も 特殊法人に 捨てる程 現金が余っている” と、
    ”1部の特権階級の政治家・大企業にも 日本を動かせるだけの財産が 残っている”
    では? ないか。  と、
    ご本人様 このご時世によくぞ 本当の事を言ってくれた。。
    と 思う。。。 


    それを聞いた 民主党の国会議員さんは 多い ハズだ。
     
    更に、この東日本大震災後 日銀が大量の 日本円 を増発している。
    金額は 解らないが 最低60兆円 という。
    これらの 復興に使われる ハズ の資金が 何処に消えたのか?

    これが 知りたい という。


     
    更に、更に、 アメリカ と フランスの原発関連の会社に
    何故、国会を通さず 勝手に汚水処理を これらの海外企業に ”依頼” したのか?
    真相を聞きたい という。

    これを民主党の執行部に打診した が、 ”無視” されてしまった。 という。。
    日本には 放射能の除去の技術を持った中小企業がいる のに だ ・・・。
    何故、海外の企業に頼む の? だ?? と。
     
    日本の国民の税金を 何故? 海外へ持っていかなければ ならないの? か?? と。

    これが、オカシイ ? 本当に 管直人は日本の為に?? 政治しているのだろうか???


     
    更に、更に、更に、この復興計画に 日本のゼネコンが海外の企業の下請けになる 様子も流れてきた
    親会社は アメリカのベクテルCorpration。 これまでにも 日本の公共事業の数々に参入してきている
    このベクテルを通じて 復興の国家事業を実行しようと 考えている フシ が有る。 (まだ、未確定?)

    これには、自民党の建設関係の国会議員さんからの 反発が凄かった。
    因みに、未確認だが 民主党の前@前原誠司氏は この会社のエージェントだ! (ベクテルの手下だ!)

    これは アル 自民党の国会議員さん からの情報。
    (真相についての 確認手段が取れない)


    今まで、アメリカの全ての謀略機関(例えばCIA・等) から監視されていたのだが 
    どうも ペンタゴンNSA・その他の複数の機関が
    日本の管理・支配 から 手を引いた ようなのだ。

    その中身 まで 解らない?

    そのアメリカでは 財界(アメリカの支配層) と アメリカ軍部 が 対立 し始めた。 
    (詳細は未確認)


    だが、マダ日本の政局は これからも荒れる。
     
    日本からアメリカに流れる 日本の資金は 急加速している。
    日本国内では、満足に 震災の復興資金が 回らなくなった。 

     
    日本の大手銀行・一般銀行 や 生保・特定外の金融機関・日本の大企業が
    アメリカ国債を売りたい と 日本政府に打診している よう なのだ。

    だが、日本政府は それを認めようとは しない。。 
    コレ が問題。。。  (復興資金の確保が急務となっている)

    何故、アメリカ国債 が 売れないのだろう? 
    日本の復興資金の捻出には アメリカ国債の売却が必要なのに ・・・ 。


    その日本政府は 予算の執行にも アメリカの許可が 必要 という。 
    日本政府が勝手に 自国の予算を執行出来ない という。 (予算の大部分で)

    誰が、日本の財政を握っている のだろうか??
     
    日本の財政は アメリカの財政上のバランスシートに追加され
    アメリカの負債を日本が背負う カタチ になっている。(未確定だが?)
    それを ドイツの世界情報の記者から 直接 お聞きした。。 

    何故? 日本がアメリカの負債を背負わなければ いかないのか???

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。