スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新調したSSDが初期不良どころか返品交換レベルの欠陥品 Fuck!!

    6月12日

    米国崩壊に伴い中国も体制崩壊することになる。韓国はもはや金融危機の入り口に立ってるのだ
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/65f6cade868ee51d3a48a7ae20ec7f8e

    アメリカの家庭に迫り来る経済地獄 (その1)
    http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/569/

    シナリオ発想に乏しい日本人経営者の典型だった
    http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/25020567.html

    ≪緊急事態≫喉、鼻、眼、皮膚、下痢、だるい等、異常の有無を周りの人と直ちに話して下さい。
    http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/be09a6be7e8bf1fa0c2e4d96f66faf07

    G2(米中同盟)と日本の行方
    http://blog.livedoor.jp/jproject/archives/51795994.html

    日本政府と東電の「21世紀最初の真実」:日本がイランにプルトニウムを売っていた!?
    http://quasimoto.exblog.jp/14939980/

    棺と損でエヴァ国家?
    http://satehate.exblog.jp/16459789/

    "一体なぜ、アメリカ人にロシア・ルーレットをさせるのか?": 長年の反原発論者ラルフ・ネーダー、原子力産業の段階的廃止を主張
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1c5f.html



    2011/6/12
    「人間は二極化しない」  
    ヒットラーの予言が人気だそうですが

    その中でとりわけ問題は人間の二極化

    現在も既に何でも信じてすべてを奪われる人間と

    すべてを仕掛けて奪う人間、すなわち偽ユダヤに分かれているのだが

    これら貴族は、現実には、またバカを産むのである。

    歴史上、貴族は必然的に精神が劣化する。人に対する優位意識が精神の劣化を産む構造をしている。

    人を人とも思わなくなった時、すでに劣化が進んでいる。

    富をわが者とし自分のためだけに使った時、ホモサピエンスは劣化するように構造化されている

    これがヒットラーが知らなかった本当のホモサピエンスだ。。。

    貴族は貴族でない物に有用なことをしないと貴族であることを維持できない。イスラムの喜捨はそれを意味する.
    マホメドは知っていたから,イスラムは今も拡大している。

    人間は必然的に能力差がある、その能力差が富の源泉だが、富は自分以外が支持してくれてなりたつ。権力も同じ。商品を見ろ。他人が買ってくれるから商品であり、サービスだ。誰も買わない商品を作り続けたソビエトは組織的に自殺していたのだ

    従って富や権力は支持してもらうようにしないと維持できない。

    スポーツ選手を見るがいい。。あれが真の姿だ。すばらしい高い能力を示しているが、その能力に大衆が興味を示さなければ無である。

    そして決して家計が続かない。選手の子供は凡才である。。。

    生物はそういう構造だから生残って来た。

    稲や小麦は栽培植物で人間が神のごとく選んで来たのだが、人間が滅べばこれらも滅ぶ。。。人間が多収穫という余計な負荷をかけているので、人間の選択圧がなければ生きられない

    これと同じことがエリート育種におこるのだ。エリートは一次元で選択された生き物だから脆弱だ

    中国の歴史が真の人間の歴史だ

    周辺から新しい権力が勃興し、その権力が育てたエリートと子孫は腐敗の中で滅亡する。

    中国人が皇帝一族の権力維持目的で作った利権の固まりである科挙ー宦官制度は滅亡への近道だったのだ。。。。。

    エジプト王権でも同じことが起こった

    それを日本の歴史観では「おごれる物久しからず」というのである。

    ヒットラー=偽ユダヤの予言者はもともと、認識があやまっているのである。この限界を超えるために家康はどんどん子供を作って分家したのだ。280年しか持たなかったが長い方だ。。

    偽ユダヤの成功が長続きしたのは学会制度を乗っ取ったおかげだ。このおかげで本当の知識をねこばばできる。だからノーベル賞はユダヤの賞なのだ。。。。

    しかし、偽栄養学や炭酸ガス温暖化のような利権目当てのインチキ理論が蔓延して自家中毒を起こしている。。

    偽ユダヤも工夫しているから500年持った。。偽ユダヤの権力者選びは殺しあいだ。。しかしそろそろ、目に余る傲慢さで限界だ。

    彼らの権力の源泉である貨幣創造力を自らの放蕩によって毀損し始めたから。。。そのターニングポイントが1989年前後だろう。。。。

    2008年のリーマンショックは偽ユダヤにもはや、経済統治能力がないことが世界にバレた。。。

    だから、滅亡過程にある。。。。。。

    何をしても、もう無駄だ。



    仙谷、樽床がソープランド経営者が経営する北朝鮮・総連の大学で教授!! (Unknown)
    2011-06-11 19:02:08
    民主党がスパイ集団であることの、確かなエヴィデンス。
    これでも、民主党を擁護するのか?

    総連関係大学の教授だった仙谷、樽床…「6人の民主議員」

    北朝鮮および朝鮮総連と密接な関係にあることで知られる大阪経済法科大学。かつてこの大学で客員教授の肩書きを持っていた国会議員がいる。小誌はこの事実を「疑惑の大阪経法大『教授』に国会議員が8人いた!」(九九年十一月十一日号)で指摘した。その中には、現政権の中枢を担う仙谷由人官房長官を筆頭に民主党議員も複数含まれていたのだ。

     七一年に開学した大阪経法大の創立者は、関西の在日商工人の間では知られたソープランド経営者だった。
    「創立者亡き後に実権を握ったのが、朝鮮総連傘下の『在日本朝鮮人科学技術協会』、通称『科協』に所属していた呉清達氏でした。彼は常務理事兼副学長に就任し、日本の科学技術情報を集めて北に送ったり、大学の関連施設を通じて多数のパソコンなども本国に提供するよう指示していました。大阪経法大は、総連系の教授を多数抱え、日朝韓三国の研究者が一堂に会した国際学術シンポジウムなども開催。公安当局も参加者の顔写真を撮影したり、情報収集をしていました」(事情を知るジャーナリスト)
     そうした活動の一方で、政界やマスコミ界にもネットワークを広げようとしていたフシがある。
    「副学長から、あの識者や政治家に教授として来てもらえないかと依頼されたことがある」(当時の大学関係者)
     大阪経法大の客員教授の職にあった仙谷氏は九九年当時、小誌の取材にこう答えている。
    「落選中の平成八年十二月頃に、ある協力者を介して、大学の存在を知りました。翌年から客員教授を引き受けましたが、報酬額は確かに月七万円。毎月、私の弁護士活動の報酬を受ける口座に振り込まれ、すべて正規に申告しています。なんらやましいところはな
    い。呉副学長にも一度会っただけだ」
     だが当時、仙谷氏は学生ではなく、父母相手に記念講演をしただけだった。
     その他、民主党では中野寛成氏、樽床伸二氏、齋藤勁氏が客員教授に就任しており、今年自民党顧問とて政界復帰した岩國哲人氏も当時は民主党議員として客員教授に名を連ねていた。
     当時の彼らの反応はまちまちで、岩國氏が「認可した文部省が問題」と開き直れば、樽床氏は「正直言って拙いことをした」と反省を口にしていた。
     そのなかでも、「時機を見計らって辞めようと思っています」といち早く決別宣言をしていたのが中野氏だった。十年以上が過ぎ、大学との関係はどうなっているのか。本人の弁。
    「その後も客員教授を続けていますが、月給はもらっていません。年に一回くらい講義に行くだけで、そのときは講演料をもらいます。当時は大学と北朝鮮との関係がそれほど密接ならば、という心情を語ったまでで、今も北朝鮮との関連は分かりません」
     だが、その後の取材で、九七年に韓国に亡命した故黄長?此Ω議????渊餤④蓮⊂?錣砲海鵑幣攜世鮖弔靴討い襦?
    「九三年に来日した際に、大阪経法大側から約二千万円の資金提供を受けた」
     その後は次第に北朝鮮との関係も薄まってきたようだが、民主党には過去の疑惑に無警戒のまま大阪経法大の客員教授についている新人議員もいる。
     熊谷貞俊議員その人だ。
     十一月四日、国会の拉致問題特別委員会――。朝鮮学校の授業料「無償化」の適用などについて、参考人である拉致被害者家族の横田滋氏ら関係者五名への質疑が終わり、散会した直後のことだった。昨年の衆院選で初当選した熊谷議員がツカツカと彼らの前に歩み寄り、こう言い放ったという。
    「朝鮮人を差別してはいけない。そんなことを言っているから拉致被害者は帰って来ないんだ」
     現場にいた「救う会」の西岡力会長が振り返る。
    「『日本人の民族感情を煽るな』とも言われました。参考人として話を聞きたいと招いておいて、議事録が残らないところで反論してくるなんておかしい」
     一方の熊谷氏は大阪経法大との関係について、「私が大阪府知事選に立候補した際、手伝ってもらった方から紹介を受けた」という。その上で家族会との一件は、「『就学支援金』の問題を政治外交問題と絡めて考えることは好ましくなく、その点家族会の方に意見を申し上げた」と回答。
     謀略国家を相手に、くれぐれもつけこまれないようご注意いただきたい。

    http://blog.goo.ne.jp/publicult/e/61f9d74c86f41d5dc8d9ea8d17aa23b7



    205 (関西地方)[sage] 2011/06/11(土) 08:41:21.07 ID:FuljhJDp0
    桜井在特会会長が生放送でch桜水島社長に反論(要約)
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv52898133
    「『日本人が1人殺されたら100人の朝鮮人を殺せ!』、これのどこが問題?当たり前のことだろが」
    「朝鮮人と殺し合いをしなければ拉致被害者は戻って来ない。覚悟が無いなら拉致問題に手を出すな」
    「家族会だけの問題の域をとうに越えて国家の主権が侵されてるのに『あれを言ってはダメ、これを言ってはダメ・・・』バカ言うな」
    「昨年の拉致デモ参加者は公称1000人、だが実際はもっと少なくジリ貧なので今年は我々にも声を掛けた。こちらはお願いされて参加しただけであって自らすすんで参加したのではない。そして『第三悌団を是非』と任され、我々の呼びかけで全四悌団中最多の200人を集めた。なのに『寄生虫』呼ばわりするとは。むしろ逆ではないのか」
    「拉致問題が解決して一番困るのは拉致利権のch桜と救う会。拉致問題に寄生してる」
    「水島社長から売られた喧嘩なので買う。必要ならば渋谷にあるch桜の会社に街宣掛けても構わない」
    「ch桜は言ってることとやってることが違うので嫌い」「いつも後追いのくせに文句を言う」
    「一昨年の8.15も水島社長は反天連の反靖国デモを『デモするのは彼らの自由だ』と言っておきながら去年の8.15には我々と同様に抗議。皆さんの手前声援を送ったが内心は違った」
    「いつもch桜から喧嘩を売ってくる。こちらからは一度もない」
    「(質問書の件で)『救う会福岡』が謝罪した。他の救う会が謝らなければこちらから乗り込む」
    「水島社長は過去にパンダの映画を作りシナ中共を手助けしたことを総括すべき」
    「ch桜は保守ではない」



    韓国の諺
    「女は三日殴らないと狐になる。」
    「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
    「他人の家の火事見物をしない君子はいない。」
    「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる。」
    「母親を売って友達を買う。」
    「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。」
    「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。」
    「あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを。」
    「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。
    「家と女房は手入れ次第。」
    「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。」
    「らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる。」
    「一緒に井戸を掘り、一人で飲む。」
    「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。」
    「川に落ちた犬は、棒で叩け。」
    「泣く子は餅を一つ余計もらえる。」
    日本にはない諺ばかりです。民族性を良く表しているのではないでしょうか。「あ~なるほどね」と、思い当るフシがいくつもあります。こんな諺が存在しているということは、今の韓国人の民族性というのは、太古から染付いてしまっているものなのですね・・・
    こんな民族係わりたくもない。



    日本を守るのに、右も左もない

    252930 6/5なんでや劇場(11) 支配階級の骨身に染み付いた属国根性
      冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/06/13 AM00

    戦後は、日本の支配階級たちは、ロスチャイルドの力を借りて再軍備を目指し、日本中に50基もの原発をつくり、原爆までも製造するに至った。

    ここで疑問がある。明治維新や日露戦争まではロスチャイルドの力を借りて成功したと言えるが、太平洋戦争ではロスチャイルドにそそのかされて戦争した結果、大量の戦死者を出し、日本は焦土化し、最後には原爆を落とされて悲惨な敗戦を喫したわけである。

    にもかかわらず、なぜ、裏切られたロスチャイルドとくっついているのか?日本の支配階級、旧陸軍勢力は一体、何を考えているのか?
    太平洋戦争や御巣鷹山事変の真相を知ると、彼らが尋常な神経を持っているとは思えないのだが・・・

    日本人は縄文体質(共同体性)を濃厚に残しているが、それはあくまで庶民の話であって、日本の支配階級には別の歴史的な流れがあるのではないか?
    ⇒では、日本の支配階級は、どのようにして登場し、成立してきたのか?それが、太平洋戦争~現代までの、我々には理解不能な闇勢力の思考にどう繋がっているのか?

    それを解くためには、まず日本の支配階級の成立過程を探る必要がある。

    まず、大和朝廷の祖とされる倭人とは、中国沿岸の江南地方および朝鮮半島全体にいた部族の総称である。その一部は北九州にもいたが、あくまで本拠は朝鮮半島である。だから、邪馬台国があったのも九州でも畿内でもなく、朝鮮半島だったと考えるべきである。つまり、日本の支配階級の出自は、朝鮮の支配階級である。

    高句麗であれ、百済であれ、新羅であれ、各地の倭人を支配した朝鮮の支配階級の系統は同一で、元々ツングース系の遊牧騎馬部族である。そして、彼らには一つの特徴がある。高句麗・新羅・高麗・李氏朝鮮と一貫して、中国の支配下にあって、中国に対する属国根性が骨身に染み付いていることである。

    かつ、朝鮮の支配階級の歴史は、権力を維持するための宮廷闘争の歴史であり、せせこましい陰謀合戦を繰り返してきた。そこでは閨閥が政治に直結しており、王の正妻ともなれば、その一族郎党たちが官僚として権力の座に座る。だから女の兄弟たちが権力闘争に必死だったのである。

    彼らは目先の政権維持のための陰謀を企てることしか頭になく、ひたすら視野狭窄してゆく。中国の支援を取り付けることで自らの権力を維持し続けてきた朝鮮の支配階級からは、ユダヤ人のような被害者意識⇒世界制覇といった大構想は出てこない。せいぜい中国の誰と手を結ぶかという射程の短い、せせこましい発想が関の山である。

    そのせせこましい権力闘争の負け組で日本に逃げ延びてきたのが、日本の支配階級である。初期の大和朝廷にも、葛城・蘇我といった様々な部族が権力争いをしているが、彼らの陰謀と云っても、どこと手を結んだら勝てるかと云った、せせこましい発想しかない。それ以降、日本の支配階級たちは何も変わっていない。例えば、幕末でも幕府は仏の支援を、薩長は英の支援を仰ぐというように。

    そういうレベルの頭しか使ってこなかったのが日本の支配階級たちであり、だからこそ、近代~現代になっても日本の支配階級は(中国に代わって)ロスチャイルドやロックフェラーに簡単に乗せられるのであり、この骨身に染み付いた属国根性では、百済や新羅が服属し続けたように、たとえ裏切られてもロスチャイルドについてゆくしかない。それに、今さら旧陸軍勢力がロックフェラーに寝返っても、ロックフェラーには既に敵対する旧海軍勢力が食い込んでいて、後塵を拝するだけである。従って、ロスチャイルドについてゆくしかなかったのであろう。

    この骨身に染み付いた属国根性こそ、裏天皇と旧陸軍勢力が、太平洋戦争~御巣鷹山事変に至るまで、救いようのないの狂った判断を繰り返してきた理由である。

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。