スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5月2日

    5月2日

    市場縮小の深層:9 不正・不祥事の続出は、指揮系統の末路の姿
    http://www.financial-j.net/blog/2011/05/001559.html

    覚醒なき国家に未来はない(1)
    http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2011/05/post_257.html

    覚醒なき国家に未来はない(2)
    http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2011/05/post_258.html

    アメリカの軍事用のロボットは、核戦争にも耐えられるように作られているから原発事故でも使えます
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c9803e8be28a610a49fc4c70076ad359

    菅政権の迷走
    http://www.adpweb.com/eco/index.html

    私の名前のイニシャルは「KI」:ヨウ化カリウム!
    http://quasimoto.exblog.jp/14701768/

    最高機密のゴルバチョフ・ファイルがグローバリストのアジェンダを明かす by Richard Evans
    http://satehate.exblog.jp/16265121/



    Unknown (Unknown)
    2011-04-23 14:55:26
    役人どもの増税すれば増収になるという考え方は根本的に間違っている
    増税すれば可処分所得が減るので、消費や投資が低下し減収になる
    小学生でも分かるような事を、既得権益の防衛に血眼になっている役人には理解できないのだろう

    消費税増税

    国民は消費を抑える

    企業は収益が減るので、生産量を抑えたり、賃金を下げる

    労働者は所得が減るので、消費を抑える

    益々企業は収益が減るので、生産量を抑えたり、賃下げ、リストラを実施する

    益々労働者の所得が減ったり、失業するので、消費を抑える

    以下無限ループ



    1997年に消費税率を3%から5%に引き上げたら
    1998年の消費税収は1996年比で4兆円増加したが、法人税収と所得税収は
    それぞれ3兆円、2兆円減った
    税収全体では1兆円減った
    増税はインフレが酷くなって、景気が過熱した時にのみ行うべきで
    デフレ下で行えば、ますます景気後退になり、税収が落ち込む



    日本は、今、腹を出して仰向きに寝ている状態である。チャイナのチャイナ・朝鮮成りすまし民主党侵略軍の「日本解放」行動が激しい。 (Unknown)
    2011-04-23 20:37:48
    ▼スイス政府著「民間防衛」より"新しい侵略の形"

    ■第一段階 「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」←朝鮮総連・民主党
    ■第二段階 「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」←反日マスゴミ(テレビ、新聞)
    ■第三段階 「教育の掌握。国家意識の破壊。」←日教組(=民主党の支持母体)
    ■第四段階 「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」←友愛
    ■第五段階 「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う。」 ←日教組・反日マスゴミ
    ■最終段階 「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。」←復興よりも子供手当・外国人参政権を優先 ←今ココら辺



    菅直人の水の飲み方は朝鮮式だ Naoto kan is Korean's SPY (菅直人はコリア系スパイでは?)
    2011-04-23 21:44:32

    菅直人の水の飲み方は朝鮮式だ Naoto kan is Korean's SPY
    ↓↓↓
    http://www.youtube.com/watch?v=B9l3eSXgMtQ&feature=related


    菅直人はコリア系スパイでは?
    ↓↓↓
    http://www.youtube.com/watch?v=Z4xwMDngc0Q&feature=related



    多くの若者が才能を腐らせたまま人生を終える (ponpon)
    2011-04-23 22:38:41
    > 上場企業でこの程度の給料

    上場企業もピンキリですね。下のような高額年収の企業もあります。
    http://profile.yahoo.co.jp/fundamental/?s=4676
    http://profile.yahoo.co.jp/fundamental/?s=9401
    http://profile.yahoo.co.jp/fundamental/?s=9404
    http://profile.yahoo.co.jp/fundamental/?s=9409
    http://profile.yahoo.co.jp/fundamental/?s=9413

    > 公務員の給与が民間と比較して高すぎる

    単純に金額で比較するのではなくて、仕事の内容と給与のバランスで見たほうがいいと思います。ま、公務員の仕事内容は民間よりも遙かに楽でしょうがね。そもそも定時で帰れること自体が凄過ぎ…。私がIT企業に勤めていた頃は終電ギリギリなんて日常茶飯事でしたが…。(終電に間に合わず、客先の開発室で椅子を並べて寝たことも・・・。)
    いずれにせよ、収入の多寡が才能と比例しない現状はヤバイでしょうね。(無能が淘汰されない社会…)役所にしろ企業にしろ、縁故採用、口利きもいまだに存在するでしょうし…。

    > 世論調査でも復興の為の「増税やむなし」
    > これもいつもの世論操作

    先の大戦の時、戦争の為の戦時国債を発行して、国民に無理矢理買わせていたのと同じでしょうね。高額収入者や金持ちに課税すれば、簡単にカネは集まるだろうに…。あいつら寝かせて使わないんだから…。

    > インターネットが未だに選挙に活用できない
    > なぜネットを選挙で活用させないのでしょうか

    インターネットって思ったほど普及してませんね。特に、日本は高齢者が多い国ですし…。高齢者はパソコンすら使えなかったりしますからねぇ。

    > これから国さえも無くなってしまう状況も普通に起こる

    例のNWOというやつですか?ま、全国の自治体のサイトを見ても、仕様が皆バラバラですし、人口データの公表の仕方もバラバラ…。国内でさえほとんどまとまりが無い状態ですから、国がいつバラバラになってもおかしくは無いですね。

    > フジパン仙台工場
    > 工場の機械は一度も商品を製造する事なく、全て駄目になった

    広島の原爆ドームも、原爆投下当時は最新鋭のメッセ施設だったそうで…。

    > 自殺者が1998年から突然3万人台に飛び跳ね

    理由は↓を見ると分かるでしょう。
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=5701&asi=3
    ※表示期間を「1」にして下さい。

    30代以上の方なら覚えているでしょうが、あの当時は物凄く世の中が暗かったですね。90年代後半~ゼロ年代前半というのは、「株価が暴落しまくる」「有名大企業が倒産しまくる」「学生は超就職氷河期」「就職出来てもブラック企業」「企業はリストラの嵐」…と大変な時代でしたからね。2000年前後に店頭株・IT株バブルなんてのもありましたが、あれは中小型の値嵩株(一単位が何百万円、何千万円レベル)の短期急騰相場だったので、実態景気にはほとんど良い影響がありませんでした。90年代後半~ゼロ年代前半は団塊ジュニア(第二次ベビーブーム)世代が結婚出産適齢期でしたが、あの大恐慌のせいで結婚も出来ず、子供も産めないという人が続出しましたね。
    ↓を見ると一目瞭然ですが…。
    http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/121002.html

    > 80歳前後の元公務員OB氏、月50万円の年金だと聞いて、筆者は腰を抜かした

    公務員OBが高額の年金を受け取っているという話は、別のところでも目にしたことがありますが、彼らには良心の呵責というものがないんですかね?ま、無いからこそ、日本が滅亡へ向かっているのでしょうが…。

    > 福岡市は九州の若者にはとても魅力的な街

    ↓を見れば一目瞭然です。
    http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/401307.html
    ↓同じ福岡県内でもこちらは衰退傾向。
    http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/401005.html



    滅亡の原因や理由は、いくらでも学者があと付け説明できるので省きますが、それは御用学者が原発は安全だと学術用語と嘘八百並べて凡人を煙に巻くのと似たものがあります。悔しかったら、滅亡が起きる前に予測してみろ、学者ども!それが学問だろう!

    数百人の自殺者・行方不明者を出した1989年の日本の不動産バブル崩壊後、当時約3万9千まで届いた日経指標は未だに回復していません。日本政府はバブッた銀行をほとんどすべて救済し、それ以来20年間以上に及ぶデフレを選択し今日に至ります。

    その一方、ダメリカは欧州を騙し日本の不動産バブルよりも遥か大きいサブプライム(住宅不動産バブル)を弾けさせたのが2008年です。日本政府と似たようにダメリカのFRBは、主要銀行(除くリーマン)をほとんど全て救済しましたが、ダメリカはデフレを選びませんでした。逆にハイパーインフレを選びました。

    10人中9人が拳銃を所有する国で、日本のように何十年にも及ぶデフレなど選択したらば、支配層は内乱で殺されてたでしょう。その代わりにダメリカのFRBは、紙幣を発狂刷りして延命することを選択し、いまでも刷りまくっています。今後も突っ走れるだけ刷りまくるでしょう。

    しかし、2010年7月から新たな経済ブームが始まりました。石油産業に代わる原子力・太陽光・風力・電気自動車による代替エネルギーブームです。このブームがバブル化するのが2014年~2015年頃です。このバブルと一緒に発狂刷りした米ドルとサブプライムの残りを弾けさせれば、ダメリカの支配層は言い訳が立つと考えているようです。

    1932年の大恐慌から約80年間、石油産業を背景に上げ続けてきたダウがこのまま上げ続けることなどありません。上がったものは必ず落ちます。それが自然の摂理です。そして、日経指標が叩き出した3万9千ぐらいまでにダウが上昇し、それが完全にリセットされるのが、石油産業からバトンタッチされた代替エネルギーバブルが弾けた頃となるようです。

    その後の二年間ほどは全世界大恐慌でかなり酷くなるようですので、自給自足などの準備を強く勧めます。

    ダウの100年間チャート
    whatisnotseen.files.wordpress.com/2008/05/dow-cht-flt-str-021508-1150.gif

    ★滅亡の根本的な原因★
    大昔から戒められている人間の強欲とマネーゲーム

    投稿 FT | 2011/04/23 13:18



    858 名前:闇の声[] 投稿日:2011/05/01(日) 14:09:48.83 ID:qNCrLmkF [1/16]
    常会を連休中に開く・・・開かざるを得無かったってのもあるが、完全に民主党の
    作戦勝ちになってしまった・・・
    まず見てる人はそう多くない。
    それと菅直人を攻めきる事が出来てない・・・目標をどう定めるのか、それが曖昧になりつつある。
    結果的に何もかも上手く行ってない為に、責任を菅直人にとらせる他無いだろうに
    収斂するのか、或いは小沢と信濃町の相談に仙谷が乗って、一先ず菅直人も後ろに下がるか・・・
    政権盥回しのスキームを作って任期満了まで持って行って、そこで鳩山・菅・小沢の手打ちをやり
    仙谷がバックで細野や玄葉や原口・・・自分の睨みでは原口なのだが、安定政権を目指す・・・
    そこまで行けば支持率も戻るだろうと見る向きは民主党内部には結構いる。
    実際今日の委員会を見ていても、仮設住宅の様な大事な問題について総理がどこまで
    情報を把握し方針を伝えているか・・・全く見えてない。
    その裏返しは菅の頭の中にあるのはG8と日米会談だけだ。
    そこで立ち上がった日本の総理として良い処を見せたい、そうすれば支持率も戻って
    夏を乗り切れれば自然と来年度予算の話になり、解散総選挙は無いなと・・・
    せいぜいやって内閣改造程度で済むなと踏んでいる。
    実務に通じている議員は民主党を追い込めば予算審議等全て滞ってしまう事が判っているから
    仕掛けるに仕掛けられない状態だと言えるだろう。

    観光庁長官だっけか??溝畑っての・・・
    あいつ何なんだ??
    あんなインチキ野郎は見た事がねえな・・・
    元々観光関係は景気の悪さで落ち目だった。
    しかも、今の社会情勢は生活格差が人の感情を侵食し始めていて
    持てる者に対する憎しみに変わりつつある。

    859 名前:闇の声[] 投稿日:2011/05/01(日) 14:21:43.12 ID:qNCrLmkF [2/16]
    極道に聞いたが、家族でレストランに行くのを見て異常な素振りを見せるのを
    たまたま見つけたんで、若いのを差し向けて取り押さえた・・・
    シマ内で騒ぎを起こされれば困るからな・・・決して正義感からじゃない。
    そうしたらナイフを二本持っていてもうちょっとで店に入って刺し殺そうとしてたってんだ。
    そう言うのがうじゃうじゃいる時に何で観光なんだと言いたい。
    猛烈な劣等感と疎外感に苛まれてる連中が連休中何処にも行けず留まれずうろうろしてるんだ。
    仏様を観に行って仏様にされかねないんだ。
    現状認識が全くなって無い。

    消費をしろと言っても消費したい奴ほど金がない。
    しかも原発の風評被害を本気で何とかしようと言う気も態度も無い。
    溝畑が何で一年なんだと叱りつけたと言ってたが、一年どころか永久に無理だってのが
    本当の処だろうさ・・・
    映画を引っ張ってきてロケするにも映画等エンタメには絶対金が出ない。
    銀行関係は土地等物担・・・それも相当の好物件でないと金は出ない。
    その好物件を組織直結のサテライトが買い占め中で、それを転がして誰が
    ババを引くかの生き残りゲームが始まってる。
    温泉街は丸ごと外資が買うだろうが、買ってもそれは転がされるだけで
    温泉地としては生き残れない。
    日本人に縁の無いリゾートがあちこちに出来つつある・・・
    それをどう思うのか、溝畑に問い質したいね。



    865 名前:竹槍 ◆ZhE.Zk6dB2 [] 投稿日:2011/05/01(日) 14:39:12.75 ID:8LenqEMV [1/4]
    李承晩に弾圧された済州島にルーツを持つ韓国系が日本に密入国してきた。
    日本からしてみれば彼らは犯罪者だが
    済州島ルーツの韓国系には自分たちは被害者なのだという意識があったため
    自分たちは縄文人の末裔だから日本に住む権利があり
    日本人こそ侵略者なのだという論理で武装することにした。
    本来ならば全員国籍剥奪の上で国外追放というのが法理ではあるが
    お人好しの日本人のことだから
    正直に話してくれて謝ってくれれば穏便に済ますに違いない。
    しかしながらどうしても日本人に対する被害者意識と憎悪を放棄できない
    済州島ルーツの韓国系は小沢一味となって暗躍している。
    こういうことではないですか?

    876 名前:竹槍 ◆ZhE.Zk6dB2 [] 投稿日:2011/05/01(日) 16:02:35.99 ID:8LenqEMV [2/4]
    小沢一味は例えばサゲグループなどを使って保守主義者たちを騙してきたね。
    それで最終的には使い捨てにしてネトウヨの仕業だとウソぶくのね。
    竹槍にはばれてるんだよ!

    天台宗や天台宗経由でチベットにも工作を仕掛けていることも知ってるぞ!
    本当に迷惑な連中だな。いい加減にしておけよ。



    866 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/05/01(日) 14:58:02.17 ID:OMDvIolo [1/3]
    >>859俺はなんで日本軍はああも簡単に自殺行為をしたのか、
    最近わかりましたよ。失うものが何も無いからです。
    特に下級の兵隊は嫁もないし、カネもないし、希望もない。
    英国に踊らされて日露戦争なんてするからべらぼうな
    借金で東北地方なんて壊滅的な貧しさになった。
    今の若者と同じですね。
    無職だの、役立たずだの、不細工だ、きもいだ、
    言われてる男を集めればなんだってすると思いますよ。
    だって失うものなんて何も無いから。

    868 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/05/01(日) 14:59:21.64 ID:k0uaJz1n [7/10]
    >>866
    与えても、横取りするだけの自民党にみんないやけしている

    869 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/05/01(日) 15:11:50.51 ID:8I+ZQT4a [1/8]
    >>866 天皇財閥が儲けるためだけの戦争・・・・・っつうか、世界中の
    戦争は王様たちが設けるために、マッチポンプで戦争してきたでしょ。
    特に近代史以降は。だから昭和天皇の命乞いを欧州王室はやったわけで。

    870 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/05/01(日) 15:13:01.92 ID:no3Cv4se [1/2]
    >>866
    現代アメリカの貧しい家庭もそうだ。
    除隊後の大学へ進学できるという恩賞のために、
    イラク戦争に志願するヒスパニック系の若者とかね。



    29 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2011/05/02(月) 07:43:31.84 ID:UuxiuApu [2/3]
    石破の話が出たが、石破の娘が一浪AO入試の慶応で東電入社なんて
    話が出てきたから、石破はもうお手上げだよ



    ロシア政治経済ジャーナル No.731 (Unknown)
    2011-05-01 19:14:58
    http://archive.mag2.com/0000012950/20110429181349000.html

    記事抜粋

    政府が財政再建するために「増税」すると、


    消費・投資が減る→ 生産が減る→ 所得が減る→


    そして、結局税収も減る
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    となります。

    実際の例を見てみましょう。



    日本の消費税が、3%から5%に引き上げられたのは97年。

    98年の消費税収は96年比で4兆円増えました。

    しかし、所得税収は2兆円、法人税収は3兆円減った。

    つまり、税収全体では1兆円減ってしまったのです。


    では、どうすればいいのでしょうか?


    ▼税収を増やす方法は?


    消費税ひきあげの例をみてもわかりますが、「増税すれば税収が
    増えて財政状況がよくなる」という単純な話ではないこと、ご理解
    いただけたでしょう。


    結局、財政赤字をなくそうと思えば、「景気をよくする」しか方法が
    ないのです。

    で、景気をよくするためには、「拡大スパイラル」にするしかない。

    どうやって?

    これは、消費と投資(=有効需要)を増やすしかない。


    どうすれば、消費と投資は増えますか?

    主な方法をあげておきましょう。



    1、減税する

    税すると、個人と企業に残るお金が増えます。

    個人と企業は、そのお金をどうします?

    そう、(一部貯金し)消費するか投資するのです。


    「減税したら、景気がよくなって税収が増えちゃった」


    そういう例は、たくさんあります。



    <例1>サッチャー時代のイギリス

    1976年、イギリスは国家債務の利子を払う金がなく、IMFから
    支援をうけていました。

    そして、インフレ率は14%。

    1979年、「鉄の女」サッチャーさんが首相になります。

    サッチャーさんは、所得税の最高税率を、83%から40%までひき
    さげました。

    ていうか、83%も税金でとられた日にゃあ、金持ちは逃げ出しま
    すね。

    もう一つ、サッチャーさんは大々的に民営化を行っています。


    BP(英国石油)、宇宙、道路輸送、自動車生産、通信、航空、
    空港、鉄道、鉄鋼、水道、電力、石炭等々、

    非常に多くの国営企業を民営化したのです。

    国営企業はほとんど赤字で、財政の大きな負担になっていました。

    民営化したおかげで、負担が軽くなった。

    で、サッチャー改革の結果はどうだったのでしょうか?

    1979年、イギリスの国家債務はGDP比51%でした。

    それが、10年後には27%まで減少しています。



    <例2>レーガン時代のアメリカ

    レーガンさんといえば、「双子の赤字」が思い浮かびます。

    この方は1981年と86年に、大規模な減税を行っています。

    1980~88年までに、減税とそれによる好景気で、アメリカの歳
    入は76%増加しました。

    しかし、レーガンさんは、ソ連と決着をつけるために軍事費を倍増
    させた。

    それで、同じ時期に歳出が80%増え、結果赤字が増大してしまっ
    たのです。

    とはいえ、減税により税収が増えたことにかわりありません。



    2、公共事業

    サッチャーさん、レーガンさんは、いわゆる「新自由主義」的手法
    で景気をよくしました。

    一方、「ケインズ」で成功した人もいます。


    <例1>ルーズベルト

    いわゆるニューディール政策ですね。

    ルーズベルトは、アメリカではじめてケインズ理論を採用した大統
    領です。

    TVA(テネシー川流域開発公社)などの公共事業

    CCC(民間資源保存局)による大規模雇用

    WPA(公共事業促進局)の設立による、失業者の大量雇用と公共
    施設建設や公共事業を全米に広げたことで知られています。

    しかし、今のオバマさん同様、「財政均衡派」から激しく非難されま
    した。

    それでケインズを貫徹できなかった。


    ところが、ルーズベルトは「第2次大戦」に救われます。

    この戦争で、アメリカの軍需はどんどん増加していった。

    さらにアメリカは、イギリスやソ連へも武器を供給しなければなら
    ない。

    戦争のおかげで、アメリカから「失業問題」はなくなりました。


    ルーズベルトは、「ケインズ理論」を信じきることができなかった。

    しかし、第2次大戦とそれにつづく好況により、「ケインズ理論」の
    正しさが証明されることになったのです。



    <例2>ヒトラー

    ヒトラーが政権についた時、ドイツ経済はそれこそボロボロでした。


    ドイツは第1次大戦に負け、天文学的賠償金を課せられていた。

    1920年、ドイツは歳入の60%を借金にたよっていました。

    1923年には、なんと歳入の88%を借金でまかなっていた。


    困りに困ったドイツ政府は、どうしたか?

    そう、紙幣の「大増刷」に踏み切ったのです。

    結果どうなったか?

    1922~1923年にかけて、ドイツのインフレ率は1兆(!)%をこ
    えたのです。

    ああ、おそろしい。

    第1次大戦直前0.29マルクだったライ麦パンは、1923年12月
    なんと

    4280億(!)マルクになっていました。


    それから6年後、アメリカ発で「世界恐慌」が勃発。

    ドイツも、ニッチもサッチもいかない状態になってしまいました。


    そんな時に独裁者ヒトラーが登場。

    世界が右往左往している中、「アッと」いう間にドイツ経済を大復
    活させます。

    どうやったのか?


    小室直樹大先生の「経済言論」(東洋経済)から引用してみまし
    ょう。



    <ヒトラーは、プラトンの所謂anamnesisの知(生得の知恵)をも
    っていたのか、習わずしてケインズ経済学の極意を会得していた。

    アウトバーン(高速自動車道路)、大軍拡など、次々と打ち出す政
    府設備投資によって、

    有効需要は急増加した。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    失業は、みるみる減少して


    完全雇用は達成された。>(171p)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


    ヒトラーが政権についてから5年間で、工業生産は倍増。

    800万人いた失業者はゼロになった。


    ヒトラーは1934年8月、「指導者兼首相」に就任します。

    (日本語で総統という)

    「指導者」は国家や「法」の「上」に立つ存在であり、その意思が最
    高法規になる。

    要するに、ヒトラーは「超法規的」神のごとき存在であると。

    この措置に関して、8月19日国民投票が行われた。

    すると、なんと約90%のドイツ国民が、「ヒトラーが超法規的存在=
    総統」になることを支持したのです。

    どんだけ、ヒトラーが人気者だったかわかりますね。



    ユッケ?だから韓国料理なんか食うから。 (別の子も死亡、重症者は15人に拡大)
    2011-05-02 08:13:22
    >>焼き肉店ユッケ食べて集団食中毒 別のチェーン店でも男児死亡…富山、NHK報道無し
    日本人は本来は肉は食わん、生なま肉食うなど有り得んのに!野蛮すぎる。朝鮮人の食い物なんか食べるからだ日本人の体に合うはず無い。15歳以下の子供に生牛肉を食べさせてはいけません。生食用とか加熱用とかそんなの関係ない。とにかく小中学生にユッケはダメ。新聞もそこを書くべき。ttp://twitter.com/#!/sanpin7
    3 :名無しさん@十一周年:2011/05/02(月)
    テレビ局のニュースは在日朝鮮関係なのでスルーしてるが 中国なみの食品テロになってきた! フーズ・フォーラス社(金沢市)経営の「焼肉酒家えびす」テレビ局が激安焼肉店としてマンセー報道してたが、2chではブラック企業として悪名高い。ここが、古肉を殺菌アルコールで誤魔化したユッケを出して・・
    砺波市内の店・・死者1名、重症12名
    福井市内の店・・死者1名
    高岡市内の店・・重症3名(4月30日現在)
    フーズ・フォーラスは、2010年末現在、北陸3県と神奈川県に「焼肉酒家えびす」20店舗展開。 「焼肉酒家えびす」の食中毒患者は40名に達し、横浜・藤沢・相模原の関東店舗にも拡大か。日本では牛・鶏 ・豚の「生食用」食肉は流通していない。つまり日本中全てのユッケは生食用の肉ではなく、加熱調理用の肉を店の判断で出している。日本でユッケを食うことは死にも繋がる危険行為。
    http://www.nemko.jp/jpn/download/FOOD1009111358.pdf 日本細菌学会は「ユッケなんて食うな!」と呼びかけている。ちなみに不二家や赤福では一人の死者も出ていないが、「焼肉酒家えびす」では既に二人も死んでいる。ユッケに出した古肉の仕入先は牛肉偽装事件のハンナン(浅田満の旧浅田商店)飲食店で死者2名は即廃業で経営者逮捕が常識。戦後最大のバイオテロだ。梅雨も近いし朝鮮焼肉は気をつけろ!



    戦後社会の総決算か…(世界的な) (ponpon)
    2011-05-02 15:04:12
    > 国民負担を増やす方向で検討
    > 国税中心の増税
    > 公務員の超過勤務は1人平均約100時間、約30万円

    超就職氷河期世代の私が仕方なく入ったIT企業に勤めていた頃の給与明細を調べてみましたが、「時間外…73.5時間、深夜時間…31.0時間、休日出勤…66.0時間」の月の手取り給与は23万959円でしたが…。民間では「残業+深夜+休出=170.5時間」働いた月の手取り月収が約23万。たくさん働いても雀の涙しか貰えない国民の負担を増やして、公務員や利権関係者の私腹を肥やすとは…。私の場合、働いても働いてもカネが貯まらないので株で殖やそうとしたら、2000年~2003年の大暴落で貯金が全て吹っ飛んだワケですが…。(笑)

    > 日本の消費税が、3%から5%に引き上げられたのは97年

    その頃は、80年代巨大バブルの崩壊が本格化した時期ですね。下の株価チャートを見るとよく分かります。
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=5701&asi=3
    ※表示期間を「1」にして下さい。
    1996年~2003年頃の株式市場は暗黒相場の様相を呈していましたね。1999年~2000年の店頭株・IT株バブルは中小型値嵩株の短期上昇相場で、資金量の多い機関投資家向けの相場でしたし…。(1単位数百万、数千万する銘柄が動いていた。)

    > 中央官庁のモラルハザードが日本を駄目にしている

    中央官庁だけじゃないでしょうね。「自分さえ良ければ良いと思っている人間」全てが世の中を駄目にしているんでしょう。

    > 保守からは新しいものを作る事はできません
    > といっても革新はバカですが

    結局、保守であろうと革新であろうと中道であろうと、創造力やデザイン力が欠如した人間には新しいモノ・システムを生み出すことは出来ません。「無」から「有」を生み出せるような人間じゃないと駄目なんです。日本はそういうタイプの人間が冷遇されていますから、お先真っ暗でしょう。

    > いずれにせよ、もう取り返しはつかない
    > 日本は長期低落はおろか、二度と戻る事のない衰退の道を転げ落ちているということを、
    > まだ自覚できない鈍感さ

    ま、結局そういうことでしょうね。↓を見れば幼稚園児でも分かりますが…。
    http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/121002.html
    ヒトも老化…。戦後築き上げて来たインフラも老朽化…。
    繰り返しになりますが、今の20代以下の若者はこれから非常に苦労することになると思います。少子世代の知力・体力で膨大なインフラをまともに維持することが出来るか?まず無理でしょうね。



    恐ろしげな科学的発見:太陽からの神秘的放射が物体を変性させる

    太陽はその活動の極大期に向かっている

    ◆5月1日

     このブログで伊勢白山道の指摘した内容を時々、紹介してきた。今回の記事の内容はその伊勢氏の指摘する内容を裏付けるかのような、重大な内容だ。

     伊勢氏の指摘する内容に絡む記事で、4月16日号の「伊勢白山道にみる大陸移動期に入った我々の生き方」、4月12日号の「伊勢白山道から見る人類進化とヒトラーの予言 」、4月10日号の「伊勢白山道から見るこれからの地球と日本」などが関連する情報である。

     キーワードは太陽フレアであり太陽嵐で、その超巨大版が近い内に地球を襲うことにある。問題は、その太陽フレア(太陽嵐)の放射が地球と人類を含む地球の生物にある影響を与える、という点にある。

     特に人類にとっては、突然変異からなる種の進化のような事象が生じる可能性が語られている。丁度かつて地上を闊歩していた恐竜たちが、超巨大太陽フレアの直撃を受け、心臓麻痺で突然に絶滅したことで、恐竜時代の終わりと哺乳類時代の幕開けという進化が見られたように、今の人類は、ヒットラーが予言したような、超人をも超える「神人」という「進化」した人類の出現がなされる、ということに、この超巨大太陽フレアが一役買うというのである。

     そして現代の科学は、現在の太陽が今まで人類には知られていなかった未知の神秘的な力を持っていて、それが、時間の速度を速め、物体を変性せしめ、生命の性質さえ変化させるかもしれない、と気付き始めているう。つまりこの「未知の太陽の力」が、伊勢氏の指摘する、「太陽霊光」であろう。

     問題は、それが既に地球に到達してきている、ということだ。太陽は今年、来年、再来年で活動の極大期を迎える。その時、超巨大太陽フレアーの発生とその放射、そこに含まれる「未知の太陽の力」つまり、「太陽霊光」が大量に地球に届く。その時、人類は、この未知ではあったがいまや知られつつある太陽の神秘的な霊光の前で、願わしい「進化」の方向を辿れるのか、あるいは逆にあの恐竜のように、次の地球の時代を担う要素を持たない存在として、地上から淘汰されることになるのか?

     人類がかつて経験したことのない、とんでもない時代が始まりつつある。世界の科学者も固唾を飲んで事態の推移を見詰めるばかりである


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ■恐ろしげな科学的発見:太陽からの不思議な放射が物体を変性させている
    http://www.projectworldawareness.com/2010/10/terrifying-scientific-discovery-strange-emissions-by-sun-are-suddenly-mutating-matter/
    【2010年10月5日 BY TERRENCE AYM】

    ◆怒りの太陽

     ここ数ヶ月の間に分かってきた問題のため、研究者らは近づく太陽嵐にそわそわしている。ある者は、破壊的な太陽津波(巨大太陽風)が我々の先端技術を一掃するのではないかと予想し、太陽表面での巨大な爆発が地球に到達し、磁場を破り、高濃度のエックス線その他の癌を発生させる死の放射線に大量に晒されると警告を発している。

     今や太陽内部のコアの深い部分で潜在的により深刻な事が起きているという証拠が出てきている:かつて知られたことのない粒子ないしは謎の力が太陽から発せられていて、地球に到達している、というのだ。

     それが何であれ、それが全ての物体に影響を及ぼしているという証拠がある。


    ◆神秘的な未知なもの

      物理学者たちが最初にこの問題に気付いたのは何年も前のことだ。最初は例外的な事象として片付けられたのだが、いまやあわてだしている科学者たちは世界中の同僚たちと電子メールをやり取りしながら、何が太陽で起きているのかを把握しようと躍起になっている。

     不可能と思えることが起きているのだ。だがその「不可能」なことが起きていることは本当だということが明らかになった。世界中の研究者らは、科学の基礎であり恒常的と考えられてきた放射性崩壊定数が、もはや恒常的ではない、ということを確認したのだ。太陽から放射される何物かが、神秘的で今まで知られていなかった未知のやり方で地球自体の性質を劇的に変化させる驚くべき可能性を持って物質と相互作用している、というのである。

     科学者らをあわてさせていることは、原子の自然な崩壊定数は常に予測できるという事実だ。例えば炭素14は考古学的出土品の年代を決める方法として利用されている。炭素年代測定法として知られるその方法は、有機物内の炭素14の量を測るというもの。

     炭素14は5730年の半減期を持つ。物理学者らは一世紀に及ぶ徹底的な観察と実験を通して、炭素14の原子が崩壊して安定した窒素14になるのに5730年かかることを証明した。

     この値は変化せず、あるいは少なくとも過去には起きていない。ある一定の証拠と共に、放射性崩壊が太陽からの未知の力によって著しく影響されるということで、多くの科学者たちは戸惑いを隠せないでいる。


    ◆崩壊定数は早まっている

     一番困るのは、もしも物質の崩壊定数が変化するのならば、地球の一切の物質は生命を生み出している物質をも含めて、影響を受ける、ということになることだ。

     この変化は、量子宇宙の根本的な事実-と推定によって-生命の性質、物理原則、おそらくは一定の時間の流れさえも、変化させることになるかもしれない。

     実際、、崩壊定数の精密な観測から時間の伸びのいくつかの証拠が集められている。もしも物質と相互作用している粒子が原因でなく、物質が自然の新しい力によって影響されているならば、時間が速度を速めそれを阻止するものはないことになる。


    ◆ニュートリノが原因?
     
     研究者らは、崩壊定数における異常を33期日と関連させている。その時間枠は太陽核の33自転期日と一致する。そのような一致は単なる偶然という軽々しい見方を退ける。

     太陽核はニュートリノと言われる粒子を継続的期に放射していることで知られているので、科学者の中には、ニュートリノが物質の変化の背後にある原因であるという証拠を発見しようとしている。

     しかしながらその仮定には問題がある。ニュートリノは幽霊の粒子のようなものなのだ。発見することが極めて困難なのだ。通常、ニュートリノは地球をなんらの相互作用なしに通過する。ニュートリノにとって、地球は存在しないかのように。

     記録された放射性崩壊定数の変化の背後には、以前は未知だったニュートリノの属性を発見したり、あるいは新しい粒子を発見しないでも、なんらの粒子も存在しないという可能性はある。この現象の原因となるものは、以前には知られていない未知の力だ。


    ◆知られていない危険
     
     太陽はソーラーマックス(活動極大期)に向かっていて、今までの人類がかつて経験したことのない危険な強烈さの時が容赦なく近づきつつあるので、神秘的な制御不能の力がその激しい核の燃焼炉の内部深く形成されつつあるのかもしれない。

     太陽が時間を歪め、光波を曲げ、地球上の種の突然変異の原因となっている、ということが既に証明されている。今この新しい力が、人類の物理学の理解を変化させるだけでなく、人類そのものを変化させる(・・・必ずしもありがたい方向ではなく)方向で直接物質と相互作用を持っているのかもしれない。

     電子メールは飛び交い続け、研究者たちの緊張は続くだろう。しかし結局は、我々は皆単なる観察者なのだ。

     この現象が人類にとってはなんら現実的なインパクトは持たないものなのか、あるいは想像しうる最悪のインパクトを持つものなのか、いずれにしても何もこれを止めることはできない。今一度言うが、巨大な自然の力が我々の技術を圧倒するべく増大している、そして我々は我々が神々の玩具のような存在であることを発見するのだ。

     その力の前には我々は全くなす術もない。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



    人工物質の脅威:大気・水・食品

    250725 『内部被曝の脅威』(肥田 舜太郎、鎌仲ひとみ著)より~乳がん死亡増加の原因の隠蔽~の紹介
      宮本昇 ( 不惑 奈良 建築 ) 11/05/02 PM04

    つい先日、女優の田中好子さんが乳がんでなくなったことが話題になりましたが、身近なところでも昔に比べ「乳がん」が増えたとの実感がありました、そのことを裏付ける情報を紹介します。

    書籍の内容を紹介するブログリンクより引用します。

    ------------------------------------------------------------------
    乳がん死亡増加の原因の隠蔽

    1950~89年の40年間にアメリカの婦人(白人)の乳癌死亡者が2倍になったことが公表された。その原因の究明を世論から要請された政府は、膨大な統計資料を駆使した調査報告書を作成し、乳癌の増加は「戦後の石油産業、化学産業などの発展による大気と水の汚染など、文明の進展に伴うやむを得ない現象」と説明した。統計学者のJ.M.グールドは報告に使われた統計に不審を抱き、全米3053郡(州の下の行政組織で日本の郡に同じ)が保有する40年間の乳癌死者数を全てコンピューターに入力し、増加した郡と横ばい並びに減少した郡を調査した。その結果、1319の郡が増加し、1734の郡が横ばい、または減少しており、乳癌死者数には明らかに地域差のあることが判明した。

    グールドはコンピューターを駆使して、増加している1319郡に共通する増加要因を探求し、それが郡の所在地と原子炉の距離に相関していることを発見した。即ち、原子炉から100マイル以内にある郡では乳癌死者数が明らかに増加し、以遠にある郡では横ばい、または減少していたのである。乳癌死者数の地域差を左右していたのは、軍用、民間用を問わず、全米に散在する多数の各種原子炉から排出される低線量放射線だったのである。

    1996年にグールドはこの調査結果をニューヨークの「四つの壁と八つの窓(Four Walls Eight Windows)」という小さな出版社から『内部の敵』という書名で出版した。書名は、人間を体内からゆっくり破壊する低線量放射線という敵と、データを改ざんしてまでそれを隠蔽し続ける国内の敵を意味している。

    2002年に私はグールドに倣い、日本に52基ある原子力発電所ではどのようなことになっているのか、調べてみた。ところが日本全土が原発を中心にして100マイルの円を描くとすっぽり入ってしまい、原発のある県とない県を比較することができなかった。同時に、戦後50年間(1950~2000年)の日本女性の全国及び各県別の乳癌死亡数をグラフ化し、次の事実が明らかになった。(死者数は10万対)
     
     1)全国死者数は1950年の1.7人から2000年の7.3人まで一定の勾配で右
       上がりに上昇し、4.3倍になっている。(図6、省略)
     
     2)1997~1999年の3年間は、青森県15人、岩手県13人、秋田県13人、山
        形県13人、茨城県14人、新潟県12人と、六県の乳癌死者数が12~15
        人と突出して増加している(図7、省略)
     
     3)次に気象庁の放射性降下物定点観測所(全国12ヶ所)におけるセ
       シウム137の降下線量(1960~1998年)を調べた。降下量が増加して
        いるのはつぎの通りである(図8、省略)

    a 第1期(1961~1963年)米ソ英仏が頻回に大気圏核実験を行った時期。

    b 第2期(1964~1981年)1963年に大気圏核実験禁止条約発効で実験が中
     止,代わって中国が1964から核実験開始。セシウム137はわずかに増加

    c 第3期(1968~1986年[チェルノブイリ事故の年])秋田観測所でのセシウ
     ム137が単年度に極端に増加した。

     4)秋田観測所でセシウム137の降下量が著明に増加しているのは1986
       年だけである。原子力発電所運転管理年報によれば、この年には国
       内の原発にはどこも大きな事故の報告はなく、県別乳癌死者数分布
       図(図9、略)から推定して、1986年のチェルノブイリ原発事故か
       ら放出された放射性物質が死の灰の雲となって日本の東北部に濃
       厚に降下したものと考えられる。
     
     5)2の東北四県と茨城、新潟両県の乳癌死亡の異様な増加は3-cの
       1986年、秋田観測所が観測したセシウム137の異常増加のちょうど
       10~12年後に起こっている。これは1996年~1998年にセシウム137を
       ふくむ空気、飲料水を摂取した上記六県の女性が、乳癌を発病して
       死亡するまでの平均時間に一致している。当該県民の医療知識水準
       と医療機関の状況からみて、乳癌死亡の高騰とセシウム137の大量
       降下の間にきわめて高い相関があるものと推定される。

     6)もちろん、これだけのデータだけで上記六県の乳癌死亡増加の原因
       がチェルノブイリ原発からの放射線であると断定することはでき
       ないが、しかし、かなり広範な地域に大量の死者を出す原因は、地理
       的な関係から大気汚染以外に考えられず、欧州各国の大量の乳児に
       甲状腺癌を発生させたチェルノブイリの死の灰の存在を有力な犯
       人と推定せざるを得ない。
     
    くり返すが、これだけのデータでは「上記の県の乳癌死亡の原因がチェルノブイリ原発からの放射線である」と断定はできないが、低線量内部被曝の危険性を知るうえで、の一つの参考資料とはなり得ると考える。つまり、当時は言及されることのなかった、微量な放射性物質の内部被曝が10~12年かかって現れたといえるからだ。

    一方、世界的に乳癌は急激に増えている。日本では25人から30人に一人という発症率で毎年3万5000人の女性がこの癌にかかるといわれている。30歳以上の女性の死因の一位となり、年間に9600人が亡くなる。40年前の6倍になっている。欧米では8人に一人の女性が乳癌となり、年間37万人が亡くなる。つまり、90秒に一人亡くなる計算だ。この乳癌増加の影に世界規模の内部被曝が影響を与えているのではないだろうか。
    ------------------------------------------------------------------
    引用以上
    ほぼ事実と見て間違いないようにおもいます。福島から毎日出ている放射線のことを考えると、特に女性の方は細心の注意を払うべきですね。



    電力会社(東電)を中心とした権力構造を図解化しました。
    大きな構造として捉えると、まず政・官・学・業の特権階級側と国民側という構造があります。特権階級側では既得権益をカネで確保する関係が夫々にあります。一方の国民側は完全に蚊帳の外状態。国民が手にするには供給された電気と洗脳ウソ報道のみ。双方の関係は完全に断絶しています。
    また国民が支払う電気代は諸外国の3・4倍の額で過剰に高い電気代が特権階級側で出回っています。
    ********************************************************************
                 <特権階級>
        スポンサー料            スポンサー料
    ┌───────────┏━━━━━┓───────────┐ 
    |           ┃政府・官僚┃           |
    |┌─────────>┗━━━━━┛<─────────┐| 
    || 有利な報道      | ∧      天下り   ||
    ||       有利な政策| |献金           ||
    ||        (立法) | |天上り         ||
    ∨|            | |            |∨ 
    ┏━┓  有利な報道     ∨ |     お墨付き   ┏━┓
    ┃マ┃ ────────>┏━━━━━┓<──────── ┃ ┃
    ┃ス┃          ┃ 電力会社 ┃           ┃学┃
    ┃コ┃<──────── ┗━━━━━┛────────> ┃者┃
    ┃ミ┃ 広告費2000億/年   | ∧  研究費:東大へ5億/年┃ ┃ 
    ┗━┛        電気供給| |電気代          ┗━┛
     |             | |             |
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (断絶)・・・・・・・
     |             | |             |
     |             ∨ |             |
     |  洗脳ウソ報道   ┏━━━━━┓    御用学者報道  |
     └-─────────>┃  国民  ┃<─────────-┘
                 ┗━━━━━┛

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    若者にとっては、報われなさ過ぎ、酷すぎる世の中ですね。
    それが臨界点に達した時、怒りの太陽からの大量霊光が
    人類の念と相まってどんな変化をもたらすのか、興味津々です。
    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。