スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5月1日

    5月1日

    役人が走り回って、復興構想会議の委員たちに『復興財源の税はこうすべきだ』などと根回ししている。
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/ca402e374cceceed6feb70b0145c12ef

    予定通りですか?
    http://satehate.exblog.jp/16262611/

    迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち危険性を訴えたら、監視・尾行された
    http://satehate.exblog.jp/16263950/

    原発バブルに群がった御用学者たち
    http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-490.html

    欧州放射線リスク委員会(ECRR)による福島第一原発 低放射線曝露によるがん発症者数予測の紹介
    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=250612


    20mSVの文部科学省のロジック (Unknown)
    2011-04-30 15:49:07
    2011年4月30日 12:23
    小佐古敏荘内閣官房参与が辞任した。

    福島県内の小学校や幼稚園の校庭利用基準を20mSVにするということに反対しての辞任だ。

    この件に関して細野豪志首相補佐官は、「われわれが最もアドバイスを聞かなければならない原子力安全委員会は年間20mSVが適切と判断している。政府の最終判断だ」と発言しているが、本当にそうなのだろうか。

    細野補佐官は、この数字は高すぎると主張していた。それに対してこの数字でいいと言っていたのは文科省の政務三役だ。文科省の政務三役の主張は、この数字を下げると、福島県内の小学校のなかに疎開せざるを得ないものがでてくる。この状況で子供を移動させるのは、精神的な負担が大きいとして反対している。

    しかし、戦時中に、子供たちは大勢、疎開した。つらいこともあったかもしれないが、命を考えれば、やむを得なかった。今回のことも、たしかに精神的につらいこともあるかもしれないが、将来の健康に被害が出かねないことを考えれば、疎開もやむを得ないのではないか。

    問題は、この文科省のロジックではなくて、原子力安全委員会のロジックで数字を動かさないと対外的に発表されていることだ。

    原子力安全委員会に対する信頼も揺らぐし、どういうメカニズムで政府内の決定が行われているのかもわからない。


    http://taro.org/2011/04/post-991.php



    ガイに原発 (Unknown)
    2011-04-30 20:36:10

    美浜の村誌「大津波で村全滅」 原発立地の若狭湾内
    ↓↓↓
    http://satehate.exblog.jp/16262611/

    記事抜粋
    福井県美浜町の常神半島東側に過去、大津波が押し寄せ、村が全滅したとの記述が「三方郡西田村誌」(1955年発行)にある。東日本大震災では高さ14メートル超の大津波が福島第1原発を直撃して深刻な事態になっており、この村があったとみられる場所から約14キロ離れた位置にある関西電力美浜原発をはじめ若狭湾に立地する・・・


    福島より怖い福井「もんじゅ」の現状

    「結局、『中継装置』が引っかかったまま、原子炉に通す配管ごと抜き出すことが決まりました。この配管は抜くことを想定しておらず、予測不能な乱暴な手段なのです。 しかも、高速増殖炉の強烈な熱源を冷やすには水や炭酸ガスでは無理で、原子炉内には液化ナトリウムがたまっています。ナトリウムは水や空気に少しでも触れると、猛烈な勢いで発火します。原子炉に空気が入らないようアルゴンガスを常に充満させながら、少しずつ引き抜かざるを得ないのです」(前出の設計技師)
     
    こんな“綱渡り”を任された日本原子力研究開発機構の燃料環境課長が今年2月には自殺。それでも機構は「技術的には可能」の一点張りで、今年度中の試験運転再開を目指すというから、狂気の沙汰だ。いざ、ナトリウムが発火し、MOX燃料棒に燃え移れば、その恐怖と破壊力は福島第1原発の比ではない。 
    米・英・独・ロ・仏と世界中が断念する中、高速増殖炉に固執しているのは日本だけ。大マスコミは警告してこなかったが、この国の原子力行政は何から何まで狂っているのだ。


    呆れてものが言えない中電次期社長「原発は推進」
    ↓↓↓
    http://satehate.exblog.jp/16257995/

    記事より
    地震による原発事故の危険性に早くから警鐘を鳴らしてきた神戸大の石橋克彦名誉教授(66)=地震学=が26日、国会内で講演した。
    石橋氏は「日本列島は東日本大震災によって、あちこちで大地震が起こりやすくなっている。


    原発にとって地球上で最も危険な場所だ」と

    キチガイに原発



    767 名前:竹槍 ◆ZhE.Zk6dB2 [] 投稿日:2011/04/30(土) 18:31:43.04 ID:L5a5ZMzc [2/10]
    いわぬが花子さんはMAHAOさんの仲間だよね。
    竹槍は気づいてるよ~☆
    雅子妃は小沢勢力によって送り込まれたんじゃないの?
    ロジックがおかしいんだよね。
    天皇や日本の支配者層は朝鮮人で侵略者だから、
    彼らを追い出して縄文主義にしようと言いながら、
    だから北朝鮮と国交回復するべきだとか、
    朝鮮学校の学費を無料にするべきだとか。
    矛盾してんだよ。

    772 名前:竹槍 ◆ZhE.Zk6dB2 [] 投稿日:2011/04/30(土) 18:46:20.70 ID:L5a5ZMzc [5/10]
    小沢一郎は政治資金規正法違反で追い込まれているけれど、
    やろうと思えば、死刑に出来る罪状で追い込むことも出来るのでは?
    それをあえて政治的失脚で済まそうというのはどういう意図があるのだろう?
    ネット世界の反小沢派はこの点を無視している。とても重要な視点だと思うよ。
    竹槍に言わせれば、死刑に出来るのに失脚で済まそうとしていることが陰謀なんだ。

    774 名前:竹槍 ◆ZhE.Zk6dB2 [] 投稿日:2011/04/30(土) 18:53:48.82 ID:L5a5ZMzc [6/10]
    東北大地震を予言したとしてネットで話題になっている
    松原照子というブロガーがいるが、彼女は小沢一郎を支持している。

    松原照子さんのブログを参考にして、
    原発事故を収めるアイデアを出している井口和基という
    徳島在住の物理学者ブロガー。

    彼らは本当に市井のブロガーに過ぎないのでしょうか?
    どうも繋がりが出来すぎのような気がする…。

    785 名前:竹槍 ◆ZhE.Zk6dB2 [] 投稿日:2011/04/30(土) 20:03:28.66 ID:L5a5ZMzc [7/10]
    朝鮮半島を統一するのは韓国ではなく北朝鮮だとする説がありますが。
    菅・仙石は韓国派で小沢・鳩山は北朝鮮派ですか?



    797 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/04/30(土) 21:21:00.22 ID:Qxb8uBCH [9/12]
    >>762 おねいさん様  >>695のことですが、神武天皇は存在したんじゃあるまいか・・・・
       というのが今の段階での私の感想です。半島・大陸からの人口流入は、何千年も前から
      波状的に継続的にあったと思われます。たとえば古代なら寒冷化という気候変動要因が
      あります。あとは戦乱や政治的亡命等々、東アジアの変動にリンクしていたはずです。 
      神武個人がいたかはわかりませんが、神武的なる人物と集団はいたのでは?
      それは半島からの武力侵略だったはずですよね。そこにはヤタガラスの存在が不可欠なのです。
      お馬さんに乗ってパッカパッカきたのかなあ・・・う~ん?でも馬の伝播は半島からだとすれば
      それもあるかもしれませんね。たのしい空想ですう。ただし、それは在地勢力との激突だったわけで
      吉備伝説などを読むと、制圧された側の封じ込められた怨念、感じます。
      
      和歌王寺さんは三井物産でしたよね。それは本に書けるものではないでしょう。
      しかし高円宮妃殿下の父君たしか三井物産でしたから、こっちのルートでは?
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E5%8F%96%E6%BB%8B%E6%B2%BB%E9%83%8E

      あとはですねえ、BenjaminFulford のブログに登場する「Dragon family」がかかわり
      ありそうです。この二つの文言でググッてみてください。海外サイトにもしや手がかりが
      あるかもしれませんので。

    798 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2011/04/30(土) 21:22:40.61 ID:Qxb8uBCH [10/12]
    >>700 1993/06/09 皇太子ご成婚
    1993/10 皇后陛下への中傷報道始まる
    1994/2/23 皇太子誕生日に、ハワイで藤田小乙女殺人事件
    1994/7/8 金日成 死去

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E5%B0%8F%E5%A5%B3%E5%A7%AB
    http://sanx.iza.ne.jp/blog/entry/564587/
    http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%ca%a1%c7%f7%c8%fe%bc%f9%bb%d2

    雅子妃には、福迫という名の女官がいました。もし、関係者だったらですよ、
    「わかる人にはわかる」という事件ではないでしょうか。たぶん無関係だとは思いますけれど。
    つい最近、知人から知らされたことです。精神病患者のたわごとですから、深く考えないでください。
    合掌



    高野は嫌いだが、この勇気には脱帽する。
    許すぞ、さあケツを掘ってくれ。

    高野えらい。

    マスコミが原発事故報道で腑抜けになるワケ(1)

    takanoron.png 3月25日25時半からのTV朝日「朝まで生テレビ」は、「福島第一原発の危機回避なるか?」「大地震、大津波から2週間、現状の問題点と復興への道とは?」と銘打って、島田保之=東京電力執行役員営業部長、放射線科学の専門家である松本義久=東京工業大学准教授、藤城俊夫=元日本原子力研究所大洗研究所長などの当事者や専門家もパネリストに招いていたので、ライターとしての出世作『原子力戦争』(講談社文庫、絶版)の著書もある田原総一朗の司会の下、相当突っ込んだ議論が展開されると期待したが、実際は、今なお続く事故の実態やその危険な見通しには全く触れることなく、むしろ勝間和代の「放射性物質が実際より怖いと思われていることが問題」「今回の原子力の問題でも、死者が出ましたか?」といった露骨な原発擁護発言が罷り通る有様だった。

     田原に問うと、「まあいろいろあってね」と言葉を濁したが、周辺に取材したところ、当初、テレビ朝日首脳陣は「原発問題は取り上げるな」と番組サイドに宣告した。当然、田原も番組サイドも「今この時期に他に何をやれと言うのか」と反発したが、局は「何でそんなに原発問題にこだわるのか」と押し返す。何でと言ったって、今全国民がこれほど関心を持っている問題はないじゃないか。すったもんだの挙げ句、推進派中心の当たり障りない顔ぶれで、しかも原発問題に絞らずに穏健に行うことで妥協が成り立ったらしい。それでも局側は心配で、幹部が勢揃いして田原が暴走しないか監視し、CMの度ごとに「これまでのところは、まあ妥当だ」とかプロデューサーに圧力をかけ続けたと言う。

     勝間なんてのは、中部電力の「原発は発電時にCO2を出さない」という原発PRのCMに出演して「原油価格は大きく変動するし、経済成長のためにエネルギーは量とコストと両方が安定していないといけない」「燃料価格に左右されにくいという(原発)のは、これはすごく大きな強みなんですね」とかしゃべっていた。

     このCMには、勝間の他に、弁護士の北村晴男、タレントの薬丸裕英が出演していた。私の知り合いの評論家で、中部電力からこのCMに出ないかと誘われた人がいて、彼によると、当初「何を言ってもいいですよ」と言われたので、「今出来ちゃってる原発はしょうがないとして、これからは止めた方がいいですよと言いたい」と答えると、中電は「それはちょっと控えてほしい」と。提示されたギャラは500万円。フリーの身としては相当迷ったが、結局断った。「こうなってみると、断ってよかったですよ。500万円というのは、まともな出演料というより買収費ですよね」と。

     勝間なんぞは中電から500万円貰っちゃっているから、「死者が出ましたか?」とか言わざるをないのである。

     東京電力は、キャスターの草野仁やエジプト考古学の吉村作治を、関西電力はプロ野球の星野仙一を、CMに使い、また雑誌のPR記事では、茂木健一郎(脳学者)、弘兼憲史(漫画家)、石原良純(俳優)、長嶋一茂(元野球選手)、中西哲生(スポーツ・ジャーナリスト)、大宮エリ(演出家)などを起用している。東電は中電などとは格が違うから、CM出演料も倍くらいになるではないかと推測される。


    nandod

    投稿 高野に黄門を許す男 | 2011/04/21 15:55



    ※赤川次郎さんは「三毛猫ホームズ」シリーズなどで超有名なベストセラー作家です。

    てきとう:赤川次郎「福島第一原発の惨事は自民党とマスコミによる人災」 - livedoor Blog(ブログ)
    http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51648854.html
    http://livedoor.2.blogimg.jp/googleyoutube/imgs/2/a/2aa54c76.jpg
    2011年3月24日 朝日新聞
    (以下全文、原文通り)
    三毛猫ホームズと芸術三昧! 赤川次郎
    被災者支える精神活動を
     3月11日の東日本大震災は、人
    間の「想定」など、自然は全く考
    えてくれない、という厳しい真実
    を示した。
     1000年に1度とも言われる
    大規模地震と津波の被害について
    は(後の対応は別にして)、誰の
    責任も問うわけにいかないだろ
    う。
     しかし、福島第一原子力発電所
    の惨事は「人災」である。この狭
    い国土の地震大国に次々に原子力
    発電所を建て続けたのは、電力会
    社と結んだ自民党政権であり、な
    ぜ自民党の罪を問う声が起こらな
    いのかふしぎだ。
     また大手広告主の電力会社の顔
    色をうかがって、原発の危険性に
    目をつぶってきた大手マスコミも
    同罪である。
     14日からは「計画停電」が始ま
    ったが、節電は当然として、これ
    までも原発が事故を起こす度、従
    来の発電所だけで、真夏のピーク
    時でも乗り切つできた。今回は火
    力発電所の被害もあって、ある程
    度はやむを得ないにせよ、これほ
    ど大がかりな停電が必要なのか。
    むしろ、今回の事故で「原発不要
    論」が巻き起こるのを牽制しよう
    としているのではないかとさえ思
    えてくる。
     この騒然とした状況の中で、フ
    ィレンツェ歌劇場の来日公演が幕
    を開けた。指揮者、歌手、オーケ
    ストラなど、不安な思いだったろ
    うと想像できる。結局、2回公演
    したのみで中止となったが、とも
    かく深く感謝したい。
     余震や原発事故の危険は避けな
    ければならないが、オペラ、音楽
    会、演劇などの「精神活動」は、
    できる限り続けるべきである。
     今、テレビを見ていると、どの
    局も震災報道一色で、くり返し津
    波の映像を見せられているばかり
    では、被災者の気持ちは沈むだけ
    だろう。状況が刻々と変わる現在
    はやむを得ないが、どの局も通常
    番組を流して「不謹慎」と言われ
    ないか、互いに様子を見合う空気
    になることが恐ろしい。
     海外メディアは、この大災害で
    の日本人の冷静な対応を称賛して
    いるようで、それは誇っていいこ
    とである。しかし、こういう状況
    の中でも、検察改革や「日の丸、
    君が代強制」の問題は変わらずに
    存在しているのだ。
     異議申し立ての声を「今、そん
    なことを言っているときか!」と
    バッシングすることは絶対に避け
    なければならない。それは大手マ
    スコミの使命である。2004年
    の「イラク人質事件」で、被害者
    を悪者に仕立てた愚をくり返して
    はならない。
     もちろん被災者にまず必要なの
    は水や食料や毛布である。しかし
    さらに不可欠なのは「希望」であ
    り、それを支える精神活動だ。芸
    術、エンターテインメントを問わ
    ず、創作活動はそのためにこそ、
    止めてはならない。
     今国の大震災の被害の全容が明
    らかになるには時間がかかるだろ
    う。復興には莫大な費用が必要に
    なるのは明らかだ。まず「防衛
    費」を大幅に削って復興費に充て
    るべきである(救助にあたった自
    衛隊員への手当は別として)。戦
    闘機や戦車がどんなに優秀でも、
    犬1匹も救うことはできないのだ
    から。
    (以上全文、原文通り)

    投稿 anonymous | 2011/04/22 10:46



    ※雁屋哲さんはベストセラーコミック「美味しんぼ」で超有名な作者です。

    東北地方を中心とする大震災で罹災された方々にお見舞い申し上げます | 雁屋哲の美味しんぼ日記
    http://kariyatetsu.com/nikki/1340.php
    http://megalodon.jp/2011-0313-0233-37/kariyatetsu.com/nikki/1340.php
    2011年3月12日(土)@ 16:16
    (以下全文、原文通り)
     東北地方を中心とする大地震でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。
     また、被害に遭われた方々に、心からのお見舞いを申し上げると同時に、どうか心を強く持って、頑張って下さるようお願い致します。

     昨日来、NHKのテレビにしがみついています。
     私が人生で見た、最悪の災害です。
     仙台は私の愛する町です。
     私の敬愛する大先輩のご一家が住んでおられます。

     しかし、どうしても電話が繋がらない。
     心配でたまりません。
     また気仙沼には、世界一の魚焼きの名人「福よし」の村上さんがおられる。
    「福よし」は港に近かったから被害を受けられたのではないか。
     心配でたまらない。
     唐桑町の世界一の牡蛎の養殖場、畠山水産の畠山重篤氏はどうしておられるだろうか。

     仙台だけではない、青森県にも、岩手県にも親しい方が大勢いる。
     しかし、電話が全く通じない。
     心配で心配でたまらない。
     さらに心配なのは福島原発である。

     私は地震の知らせを聞いた時にすぐに原発は大丈夫かと、そっちの方に頭が行った。
     案の定だ。
     福島第一原発の冷却水が止まって、原子炉の冷却水が回らなくなり、炉のが高くなり、破裂寸前だという。
     NHKに出て来た東大教授は、如何にも何でもない軽微な事故のように言うが、これが軽微だったら重篤の事故なんて物はない。
     冷却水が止まったら原子炉がどうなるのか、原力工学のイロハを知っていれば分かることだ。
     中央制御室内の放射能の値が既に通常の1000倍になっていると言う。
     その大学教授は、防護服を着て制御の作業に当たれば何でもないといった。

     おっさん、気は確かか。防御服を着て制御するなんて、ジョーク以外の何物でもないだろう。
     中央制御室は原子炉から離れたところにある。そこの室内の放射能の値が1000倍になったと言うことは、既に、原発敷地内全てが1000倍の放射能に汚染されているということだろう。
     放射能は、敷地内に留まるような行儀の良い奴ではない。
     とっくに、周辺に拡大しているだろう。
     この先、冷却装置が回復せず、原子炉を冷却することが出来なくなったら、どうなるのか。

     1号機は、沸騰水型原子炉である。
     沸騰水型原子炉とは、炉心の周りに水を流して、その水を炉の熱で沸騰させて蒸気にしてタービンを回して発電する、と言う構造になっている。
     その炉心の周りに流すのが冷却水だが、その冷却水が補給されなくなったら、原子炉での核分裂反応は止まるが、原子炉の運転には関係なく、燃料棒の中の様々な不安定な原子核を持つ物質は崩壊してより安定な元素になって行き続けている。
     崩壊する時に熱も放射線も出す。
     その時出る熱を崩壊熱と言うが、崩壊熱は、原子炉を運転していようと止めていようと、そこに不安定な核を持つ物質がある限り発生する。
     で、冷却水が無くなってしまうと、崩壊熱の逃げ場が無くなり、燃料棒の集合体は短時間の内に数千度にまで達し、溶けて落ちる。
     これが、あの恐るべき炉心が溶けてしまう、メルト・ダウンなのだ。
     この、崩壊熱で溶けた燃料が水に触れると水蒸気爆発を起こす。
     これが、原子炉格納容器を爆発させたら、チェルノブィリ以上の事故になる。

     今政府は、半径10キロ以内の住民の避難を勧告しているが、10キロどころで収まる訳がない。
     福島原発の数10キロ四方の土地はこれから、数千年、数万年人が近寄れない土地になるだろう。
     周辺の魚も全部食べられなくなる。

     さらに、福島第二原発でも、冷却水が止まってしまったという。
     福島第一原発に続いて、非常事態遷化が出されたのである。
     もう、われわれは、幸運を祈るしかない。
     なんとか、冷却水が間に合うように、神を信じることの出来る人は神に祈って下さい。
     私は無信仰だから、しっかり事態を見届けるしかない。

     しかし、はっきりしておきたい。
     地震は天災である。
     だが、原発事故は人災である。
     過去の自民党政権の遺産である。
     自民党の現議員たち・前議員たち・元議員たち、総出で福島冷却水問題に当たれ。
     本当に国を思って原発を建てたのなら、今こそ自民党人柱隊を作って福島原発に突入せよ。
     今の民主党政府の取り組み方を批判する資格はお前たちにはない。
     分かっているのか、この、腐れ自民党どもが!
     貴様等の悪政が今の悲劇を招いているんだ。
    (以上全文、原文通り)

    投稿 anonymous | 2011/04/22 10:47

    anonymousさん、
    雁屋哲さんの日記の続き
    こちらもコピペしておきますね。

    日時に注目ですね。

    (以下全文、原文通り)


    2011年3月16日(水)@ 10:41 | 雁屋哲の美味しんぼ日記
    記事URL:http://kariyatetsu.com/nikki/1351.php
    カテゴリー:雁屋哲の美味しんぼ日記
    投稿日時 :2011年3月16日(水)@ 10:41


     地震発生以来、私がこのページに書いた文章に対する、批判・攻撃が激しく、12日の夜から13日の夜まで、私のページに繋がらない事態まで起きた。いわゆるDOS(Denial of Service)攻撃という物らしい。
     その後も、余り批判のメールが届くので、管理人が悲鳴を上げた。
     もう、処理しきれない、と言うのだ。
     シドニーから、高みの見物を決め込んで、あれこれ言うな、と言うことらしい。

     私の体は確かにシドニーにあるが、心は日本にある。
     さもなければあんな記事を書く物か。
     それが通じないのであれば、仕方がない。
     このブログは、当分休止することにした。
     5月10日に日本へ戻るので、それから、このブログを再開したい。

     これで、私は確信した、日本には事実を知りたくない、あるいは知らせたくない人が大勢いると言うことを。
     日本に言論の自由があると言うのは飛んでもない間違いだと今度のことで痛感した。
     自分たちの意見に反する意見、例えば、私の記事などにたいする反発は凄い物だと思った。
     事実を絶対に人々に知らせるな。
     その、凄まじい圧力に、私のブログは動かせなくなったのです。
     その圧力に負けたくないが、実際にブログが動かない。

     日本は、飛んでもない国になっ行くのでしょうか。

    投稿 陥りやすい陥穽 | 2011/04/22 14:27



    ▼ 日銀が震災直後から銀行に資金供給した102兆6千億円はどこ に消えたか?

    日銀は「救済復興基金」を大幅に上回る102兆6千億円もの金をすでに金融機関に流していたのです。

    しかしながら、この資金が震災被災者の救援や被災地の復興に直接役立っているという話は一切聞こえてきません。

    この資金はいったいどこに消えてしまったのか?

    最大の問題は日銀が資金供給した金融機関は3大メガバンク(三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、

    三井住友フィナンシャルグループ) と2大証券会社(野村証券、大和証券)であることです。

    この資金の使い道は「大震災の救済復興」を担当する政府ではなく直接は関係しない3大メガバンクと2大証券が握っているいることなのです。

    3大メガバンクと2大証券は融資の回収リスクがあったり融資リターンが低い案件には決して融資も投資もしませんから、102兆6千億の資金の大部 分は

    「円のキャリートレード」として米国ユダヤ系投資銀行(ゴールドマン・サックス、シティグループ、モルガン・スタンレー、メリル・リンチ、JPモ ルガン)に低金利で

    貸し出されていると思われます。

    米国ユダヤ系投資銀行はこれらの資金を投機資金としてBrics各国へ投資し現地経済をバブル化させ、先進国の株、債券、国債へ投機して国家財政 を破綻させ、

    原油、金、食料への買占めで価格暴騰を引き起こしているのです。

    3月11日にマグニチュード9の大地震に見舞われた日本の株価を630円も暴落させ円を76円代まで暴騰させたのは、人の不幸に乗じて金儲けをた くらむ強欲な

    米国ユダヤ系投資銀行の仕業でしょう。

    巨額の財政赤字と貿易赤字をハイパーインフレで一気に解消しようとするオバマ政権とFRBは大量のドルを印刷して米国ユダヤ系投資銀行に流してい ます。

    日本銀行は米国支配層の要請に応じて表向きは「大震災対応資金」と称して大量の円を印刷してゼロ金利で3大メガバンクと2大証券会社に流し、その 大部分は

    米国ユダヤ系投資銀行に流れ莫大な投機資金として世界中で暴れまわっているのです。

    日本国民は政府をして日銀を国有化させ「信用創造」の特権を奪わなければなりません。

    米国民は政府をして100%民間銀行であるFRBを国有化させ「信用創造」の特権を奪わなければならないのです。

    【関連記事】:「民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては 解決する! ビル・トッテン氏」

    投稿 これホントか?ばか日銀 | 2011/04/22 11:08



    迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち危険性を訴えたら、監視・尾行された 2011年04月30日(土) 週刊現代 (Unknown)
    2011-05-01 10:07:52
    http://satehate.exblog.jp/16263950/

    記事抜粋
    原発を推進してきた学者たちが「想定外」という言葉を繰り返すのとは対照的に、今日の福島第一原発のような大事故がいつか起きると警告を発し続けてきた学者グループがいる。

    彼らはこれまで「異端の研究者」と見られ、テレビや新聞でもほとんど紹介されることがなかった。それどころか、学会では長く冷や飯を喰わされ、研究費や昇進でも明らかな差別を受けてきた。

    遅きに失した感は否めないが、今回の事故で、そんな彼らにようやく注目が集まりつつある。原発関係者たちは、推進、批判の立場を超え、彼らのことを「熊取6人組」と呼んだ。

    「熊取」とは、京都大学原子炉実験所の所在地である大阪府泉南郡熊取町に由来する。つまり、「6人組」はいずれも京都大学の原発研究者として一緒に働いた仲間である。・・・

    「すでに引退した身だから」と控えめな口調ながらも、川野氏はこう断じた。

    「我々は今回のように一つの事象で原発全部がやられてしまうような事故があり得ると指摘していたけど、推進派の人々は何重にも防護しているから安全だと耳を貸さなかった。今はともかく起きている事態に対処するしかないけれど、いずれ責任ははっきりさせるべきでしょうね。これまでは事故があってもうやむやにしてきたわけですから」・・・

    研究費もつかない

    ・科学技術庁(当時)に実験装置設置の認可を得るべく折衝したが、反原発訴訟に関係していることがわかった途端に申請を受け付けてもらえなくなった。

    ずっと助手のまま
     
    原発に批判的な発言をする反体制派だと見なされると、学内でも様々なアカデミックハラスメントを受けた。講演に行けば、電力会社の人間が尾行につく。同じ電車に乗ってくるし、だいたいいつも同じ人間だからわかるんです。講演内容を録音して、私の主任教授などに届ける係の人までいましたから。そうなると研究室でも安斎とは口を利くなということになる。京大の小出さんや今中さんたちのグループも同じような経験をしているはずです。  僕は電力会社から留学を勧められたこともありました。『3年間アメリカに行ってくれ。全部おカネは出すから』って。それほど目障りだったんでしょう。


    権力者からの圧力、以下も同様です!

    地球温暖化詐欺

    はっきりとでたらめであることを公言した大勢の科学者たちが研究資金の給付を止められ、いろんな形の脅しに会っており、中には殺すぞと脅された者も居る。アメリカ気象協会統計確率委員会のウィリアム・M・ブリッグズ博士の話によると、博士の同僚たちが、「いわゆるコンセンサス(合意)に反対する立場に立つ研究論文を出版しようとするとどんなことが起きるか、ホラー小説を地で行くような話」をしてくれた、という。それを聞いて博士は、身の毛がよだったと言う。

    デーヴィッド・アイク、ニューズレター2008年12月21日号


    地球温暖化詐欺に出演した科学者達が、米ABCニュースにも出演、実態を大いに暴露しています
    ↓↓↓
    http://www.youtube.com/user/hosizorajp?feature=mhum#p/c/CF54BCBF326D8B65/5/YjVcGqrqiEM 

    2分5秒あたりから何んとも怪しい、
    監視と思われる黒服出てきます。
    ↓↓↓
    http://www.youtube.com/watch?v=2NTDIwiJ8nk&feature=channel_video_title

    結局これなんでしょうね!
    ↓↓↓
    http://www.youtube.com/user/hosizorajp?feature=mhum#p/c/8041E95EC625633E/35/GieEA5sJQsI

    拡散希望



    あ~情けない… (ponpon)
    2011-05-01 10:15:46
    > マスコミは東京電力の記者会見をそのまま報道

    大手マスコミは政官財の広報機関に過ぎないので、当然と言えば当然のような…。「マスコミ=公器、正義の味方」と勘違いしているほうがおかしいです。在京テレビ局の平均年収は約1000万円~1500万円ですが、金持ちの彼らが被災地で炊き出しをしたというニュースは聞かないし…。

    > 嘘をついてきた

    昔からそうでしょう。戦時中の大本営発表もそうですし…。戦況が劣勢なのにマスコミは優勢報道…。今は、日本が明らかに衰退に向かっているのに、「頑張ろう」「復活」「再生」「オールジャパン」「絆」「日本は一つ」とかほざいてるし…。(「欲しがりません!勝つまでは!」「贅沢は敵だ!」「鬼畜米英!」「一億総火の玉!」と言ってた戦時中と同じ。)

    > 総理は権限を人に任せることが出来ず
    > 都合が悪くなると責任を周囲に擦り付ける

    まさに日本企業の経営者と同じですね。あ、役人もか…。

    > 日米関係がぐらついている

    現在の日米を巡る状況については↓のサイトが参考になるのでは?
    http://8816.teacup.com/tamajin/bbs
    なぜ、地震や原発爆発で日本を混乱させているのかの考察が書かれています。



     在特会には米帝国(ロッ@フェラー家)の代理人の駒、下請け組織の山口組や稲川会に突撃して貰いたい。山口組6代目が出所したタイミングは解りやすかったのう。原発のヨゴレ仕事に関わった組関係者、「漢気」を是非見せて下さい。対米従属でも変わり者は居ないかね?三代目の田岡一雄組長は「任侠」という道を一筋に貫いた大物でしたねぇ。

     在日=悪党と単純に発想できる頭脳、普通に生活している一般人に居るとは思えません。韓半島の白丁(ペクチョン)差別は統一系(ソウルの中央)と創価(地方の身分差別出身者)の抗争などカルト好きには興味深いのだ。梁 元錫(ヤン・ウォンソク)の日本名は柳川組の柳川次郎、極真空手の大山総裁やらプロ野球の王貞治まで関わり合いが広い。大半の在日は映画「パッチギ2」の世界の住人と思われるが、個人独りを見ると面白い人物(暴力&狂気)で生命力が強い人達である。

     在特会の様な原発推進組織の方々は、ユ○ヤ外資系か電気事業関連の利権保有者が助ける存在です。原発に賛成か反対かの構造は「分割して統治」の基本である。五芒星マークのKDDI、東京電力会長 勝俣恒久=KDDI社外取締役も在特会擁護をするべきだ。大震災と原発事故という未曾有の危機との混乱の中、国を売るお馬鹿の発見には丁度良い。原子力安全・保安院の西山”ズラ”英彦審議官が昨年までAPECとTPPを担当していた偶然なんて有るわけが無い。記者クラブメディアの報道の逆が日本にとって正解です。在特会の存在も多角的に見ればヒントが見つかります。是非ふんばって在特会構成員を増やしてもらいたいです。

    投稿 もりへー | 2011/04/25 00:15



    ■2011/05/01 (日) 教育→洗脳


     森藤かよこ(桃山学院大学教授)の著書抜粋
     私は、小学校から大学院にいたるまで自分が受けた教育に対して、いい印象を持っていない。私は教師から自分の能力を引き出してもらった記憶はほとんどない。この世を生き抜くのに必要な認識や知恵や、その前提となるこの世の事実を、教育機関から伝えられたことはない。
     私は自ら英語教師をやりながら、長年、「英語教育ごっこ」ばかりで、ちっとも英語教育をしない現場に苛立ってきた。
    ひょっとすると日本の英語教育の目的は、日本人が日本人をして英語に苦手意識と恐怖心を植え付け、持ち続けるようにすることだ。

    また、私は、教室で事実を言えないことに苛立ってきた。大学といえども、学問的に中立である、と言えば聞こえはいいが、要するに毒にもクスリにもならない程度の内容しか伝えられない。
    教育の目的は、事実や真実を伝えることではない。教育機関設置者の共通の価値を実現するために貢献するような知識の伝搬、すなわち洗脳が、教育という行為である。
    日本人が世界標準ではない甘ったれた考え方をしている限り、日本の教育をめぐる混乱は続く。日本人はこれから先も「脳を洗われる」に任せて、自ら脳を稼働させることはしないだろう。学校は事実や真実を求めていく真の知的探求の場所ではない。それはあなた自身が自分ではじめるしかないことだ。
    ----------------------------抜粋おわり

     都会では公立の学校に勤務する教員夫婦が子供を私立に行かせる例が多いと聞く。また、近隣の市町村からは教員と公務員の子弟が数多く私立に行くらしい。もちろん私立の教育の方が優れているからだ。
    この国は誰のために教育をしているのか?どうも、日本人自身のためではないようだ。愚かなこの国の仕組みは解かなければならない。



    166 :@(関東・甲信越):2011/04/23(土) 04:24:23.65 ID:6EjMQWHWO

    歴史学(特に自然環境から見た歴史)専攻としては、モンゴルも江戸幕府もローマも気候変化にやられただけに過ぎないように思える
    もちろんモンゴルはチベット仏教に傾倒したのがまずかったし、江戸幕府は金銭と身分のずれが問題だったのは確かだけど
    モンゴルは小間氷期(温暖気候)に発展して、その後の小氷河期に入ると衰退、同じく江戸幕府も小氷河期の底と噴火などの災害が重なって民衆不満が噴出した

    167 :@(チベット自治区):2011/04/23(土) 04:25:44.49 ID:QaJLxD5+0

    >>166
    地震と津波と原発で革命くるで

    168 :@(新潟県):2011/04/23(土) 04:26:43.50 ID:TOfn9oae0

    >>166
    >同じく江戸幕府も小氷河期の底と噴火などの災害が重なって民衆不満が噴出した

    江戸幕府を倒したのが市民革命なら信じてやった

    169 :@(鹿児島県):2011/04/23(土) 04:27:26.17 ID:RhVaXjDg0

    >>166
    よく知らんけど江戸幕府は違うんじゃね?
    あれ黒船来航のせいじゃねーの

    183 :@(大阪府):2011/04/23(土) 04:41:28.16 ID:fsaljChZ0

    >>169
    江戸幕府の衰退は海洋国としてのオランダの没落と関係している
    「鎖国」というのは江戸幕府の外交政策を表現するのに妥当な言葉ではなくて
    あれはオランダの商人を中継してアジア諸国と取引する政策
    中国は秀吉の朝鮮出兵以来日本を信用してなかったから
    そこでオランダとオランダの海軍力をあてにして間接的に中国や東南アジアの国と取引していた
    その代わりにオランダは日本の銀を独占的に扱える権利も得たわけ

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。