スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2月14日の備忘録

    2月14日

    世田谷事件とか、厚生官僚刺殺とか、目黒夫婦殺傷とか
    http://shadow-city.blogzine.jp/net/2011/02/post_3132.html

    今回のエジプト革命から、中国の民衆が「不可能なことはない」という啓発を受けている
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/2576c3864c5d4b5fcf64a11aaaed81ba

    さて、今度は何人死ぬのか、楽しみだw
    http://shadow-city.blogzine.jp/net/2011/02/post_f2c6.html

    他人事じゃない、韓米FTAのありえない不平等
    http://kagiwo.blog18.fc2.com/blog-entry-485.html

    “社会保障と税の一体改革”で与謝野馨が非正規労働者に厚生年金加入の道を開こうとしている様だが、実はそれが社会保障改悪だと気付いてる者はどれくらい居るのだろうか
    http://surouninja.seesaa.net/article/185697053.html

    日本人はメディアによって訓練され続けている(苫米地英人)
    http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/fc5f8140ae4ebeaf4499b8620e1d03c0

    河村大村秀章愛知県知事が障害者給付金税金詐取闇ビジネス詐欺容疑で刑事告発された。
    http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/b7b09a4bfc03a4cc4240141b13e3071e

    アメリカの殺し屋を釈放しなければ、パキスタン援助を削減するとアメリカが脅迫
    http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-bb05.html




    909 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2011/02/13(日) 22:29:15 ID:DxxE90Li
    狂牛病の肉も買わなくちゃいけなくなるTPP

    アメリカのアルツハイマー病患者は450万人(2005年)
    1975年は50万人だったので9倍に増えてる。
    2050年には1,100~1,600万人になると推定。

    なぜそんなに凄い勢いで増え続けているのか?
    実はアルツハイマー病とヤコブ病(人間のBSE)は症状がそっくりで区別ができない。

    アメリカには農産物名誉毀損法があり莫大な損害賠償を請求される恐れがあるので
    狂牛病の危険性を報道できず米国民は狂牛病についてほとんど知らない。
    アメリカでは毎年20万頭のへたり牛が出る。それらも食肉として加工される。
    ヨーロッパはアメリカ産牛肉の輸入を禁止している。
    これらを総合するとアメリカ人のプリオンキャリアは数百万人から数千万人に推定される。
    プリオンは輸血でも感染するのでアメリカ中に蔓延状態でもう止められない。
    アメリカはもはや完全に手遅れ。もう手の打ちようがないので検査体制も縮小してしまった。
    http://blog.livedoor.jp/plus10a/archives/999933.html



    783 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 21:20:23 ID:G9OE44CT [1/8]
    ネットは立派なメディアだよ。
    あなたは自分の頭で考えたと思ってる。
    でもそれは他人の意見を自分の意見だと思っているだけ。
    メディアが煽ったものは民主主義とは言わないよ。

    784 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 21:22:52 ID:G9OE44CT [2/8]
    というわけで久しぶりに。

    昔々、ひとつの山から出た何本かの川が流れる肥沃な平野があり、
    単一民族が豊かさを享受していました。
    そこに肌の色の異なる小集団がやって来たけど端っこにしか土地をもらえません。
    そこで彼らは耕作には不適な上流で水門を作り、川に流す水を操作し始めました。

    下流では水の流れに右往左往、平野の民同士での水争いも激しくなりました。
    自分の畑に通じる川に水を流してもらうため水門の民への貢物も欠かせません。
    より多くの貢物を得る目的で、水門の民は水の流れを調節します。
    平野の民が一致団結して襲ってこないよう水門の民は武装して厳重に警戒し、
    平野の民が豊かになりすぎぬよう心を配ります。

    いつのまにか水門の民は平野の民を支配する「神」のような存在です。
    豊かだった平野は争いと貧困の地に変わってしまいました。


    789 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 22:13:46 ID:G9OE44CT [5/8]
    江戸時代までの農民は何代もかけて「雑木林から人へ」をやってたわけで、
    水路の勾配測って基礎の栗敷きやって伐った木で家を建ててと、
    農業以外の一通りの理数系の知識とアリのような肉体とを有していたわけで、
    知恵や力の劣る者は水呑か小作になるしかありませんでした。
    本百姓にすがって食わせてもらわなきゃその地を出て行くしかなかった。

    日本が開国と共にほんの数十年で列強に並んだのは民に教養があったから。
    こういうのが民主主義なので、年貢の払えない水呑が町民になって
    余剰の冨で「ええじゃないか」をやったのとはだいぶん違う。

    791 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 22:27:40 ID:2Lv5RwX/ [2/3]
    平野の民は意地悪な水門の民への供物も辞めて
    ため池をたくさんつくって、肥沃な耕作地を広げて豊かになりますた。
    一方、水門の民は、お腹が空いたので市場へ買い物に行きますた。
    すると誰もお米を売ってくれましぇん。
    耕作地もないので作物を作ることもできず、作り方も知りましぇん。
    渋々山を下りて、お水を買ってくれるように頼みますたが
    平地には、ため池から用水路もはりめぐらされ、水は不要だというのです。
    それで、山の民はひもじいひもじいと泣きながら山へ帰っていきますた。

    だけど史実では、平民には田畑を持つことさえ許されませんですた。
    手柄を立てた者がご褒美に、お上にあそこの土地が欲しい。ここの土地が欲しいと言って、
    奴隷を引き連れて、耕作流域を支配していったのが荘園の始まりだす。
    それで、領主様が気に入らなかったり、粗相をすると、お上が取り上げてしまうのです。
    そんなこんなで積年の恨みを抱えた水呑百姓が権力を握ると農地解放し、
    神社仏閣を破壊し尽くしてしまう明治維新を迎えるのですた。タリバンみたいだす。

    それとトルコは権力を封印されていますよね。日本もかな。



    786 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 21:33:58 ID:G9OE44CT [3/8]
    もうひとつ、前に書いたものを見つけた。
    エジプトがトルコ化するならイスラエルはかなり安心できる。
    よほど馬鹿でなきゃ軍の大将は自軍より強い相手と戦いたいとは思ってない。

    >685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 21:55:21 ID:irRKO8hV
    > 皆徴兵制のムスリム国のトルコは軍が平然と政治に介入する軍政国家ぽい国
    > http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3#.E8.BB.8D.E4.BA.8B
    > 国民もそれを支持していて、で、陸軍大将が親ユダヤですか。
    http://mimizun.com/log/2ch/kokusai/1212993929/685
    元スレは http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1212993929/685 かな?
    つまりエジプト革命はモサドが絵図を描いたんだよ。

    787 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 21:46:56 ID:G9OE44CT [4/8]
    エジプトに「革命を見に行った」人、
    あんなのっぴきならない場所にわざわざ行ったってことは、
    たぶん幕屋さんだよね?
    紛争地でも米軍のお友だちにはどこが安全地帯かってのがわかるらしいし。

    徳島の旦那はいつもおっしゃりようが物騒でついて行けませんや。
    水が漏る田んぼがてっぺんにあるってのは怖い。
    いわば鳩山さんや菅さんが首相をやるようなものですかね。

    794 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 22:57:39 ID:G9OE44CT [8/8]
    あちこち拾い読みしてて話はまたエジプトに戻るけど、これはどう見てもユダヤ。もう寝る。

    112 :Trader@Live! :sage :2011/02/12(土) 00:58:58 ID:+GGXa3rs
    流れを切ってすまない。今日、CNNでエジプトの実況中継を見ていたら、
    妙な印象操作をやっていた。
    中継の後に、現地の一般人からのメール(捏造かどうかは定かでない)を、
    数件、紹介したが、最後のメールの文章は「ムバラクは独裁者」という内容だった。
    その後、シメとして、ムバラクがブッシュ父、ブッシュジュニア、オバマと
    握手する写真を次々に映し出した。
    このとき、ベートーベンの「運命」の不吉な感じのする和音を流していた。
    まったくよけいなBGMで、ムバラクは葬り去られるべき者だという雰囲気。
    すごくアンフェアな感じがした。
    こういった印象操作は、別に日本のマスコミに限ったことじゃないんだな。



    887 名前:民主党=総連、韓国民団の出先に等しい[age] 投稿日:2011/02/14(月) 11:29:19 ID:R9oRvCZ6
    ◆仙谷ら、帰化朝鮮成りすましだらけの民主党は、鬼畜のユダヤ製薬企業・グラクソ・スミスクラインに完全に買収され、永久不妊、日本民族絶滅の危機をはらむ毒ワクチン・子宮頸がんワクチンを日本の幼女に莫大な血税を注入して半ば強制接種し、
    グラクソ社の暴利の上前をはねている。
    すぐ中止させなければならない!
    ------------------------
    ワクチンの危険性について、まず知っておかなければいけない基本的なことが、「アジュバンド(免疫増強剤)」です。

    子宮頸がんワクチンをはじめとする最近のワクチンには、アジュバント(免疫増強剤)が添加されています。
    アジュバンドの働きで、ワクチンの有効成分が、より長く体内に残留し、人体の抗体反応を刺激するため、ワクチンの効果を増すとされています。

    アジュバンドには沈降性タイプと油性タイプの2種類あります。
    沈降性タイプは、ワクチンの有効成分(死菌など)にしみ込ませて、体内に長期間、残留させる仕組みです。

    沈降性アジュバンドの代表的な水酸化アルミニウムは、マウスを使用した実験において、脳内の運動ニューロンを死滅させることが知られています。
    人間の脳は、マウスの5倍脆弱です。ワクチン接種が、脳機能の一部を破壊してしまう危険性があります。

    http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html



    あらゆる紙幣の裏付けは、”共同幻想に基づく信頼”のみ (888)
    2011-02-13 17:45:36
    >>日銀が発行銀行券を購入した国債学をリミットにしていることは。アメリカと異なりわが国の通貨のうらずけが。まったく無いというより、それしかなく、それが壊れたとき対処の仕様が無いからではないか。
    >>アメリカは金が農業生産物が、軍事力が、その他、いろいろあるが、わが国はそれがない。あるのは国民の幻想にもとずく、政府への信頼である。国への信頼である。

    アメリカドルにも、裏付けはない。
    ユーロにも裏付けはない。
    現在の管理通貨体制においては、”共同幻想に基づく信頼”のみがあらゆる通貨の裏付け。
    どこの中央銀行も資産側に国債等の債権、負債側に紙幣発行残高が来ている。紙幣は各中央銀行が紙幣の所有者に債務があるという”借用証書”でしかない。
    簡単にいえば、紙幣の所有者が、中央銀行に紙幣を持っていって、”この紙幣と同等の価値のものと交換してくて”と言われた時に、交換する対価を資産として所有しておく必要がある。

    FRBもECBも市中の不良債権を”言い値”で買って代わりにドルやユーロを垂れ流している。
    何故こんなことしないといけないか考えてみたら、いかにアメリカや欧州経済が危ないか想像できる。最後の買い手である中央銀行以外に、不良債権を押し付けられる存在がアメリカや欧州経済には存在していないわけだ。
    そして、未だにその不良債権の額ははっきりしていない。

    日本のバブルの後始末を見てきた日本人からしたら、”自分のケツも拭けない無様な奴ら”以外何者でもないと思うのだけれど、どうもアメリカや欧州が羨ましい人がいっぱいいるみたいで。為替レートで、アメリカの株価を円立てにして現在と3年前と比べたら、株価が回復したなんて思わないと思うのだけど。



    衰退日本はいずれ消滅? (ponpon)
    2011-02-13 19:54:42
    > 国際商品価格総合指数は2010年後半から騰勢を強め、
    > 最近では前年比で20%以上に達している

    文字で説明するよりも、チャートを見せたほうが分かり易いですよね。(笑)
    ↓を見れば一目瞭然。
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0457&asi=3
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0803&asi=3
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0804&asi=3
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0805&asi=3
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0470&asi=3
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0454&asi=3

    > インフレ
    > 民衆を駆り立てる

    ■米1俵の価格上昇率
    昭和37年13.8%
    昭和39年14.8%
    昭和40年13.2%
    昭和48年15.0%
    昭和49年32.2%
    昭和50年14.4%
    http://jcoffee.g2s.biz/toukei.html#shoninkyuu
    日本でも、安保闘争、学生デモが盛んだった頃は、若者人口が多くて、インフレ率が高かったんですね。
    「国が若い=成長=インフレ」
    「国が老化=衰退=デフレ」

    > 銀行は超優良な企業にしか金は貸さない

    超優良企業は無借金経営ですけどね。(笑)稼げる企業はカネを借りる必要がない。

    > 大規模な金融緩和をすれば日本も「失われた10年」は無くて済んだはず

    日経平均株価チャート(1984年~現在)
    http://uk.finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EN225&t=my&l=on&z=l&q=b&c=

    80年代バブル時に大相場を演じた銘柄のチャート(1988年~現在)
    http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=5701&asi=3
    ※表示期間を「1」にして下さい。

    1920年~1934年の日本の株価指数の動き(大正バブル崩壊とそのリバウンド)と1989年~2007年の日経平均株価の動き(平成バブル崩壊とそのリバウンド)が酷似していることから考えると、「失われた20年」というのは意図的なものだったのではないでしょうか?もちろん、日本を弱体化させるための…。

    > 日本政府はアメリカの景気対策には一生懸命
    > 100兆円も米国債を買う金があるのなら日本国内の財政に使ってほしい

    アメリカに貢ぐ資金を確保するために、いずれ公務員の給与カットや資産没収等が行われるんですかねぇ??民間から搾り取ったら、後に残るは公的部門だけですから…。

    > 人々の心が明るくならなければ、国は豊かにならない
    > 凍り付いたニッポン人の心

    日本が高度成長期~バブル期だった頃は、20~40代が元気でしたね。仕事もあり、家庭を持ち、子供を育て…。
    バブル崩壊後は、20~40代が意気消沈していますね。まともな仕事も無く、家庭も持てず、子供も作れず…。

    ↓を見ると、今の30代を中心とする層が子供を産んでいないことがよく分かります。
    http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/121002.html
    もちろん、彼らがバブル崩壊の影響をモロに受けた世代だからですが…。(前述の株価チャート参照)



    日銀=ユダヤ銀行の一支店 (う~ん、、、)
    2011-02-13 22:47:00
    >日本は銀行に対して不良債権の即時処理を強制した。

    >日本は円高ドル安になり株式もぱっとしない。

    キッシンジャー(=アブラハムなんとか)=ユダヤのシナリオ

    >政府日銀は頑なに財政再建と増税で経済状況は苦しいままだ。

    日本国内を内紛状態へ誘導するのがヤツラの狙いです。菅も手管のone of themです。

    >国債の残高を増やす事にのみ一生懸命だ。

    そうさせるのが、ユダヤ金融寡頭権力の指令なんでしょうね。

    >財務省や日銀の官僚たちは何を考えているのだろうか?

    ユダヤ=外圧にしか目が向いてない証拠です。与謝野なんて、その尖兵みたいなもんですよね。プライムニュースで日本国債の格付け低下=消費税増税の本音がポロリだったからね。

    >日本政府はアメリカの景気対策には一生懸命のようだ。

    属国だから、軍隊を自立させて独立しましょう。領土問題もありますし、、、

    >100兆円も米国債を買う金があるのなら日本国内の財政に使ってほしいものですが、

    ちゃんとした、独立国家なら、使うでしょうね。

    >国内はあくまでも財政再建と増税で景気にマイナスになるようなことばかりやっている。

    疲弊するように持ってかれてるとしか・・・
    どうせ外圧に勝てる政治なんて、自立して実効支配して返すぐらいのことやんなきゃできもしない。。。9条改正時近し、、、



    家畜といえば=ゴイム by さてはてメモより (う~ん、、、)
    2011-02-13 23:27:37
    >アメリカの隠し借金は、実は日本をはるかに上回り、8000兆円とも言われている。

    >しかもアメリカ人は日本人のように貯金をしないので、

    >国債分を国民の貯蓄でカバーしている日本と比較すると信用状況は著しく低い。

    >アメリカ政府の財政は実は完全に破綻しているのだが、それを日本や中国が買い支えているわけだ。

    >「葉っぱをお金に買える」術こそ、彼らユダヤ人が最も得意とする魔術であり、他民族とユダヤ人を隔てる、彼らが言う「神の選民」の証なのである。

    >ゴイムは所詮、奴隷か家畜でしかない、

    >もともとエジプトとは、ユダヤ人にとって奴隷を意味する言葉なのだ。

    EGYPTのデモの指導者のGoogle幹部もユダヤ
    だそうです。。。

    これで、エジプトはほんとの意味で「イスラエルの奴隷」となれましたとさ、、、



    カラクリ by オルタナティブ通信 (う~ん、、、)
    2011-02-14 00:06:15
    >ニューヨーク株式のダウが、11000ドルを「超える」に、1000兆円賭けるリーマン・ブラザースと、「超えない」に、1000兆円賭ける銀行ゴールドマン・サックス。

    >このギャンブルの契約書を「証券化」し、世界中の政府・銀行に売り付けたリーマン・ブラザース。

    >ゴールドマン・サックス、リーマン・ブラザースは、ニューヨーク・ダウの先物を、

    >徹底的に「共同し、売り」、ダウは11000ドルを「超えない」。

    >リーマン・ブラザースは、1000兆円損をし、倒産する。

    >1000兆円分の「証券」を買っていた世界中の政府・銀行が、累計1000兆円の損失を出し、倒産の危機に追い込まれる。

    >このギャンブル投機に勝利した、ゴールドマン・サックスは、1000兆円の利益を得る。

    >この「利益」が、世界大不況の原因である。大量の失業者、第3次世界大戦の危機の原因である。

    >そして誰も、ゴールドマン・サックスと、リーマン・ブラザースが、「事実上、同一の会社」であった事を指摘しない。

    >ゴールドマン・サックスの勝利を生み出した、その先物の売買の資金を、ゴールドマン・サックスに与えていたのは、リーマン・ブラザース本人である。

    >リーマン・ブラザースは倒産して姿を消す。
    >姿を消したものは、誰も非難できない。
    >「自己責任で、倒産し、ギャンブル投機の責任を取った」、と評される。


    >ゴールドマン・サックスと、ギャンブル投機で戦争を行う「敵」であったはずのリーマン・ブラザースが、
    >ゴールドマン・サックスに資金を提供していた。

    >ゴールドマン・サックス=リーマン・ブラザースは、資金供給源が、「同一」であった。

    >ゴールドマン・サックスは、1000兆円を、「持ち逃げした」。世界中の政府・銀行が、その1000兆円の赤字で、倒産しつつある。

    >現在、倒産したリーマン・ブラザースの、旧経営陣は、「別の名前の、新しい会社を作り」、ギャンブル投機を再開している。

    >この旧経営陣の「新しい」ギャンブル投機会社は、当然、ゴールドマン・サックスの、ビジネス・パートナー企業である。


    ”紙切れ”の錬金術になんて、日本はパートナーにはどーせ選ばれません。。。

    なぜって?やつらからすれば、日本人=ゴイム

    ゴールドマンサックスは、今、中国共産党の金利政策をコントロールしていますね。。。
    中共に兵器を売ってるのもユダヤの武器商人だよ。。。



    民主党が外国製薬会社に完全に買収されている-----日本人の命を売りさばく朝鮮民主党政権は、いらない。 (Unknown)
    2011-02-14 10:33:16
    ■ やはり子宮頸がんワクチンはアブナイ・・・
    子宮頸がん:予防ワクチンに疑義 大崎の医師が市の助成見直し要請へ /宮城
    毎日新聞 2月7日(月)10時50分配信

     大崎市古川の内科医、佐藤荘太郎さん(61)が6日、「子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種効果は医学的に示されていず、副反応が顕著」との見解を、同市の住民団体「菜の花の広場」の学習会で披露した。同時に、市が今月から実施する同ワクチン接種助成を見直すよう求める要望書を近く市議会に提出する考えも明らかにした。同ワクチン接種に反対する見解は異例。
     子宮頸がんは性的接触によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染で発症するがんで、毎年約2500人が死亡すると言われている。感染前の10代前半までにワクチンを接種(3回)すれば発症を防げるとされるが、接種1回につき約1万6000円の費用がかかる。国は昨年秋、中学1年~高校1年生の希望する女子を対象に、国と市町村が接種費用を折半して全額助成する措置を講じた。これに対し、佐藤さんは海外を中心に子宮頸がん予防ワクチンの関連情報を調べ、(1)HPV感染予防のワクチンで、子宮頸がん発症に対する予防効果は示されていない(2)未感染の女子に接種して予防効果があるとの確証はない(3)接種による痛みが激しく失神例が少なからず発生。注射部位の腫れ、全身疲労、頭痛も報告され、副反応も顕著--との見解に達した。佐藤さんはワクチンの効果とその持続性を長年調べており、子宮頸がん予防ワクチンにも疑義の目を向けた。ワクチンは未感染女子には効果があるとの認識が広がっているだけに、今後の動きが注目される。



    401 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2011/02/13(日) 14:42:18
    韓国がアメリカと結んだFTAでもこんなに不平等。


    1.ラチェット(逆進防止装置)
     一度決めた開放水準は逆戻り出来ない

    2.サービス・マーケットのネガティブ方式開放
     明示された「非開放分野」以外は全てが開放される

    3.未来の最恵国待遇
     他の国へアメリカより多くの開放をした場合、自動的にアメリカに最恵国待遇が適用される

    4.投資者国家提訴権
     多国籍企業が勝手に第三民間機構に提訴可能

    5.非違反提訴
     事業者が期待していた利益を得られなかった場合、一方的に国に提訴可能

    6.政府の立証責任
     必要不可欠であることを「科学的に」立証できないと無条件で開放しないといけない

    7.間接受容による損失補償
     アメリカ人には韓國の法より韓米FTAが優先的に適用

    8.サービス非設立権を容認
     事業場を韓國に設立しなくても営業可能

    9.公企業の完全民営化&外国人所有持分制限撤廃
     アメリカの資本に韓國は100%食われることになる

    10.知的財産権直接規制
     韓国に対する知的財産権の取り締まりをアメリカが直接行使出来る

    11.金融及び資本市場の完全開放
     韓國は国際投機資本の遊び場になるだろう

    12.再協議禁止
     国会で批准されると再協議は出来ない

    これ程韓国に不利な取り決めをして、何のメリットがあるのでしょうか?
    韓国世論も7:3で批判されているそうです。
    アメリカは、輸出を景気対策の柱としています。
    日本にとってFTAやTPPへの参加が急務だとは思えません。
    そもそも菅内閣は、今まで何もこれについて言及していませんでした。
    急にこの様な話は、いささか疑問に感じます。



    2011/02/11 (金) 公(おおやけ)は「どろぼう」

     私が市長をしている時、窓口に住民票を取りに行った。書類に名前などを書いて出した時、職員から「運転免許証など身分を証明するものをお持ちでしょうか」と聞かれた。私は、思わず「泣かすぞ!」と言ってしまった。すると他の職員がその職員に対して「住民票出して」と言ったので私はそれ以上言わなかった。小役人は自分の親に対しても真顔で「身分証をお見せください」とやるのだ。公務員は人間性も正義感も無いロボット、血も涙もない。
     
     阿久根市役所に限った事ではないが公務員の言葉には真実を感じることがない。慇懃ではあるがまるでロボット、正直さも感じられない。公務員には(公務員以外に対する)社会的責任感が感じられない。正義感などまるで無い。ありそうに見えたらそれは芝居だ。 公務員には社会全体を感じようとする気がない、力もない、許されない。自分の前だけある小さな小さな枠組みだけを見ている。市民の現実や真実を見て市民に対する人道的責任を果たそうなどとはしない。彼等は人間性において完全に無力なのだ。役所の仕事に関して魂を放棄しなければ公務員を続ける事さえ難しい。

    「公的に認められた」とは、「公務員的な手続きを済ませた」つまり、「公務員全体の利益に反しない」そして当然、「概ね一般人全体の利益に反する」そういう意味である。
    日本の「公(おおやけ)」は正義感を放棄した「どろぼう公務員全体」のための「どろぼうロボット公務員」によるどろぼう社会である。

    それは警察と検察、裁判所の組織をあげての裏金作りで既に証明されている。裏金作りは、絶える事無く現在も行われている。警察、検察、裁判所は最も悪質な強盗団と呼ぶべきだ。
    公務員が言う公(おおやけ)や裁判所を「どろぼう公務員」と置き換えれば真実が見える。一般人は小役人すなわち「どろぼうロボット公務員」のウソ芝居に騙されないようにしなければならない。
    何度でも重ねて言いたい「役所はどろぼうだ」

     現在、阿久根市では議会解散のための住民投票の期日前投票がおこなわれている。多くの市民は、「選挙管理委員会や職員が不正をする」と思っている。阿久根は名古屋よりも危険だ。市民が目覚めてしまった。



    日本人は、なぜ狂牛病で汚染されている、牛肉を食べ続けているのだろうか


     世界最大手の核ミサイル原料の、製造企業、アライド・ケミカル社。

    ノーベル「平和」賞を受賞した、アルバート・ゴアの経営する、この企業が、人類を「核戦争で、滅亡の危機に直面」させ続けてきた。

    人類を滅亡させる企業の経営者に、「ノーベル平和賞」を与える事が、現代社会の「常識」となっている。

    アライド・ケミカル・グループは、同時に、世界最大の精肉企業IBP(アイオワ・ビーフ・パッカーズ)を経営している。

    狂牛病で汚染された、アメリカ牛肉の輸入を日本がストップした時、

    「アメリカの核の傘に、今後、守ってもらえなくなる覚悟があるのか」と、日本を脅迫し、

    強引に、汚染された牛肉の輸入再開を、行わせた企業が、このIBP=アライド・ケミカル・グループである。

    メールマガジン版オルタナティヴ通信、2010年7月号の記事、「口蹄疫(こうていえき)、狂牛病に犯された牛肉が、平然と、スーパーマーケットで売られている」で明らかにしたように、日本のスーパーマーケットでは、汚染された牛肉が平然と売られている(注1)。

    人類を核戦争で滅亡させても、「平気」な企業が、人間にとって「安全」な、牛肉を生産する「ハズ」がない。

    食品産業とは、軍事産業である。

    食料価格の高騰で、エジプト、アラブ諸国に、動乱の火が付き始めた。

    食品産業とは、軍事産業であり、動乱を戦争に発展させるための、食料価格高騰である。



    *注1・・・2010年7月号の記事、「口蹄疫(こうていえき)、狂牛病に犯された牛肉が、平然と、スーパーマーケットで売られている」、参照。

    申し込みは、ここをクリックし、必要事項を、ご記載ください。  


    なお申し込みと同時に、受付完了の自動返信メールが届かない場合には、購読期間等を明記の上、以下に直接メールを送信下さい。
                                            megafinancecp@yahoo.co.jp

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。