スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2月10日の備忘録

    2月10日

    ハ´)児童誘拐→硫酸かける→障害者として物乞いさせる→成長する…以下ループ
    http://news.2chblog.jp/archives/51555475.html

    怒るべき時怒りなさい
    http://pigzhina.blog122.fc2.com/blog-entry-214.html

    魚も組織も、頭から腐っていく。複雑な世界が、世界を破滅に招き入れる
    http://darknessofasia.blogspot.com/2011/02/blog-post_10.html

    エジプト・リメンバーズ。エジプト騒乱で死亡した人たちのメモリアル
    http://darknessofasia.blogspot.com/2011/02/blog-post_8812.html

    増税はすべて役人の悪巧み(3/5)
    http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/edf61e5723043d0b06b36787be664134

    どうでもいいから、事実だけ伝えろよ(呆)
    http://kagiwo.blog18.fc2.com/blog-entry-472.html

    名古屋と阿久根に見る、民主主義の恐ろしさ
    http://kagiwo.blog18.fc2.com/blog-entry-473.html

    税金という国家悪
    http://blog.livedoor.jp/jproject/archives/51742358.html

    テレビによって日本人の心理的植民地化は完成した
    http://blog.goo.ne.jp/nanbanandeya/e/75caae970aa26c314d4e40b1c02e1c15



    145: どんぎつね(チベット自治区):2011/02/09(水) 15:51:45.21 ID:l+XStUNB0

    【自殺は国技 それが日本人】

    会社をクビになった → すぐ自殺
    仕事でミスをした → 責任とって自殺
    職場で辛いことがあった → もちろん自殺
    職場でパッとしない → そのうち自殺
    将来に漠然と不安がある → なんとなく自殺
    人に言えない秘密がある → やむをえず自殺
    人に嫌われた → 耐えきれず自殺
    人に好かれない → やりきれず自殺
    最近疲れている → やるせなく自殺
    世の中にうんざり → そろそろ自殺
    若い → 今のうちに自殺
    年老いた → 遅ればせながら自殺
    友達が死んだ → ぼくも自殺
    友達が生きている → わたしから自殺
    もし自殺したら家族が悲しむ → でも自殺
    もし自殺したら敵が笑う → 悔しいけど自殺
    もし自殺したら皆に迷惑がかかる → 細かいこと気にせず自殺
    政府が自殺対策に乗り出した → 鼻で笑って自殺



    議員報酬 (Unknown)
    2011-02-09 16:43:43
    >また、議員の報酬を減らすと庶民が議員になりづらくなる、などという議論もあるが、それも大きな間違いだ。

    だ・か・ら、それ原因と結果が逆だぞとあちこちで
    何度も指摘されてるはずなのに、こいつわざと無視してるんだな

    欧米では議員をやってるのが世襲貴族や資産家だから、
    高額の報酬はいらないんだよ

    鳩山とか麻生みたいなのが平均的「議員」なんだよ
    革新政党でもそうなんだよ

    金持ちの思いのまま (安二郎)
    2011-02-09 16:49:08
    >欧米では議員をやってるのが世襲貴族や資産家だから、
    高額の報酬はいらないんだよ

    その結果は富裕層に有利な法律やら税制が出来るわけですな。



    どうせ土人国家だし…(笑) (ponpon)
    2011-02-09 16:56:40
    ま、夢も希望も無い国です。日本は…。

    > 国債発行のかたちでお金を使わなければ、経済はますます冷え込んでしまう
    > 民間の貯蓄過剰分を国や自治体の債券で吸収し、有効に使う

    これも微妙なところですよねぇ。公共事業やらでカネをばら撒くと言っても、毎回特定の業種や企業、個人にカネを流していては意味がありませんし…。既に豪邸や高級車を持っている連中にカネをばら撒いても、どうせ使わず寝かせるだけ…。公共事業の恩恵を受けない業種、企業、個人にはカネが流れず、ずっとジリ貧…。流れるところに流れる、流れないところには流れない、という仕組み(カネの流れが固定化していること)を変えなきゃ駄目なんじゃないですかねぇ?

    > 民間の手元に残るお金を増やして経済を活性化させる

    ただ、「民」の質が問われますよね。「民」が低俗だと、低俗な分野にしかカネが流れなくなります。

    > 「減税」に反対するのは、自分たちの既得権と真っ正面からぶつかるから
    > 家業を守るために、地域の民主主義の芽をつぶそうとする
    > 王侯貴族のような生活に慣れてしまうと、国民から税金を徴収することに何の抵抗もなくなってくる
    > 贅沢な生活に馴染んでしまうと二度と元には戻ろうとはしなくなり、庶民の生活実感が分からなくなる

    これは議員だけじゃなくて、どっかの巨大放送局も似たようなものですね。社会保険料、健康保険料などで飯を食っている連中も同様。「能力」ではなく「仕組み」で飯を食っているワケですね。

    > 市長の給与年額2,700万円、4年ごとに4,220万円もらえる退職金

    こりゃまた凄いですね。道理で若者にカネが流れないワケだ…。(笑)

    > 有能だから出世できるのではなく、運がよければ総理大臣にも成れる

    才能ではなく運でカネを手に入れた人間が結婚し子供を産んでいるから、子供の学力が低下しているんですかねぇ??当然、脳の構造も遺伝しますから…。



    河村と大村はインチキだぞ (Unknown)
    2011-02-09 18:14:46
    TORAさんをはじめ皆な騙されてるのを早く気づかないといかんがも~

    詐欺の手口と同じだぎゃ~
    はじめは耳障りの良い事をさんざん仕組んでおいてからの後はなし崩しの独裁やりたい放題ってパターンだでかんわ~
    気ぃ~つけてちょう~だい

    TORAさんは、いつもながら表面的なことを純粋に感化されての河マンセーのようだけど・・・そんなに簡単に信用しとったら~いかんわ~

    橋下もしかり、この裏にドス黒い謀略が渦巻いているでよ!

    もっと徹底的に彼らの背景を調べまくらにゃいかんでよ!

    とにかくそんな簡単に騙されとったらいかんでよ!

    次を参照しにゃかんで~。

    http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/fb5f864ae458ca8768b9306063febcab

    ~詳細は「偉大な兄弟」、「イングソック」をそれぞれ参照

    党は、「偉大な兄弟」によって率いられる唯一の政党である。「偉大な兄弟」は国民が敬愛すべき対象であり、町中の到る所に「偉大な兄弟があなたを見守っている」という言葉とともに彼の写真が張られている。

    しかし、その正体は謎に包まれており、実在するかどうかすらも定かではない。

    党の最大の敵は「人民の敵」エマニュエル・ゴールドスタインで、オセアニアと党を崩壊させるためのあらゆる陰謀の背後に彼がいるとされる。

    国民は毎日、テレスクリーンを通して彼に対する「二分間憎悪」を行い、彼に対する憎しみを駆り立てる。テレスクリーンの登場により、全国民は党の監視下に置かれ、私的生活は存在しなくなっている。

    党のイデオロギーはイングソックと呼ばれる一種の社会主義であり、核戦争後の混乱の中、社会主義革命を通じて成立したようだが、誰がどのような経緯で革命を起こしたのかは、忘却や歴史の改竄により明らかではない。

    ゴールドスタインのパンフレットによれば、そのイデオロギーの正体は「寡頭制集産主義」とでも呼ぶべきもので、「社会主義の基礎となる原理をすべて否定し、それを社会主義の名の下におこなう」ことであるという。

    もとは社会主義運動の中から発したが、現在は中層階級が下層階級を味方につけて上層階級を倒す事態を永久に防ぎ、非自由と不平等を恒久的なものにすることを目的としている。

    党の3つのスローガンが、至る所に表示されている。これらはゴールドスタインの本の各章の題名でもある。

    ・河村とマスゴミのやったことは「二分間憎悪」だろ。

    イングソック体制下の階級構造 [編集]

    イングソック体制下では、社会は三つの階級に分けられる。これらの階層は世襲のものではなく、上層階級の子息が必ずしも自動的に上層階級になるわけではない。

    1.党内局(Inner Party)… 政策を決め、決定を行い、政府を動かしている。党とは彼らのことを指す。党の頭脳部であり、社会を動かすエリート階層・上層階級である。テレスクリーンを消す権限すら持つ。

    2.党外局(Outer Party)… 政府のための事務仕事を行う中層階級である。党の手足にあたる。上層階級である党内局の潜在的な脅威とされ、テレスクリーンや密告などで最も厳重に監視されている階層でもある。

    3.プロレ(Proles)… 労働者(プロレタリア)であり下層階級。

    人口の大半(85%)を占める。ほとんどはテレスクリーンすら持っておらず監視下にないが、党は彼らに必要な愛国心を注入する以外は政治教育などを行わず、酒、ギャンブル、スポーツ、セックス、プロレフィード(人畜無害な読み物やレコードなど)を与えて暇つぶしをさせている。

    イングソックによれば、人類の歴史では上層階級・中層階級・下層階級が絶えず成立しており、中層階級が下層階級を味方につけて上層階級を倒し新たな上層階級となることの連続であったとされる。

    歴史上、下層階級が主人公になったことはなく、革命の主人公はいつも中層階級であった。

    もとは社会の専門職やテクノクラートたちであったとされる現在の党のエリートは、二度とこのような階級同士の争いや革命を起こらせないために容赦のない支配構造を精緻に設計した。

    世襲的貴族よりも、何百年と続いたカトリック教会の選任制組織のようなものを念頭に置いて支配体制を築いている。

    イングソックは、実態上は抑圧や独裁を行っているものの、政治宣伝上では「平等主義」をかかげている。

    ・河村は中産階級の代表である市議会つぶしに躍起になっている。

    給料も議席も半減という狂気の無理筋で、これに名古屋市民が同意するようでは「名古屋市民が市議会という民主主義を放棄」することになってしまう。

     河村はその代わりに「委員会」という独裁組織を置こうとしている。なぜ議会ではなく委員会なのか。なぜ「地域議会」ではなく「委員会」にこだわるのか。

    ソ連の共産党は議会を廃止して任命制の委員会に全権を委任(民主集中制)した。

    スターリンは党大会で自身に反対した議員を皆殺しにしたが、河村のやったことと重なる。河村は独裁社会つくりにまい進する「文化大革命」だな。

    富農や右派をでっち挙げて、低脳B層の憎悪を煽って技能工などの職人中産階級を粛清させている。

    河村や小泉やマスゴミのやっていることと完全に同じじゃねえか。このイングソック民主党、ユダヤの手先どもめ。(以下省略)



    公務員削減、減税という綺麗事=階級闘争のすり替え洗脳 (Unknown)
    2011-02-09 18:33:19
    別に公務員の味方する気はさらさらない
    ただ、河村、大村、橋下の背景は●暴、サラ金、層化にパチンコ、韓中族の傀儡政策がてんこ盛ですよ

    TORAさんはじめ純な日本人の悪いところは簡単に熱烈支援で糞も味噌もへったくれもなく河村革命をマンセーして騙されて後の祭りとなってしまうことですよ

    低所得で生活するのは美徳で政治家も官僚も全部平等には一面良いことも多いかもしれないが、それですべてが解決する(それで国民の生活が豊かになるわけでは決してないよ)わけでは決してないよ

    議会を大村知事や河村市長の独裁によって運営されるという恐怖をよく考慮するべきだ

    郵政民営化法案の突然の成立のように、後期高齢者医療保険金の時のように詳しいことを知らないまま導入後に泣きを見るのはいいかげんやめてもらいたいものだ



    Unknown (Unknown)
    2011-02-09 18:47:53
    >議員の既得権固守を象徴する、もう一つの出来事が、名古屋で進めようとしている「地域委員会」への抵抗である。

    これは名古屋市内の小学校の学区単位で、ボランティアの地域委員を住民の投票で選出し、彼らに地域の課題とその解決策を検討してもらい、実際にその取り組みに対して予算付けをしていくものである。「住民が協力して、自らの手で自分たちの町をよりよくしていく」ことで、地域コミュニティの活性化を図ろうというプランだ。すでに平成22年にモデル事業を行ない、「歴史的建造物を活かしたまちづくり」「健康パトロール」「安心安全なまちづくり」など、創意工夫あふれる取り組みがなされるようになった

    この「地域委員会」なるものは、在日の権益を拡大する為の仕組みだね。
    町内会みたいな小さな組織で、発言力を持つのは、厚かましくて恥知らずで声の大きい輩、このキャラにピッタリなのが在日。

    町内会の会長に長年居座って、交代しようとしないのが在日、うまく町会費の流用でも遣ってんだろう。



    相撲の八百長どころではない河村恐怖政治 (Unknown)
    2011-02-09 19:19:17
    汚沢のステルス兵器が河村改革だったというのと同じじゃまいか

    次の相関図を見ると一目瞭然だわ
    民主党の鳩山、小沢、菅に共通する国民の生活が第一というすり替え詐欺は大村も河村も同じや

    低所得で暮らして政治家やります、減税します、河村は安アパートに住んで民主党離党までした迷パフォーマーぶりはブルジョア鳩山、金権まみれ汚沢、裏表完全詐欺の成金成り上がりのべ平連くずれの菅直人を遥かに上回った偽善者ぶりだが

    しかし、鳩山も汚沢も菅も議員報酬、特権をしこたまもらいまくって今の現状って・・・消費税増税、年金カットは酷すぎて洒落にもならのだよ

    だから大村、河村がいくら清貧を装おおうともそんなパフォーマンスの類などに決して騙されてはいけないぞ

    特に大村はパチンコ献金を莫大に貰っているのやから、パチンコ利権にまったくイエスマンの政治・政策しかしなくなるというか、要するに売国しかないだろうね

    河村にしても調べればいくらでも人に言えない悪事がてんこ盛り

    とにかく、スターリンの恐怖政治をよく調査して何が正しいことかもっとよ考えてみてくれないか!

    小沢スターリン民主党の粛清、公務員改革は民主集中制 憲法15条違反 警視庁を小沢政治家が支配する恐怖
    http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/d385bf68a50429bafba43ea13a5c80cd

    2010-02-07
    ポルポト民主党とロンノル自公 研究小沢朝鮮民主党が警視庁の部長クラスの人事を決める恐怖=公務員改革

    民主党の公務員改革=スターリン型粛清恐怖政治

    内閣人事局の設置運用は危険=戦後日本最大の危機=粛清の嵐


    国会法改悪も外国人内政干渉権も潰したと思うが、まだこれが残ってるんだな

    今度の民主党の公務員改革、渡辺喜美から続いているものだが、(この法案は国籍法と同じように、自民党内論議を経ずに、民主党案の「省庁幹部人事権の国会議員支配」をいきなり渡辺喜美が丸呑みする形で、大島や山岡という与野党の国対が談合して、衆院の審議わずか2時間で通過してしました。)

    要するに北朝鮮のような国作りを進める法案なのだ。警視庁も農政局も粛清の嵐で北朝鮮化される。

    職務に忠実な職員はすぐにクビになる。

    代わって民間から登用されると思われるのが、外資系企業の社員と思われる。

    すでに漢方薬廃止宣言した仕分けWG2部のフェルドマンとその外資奴隷社員たち

    つまり、河野BNPパリバなどが厚生労働省の幹部職員として登用されるのが目に見えてる。

    有識者会議の委員がこぞって省庁の部長や局長を独占するようになるだろう。

    そうなった場合、どうなるか。
    ただでさえ有識者会議の委員の偏り(特定企業から金もらい、政治家が決めてしまう)はひどいもので、

    厚生労働省の有識者会議には反外資製薬会社の市民団体(薬害オンブズパースン会議や医薬ビジランスセンターの浜六郎など)が完全に締め出されている現状から見ても、省庁が外資系企業などに支配されてしまう。

    どう間違っても浜六郎のような良識者が登用される可能性は無いだろう。(続く)
    続き (Unknown)
    2011-02-09 19:23:17
    (続き)~これまで省庁は腐った裁判所や国会をさしおいて、日本を支えてきたと思うが、これは広く国民から受験制度という開かれた門戸を通して選抜されてきているからであり、ある意味最も大企業が介入しにくい国民的民主的な機関であるからという面が大きい。

    国会はマスゴミが支援、つまり大企業や外資が支援する議員ばかりが当選し、裁判所も国会の人事権や裏金で腐りきっている。

    今回の公務員改革で、この腐りきった国会が、まだまともに機能している省庁を独裁的に支配しようとしているわけで、日本の最後の砦が粛清の嵐で腐らせられようとしていると思う。
    これは戦後日本最大の危機ではないか。

    これでは北朝鮮のような国が日本の官僚の人事権を握るようなものだ。

    民主党による省庁人事権の独裁支配で、戦後日本国民はいよいよ本番の苦難、艱難辛苦を迎えることになるようだ。

    スターリン型政治の恐怖を味わうことになるだろう。

    すでにハトミミ.COMというニュースピーク(短縮新語法)を用いたイングソック民主党の
    粛清機関も始動しているしな。

    ・公務員の不可侵性、身分保障は自由民主主義法治国家の前提条件だ。憲法15条に明記されている。

     真面目に通常取り締まり業務を行った警察官や農政局官検査官が企業ににらまれて左遷されるようなことがあってはならないが、小沢民主党がそれをやろうとしている。

    公務員の降格を政治家が決めるなどという前代未聞(ポルポトユダヤ共産主義国ではよくあること)の憲法15条違反

    こんな議論は戦後の国会ですでに決着がついていることだ。

    内閣人事局が憲法違反であることは
    「内閣委員会 - 35号 昭和32年04月25日」で

    内閣委員会 - 35号 昭和32年04月25日  「人事局 廃止」で検索

    ○(民社党)受田新吉委員
     私は、今回の行政機構改革案というものは、そうした行政諸機関の不正を摘発し、汚職を防止する対策としては、かえってマイナスになる大きな要因をはらんでいると思うのです。

    なぜかというと、行政機構の改革が一党一派の党利党略に利用されるというようなおそれも多分にあるわけです。

    今回の改革案の一つ二つを拝見いたしましても、そのときの政府の鼻息のかかった改革であるというそしりを受ける点も発見できる、

    そういうような要因をはらんだ形の行政機構改革で、むしろ積極的に官紀粛正、機構の堅実化をはかろうとする目的とは逆の方向にいくような案をお出しになったのでは、

    あなたのお説の目的が達成されるかどうか、私ははなはだ憂えております。

    ことに今回の、人事院を廃止して、政府部内に人事局を置き、従来の人事院は任用とかあるいは分限、懲戒、 その他の公平を期する機関としてこれを外局に存置するというような形のものでありますならば、

    結局そのときの政府のごきげんうかがいのお茶坊主的高級役人が、人事の実権を握っておられる政府の要人に食い込みまして、

    その権勢をほしいままにするおそれがあるということは、これはわれわれが指摘するまでもないことなのであります。

    運用の面において必ずそういう結果が生ずるおそれが必然的に包蔵されていると思うのです。

    そういうときにお茶坊主的役人を横行せしめるような行政機構の改革をなされまして、

    そしてときの政府にごきげんをうかがい、政治的な行動の際には公務員法違反をやつてでもその政府に忠実なる公務員たらんと志す、こういうような形になることは必然です。

    政治活動の制限規定など無視して要領よくやる、しかも違反した者に対しては、その摘発は政府に忠勤をはげんだゆえをもって手心を加えるということは、

    これはもう従来選挙干渉で歴史的にその時の政府の配慮のあったことは、これは大臣もよく政治史の上で御勉強されていると思うのです。

    ○受田委員 お茶坊主ばっこ時代が出現するおそれありとする私の質問に対して、かかる事態はまずなかろうという御判定のようでありますが、

    しかし問題はあなたの今お考えになられておるような厳格な中正の保たれる新しい立場における国家人事委員会ではありません。

    これはあなたが御提出されて御承知のように、総理府の一外局にすぎないのです。

    総理大臣の指揮下に置かれている一外局です。

    もちろん人事官の特殊な身分というものは確保されておりましても、要するに総理大臣の鼻息のもとに行動をされる機関であることはあなたも御承知の通りです。

    そして人事権を握るところの人事局なるものも、これは完全に総理府の内局に編入せしめられまして、いわば人事の実施面と、それから公平な立場で行わなければならない人事行政の管理面を二つとも政府の部内に置かれて、時の政府の意のままに動かされる結果になることは、これはいかように美辞麗句を使われようと動かすことはできません。

    従って従来準立法機関として人事院という機関があった、

    人事院は、国家公務員法の規定に基いて人事院規則を定め、人事院独自の意思表示が準立法的に行われておった。

    それについて今度は政令で処理しょうというのですから、政府の意のままにいろいろな政令か出るということになる。

    結局法律の委任に基いて人事院規則によって常に各省庁にまたがる人事の公平と給与の適正を期するごとくに運用されていた人事院機構というものか、その中心になる柱を失ったということはこの改革案に明瞭に示されておるのです。

    私は政府の悪因されておることについてある程度了承できないことのない節もあります。

    それは責任政治の確立という意味からいうなら、それは時の政府が人事、予算あらゆる面において時の政府の意図のもとに責任を果すべきであるという御趣旨については了承せざるを得ない向きもあるのでございますか、人事行政という問題だけは、

    これは国全体を動かす一つの心臓部の仕事でありまするだけに、せめて時の政府の鼻息によって動かされる形のものでないように、中正が保たれて各省庁にまたかるところの不公平が是正されて、

    常に厳然たる立場で人事行政上の管理機関としての存在が発揮できるようにあらしめる必要がないものかと私は考えるのでございますが、いま一度お考え直しの余裕はございませんでしょうか。


    小沢一郎の日本改造計画に、「権限を民主主義的に集中する」という文が
    二回も出てくる。

    ・小沢一郎は今回の公務員制度改革=内閣人事局の設置による省庁幹部人事権の政治支配を1993年から16年もかけて推進してきた。

    ・今回の公務員制度改革=内閣人事局の設置、政治家が省庁幹部人事を掌握も「民主集中制」

    ・中国などの社会主義国では、三権分立(司法、立法、行政)が否定され、党組織が全権限を行使する。

    ・わが国は、司法は立法から独立していない。今回の公務員制度改革で、
     行政までが立法(与党)に従属するのであれば、一権独裁の状態になる。これでは
     中国の民主集中制と同じではないか。

    ・戦前の官吏制度
     戦前は官吏(官僚)は天皇による任命制だった。つまり、行政は立法に従属していた。戦前は一権独裁状態だった。

    これが太平洋戦争や日中戦争などの無謀な戦争の原因であった。

    行政が立法に対して抑止力を行使できないので、極端に大胆な対米開戦や対中開戦などの政策を実現させてしまった。

    ・終戦後、戦争を起こさないために三権分立を導入=人事院(独立行政委員会)の設立

     人事院は内閣から独立して権限を行使することができる独立行政委員会である。

    これが憲法9条とともに戦争を再び起こさないための装置になっている。

    これを廃止あるいは内閣人事局に権限移管するのは、戦前の官吏制度を復活させる、ということである。

     これで何のブレーキも無くなってしまう。戦争でもやろうというのか。

    人事院をほとんど無くして、内閣人事局に移管するのはアジア諸外国の同意が得られないはずだ。

    汚職や収賄、オレンジ共済など詐欺集団の口利き(小沢とか羽田とか)など 政治家の犯罪は枚挙に暇がない

     そしてこの案を民間の広報機関であるマスコミが賛美している。

    最近は「マスコミと民主党は人事院の味方」などと妙な低脳B層向けネット工作を開始したらしい(バレバレ笑い)煙幕全開だな。

    そりゃそうだ、警察や検察庁が怖い民間企業が政治家(特に外資族) 使って揉み消しできることになるからな。

    官邸主導の幹部人事、検察庁・宮内庁は対象外 独立性保つ

     政府が今国会に提出する国家公務員法改正案の全容が6日、明らかになった。

    内閣官房に「内閣人事局」を新設して省庁横断の人事名簿を作り、官邸主導で幹部を選任する。

    民主党政権との関係で焦点となっていた検察庁は「特殊性を有する」として適用除外にする。宮内庁なども同庁側の人選を優先し、一定の独立性を確保する。4月1日からの施行を目指す。

     人事局が適格性の審査を基に作成した省庁横断の「幹部候補者名簿」から各省庁の幹部を選ぶ。幹部は柔軟に省庁間を移動できる。

    任命権は閣僚にあるが、官邸主導を徹底するため首相や官房長官が事前に人選して閣僚と協議できる規定を設ける。幹部には公募制を導入することで、民間人も応募できるとした。(07:00) >



    TORAさん、早く目を覚まして真実を探ってくださいよ! (Unknown)
    2011-02-09 19:58:06
    TORAさん、完全に大村と河村コンビの売国恐怖政治が始まるから議会だけはもっと中立な立場の議員擁立を訴えていくことを強く警告とともに提言しておくよ

    大村知事のこれまでの言動を調べてみると一目瞭然で危険極まりないな

    TORAさん、表面的なことだけで大村・河村改革をブラボー、マンセーしてるようじゃまったく明きメクラもいいとこだぞ

    もっと彼らの謀略の経過をしっかり調査しなきゃいけませんぞ

    近い将来汚沢終了と民主党解体・分裂に関連する大村・河村の売国、恐怖政治の序章にかんすること

    汚沢の行動パターンは大村・河村らの無党派とくっつく形での政界再編は見え透いているけど、その前に民主党大解体ショーがあり、統一地方選挙はそれこそ無所属、無党派の立候補者の当選続出は黒幕ジャパンハンドラーのシナリオもあるといったところ

    ま、どんな時もバランス感覚は大事ってことやね

    > 売国議員の大村 秀章氏を当選させてしまう愛知県民_オワタ・・
    http://50064686.at.webry.info/201102/article_2.html

    ~http://www.ohmura.ne.jp/atj_manifest.pdf

    超ウルトラ危険すぎる、大村ひであきの正体

    マニフェスト
    ビザ取得要件の緩和を検討。高度技術者等の永住要件緩和など売国・治安悪化・危険な工作員も紛れ込む

    ■外国人労働者の働く環境の整備。規制の弾力化 
    日本人失業率悪化、・治安悪化(特に凶悪犯罪増)

    ■優秀な留学生の獲得
    中国人・韓国人留学生一人につき、国民の血税から一千万円を無審査に近い状態でばら撒き(返済不要)国民の生活苦しい留学生地獄。日本国民は返さなくて良い奨学金など1円すらもらえない。

    ■外国人観光客倍増に向けた地域の観光サービス事業を育成 

    中国から入ってきているのは人民解放軍や情報工作員、治安悪化、中国は国防動員法を施行してる

    国内の中国人は国防動員法発令で全員 殺戮繰り返す民兵になる(国防動員法で検索)

    ■中国をはじめ、海外観光客を呼び込む海外誘客センターを設置

    中国人もうやめてくれ、犯罪が凶悪すぎる 治
    安が凄まじく悪くなっている

    しかも中国の国防動員法で、国内の中国人が国民を殺す兵士になる。

    ■男女共同参画導入
    国家解体法反対!

    更に隠しているけれど以下の2つにも賛成している反日売国ぶり


    人権擁護法案に賛成 (国民の自由を奪う言論弾圧)

    外国人地方参政権にも賛成 (最も破壊的な売国法案)

    大村ひであき氏回答
    http://politomo.jp/aichi/%E5%A4%A7%E6%9D%91%E6%B0%8F%E5%9B%9E%E7%AD%94/

    参考▽
    85万人在日中国人いつの間に!?人口爆発で日本沈没 外国人地方参政権反対!
    http://www.youtube.com/watch?v=AY6uFN4XL3Q

    中国に侵略されつつある日本「在日は日本侵略の尖兵」
    http://yy72.60.kg/test/read.cgi/stem/1296220566/l50

    中国人大量入国で日本の治安は怖ろしい勢いで悪化しています

    凶悪支那人(中国人)の犯罪を許さないお茶の水駅前抗議活動第4弾
    http://www.youtube.com/watch?v=cIGrsaP8PQg

    すでに小学校低学年はクラスの半分が中国人
    http://www.youtube.com/watch?v=BkarJca612E
    ~~~~~~~~~~

    パチンコマネーにドップリ汚染された売国奴、国賊の大村氏を当選させるとは…

    人権擁護法案に賛成、移民1000万人推進派、外国人地方参政権にも賛成のウルトラ売国議員に投票した日本国民はアホかと。

    いい加減、知名度やイメージだけで投票するのは辞めましょうよ。

    愛知県民は自分の住む街に大量のシナ人を受け入れたいの?

    無知は罪悪に等しい!河村も民主党だよね?俺は愛知県民ではありませんが、同じ日本国として愛知県を心配し愛知県民を批判します。

    この大村 秀章はなんと保守を装って創生日本に入ってます。創生日本も信用なりませんな・・>



    民主党と隠れ民主党の河村の薄汚い詐術 (Unknown)
    2011-02-09 21:31:06
    ・そもそも、河村は小沢民主党党中央がゴリ押しして名古屋市長にしたのです。民主党推薦で。

     この昨今、民主党の看板がオウム真理教のような空前の超凶悪詐欺犯罪集団の代名詞意味合いを持つようになった結果、
    形式的に民主党を離党して無所属のふりをする「隠れ民主党」が増えております。多くの民主党地方議員は無所属のふりをして
    統一地方選をいつもの詐欺で乗り切る準備(偽装離党)をすすめております。

     河村名古屋市長もその一人です。無所属のふりをしていますが、河村は2010年7月の民主惨敗を見て、
    「無所属でないと落選する」という恐怖に駆られ、偽装離党したようです。そして8月から市議会との対立リコールを
    演出し、ボロが出ないうちに愛知県知事の乗っ取りを画策したのでしょう。大村はもとも与謝野と同様の外資族議員「隠れ民主党」(自民党議員のふりをした民主党)です。

     さらに最近は民主党と連携して、わざと民主党に河村批判をさせ、マスゴミを使って大々的に報道させるという高等戦術をとっている。(本ブログにとっては見え見えの幼稚な昔からユダヤにさんざん使い古された幼稚で古典的な手法に見えるが)。
    本当に卑しい薄汚い連中だ。民主党と隠れ民主党の河村の薄汚い詐術には反吐が出るぜ。
    http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/fb5f864ae458ca8768b9306063febcab

    オザーさんとつるんでいる時点で・・今までの歴史を紐解くと悲惨な結末が待っているんでしょうね名古屋は(政策を調べれば調べるほど・・
    http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51612260.html



    周知お願いします!

    産經新聞さえもが賛成意見を掲載し、テレビもこぞって持ち上げるTPP、
    知れば知るほど、危険です!怪しすぎます!

    農業も軍事産業も、医療システムも壊滅させられる危険性が!
    保険、金融投資、司法法律、労働、サービスなど包括的な不平等条約を
    結ぶ事になります。6月に加盟の是非を表明すると管さんは言ってますが、
    もう時間がありません!どうか拡散、周知して下さい!


    東谷暁「北澤武器輸出三原則見直し発言はTPPと関係している
    http://www.youtube.com/watch?v=JxNc_jInyb4&feature=related

    東谷暁「TPP...カナダ農業はNAFTAで巨大アグリ企業に乗っ取られた
    http://www.youtube.com/watch?v=-ZYhG3vR8z0&feature=related

    片桐勇治「TPP...米国製兵器が大量流入し日本の防衛産業は衰退」
    http://www.youtube.com/watch?v=I9ol5ZspzQo&feature=related

    TPPは現代のハルノートです。米韓FTAは現代の日米友好修好条約です。騙されな
    いで下さい。

    下の動画『モンサント社、アグリービジネスの実態』によると、インドでも遺伝
    子組み換え綿花の
    普及で自殺に追い込まれた農家が後を立たないとのこと。
    日本が外圧でこのような状況に置かれるのは許せません!


    1) http://video.google.co.jp/videoplay?docid=2219229390528597169#

    2) http://video.google.com/videoplay?docid=-6469908545096925356#

    ((イントロ部分は重なっているものの、2回にわたって放映されたので復習のよ
    うなもの。内容は違うので是非2本とも見て下さい)

     日本では、遺伝子組み換え植物に対する強い反対がありましたが、これがTPPで
    自由化されるだけでなく、意図的な種の混入で、日本農家が貧困に突き落とされ
    る事は必至です。
    断固反対です!

    2011/02/09(水) 11:12:06| URL| TPPは危険すぎます! #- [編集]



    荒廃する我が郷


    今日の大紀元記事を読み、中国の小麦生産量の95%は秋撒き小麦だと知りました。
    その秋撒き小麦が旱魃によって、6月の収穫が危機的な状況に陥る恐れがあるそうです。

    麦と言えば、私が生まれ育った関西地方でも、コメの裏作として栽培されていたが、今は麦畑の風景も見られなくなりました。
    さらに、麦畑以外にも、菜の花畑や蓮華畑もあり、春の田には彩りがありました。
    それが・・・、今も私は田圃の傍に住んでいるが、家を出て見る田圃は、耕地の一角に農家が自家用として植えているエンドウ豆が見えるくらいで、他には点在する耕作放棄地を含め荒涼とした風景が広がっています。

    管理人様は「農地には愛情が持てないので大切にしない」と仰っていますが、用水路にメダカもいない、ザリガニを見たこともない、梅雨になってもカエルの大合唱もない、そのような我が郷の風景を見ていると、日本の農家も農地に愛着があるようには思えません。
    あるのは、ただ土地への執着のみに思えます。

    片や、当地では市民農園への希望者が多く、抽選に当っても耕作は一年限りで、翌年は応募も出来ません。
    野菜作りの場合、連作障害を避けるため、十年先まで考えた輪作計画を立てねばならないのに、一年限りではどうしようもないので、私は市民農園には応募していません。
    無論、無期限で借りられる農地があれば借りたいですが、農地法の壁があって、「農民」の資格が無い一般国民は小作すら出来ないのです。

    農地に愛着を持って耕作したい人々が実際に耕作出来る世の中になれば、日本農業は足腰が強くなり、食料自給率も向上します。
    耕地を集約し、機械化に頼っている農業は、石油が途絶えれば一挙に崩壊します。
    千年後までも我国を安泰にするには、先ずは国内農業への参入を自由化し、農業を愛する人々が農業を担える世の中にするべきです。
    2011/02/09(水) 12:48:48| URL| こってり #1wIl0x2Y [編集]



    江田五月法相は、参議院議長の要職中に、中共の反日ロビー活動によって従軍慰安婦強制連行(捏造)に基づく対日謝罪賠償要求議決案を米下院で採択させたマイク・ホンダと会談している特亜対日工作員であるが、連合赤軍リーダーの永田洋子(65歳、死刑囚)の病死(2月5日、脳腫瘍のため死亡)について、「死刑囚であれ一人の命。冥福を祈りたい」とした上で、「病気で亡くなる前になぜ早期に死刑執行しなかったのかとの声があるかもしれないが、そこまで世の中殺伐としてはいないのではないか」と語った。
     死刑囚を死刑にしない歴代法相とは一体何なのか?
     死刑制度を形骸化する目的は何か?
     ましては死刑制度を廃止したい議員連盟の主目的は何か?
     そんなことより、問題にすべきは永田洋子の出自だろう。
     この女が在チョンか解同かどうかを調べるべし!
    Posted by G線上のクソミソ at 2011年02月09日 08:05



    あまり知られていないが共同マニフェストにはとんでもない条項がいくつかある。 (こういうのはマスゴミは流さない。)

    河村・大村秀章の共同マニフェスト
    (愛知県知事選2011)売国部分抜粋

    1 ビザ取得要件の緩和を検討。高度技術者等の永住要件緩和など
    2 外国人労働者の働く環境の整備。規制の弾力化
    3 優秀な留学生の獲得
    4 外国人観光客倍増に向けた地域の観光サービス事業を育成
    5 中国をはじめ、海外観光客を呼び込む海外誘客センターを設置
    6 男女共同参画導入

    問題外。日本を売るとはこういう人たちのことです
    大村が、外国人参政権を支持する公明と組んだという事を、愛知県民は知っていて投票したのか疑問。また騙されたようだ。
    Posted by 参考 at 2011年02月09日 10:05



    〉せとさん

     連合赤軍浅間山荘事件を扱った映画をCS放送で何度か観ましたが、「人間あそこまで追い詰められるとああなるのか」という思いと、「孤立して追い詰めたのは彼ら自身ではないか」という思いが交錯して、結局見たくないものを見たような嫌な気分になります。
     客観的に見ますと、まず彼らが何故武装出来たのか?
     ライフル銃だか散弾銃だか知りませんが、何処からどうやって入手したのか?
     警察は銃の履歴を辿ったのか?
     辿ったなら出元を調べることで、背後に誰がいたのかまで追及出来たのではないか?
     実際に、警察が調べたとは思いますが、オウム真理教事件と同様にどうもその辺が曖昧にされてしまう傾向がある様に思います。
     次に、映画の中で彼らが信じる思想的な議論が展開されますが、もう自分らの理想を実現出来ないことを悟るか、自分らの行動に疑問を持つ者が出てきたわけです。
     でも、もう途中で抜けられないことも分かっている。
     後はもう潰しあいですよ。
     威勢のいいところを見せて俺は裏切者じゃないとみんなに思われるように振る舞うしかない。
     最初の殺人が起きたとき皆がそう思ったのではないか?
     「おいおいマジかよ。もう組織から抜けられないじゃないか。こりゃ殺られる前に殺るしかないぜ。まいったなあ」
     と。
     但し、グループのうち、何名かは逃亡して警察に自主していましたね。
     そして、やはりグループのリーダーであった永田洋子の問題があります。
     これについては今はコメントを控えます。
    Posted by G線上のクソミソ at 2011年02月09日 10:31



    せとさんは、河村氏、大村氏、橋下氏が写っている写真を使っておられますが、今日の新聞各紙には、小沢氏と河村氏、大村氏が会談した写真が載っています。本命はこちらなんですよね。知事や市長が集まって何か構想を打ち上げてみても実現することはありません、国会に勢力もつ人が必要であり、それが小沢氏なのです。

     河村氏が名古屋市長に立候補するときに、県連の反対を押し切って民主党の公認にしたのは当時の小沢代表です。
     また公明党は、県連が大村氏を支持しましたが、名古屋市議会では選挙前に唯一河村市長が提案していた市議の歳費の半減案に賛成していた会派です。公明党の支持者の票は今回の選挙では、間違いなく大村氏と河村氏に入りました。公明党支持者の票が入らなければ、あのような大量得票はありえません。
     他に、大村氏の党除名に反対した自民党の非主流派の票も加わっています、それが戦後一貫して愛知県政を支配してきた自民党の大敗にもつながっているわけです。

     今回の愛知県知事選挙と名古屋市長選挙は、民主党小沢派と公明党と、自民党の一部との連合軍が大勝したものであり、今後の政局が小沢氏と公明党の連携に主導されてゆくことを示しています。

     これは、ネット上での、小沢氏や池田氏に対す卑劣極まりない、大嘘そのものの朝鮮人だとの攻撃が屁の突っ張りにもなっていない現実を示しているともいえます。
    Posted by みどり&グリーン at 2011年02月09日 11:18



    どうしても理解できないのだが、なぜ某宗教団体の連中って、選挙の支援活動を行うのだろう。それも大半の信者は、宗教活動をしているつもりで選挙の支援活動をしている。どこをどう考えても、選挙の支援活動は宗教活動じゃない。おかしな話だ。
    例えば、なぜこの党を支援するのか、なぜこの党じゃなきゃいけないのかという点から深く突っ込んだ質問をすると、明確に答えられない信者がけっこう多い。まったく呆れる話じゃないか。
    はっきり言えば、彼らの多くは、なんの政治的理念もない。要は、団体の幹部から、特定の某政党を支援するように言われているから支援しているだけなのだ。こんなことでいいのかね、某宗教団体の信者さんたち。まったく宗教の精神的な「縛り」って、本当に恐ろしいな。
    そんなだからさ、最近じゃ真似する宗教団体も新たに出てくるのだ。
    宗教団体に甘すぎるよ、この国は。とにかくもうこうなったらさ、国は宗教団体に課税して、そこから財源を捻出するべきだな。
    Posted by /[宗教団体に課税を!] at 2011年02月09日 14:39



    さてさて、また話題が変わって大相撲のgdgdと敷島の闇の話になるニダ。
     ついったでも呟いたニダが、この大相撲のgdgdは敷島の闇を敷島の手に取り戻すための大掃除の一つニダ。
     そしてこれに至る流れを面白い小話として聞かされたニダ。
     そもそもの発端は目がちょっと逝っちゃった貴が理事に就任したことが発端と呟いたニダが、この貴はとにかく超が付くほど真面目で融通がきかない御人ニダ。
     角界でも数えるほども居ない注射をしたことのない親方は、当然の事ながら角界の大掃除に繰り出したニダ。
     ○×△■、角界の親方衆は、その座布団やクリーニング、その他ゴニョゴニョで濡れ手に粟の美味しい儲けを抱え込んでいたニダ。
     しかも、それにはヤのつく業界が絡んでいたのは周知の事実ニダ。
     ところが・・・
     貴親方がいきなりお掃除を開始したものだから、それに慌てた親方衆、何をトチ狂ったのかイキナリ、闘う貴を生贄にしてドカンとやらかしちゃったニダ。
     後先を考えなかったのか、はたまた何か裏があったのか、闘う貴の親父さんはリアル博徒で、御母様は関西一のテキ屋の元締めのお嬢さん。
     そしてお二人の勤め先は・・・『◆』♪
     結果として、角界はその興業においてそっち筋の後援を受けることが出来なくなってしまったニダ。
     何がどう転ぶのか判らないニダが、それを好機!、と捉えたのか一連の◆潰しが始まり、そして今また各界のお掃除が始まってしまったという
    何処の週刊誌のネタだ、というような胡散臭さ極まりない小話だったニダ。w


    Posted by ? at 2011年02月09日 22:49



    491 :Trader@Live! :sage :2011/02/09(水) 06:55:15 (p)ID:C68POlKF(2)
    488の書き込みで興味持ったんでメジャー団体を少し調べてみたんだけど、
    住も稲も戦後できてるんだな。その他の広域暴力団って言われてる団体も
    戦後結成されてるのが多いのな。設立当初から半島系だったんじゃないのかね?


    492 :Trader@Live! :sage :2011/02/09(水) 07:01:17 (p)ID:DKaH3ICI(3)
    >>491
    戦後に殺された左派系政治家は浅沼稲次郎氏だけ
    一方、右派・愛国系政治家は自殺、暗殺、不審死だらけ
    日本の闇社会・テロ組織はほとんど外国系としか思えない


    493 :○△■× ◆jQ4gDocsufoh :sage :2011/02/09(水) 07:08:28 ID:COTaJdQS
    >>492
    全部お掃除する予定と聞いているニダ。w

    Posted by ? at 2011年02月09日 22:58



    周囲を見ると
    本気で創価学会を信じているのは、下っ端信者だけです。
    下っ端は、単純脳だから、すぐ激昂したり殴りかかったりする。
    今回殴りかかった男も、ブログで大作に忠義立てするのもその口。


    利口な人間は、もっと用意周到です。
    選挙に出て議員になったり学会の仕事を請け負ったり
    目いっぱい学会の数を利用して生涯を送る。

    そんな彼らは本気で仏教や大作を信じている訳ではありません。
    贔屓目に見ても大作は並外れた外道です。
    中年過ぎた人間が大作の正体が判らぬはずが無い。
    信じている振りを続ければ安全に暮らせる。
    選挙運動、財務はそのための税金です。


    いつも損をするのは下っ端信者です。
    いつも大損するのは下っ端信者だけです。
    自分も家族も全て学会に入れ込むのは下っ端信者だけです。
    Posted by 三点射 at 2011年02月09日 23:03



    暴力といえば真正保守掲げ自称し裏では暴力的行為を女性にし、まだ逮捕されないからとタカをくくっていますか?どこかのクソ“遠〇・k"とかいう、地方議員のムスコらしいーふざけたアホ男さん?無視してりゃ諦めて事件にもならないとでも?前科が脅迫罪のくせにまた脅迫罪で!いつ逮捕されておかしくないね。あー残念(笑)調子こいて会主催の講演会!あー腹痛いわ(笑)。クソ生ぬるいキレイゴトばかり抜かすキレイゴト自称保守ってサヨクと紙一重ですねー(笑)最近の自身のブログでは例の問題映画を取り上げて、~しかし在日を邪険にしたらダメだとか、海外でたいした評価でもないから、こんな映画はスルーしとけばいい~の如しのニュアンス。アホか?今まで何でもかんでも黙ってきた日本がこの有り様ではないのか。(で?てめーは裏では女性脅迫か!)このクソ男遠〇・kは、てめーのところの会員マメや関係団体とグルになり(気付いてないとでも思ってんのか?アホw。シネよ、とっとと!(笑))
    ある女性を嫌がらせ侮辱し、しまいには脅迫しやがった嘘八百野郎が全部自分は正しいと言わんばかり、一言も謝る素振りもない勘違いなクソ男.遠〇・k。その女性を病気にまで追いやり苦しめた事など偽善者らしいトンズラ!女性が大丈夫と安定し次第この脅迫しやがったクソ男.遠〇・kは絶対に逮捕されます?笑)。またまた脅迫罪ですかー。あー笑えるわ、ハイハイ、地方議員のムスコ、ハイハイ。(笑) 権威にしか頼れない、権威にすがるでしか自信がないと!あー笑える、、、、、あんたがどこの誰の刑事と知り合いだろうが(それじたいも脅迫になってるよ、気づかないアホ)、あんたの脅迫行為と罪とは関係ないーし(笑)!たかが地方議員のムスコでなくても刑事の1人2人知り合いは居るわけ。アホなの?地方議員のソレって?あー笑える、、、痛い痛い痛リア~ン。とっととシネシネクソ男.遠〇・k。シネ、(笑)。一生呪われよカス。

    Posted by 爆 at 2011年02月09日 23:10



    Unknown (Unknown)
    2011-02-10 02:22:29
    私は公務員人件費削るとデフレになるという考え方は何にもならないから変えたほうがいいと思っています。人件費が税収を超える状態が続くと破綻するのは明確だし、借金額から長続きしない。それに破綻すると国民が税金を更に負担することになり、それを知っている国民は人件費を減らすことを望むはずです。公務員人件費に関して、国民と公務員のどちらの負担が増えるべきかを考えると、国民の負担を減らし、公務員の負担を増やすほうが倫理的にもバランス的にも今後の経済にもよいと思います。
    公務員は国民の利便性を高めるために働いていると思うし、借金で圧迫するほどの人件費に見合う利便性とは個人的には思えない。というより公務員の総人件費はどう管理されているのだろう。ニュースで知って税収に対してありえない額だと思いました。給与の高い人が多いのがよくないと思う。経営上、削れるところは削るというか社会に適応した有意義な人件費がいい。むしろ、削った分、一般国民にバラマキ(もとい返金)するだけで金の流れの不均衡な硬直化を変え、景気が回復する今の制度の中では有効な一手と予想する。多額の税金で一般国民は苦しんでいるからバラマキは気持ちが嬉しくなるはず。節約してるから欲しいものも多いでしょう。
    現代社会を考えると、公務員人件費制度はJAL以上に収支を無視した年功序列の給与体制で、恐竜時代のガラパになり巨大な借金という負の遺産を残すと思います。って思います。不勉強と思いますが皆さんはどのように思われてるか聞いて考えを深めてみたいです。一般人ですが国の将来を心配しているのでよかったら聞かせてください。よろしくお願いします。



    日本人の公共心が解体するプロセスへ (Unknown)
    2011-02-10 02:56:33
    上記の記事は小泉劇場から河村劇場第2幕が始まった事を知らせています。老化して健忘症が蔓延した多くの中高年は忘れてしまったのでしょうが、小泉劇場に熱狂し民主党を応援したのは日本人多数です。私はこうなる事は歴史から判っていました。選挙民を観客に見立てた劇場型の選挙で小泉は勝利しました。構造改革を進め、国民はといえば公共圏を維持するシステムの不正と腐敗に目を奪われ、「ぶっ壊す」の意味を深く考えることなく、たまったフラストレーションのはけ口として、熱狂的に彼の刺客選挙を支持しました。結果として、痴呆化した大衆、高齢化した引きこもり、先進国最悪の財政、老人だらけの田舎、シャッター商店街、格差の固定化した都市が生まれました。歴史を見れば、旧ソ連は財政が崩壊し解体されました。社会と国民生活の劣化の結果により、ロシアはGDPはマイナス14.5パーセントになり、73歳であった平均寿命の59歳まで低下しました。90年代後半、ロシアは社会的な規範を喪失したような状態となり、マフィア資本主義と呼ばれるまでに落ちぶれました。詳細はメルマガ「秋月便り」春からの連載を購読して下さい。腐敗した利権団体が不正により維持してきた公共圏は解体します。結果として、技能が無い人は全く職がなくなり、対外資産の無い人々は貧困に陥り、公共圏が支給して来た医療サービスや年金などは当然ですが消滅します。過去の体験からも学べなくなったのが認知症になった老人日本です。地方公務員が縁故採用という不正や腐敗が多いといっても、雇用されるのは日本人です。中には非常に優秀な若者もいます。しかし、ビジネスマンは能力主義ですので下記のように外国人を雇います。ローマ帝国が蛮族の傭兵に安全を委ねた時、何が発生しましたか?

    ニュース:ユニクロ、新卒採用の8割外国人に 経営参加にも道-日本経済新聞
    http://renzan.org/2011/02/post-29.html
    公共圏の変質から解体へ - 連山改



    感情論 (安二郎)
    2011-02-10 02:57:43
    人件費の負担を減らした所で自らの負担増=収入減になれば何おかいわんやです。

    人件費の負担が減って可処分所得の向上が見られれば良いのですが、マクロでは政府支出減=GDP減であり、多くの国民は不利益を被る。

    この議論は何度もしていますが、なかなか理解が得られない、重要なのは今はデフレだと言うこと、
    普通のインフレ経済下なら正しい事ですが、
    デフレで支出を減らすことは増税する事と同じ結果になります。
    GDP=個人消費+政府支出+純輸出
    このうちの政府支出を減らせばGDP=個人所得も減ります。

    普通のインフレ経済では名目成長率が高まり、インフレ圧力が加わります、これをコントロールするために、このような調整があっても良い、と普通は思いますが。
    これとて間違いであります、資本主義経済は成長し続けるものなる前提で言えば、誰の所得も下がってはならないのです、
    無論デフレ経済などもってのほかです。

    なぜ税収が減って財政が悪化したのですか、答えは簡単でしょう。
    そのような大間違えの政策を行なった事が先に糾弾され修正されるべきです。

    現在は、まず
    デフレを何としても回避する事。
    名目成長率3%を何としても成し遂げる事。
    この二つで、財政危機はなくなります、賃金も上昇します。

    >消費性向 (タケ) (安二郎)
    2011-02-10 03:07:27
    >では、紙幣発行権がない地方はどうすればいいんだい?

    地方債の発行と、その裏書が政府であればそれに越した事はないでしょう。

    現在のEUが行っている事は、ユーロと言う国家紙幣がギリシャやスペインという地方債を買い取っている、と解釈できます。

    一大実験場ではありますが、無しではありません、
    優良な地方=ドイツなどの合意が必要ですが、それとて日本のように経常黒字を抱える国としては当然の義務と考えます。

    河村は、減税します、財源は中央政府からぶん取ってきます、と言えばよかったのです。


    186: みんくる(佐賀県):2011/02/06(日) 19:43:24.43 ID:pbfuy4rc0
    大正初期生まれの祖父母が常に言ってた。

    俺らは終戦直後の食料難だった時も田畑を所有していたから
    食に困ることはなかったが、農地を持たない周囲の住民は悲惨だった。
    落穂を拾うために収穫直後の田んぼを徘徊したり、
    米を恵んで貰おうと玄関先で土下座になって物乞いをしたり、そういう人たちを数多く見てきた。
    高度成長を迎え、農業や農家が卑下されがちになった時期もあったが、それでも田畑を手放そうとは思わなかった。
    ただただ、腹を満たせる事の有難さと感謝の念を持ち続けてきたからだ。
    今後、再び日本が食料難に陥る可能性はゼロとはいえない。
    だから絶対に田畑を手放してはならん。どんな事があっても。

    俺はどんな甘言があろうとも、先祖代々受け継がれてきた田畑を守り続ける。
    10町(東京ドーム2個分)の田畑を。



    男女共同参画(夫婦別姓)の真の狙い (Unknown)
    2011-02-10 13:36:28
    日本人の税金にたかる在日組織 3兆円の生活保護利権

      ▼大韓国民団、在日朝鮮人は一家で1人1人が独立所帯だと役所に生活保護▼

        在日朝鮮人は一家で1人1人が独立所帯だと役所に生活保護

      役所が認定を渋ると半島人が大勢押しかけ、差別だ!お前らに親は虐殺された!
      泣く!わめく!叫ぶ!果ては旧社会党、民主党、公明党市議、更には一般市民と名乗る政治団体市民も押し寄せ、担当職員を怒鳴りつけ貴様はクビだ!と怒鳴りまくり、深夜まで担当職員の自宅にまで嫌がらせ電話がえんえんと鳴り響く!

      在日朝鮮人の生活保護盗っ人集団。社会党(在日集団)村山政権時代に、日本の役所には外国人(在日朝鮮人)を職員として、一定枠以上を毎年必ず採用させる、在日採用枠を市町村役所に制度化した。これ以来利権ポストの生活保護など福祉窓口等の在日職員支配が年々増え続けている。(旧社会党)民主党、公明創価学会、民団組織が生活保護、福祉利権に在日政治組織はタカリ放題だ。

      今では、役所の生活保護認定担当職員のほとんどは、在日職員か利権政治団体職員で占められている。村山政権による地方自治体に在日強制採用枠規定により、質の悪い在日職員がどんどん採用された結果、全国各地で人を平気でひき逃げ殺し、暴行、横領など、質の悪い在日不良公務員による社会問題を全国で引き起こしている。

      朝鮮総連や大韓国民団は職の無い者は積極的に生活保護を受けるよう指導している。また朝鮮半島では夫婦別性が当り前の風習から、夫婦別性の在日は個々が 1人一世帯として生活保護を受けるように指導している状態だ。



    河村の策略は首長独裁だ① (Unknown)
    2011-02-10 14:56:42
    白髪翁じじ放談
    http://blog.livedoor.jp/gold_7777/archives/51749505.html
    ーーつまり、「コンクリートから人へ」の民主党マニュフェストを完全実施するには、国民多数が恩恵をうけている他の予算を廃止するか、経済を発展させて税収を増やすか、日銀に国債を無制限に引き受けさせて借金を積み上げるか、又は政府通貨を発行して紙幣ジャブジャブのインフレ政策を導入する以外に方法はない。民主党親衛隊である自治労(地方公務員)の給料を2割減額しても追いつかない。

    子供手当に2兆円・3兆円使っても雇用は増えない。仮に、このカネで空母、原潜、国産兵器を製造すれば国内雇用が何十万人も増える。あるいは、北京政府が行った如く「大学卒業生20万人を軍隊で雇用する」ならば失業者を激減できる。また韓国のように徴兵制を敷けば、若年失業者数十万人を吸収できる。以上、従事者が増えれば納税者が増えるし社会保険料の納入者も増える。一石三鳥だ。

    第1:河村たかしが立ち上げた「減税日本」が掲げる選挙公約

    1.市民税の10%減免
    2.公務員人件費の10%削減
    3.日本一安い税金、日本一の福祉と医療
    4.日本一早く経済復興する街ナゴヤ
    5.議員歳費の大幅削減(議員はボランテイアで可)
    6.その他

    以上、民主党の衆院選マニュフェストと同じく「もしかしたら実現できるのではないか」と錯覚させるところがミソだ。

    予算の裏付けを明示しないところがミソだ。今回、民主党が愛知県知事選と名古屋市長選で惨敗したのも、一昨年の衆院選において、自民党が「やるやる詐欺の民主党」に惨敗したのも、政権政党として「無責任な政策を掲げることはできない」制約があったためだ。選挙公約に夢も希望もなかったからだ。
    河村の策略は首長独裁だ② (Unknown)
    2011-02-10 15:01:00
    ーー「市民税や県民税を10%削減する」場合、当然ながら、減税分相当の経費削減を断行せざるを得ない。

    公務員の人件費や議員の歳費カットだけでは十分ではない。これまで、名古屋市や愛知県が実施してきた公共事業や福祉予算を大幅にカットする以外に手段はない。

    織田信長流の楽市楽座で企業誘致が加速するとも思えないから税収が大きく上向くと想定することはできない。

    地方税を10%カットするには、名古屋市民や愛知県民に痛みを強いる行政サービスの切り捨てを断行するほかはない。

    選挙では「おいしいところ」だけを展示し、4月の議会選挙が終われば、「実は、県民・市民の皆様にも御負担いただくか(受益者負担)、又は公的サービスを廃止させていただくかのどちらかを選択してもらわねばなりません」と開き直るつもりであろう。

    それとも、地方債を発行して借金を増やす企てなのであろうか。「税金が減ればサービスも低下する」というのが自然の理ではなかろうか。

    第2:戦後、地方政治の概要
    1960年の安保闘争は、1990年前後に東欧で勃発したカラー革命、最近発生したチェニジアにおけるジャスミン革命、そしてエジプトで発生している大衆蜂起の如きものであった。

    我が国では、全学連による国会突入に代表される先鋭化した暴力行為が「暴力装置」としての警察の大弾圧を呼び込んだ。

    全学連は暴徒化することで市民や労組を中心とする大衆運動と差別化したが、結果、戦線が分裂した。我が国のカラー革命は流産した。全学連唐牛健太郎委員長ら指導部は「公安警察との緊密な連携の下で暴徒化した」といわれる所以である。

    1960年1月・・・日本社会党(右派)が民主社会党(民社)を結成

    1964年・・・全日本労働総同盟(同盟)結成

    労働戦線は、官公労を中心とする階級闘争至上主義の「総評」と「労使協調・反共産主義・全国民の中産階級化」を掲げた民間大企業労組主体の「同盟」に分裂した。

    1971年8月・・・民社党委員長に春日一幸が就任。大阪は創価学会(公明党)、名古屋は民社党の牙城であった。以後、18年間、名古屋の春日一幸は民社党に君臨した。当時、河村たかしが、春日一幸の秘書となったことは記憶されてよい。

    なお、民社党は1970年代以降、「社公民路線」→「自公民路線」→「社公民路線」と変転した。1987年に同盟と総評が合体し「連合」を結成。民社党は解体したが、現在「民主党・民社協会」となってしぶとく生き残っている。

    (1)いわゆる「革新自治体」が席巻した時代
    東京都・美濃部亮吉知事・・・社共推薦で当選(1967)、対立候補は自民と民社、公明の2候補。都知事再選(1971)、社共推薦、対立候補は自民。1975年は社共公推薦で当選、対立候補は自民および民社の2候補。

    大阪府・黒田了一知事・・・社共支持(1971)、共産支持(1975)

    以上、美濃部も黒田も左翼系の著名な学者。社共の勢いが最も盛んな時代であった。「地方政府奪還から中央政府の奪還へ」という議会を活用した非暴力社会主義革命の戦略であった。

    以降、社共の対立が激化したこと、民社党が自民党との連携を深めたこと等の事情によって、1979年に美濃部が引退に追い込まれ、黒田が落選したのを手始めに「革新自治体」が次々と陥落した。左翼の退潮が顕著になった。

    (2)無責任知事(青島幸男・横山ノック)の時代
    1991年のソビエト連邦の崩壊によって冷戦が終結。我が国では不動産バブルが崩壊した。我が国を代表する大銀行が不動産迂回融資にどっぷりと浸かり、濡れ手に粟の大儲けをしていたことが判明。

    バブル崩壊によって金融機関は莫大な不良債権を抱えたが、国民の税金(公的資金)を注入することでかろうじて一命を取り留めた。

    銀行を監督すべき大蔵省(当時)の高級官僚が金融機関から接待され遊び呆けている「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」が発覚した。それまで国民に信頼されていた銀行と大蔵省が国民の信頼を失った。「もう、誰も信用できねぇ」という気分が日本列島に充満した。

    1995年、無責任を標榜する青島幸男が都知事に、後年「強制わいせつ」で逮捕され有罪判決を受けた横山ノックが大阪府知事に当選した。

    国民の価値観が大きく揺らいでいた時代が生んだ変態知事である。東京都民も大阪府民も「相当いい加減な尺度」で投票した。このような時代であったから「偉大な政治家」は生まれない。国民大衆の知的・心理的水準と乖離した政治家は生まれない。

    1999年、石原慎太郎が都知事に就任。1974年、美濃部亮吉に敗北したが、時代が石原慎太郎を招き寄せた。左翼でもなく、無責任な男でもなく、「真面目な保守政治家」が求められる時代となった。
    河村の策略は首長独裁だ③ (Unknown)
    2011-02-10 15:10:07
    ーー(3)大阪府橋下徹知事と名古屋市河村たかし市長の時代
    いずれも、テレビ出演で著名であることは無責任男の青島や横山と類似しているが、異なっている面も多い。

    (推薦又は支持してくれた政党と喧嘩別れ)
    橋下知事は自民・公明の支持で当選した(2009.11)が、当選後まもなくして民主党小沢一郎幹事長(当時)に接近して取り込まれた。

    09年の衆院選では自民・公明両党を裏切り、民主党応援団となって大活躍した。その後、自民党大阪府議や同大阪市議多数を引きぬき「大阪維新の会」を立ち上げた。

    自民党が激怒したことはいうまでもない。目的のためには手段を選ばないマキャベリスト橋下だ。

    河村たかし名古屋市長も負けていない。民主党衆院議員を辞し、民主党推薦で当選したが、まもなく民主党名古屋市会議員と激突、名古屋市議全員を解雇すべくリコール運動に取り組み成立させた。

    今回の市長選において河村たかしは民主党本部の全面的支援を得た対立候補をトリプルスコアで撃退した。

    愛知県知事候補に担き出した自民党大村秀章前衆院議員とコンビを組んで、「日本一ナゴヤ建設を推進する」と宣言している。

    (劣悪な境遇をバネにして這い上がった資質)
    橋下徹は貧困な母子家庭であったためか、小学時代に大阪府下最大の同和地区の公営住宅に転居。

    橋下は「暴力が支配する小学・中学生活」を生き延びるために「最も力の強い者の子分になる」渡世術を身につけた。

    橋下が自民党を裏切り、政権与党の最高実力者小沢一郎の子分となったのも幼児体験で体得した性癖による。

    橋下徹は「生きるための方便」と開き直っている。行動選択の基準を「美や徳」ではなく「損や得」においている。大阪都構想も、さらに飛躍するための手段であろう。

    河村たかしの実家は零細な「古紙回収業」である。河村は司法試験を9回受けた動機について「検事になるため」という。

    おそらく、「幼児期に悪童にいじめられた苦い体験」が骨髄に達しているのであろう。「悪いヤツは許さない」という怨念が深層心理に沈殿していると推察できる。

    しかし河村は努力の甲斐もむなしく司法試験に合格できず、民社党のボス春日一幸の秘書となる。

    その後、愛知県議選に落選(1983)、衆院選に落選(1990)、雌伏10年、1993年になって日本新党公認で衆院選で初当選。2002年9月、鳩・菅体制に危機感をおぼえ、世代交代を図るべく、野田佳彦、前原誠司、松沢成文らと「第二期民主党をつくる有志の会」を結成。

    河村も齢63歳、平坦な人生でなかったために「遅咲き」となった。

    両名は劣悪な環境で艱難辛苦を味わい、心の傷を積み重ね、怨念を胸中深く宿して蓄積した。

    これをバネにして「どん底」から這い上がってきた。風雪に晒されて生き延びた「松の枝」は真っ直ぐに伸びることはできない。

    厳しい境遇で自然に形成された「ネジ曲がった体質」こそ彼らの武器となった。宮本顕治や美濃部亮吉ら東京帝国大学卒の戦後左翼と異なる点だ。

    ヒットラーと共通する資質といえるであろう。

    (官僚を統括し、議会を形骸化して「首長独裁」を完成させる)

    中央政府だけでなく地方政府を事実上動かしてきたのはキャリア官僚である。

    彼らは、行政に精通していない素人の首長を補佐しながら行政を動かしてきた。

    各種審議会をつくって「行政の公平・客観性を担保している」と喧伝した。

    議員各位から陳情を受付け、議員の要望を一定程度行政に反映させることで、議員とは「持ちつ持たれつ」の爛れた関係を築いてきた。

    首長が交代しようが、議員が入れ替わろうが行政の基本が揺らぐことはない。

    橋下徹と河村たかしが「反抗する議会を目の敵にする」のは、そして「政策に反抗する行政職員を許さない」のは、

    首長の権限を制限する悪しき勢力と考えているからだ。

    敵を排除しなければ大改革は不可能だ。

    議会の多数を確保し、官僚を思いのまま動かすことができれば怖いものなし。

    官製メデイアを利用して宣伝し、あるいはツイッター等を使って広報活動に専念するなど選挙民対策も怠らない。

    これが支持率70%台を維持し選挙で圧勝する手法である。

    大衆が喜ぶテーマを設定し、小泉純一郎流の守旧派を改革の敵と喧伝し、実現できるかもしれぬと感じさせる夢(理想)を掲げるならば、

    大衆は喜ぶし、思い通りに動かすことができる。

    大衆が疑問を持たないように「嘘でも100回唱えると真実となる」というゲッペルスの情報操作・洗脳理論を踏襲する。

    あらゆる場所や機会をとらえて「大阪都構想」をぶち上げる。

    大衆は当初「大阪都なんて実現可能性ゼロ」と突き放して見ていたが、次第に「もしかしたら大阪都ができるかもしれぬ。

    もし実現したら、大阪のすべての課題が解決するかも」と錯覚する。

    現在、橋下大阪府知事に対して「殺すぞ」等の脅迫が絶えないという。

    それだけ既得権に斬り込んでいるともいえる。人件費を10%削減するために、橋下徹は府職労と対決して切り結んでいる。

    一方、名古屋の河村たかしは「退職者の補充はしない」ことで人件費を削減した。

    自治労との対決を回避した安易な方法だ。橋下が難波士魂だとすれば、河村たかしは尾張商人である。

    <故に河村劇場の大衆煽動に騙されて泣きをみることのないように、日本売国の独裁首長を誕生をその操り議会(議員)を絶対阻止しなければいけない



    村西監督のブログはすごいです。
    日々その凄さは切れ味を上げています。
    エロ記事の中にすごいのがある。

    大スクープが以下
    「奇選手の奇妙な人種差別と日本のお米の中国輸出」

    特に後半がすごい。真のジャーナリストは、むらにし様はもう乃木将軍に見えてきます。203高地への吶喊攻撃をしているようです。

    無料ブログなのでコピペします。

    村西監督すごすぎます。
    むらにし様は義和団で、ビンラディンで、マルコムXです。

    生で見た村西様は、ビデオの甲高いハイテンションの声じゃなくて、落ち着いた、紳士然とした、男丈夫でした。

    日本男児よ、むらにしに続け。やむにやまれぬやまとだましひを呼び起こすのだ。
    崛起せよ、男根をふるいたたせ。君側の奸を討て。


    いか
    http://blog.muranishi-ch.com/new/news/blog.cgiより
    非常に遠まわしながら、松岡農相がなぜ死んだのか、なぜ殺されたのか、分かる気がしてきます。すごいスクープです。


    中国の国営企業の「中国農業発展集団」の最高幹部が
    現在日本に来日しております。昨年の12月8、9、10日の三日間、筒井農水副大臣が中国に渡り日本米を本年は20万トン輸入する、との覚え書きを「中国農業発展集団」との間で交換しました。将来的には日本の米を100万トンも買いましょう、という大きな商談を筒井農水副大臣がまとめてこられたのでありました。


    100万トンの米を中国に売れるとなれば、現在の日本の米余りはすべて解決することになります。まさしく中国様々のありがたい話でございます。昨年の尖閣問題が発生してから日本と中国との間での大臣クラスの交渉が一切禁止中断しているさ中の筒井農政副大臣の、お国のための訪中の大商談の結果は、大いに評価されるべきものでございます。

    このたびの「中国農業発展集団」の最高幹部の訪日は、将来の100万トンの輸入に向けての現地調査の意味合いも含まれている、とのことであります。1月25日、歌手の小林幸子さまが農林水産省初の「お米大使」に就任しました。翌26日、農林大臣主催で開かれた「中国農業発展集団」の歓迎会に小林幸子さまも参加し、おもてなしに勤めたのでございます。1月27日、筒井農水副大臣は「中国農業発展集団」の最高幹部御一行を、地元新潟の精米工場へ案内し精力的に行動しました。しかし筒井農水副大臣による中国への日本米セールには大きな問題が隠されています。

    まず第一に日本政府が主体となって相手が国営企業といえども果たして中国の企業に米の輸出の業務を担って良いのか、という是否論です。

    先年起きた「ギョウザ問題」にみられるように中国との貿易には大きなリスクがあります。万が一、日本の農林省が主体となって輸出した米に、重金属や毒物が入っていたとの「考えられないような問題」が発生したら、政府はどう責任を取れるのか、ということです。国は一歩引いて民間主導の中国への米輸出を側面からバックアップする、というシフトを変えるべきでございます。政府は「中国農業発展集団」に1キロ当たり、いくらで米を輸出するか明らかにしていませんが、相場より相当大きな値引きする金額で輸出することが予想されます。それに加えて筒井農水副大臣は昨年12月に中国側と交わした覚え書きの中で、農業施設や農業指導に資金援助をすることを約束してきております。

    20万トンの米を中国さまに買っていただいたのは良いが、
    実のところは大幅な値引きと、新たな巨額の援助によって
    「タダ同然」で中国にプレゼントした、ということになりはしないかと危惧するのでございます。昨年香港に日本のお米は約500トン輸出しました。中国本土には約30トンです。中国で日本の米が売れた、人気があるとマスコミに宣伝されましたが実態は香港の16分の1しか中国には売れなかったのです。中国の人口は香港の人口の約260倍以上あります。

    香港が500トンなら所得格差があるとはいえ日本の米が
    50万トンは売れてもおかしくない計算です。原因は日本と中国との間で交わされているおかしな契約にあります。日本から中国に輸出する米は中国が指定する精米工場で精米した米であり、なおかつ指定の燻蒸施設で燻蒸処理をされたものに限る、という条件がついているのでございます。

    燻蒸処理とは一言でいえば燻製を作るような方法で蒸して
    米についている想定される害虫を完全に消毒する、ということでございます。蒸して消毒した米、などは精米といえる品物でなく味も本来の持っているものと比べて格段に落ちるものとなります。


    しかし中国政府はタイやベトナム等の諸外国が米を大量にそうした燻蒸処理することなく輸入しているクセに、日本にだけ「蒸した後に出荷しろ」との難題をつきつけているのでございます。中国に日本から米が輸出することが出来るようになったのは2007年からのことです。小泉元総理はときの総理の安倍首相に松岡利勝を農水相に就任させるように強く進言しました。

    松岡は常々小泉元総理に「守りの農業から攻めの農業に変える、輸入農業から輸出農業に転換する、農業こそが日本に残された有望な産業だ」と言い切り、その迫力が小泉元総理に買われて安倍内閣で農水相に就任したのでした。


    松岡は早速中国に目をつけました。中国は年間米を1億4000万トンも消費しています。ちなみに日本は800万トンです。将来中国の米の消費のうち1%の140万トンを輸出できれば日本の農業を救える、と考えた松岡は中国に乗り込み、中国との間でコメの輸出契約を結ぶことに成功したのです。農林省幹部の誰もが想像していなかったことでした。農業の国際化を図ることには農協、政治家、農水省内部からも大きな抵抗をうけていました。農業を国際化することによって、農協や農家は自由化の波にさらされ価格が下がりその上で補助金を受けることが出来なくなることを恐れたのです。
    自由化などせずにこの補助金にぶらさがっていれば食糧の自給自足の美名の名のもとに一生楽に喰っていける
    というコンタンでした。2007年度の初年度の日本の米の中国への米の輸出は24トンでした。

    しかし松岡は第二、第三と恒常的な輸出を続けることで三、四年内には100万トンの輸出ができる、と狙いをつけていました。そんなさなかにナントカ環源水問題で松岡は自ら命を断ったのです。このとき中国との間で結ばれた燻蒸処理の条件が足かせとなって、中国との輸入がはじまり4年が経過した昨年2010年度において中国への輸出は30トンにすぎないのです。筒井農水副大臣は地元新潟の選挙民である農業関係者へ貢献する為「中国農業発展集団」の最高幹部を日本に招いて新潟に引き連れ廻っています。一見、このお国のためとも思われる行為は日本の米にとっての裏切り行為です。本来の日本の米のおいしさを担保されないまま燻蒸処理をした米の輸出をこれから先も中国に続けるならば早晩日本の米のブランドイメージは地に堕ちることになります

    投稿 むらにしいのち | 2011/02/10 06:50

    むらにしブログつづき

    君側の奸売国奴を討て。
    真の愛国者むらにし義士に全国民は続け。


    http://blog.muranishi-ch.com/new/news/blog.cgi

    燻蒸処理をされた日本の米を喰べた人たちは、
    中国の有名な米の産地で取れた「日本品種」の
    「ササニシキ」や「コシヒカリ」の方が値段が安くて、
    おいしい、との感想を述べています。


    量的拡大による中国への輸出を急ぐあまり、
    法外な中国農業への支援を約束したり、
    価格を大幅に下げた上での燻蒸処理をした日本米の
    中国への大口輸出に何一つ、良いことがありません。


    現在、日本が中国から大量に買い付けている生鮮農産物に他の国と差別した「衛生処理」などは一切求めておりません。
    米の燻蒸処理問題もWTOの精神に照らして日本政府は
    公平な「検疫」を中国側に強く働きかけるべきでございます。


    まず中国当局との間での燻蒸処理の撤廃と現行65%の関税率を香港や台湾と同じものとする緩和についての歩み寄りの合意がなされた上での貿易推進を計るべきでございます。

    このまま燻蒸処理の条件を飲んだまま中国への米の輸出を続けるなら、中国での日本米の評価はサンタンたるものとなって中国人の人達に記憶され将来に禍根を残すことになるでありましょう。


    地元への人気取りを急ぐあまりの国家百年の計をドブに捨てることは許されざることです。


    筒井農水副大臣、君、国を売りたもうこと勿れ、でございます。

    投稿 君側の奸を討て | 2011/02/10 06:58



    かたや、中京圏の中心である政令指定都市、もう一方は「ブログ市長」と呼ばれた竹原氏がいなければ、その名をほとんど知られることもなかっただろう、小さな市。
    ほとんど同じ時期に行われた選挙で、このふたつが明暗くっきり分かれたってのは、まあ、説明するまでもないだろうね。

    その阿久根の「いま」は、すでに前市長である竹原氏のブログに載っている。





    http://www5.diary.ne.jp/user/521727/

    ------

    2011/02/01 (火) 南日本新聞 と 自治労に騙された市民

    ○阿久根市民の半分が南日本新聞 と 自治労  に騙された
     「俺たちが竹原を追い出した!」西平市長初登庁の時、記者達は喜びをあらわに握手を交わしました。職員は半額にされたボーナスの復活を確信し、満面の笑顔で新市長を出迎えました。

    ○職員組合のたたかいに騙された市民
     今回、市民の約半分がだまされました。職員組合が市民に勝ったのです。この結果、市民に対する態度はすでに悪化、職員たちは溢れる優越感を隠すことが出来ません。以前の「窓口に人を待たせておしゃべり」「あんた呼ばわり」状態になるのは時間の問題です。
    西平氏も騙された。選挙公約を教えてくれる者たちを信じた。「自分が当選すれば、職員や議員と仲良くしながら改革も出来る」とも思っていた。内心「こんなはずではなかった」そして、事情の分からない多くの市民も「彼ならおだやかに改革を進めてくれる」と誤解したのです。

    ○組合の使い捨て 西平市長
    職員組合にとって、竹原でなければ市長は誰でも良かった。騙されやすい人間を担ぎ上げ利用しただけのこと、云わば「使い捨て市長」です。12名の組合派議員は「市長が変わっても職員給与は上がりません」と街宣車で言ってまわりました。しかし、すでにボーナスは上げる事にしています。もともと議員らは市民を騙すつもりでした。「西平を通しさえすればあとはどうにでもなる。」組合のたたかいと同じ根性です。

     このままでは、職員による職員のための阿久根市政がいっそう強化されます。公務員は税金を使ってやりたいことをやりたいようにします。もうはじめています。
    ○固定資産税は上げました
    ○職員給与も上げ続けます
    ○議員報酬の値上げもします
    ○副市長給与は上げます
    ○当然!市長給与値上げもします
    ○放課後こども教室は中止、廃止
    ○乗り合いタクシーもどうなるかわかりません。

    市民をあざむいた職員組合派12名の議員
    みかん、木下、のばた、牛ノ浜、なかつら、大田、こだま、浜ノ上、とりかい、浜崎、いわさき、古賀


    2011/02/03 (木) 職員の態度は悪化、 そして左遷といじめ

     西日本新聞に阿久根市役所の対応の悪さが書かれていた。
    私にも昨日、「職員の態度が悪くなった。」「役所から帰るのも早くなった。」などと訴える市民が複数居た。

    職員パラダイス復活!、たちまち以前の「職員やりたい放題状態」に戻ったようだ。自治労用語では「職場の民主主義」

    職員からすれば、「自分達が作った市長だから怖くもなんともない、市長の態度が悪ければ無視すれば良い」西平君は震えあがる。
    そもそも、彼には何の力もない。職員様に可愛がってもらえるように、一生懸命「立派な市長様」の演技を覚えるだけだ。見せかけはともかく、職員達から見下され、バカにされている事をしっかりと自覚すべきだろう。能力が職員に劣るのだから仕方が無い。それさえ判らないようでは本当にどうしようもない。職員は市長に嘘を言う。騙しに来る。仙波副市長に対してさえそうだった。西平君が手に負える相手ではない。

    大河原さんは市民環境課参事に左遷されたが、課長がほとんど仕事をさせないようにしている。他の職員たちが書棚の書類なども隠すようになった。

     臨時課長会があった時、たまたま市民環境課長が休みだった。上野税務課長がわざわざ、大河原参事ではなく補佐に課長会に出るように指図した。
    あからさまな越権行為、いじめだ。
    阿久根市役所職員様の考えること、やりそうなことは実にわかりやすい。
    高給取りは、安月給の人間を見下している。役人の評価基準は身分とカネ、それが公務員文化なのである。



    税金の認識についての世界的な先進国での共通認識について書きたいと思います。
    始めに言っておきたいと思いますが、残念ながら日本はとても先進国であるとは思えない認識状況であると書いておきます。
    それでは税金ワンダーランドへようこそ!


    税金とは国家が国民から強制的に所有する私的財産を強奪する事である。

    どうですか?
    少しは眼がさめましたか?
    これが先進国国家での税金に対する定義ですよ。

    納税は国民の義務である、などという日本国憲法などまやかしではないですか?
    それでは義務を果たした国民に国家(政府)は果たして責任を取ってくれていますか?

    憲法30条に納税の義務が明記されているので、国民は税金を払わなくてはならないと権力者は説きます。
    おかしいでしょう。
    憲法とは公務員(国家)を規制する為の最高法規でしょうが!



    国民の諸般人権の保障とは公務員に対して国民の諸般人権を絶対に侵してはならない、というのが民主政体(日本で言う民主主義)での公務員に対しての命令であるのです。

    誤解を正して欲しいのですが、憲法も刑法も刑事訴訟法もすべて公務員にたいしての規制であり、命令であるのです。
    国民はこれらの法規に違反する事は出来ないのです。
    ここをよく認識しなくてはなりません。

    納税の義務を謳っている憲法も国家が国民から何らかの方法で徴税してもいいと言っているだけで、税金を払わないから悪であり、税金を払うから善であると言う思い込みは、正に国家の国民に対する洗脳そのものであるのです。

    税金を払わない事が非難されるべき事ではないし、不道徳な事ではないという認識をしっかり持たなくてはなりません。
    これらは義務教育の時点で国民にしっかりと教育しなくてはならないのでしょうが、残念ながら国家権力は徴税し易い国民の生産に励んていますから都合の悪い事は教育しないのです。

    日本では戦後サラリーマンという人類の歴史上でも非常に珍しい職種を生み出しました。
    デモクラシーの不安定さと同じような不安定さのあるサラリーマンという職種は必然的に絶滅しようとしています。
    このサラリーマンという職種ほど国家が搾取するに適した職種はなかったのです。
    源泉徴収です。

    日本のサラリーマン程、自分達が幾ら税金を取られているかに興味を持たない人種はいないでしょう。
    税金が幾ら取られているかなど知りたくもないのです。
    手取り金額にしか興味が無い人達が大量生産されたのです。
    税務役人の思う壺です。
    自分達の税金が何にに使われているのか興味を示さず、官僚、政治家達が好き勝手に税金を食いつぶすのを黙認してきたのです。
    そして今更赤字なので増税をお願いしますなどとはふざけるなこの野郎
    なのです。


    税金に対しての認識に、社会的インフラを整備するという事がよく言われます。
    つまり利便性のある社会的基盤を使うのであれば、税金を払わなければならないとする論調です。
    これらも河村たかし氏の減税政党を金持ち優遇ではないかと擦る替える論調によく似ています。
    何事も、ほとほどと言う事です。
    鹿かイノシシしか通らない所に高速道路はいらないと言う事ですし、必要のない税金は徴収するなという事です。

    これからの世界は、税金を徴収してから使い道を考えるのではなく、必要な国家運営経費を積算してから税額を決めて行くという方向にならなくてななりません。
    そして何度もいう通りタックスイーター(役人)という職業の国民をすこしでも減らして行かなくてはならないのです。
    このままでは日本は過半数の国民が税金に寄生する国家になってしまうでしょう。

    税金とは国家が国民から強制的に財産を奪う悪そのものであるという認識を日本人に理解してもらうのは非常に難しいかもしれませんが、それを理解して、さらにその国家の悪そのものを善に変えてくれる政治家を国民自身が生み出していかなくてはならないのです。

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。