スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【拝読希望】12月13日の備忘録を更新しました。【千客万来】

    12月13日

    クリックの程よろしくお願いします。
    人気ブログランキングへ   

    言論統制は、テレビしか見ないとか、携帯でしかネット情報をみないレベルに大衆をバカにしておく
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/7280aa971bd918ca61afc467d4ba574a

    ■ イギリスが仙谷にカネ払ってゴリ押しする子宮頸がんワクチン利権
    http://www.nikaidou.com/archives/8630

    ■ 公明党の都議会議員?なんだ、学会はオレの趣味にケンカ売るのか?
    http://www.nikaidou.com/archives/8626

    ネットでの反社畜の勢いがリアル社会に反映される日。
    http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-367.html

    構造改革派に対する国民新党の攻勢が強まっている様である(@w荒
    http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/51780939.html

    ”A級売国奴”竹中平蔵を逮捕せよ! ~いよいよ動き出した亀井静香~
    http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/b58f4971c323a6e2dadb29a41c692b99

    流動性の罠
    http://blog.livedoor.jp/jproject/archives/51701531.html



    775 :日本@名無史さん:2007/11/10(土) 19:08:21
    オウムの青山吉伸も京大で元は青法協だった。ちなみにオウムにいる頃に「共産党宣言から真理へ」なんて本を書いてる。91年10月には練馬区の集会を赤軍派や共産主義者同盟、オウムが共催。勝谷曰く国内外関わっている。中沢新一も自認

    822 :日本@名無史さん:2008/09/04(木) 02:53:53
    >>775
    オウム真理教はロシアや赤軍派、北朝鮮、中国と繋がっていますよ。
    青山吉伸幹部は共産党系法律事務所の出身です。
    石川公一幹部は苫米地氏が言うように中沢新一の弟子でしょう。
    この霊的ボリシェヴィキなるものはかつてのカール・ラデックの「ナショナル・ボリシェヴィキ」のオカルト版でしょう。
    天皇制の廃止以外に日本に「宗教は阿片」というイメージを浸透させることも目的の一つだったかと思われます。
    それにしても麻原のハルマゲドン主義はレーニンの革命的敗北主義と酷似しています。
    オウム真理教事件は太平洋戦争と同じ共産主義者の陰謀だったのでしょう。



    824 :日本@名無史さん:2008/09/18(木) 16:15:54
    http://www.savethemales.ca/001913.html

    ロシア革命と教会
    ソ連が教会は破壊してシナゴーグは見逃したのは何故か?
    (ヘンリー・メイコウ)


    10月に、読者が的を射た質問を送ってきた。

    「ボルシェビキはロシアを支配下におさめた後に、宗教を抹殺しようとした。
    ソ連の哲学は無神論であり、キリスト教会は閉鎖され、聖職者たちは殺されたり、
    投獄されたりしました。しかし、ボルシェビキは、ユダヤのシナゴーグを閉鎖したり、
    ラビを殺したり、投獄したりしたでしょうか?この疑問への答えこそ、共産主義の
    初期段階についての多くのことを説明するものではないでしょうか。」

    先週、アメリカの歴史家Edwin Schoonmakerの本を読んでいたら、その答えにぶつかった。
    元記事より("Democracy and World Dominion," 1939, p.211)

    ボルシェビキ革命が起こり、マルクス主義が実践されてから15年がたった。
    American Hebrewの記者は次のように書いている。

    「数週間前にロシアに滞在していた作者の情報によると、ユダヤのシナゴーグは一つも
     破壊されてはいない。それに対して、ギリシャ正教の教会は、百あるいは千の単位で
     破壊されている。モスクワやその他の大都市では、キリスト教会の破壊の最中である
     ことを知るだろう。政府は、大規模な建物の用地を必要としているのだ。」
    (American Hebrew, Nov. 18, 1932, p. 12)

    革命は「人民へのアヘン」だと宗教を破壊しようとしたが、それを指導した
    Apostate Jews(背教のユダヤ人)は何故かロシアのシナゴーグは見逃したのだ。



    830 :日本@名無史さん:2008/10/16(木) 21:45:43
    20 世紀日本の戦争史年表(2)

    15.7.22 第 2 次近衛内閣が成立。このとき強硬派は陸相に東条英機を据えた。
    (海相:吉田善吾、外相:松岡洋右)
     近衛は支持基盤としてリベラルな知識人を足場にしようとしていたにもかかわらず、
    組閣にあたって陸軍指導部と妥協し、政党人の入閣はなく、官僚中心の内閣をつくる。
     同月 26 日の閣議で近衛内閣は、「基本国策要綱」を採択。そのなかで、「八紘を一宇とする
    肇国の大精神」で世界平和をつくる(天皇を敬い、天皇を中心とするのが日本の精神であり、
    それを世界に広める)という考えを示した。この要綱に関して松岡外相が 8 月 1 日「現下の
    外交方針は日満支を一環とする大東亜共栄圏の確立にある」との談話を発表し、そこには
    仏印、蘭印が含まれると注釈した。この大東亜共栄圏という言葉は流行語となった。
     松岡は日本、ドイツ、イタリア、ソ連の四カ国による四国同盟が米英と対決することを想定して
    いた可能性がある。なお、「大東亜共栄圏」という標語は尾崎秀美(ソ連の工作員)ら近衛首相の
    ブレーンや陸軍統制派の将校たちが主張したものである。
     また、新体制運動を展開し、全政党を自主的に解散させた=ヒトラーやスターリンを模倣した
    独裁政党の結成を目指した。→8 月 15 日に民政党が解散し、日本に政党が存在しなくなり、
    議会制民主主義が死を迎えた。15.9政府が大政翼賛会運動綱領を発表し、一億一心、
    職分奉公、臣道実践という大義を掲げる。→大政翼賛会発足(昭和 8 年に近衛文麿の
    私的諮問機関として結成された昭和研究会がその母体。綱領を持つ政党のような政治組織
    ではなかった=綱領も宣言もなく、新体制運動を投げ出す形になった。
    http://www.sutv.zaq.ne.jp/ckaaw001/armynote2.pdf



    841 :日本@名無史さん[sage]:2008/11/22(土) 09:18:24
    「日本の南進の地歩を海南島、仏領インドシナに進め、
    南進活動の拠点をつくった後、またその間、十分に国力を充実した後、
    好機に乗じて蘭印を占領するのがよいと思う。(中略)
    これからの国家には石油およびゴミが必需品であることを考え、
    我が国は南進の準備に着手しなければならない。」
    (木戸幸一 1941年5月18日)

    長州人の木戸が南進を煽った結果、
    日本はアメリカとの全面戦争となりボロ負けしたんだよ。



    834 :日本@名無史さん:2008/10/18(土) 21:56:45
    ついこの前イギリスの国教会の大主教が「マルクスが正しかった」と発言して
    物議を醸しましたが、正直いってイギリスの大学自体がマルクス主義に汚染されていると私は思いますね
    現在イギリス神学界を主導しているアリスター・マクグラスという男は
    生物学から共産主義者
    http://www.kgkjapan.net/bknumber.php?id=hattori&no=1
    このイギリスの生物学会はジョン・メイナード・スミスやニーダムといった共産主義者が大勢います。
    どうしてかというとダーウィン一族にも共産党員がいますし、ダーウィンの親戚で優生学の創始者フランシス・ゴールトンの後継者であるカール・ピアソンは
    留学先でマルクスの研究をし、苗字を変えた程マルクス主義者であるのです。
    これはイギリスが高学歴者を重視し過ぎて思想傾向を考慮しなかったダメなのです
    中西輝政さんもご自身のケンブリッジ大学を共産主義者の巣窟としていましたが、
    これは本当です。イギリスの大学にいってたのでわかります。
    昔このスレでグラスゴー大学学長からケンブリッジ大学の学監までコミュニストがいる事実を書きましたが、
    こういうことであったのです。

    848 :日本@名無史さん[sage]:2008/12/08(月) 10:02:54
    >>834
    イギリスのスパイ冒険小説(007ではない)にそういった学歴偏重の弊害が
    書かれていたのでここに晒す
    James Barrington “Overkill”(邦題;ロシア軍殺戮指令)より抜粋
    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    事実上のMI6の創設は1909年、ホールデイン陸軍大臣による帝国国防委員会の
    分科会の提案によってである。単一の諜報機関が意図されたが、それでは効率的でないと
    判明し、1910年にはMI5とSISに分けられた。MI5は保安局(SS)という適切な呼び方もあるが、
    国内での諜報活動を担当する。それに対しSISは国外を担当するものだった。
    =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
    非合法と言われる部署を含め、さまざまな政府機関が、純粋学問の世界にいる専門家に
    助言を求めることは、驚くほど多い。それを受けて、多種多様な分野の第一人者に
    “否定的診断”として知られる内密の保安信頼度審査を行った後で、予想できる程度のわずかな
    報酬と引き換えに政府の求めに応じて助言を行わないかと話を持ちかける。
     第二次世界大戦にはじまり、そしてバージェス、マクリーン、フィルビー、ブラントそれに
    彼らの同類によって引き起こされた恥ずべき混乱のせいで60年代から70年代初期にますます顕著に
    なったことだが、西側の情報機関は機密事項に接触する人々の人物の審査と選別をかなり
    重要視するようになった。
     それはイギリス人が得意とするところではなかった。システムの不具合には出身校の問題が
    大きくかかわっていて、その人物がアルコール依存症であったり、ボリスやイワンといった恋人がいる
    れっきとしたゲイであったり、ときには正式な共産党員であるということが誰の目にも明らかな場合にも、
    彼がウィンチェスター校からケンブリッジへ行ったという事実がすべてを圧倒してしまうのだった。
    実際、普通とは違う性的嗜好とスターリン思想への共鳴こそが、情報機関に採用されるための必須条件なのでは
    ないかと思えたことも少なくない。

    849 :848[sage]:2008/12/08(月) 10:06:20
    -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
    「諸君」2008年5月号 東谷 暁 “インテリジェンス本 この100冊を狙え”
    =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
    さて、ソ連時代の対外諜報についてはアンドルーとゴルジエフスキーの『KGBの内幕』から始めたい。
    同書は23年間KGBに属しながらSISに情報を流してきたゴルジエフスキーの協力のもと、
    インテリジェンス作家アンドルーが執筆したソ連諜報工作の内実。たとえば、
    「マグニフィセント・ファイブ」と呼ばれた、ソ連に自国の情報を流した英国政府高官5人の
    実態は驚くべきものだった。彼らは同性愛で結びついており、若き日より共産主義への忠誠心から
    母国を裏切っていたのである。



    871 :日本@名無史さん:2009/02/22(日) 17:50:41
    中国は、朝鮮半島南部については、どうでもいいと思っているフシがある。
    1592年、豊臣秀吉が朝鮮出兵(文禄の役)を始めた際、日本の遠征軍が
    漢城を落としても、当時の中国(明)は何もしなかった。が、日本軍が北上
    して平壌を落とすと、中国は目の色変えて軍事介入して来た。

    翌1593年、中国軍は日本軍を平壌から駆逐したものの、半島北部から
    撤退した日本軍は南下して漢城で中国軍を迎え撃って返り討ちにし、
    踏みとどまったため、戦線は膠着状態に陥った。ところが中国は、
    半島南部を日本軍に占領されたままで(朝鮮民族の意向を無視して?)
    早々と日本との講和交渉にはいってしまった。

    最終的には日本軍は講和交渉決裂後、1597~1598年の再戦(慶長の役)
    を経て、豊臣秀吉の死を契機に半島全体から撤退するが、それをもって
    「中国が朝鮮半島全体の確保に努力した」と解釈するのは単なる結果論
    にすぎない。1597年以前の講和交渉が、中国が半島南部をいったん
    「捨てた」ことを意味しているのは間違いない。

    1950~53年の朝鮮戦争の停戦交渉でも、中国は、半島南部に敵である
    在韓米軍が駐留し続けることを認めたし、1992年には、在韓米軍を抱えた
    ままの韓国を国家として承認し、国交を結んでいる。

    これは「中国の安全保障にとって、朝鮮半島北部の確保は不可欠だが、
    南部はどうでもいい」ことを意味している。



    175 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 18:14:40
    『教育を救う保守の哲学』 渡部 昇一 中川 八洋 (著) 徳間書店
    第Ⅲ部 第七章 第二節 ソ連軍導入のための「護憲」から、日本溶解のための「護憲」へ

     「非武装中立」論について、スイスの「重武装中立」も知らない無知による政策だと嗤う
    保守系の人々は多かった。しかし無知なのはこの保守系の人々の方であった。社会党の
    マルクス主義者たちは、周到に、「自衛隊解体」のことを「非武装」の三文字におきかえ、
    「日米安保条約破棄、駐留米軍撤兵」のことを「中立」の二文字におきかえた。日本列島全体
    の武装をゼロにして、ソ連軍の無血占領を実現させる五文字として練りあげた魔語としての
    「非武装中立」であった。社会党らの「反戦」「平和」の「平和」は、ソ連軍の侵略に抵抗しない
    「奴隷の平和」を意味することを初めから知った上でのスローガンであった。
     この「非武装中立」の五文字の意味を正直にばらしたのが、東大の社会党系憲法学者、
    小林直樹であった。その著『憲法第九条』は、ソ連軍侵攻後の非武装抵抗が可能だとの嘘と
    詭弁を展開している。それほど小林直樹はソ連軍の日本占領を一日千秋の思いで夢想して
    いた。次のは、日本侵攻のソ連軍を「公費留学生」と思い違いをしてあげて歓迎しよう、との
    小林直樹の笑止きわまる詭弁の一つである。が、これによって「非武装中立=ソ連軍導入」の
    社会党の真意がバレた。小林直樹は、社会主義者にめずらしく正直な人物であった。
      「かりに、二、三〇万人のソ連軍隊が・・・・・日本を占領すると仮定する。・・・・・そうなれば、
    向こうは公費で日本に留学生を送ってきたのと同じ結果になります」
    (「非武装中立をいかに進めるか」、『月刊社会党』一九八四年一月号、二〇項。)
         (中略)
     日本が「第九条改正反対!」で国民的コンセンサスができあがったのは、「非武装中立」とは
    「ソ連軍導入」のことであることすらも知らない、日本国民の過半を占める非左翼系の
    「イデオロギー音痴」という無教養こそが大きく左右した。また、もともと日本人は思考力が
    極度に貧弱なのに、常軌を逸した米国への「甘え」(依存症)の病いが、国家の安全保障問題
    を思考することからますます遠ざけた。

    890 :日本@名無史さん:2009/06/03(水) 20:36:46
    >>175
    【論文】関嘉彦と丸山真男、森嶋通夫論争
                                東洋大学教授 加藤秀治郎

     関氏の主張は、「共産主義の国はその思想に基づく支配を拡大するため、機会があれば
    武力侵略をしないとは限らない、それで日本も自ら国を守るための武力を整え、足りない所は
    ……アメリカとの同盟により補うべし」というにあった。これに対して森嶋氏は、核兵器の時代に
    通常兵器で武装しても、核兵器で攻撃されればひとたまりもなく、「玉砕が無意味というなら降参
    ということになるが、降参するなら軍備はゼロで充分」とした。
    「万が一にもソ連が攻めて来た時には自衛隊は毅然として、秩序整然と降伏するより他ない。
    徹底抗戦して玉砕して、その後に猛り狂ったソ連軍が殺到して惨憺たる戦後を迎えるより、
    秩序ある威厳に満ちた降伏をして、その代り政治的自決権を獲得した方が、ずっと賢明だ」とした。
    「白旗と赤旗をもって、平静にソ連軍を迎える」というのだ。
     この主張は、社会党の非武装中立論の゛隠された意図″を国民に知らせるためのもので、
    「対ソ無条件降伏」ということを暴いたものだなどと、謎解きもなされた。

     ホンネが別の中立論にはもう一つのタイプがあり、こちらは類似の主張が現在もなお消えては
    いない。かつての中立論の検討が意味をもつのはそのためだが、その種の議論を早くから批判
    してきたのが関氏であり、「中立主義者の国際政治観」(一九六三年)に代表される。「日米安保
    体制に反対しなければならぬが、かといってソ連陣営を支持することを正面から言えば多くの人は
    反対するであろう。とすればせめて中立主義を主張することにより、自由陣営に深入りを防がねば
    ならない」という中立論である。
     簡単に言えば、ソ連陣営につくのが理想だが、それを言える状況にないので中立を唱える、
    という立場である。すべては自由陣営への関与を弱めるためであり、こういえば、この種の主張の
    諸変種が、今もなお『朝日新聞』などで展開されているのが分かろう。自由陣営への関与を弱める
    ために、いろいろ形を変えて主張するのがそれである。
    http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2001/ronbun/01-r3.html



    891 :日本@名無史さん:2009/08/03(月) 21:15:30
    第19130号 國民新聞 平成19年12月25日(火曜日)
    コミンテルンに嵌められた大東亜戦争
    ------------------------------------------------------------------------------
    大東亜戦争に突入せざるを得なかったのには多くの要因があるが、コミンテルンの謀略との視点
    から見ると、そこには現在にも通じる多くの教訓が見出せる。

    戦前の大東亜共栄圏、更に現在進められている東アジア共同体構想等について、京都大学の
    中西輝政教授と元海上自衛官(海将補)の平間洋一元防衛大学校教授に山田惠久本紙主幹が聞く。
    ------------------------------------------------------------------------------

    【平間】
    この時に有名になったのが、「ドイツと日本を暴走させよ。しかし、その矛先を祖国ロシアに向け
    させてはならぬ。

    ドイツの矛先はフランスと英国へ、日本の矛先は蒋介石の中国へ向けさせよ。

    そして戦力の消耗したドイツと日本の前に、最終的に米国を参戦させて立ちはだからせよ。

    日独の敗北は必至である。

    そこで、ドイツと日本が荒らし廻わって荒廃した地域、つまり、日独砕氷船が割って歩いた後と、
    疲弊した日独両国をそっくり共産主義陣営に頂くのだ」という砕氷船理論です。
    http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-869.html



    895 :日本@名無史さん[sage]:2009/08/24(月) 22:47:01
    >>227 >>891
    『中央公論』 2009年4月号
    共通通貨が開く日本とアジアの未来    中曽根康弘
    http://www.chuokoron.jp/2009/03/4.html
    これ読んだら、欧州で、モノに続いてサービス、ヒトの移動が自由化され、通貨統合に至った
    歴史を引いて、中曽根はアジアでそれを目指す提案をしているのだが、アジア中央銀行の設立、
    アジア議会の開設、アジア憲法の制定まで提唱している。ここまでくると、もうキチガイだろう。
    中曽根がアジア人留学生10万人構想を打ち出して、日本を中国人犯罪列島に変えても平気で、
    さらに首相の靖国参拝を潰そうと画策するのは、すべて、この妄想に通じていたわけだ。
    そもそも最適通貨圏の理論からして、アジアの通貨統合などありえない。通貨統合すれば
    ヒトの移動は自由化し、域内の経済は平準化する。EU大統領創設の動きのように、政治の
    統合も不可欠となってくる。しかし、たとえば、日中、あるいは日韓の二国間関係だけを見ても
    それが不可能だとすぐわかる。日中関係だと、一人当たりの所得が平準化する事態が何を
    意味するかは明らかだ。将来、中国人が民主的、人権尊重の民に進歩しうるという考えをして
    いるなら、中曽根には歴史・政治へのまともな見識がないことを意味する。中国は戦争を経て
    も共産革命を経ても実質的には何も変化しなかった。共産党の独裁腐敗政治は国民党と何ら
    違いはない。遵法精神の欠如など、それが中国人の国民性そのものであって、これからも
    そうだろう。中国には黒道(マフィア)だけでも数千万人いるとされ、国境が取り除かれれば
    悲惨な事態が日本列島に現出するだろう。かつて日韓併合によって、朝鮮から膨大な下層民
    が日本に流入してスラムを形成し、犯罪の巣窟となり、流入規制に乗り出さざるをえなくなり、
    戦後も朝鮮人問題が日本の深刻な社会問題となってきたのは周知の事実だが、それどころ
    ではない事態が起きるだろう。
       (続く)

    896 :日本@名無史さん[sage]:2009/08/24(月) 22:48:01
    >>895 (続き)
    また日韓関係で言うと、政治・経済統合は、かつての併合と同じことで、統一財政から両国に
    予算が支出されるが、それは、実質的には日本人の血税が一方的に朝鮮人に搾り取られた
    歴史が繰り返されるだけだ。歴史から何の教訓も汲めていないのが中曽根。そりゃ、統一協会
    と親密で、日本人女性が洗脳され、合同結婚式に参加させられ、韓国の農村に売り飛ばされ
    ていることに怒りすら感じていないのが中曽根。つまり、中曽根は、もともと日本の未来を託せる
    ような器ではなかったわけだ。

    戦前日本在住朝鮮人関係新聞記事検索
    http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~mizna/shinbun/shinbun.html
    見出し:「密航」「渡航」などで検索すると・・・
    『堰いても止らぬ労働群の奔流/釜山経由・朝鮮人の内地渡航/昨年中十三万六千人』
    大阪毎日 1934/3/31 朝鮮 〔5/2〕 釜山・朝鮮 【渡航】
    『流込む鮮人を/堰止めて呉れ/福岡県から朝鮮総督府へ』
    大阪朝日 1921/4/10 鮮満 〔〕 ・福岡 【渡航】

    日韓関係の近現代史
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~korea-su/korea-su/jkorea/index-jkorea.html
    大日本史番外編朝鮮の巻
    http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2463/index.html

    【経済】アジア共通通貨導入を提言 中曽根元首相が会長の世界平和研
    http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236581071/
    政策提言『2030年代を見据えた国際経済・金融体制の展望』
    http://www.iips.org/SP2009FC/SP-FC2009J.pdf
    世界平和研究所(IIPS)
    http://www.iips.org/j-index.html
    東アジア共同体評議会[政策掲示板,調査研究,政策提言,ASEAN+3,シンクタンク]
    http://www.ceac.jp/j/index.html

    897 :日本@名無史さん[sage]:2009/08/24(月) 23:05:28
    中曽根“子分”がこぞって靖国に「分祀」圧力(2005年06月25日発行)
    http://chuohjournal.jp/2005/06/post_469.html
    今朝フジ報道2001で暴露された中曽根による分祀策動
    http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=119209&log=20050606
    東條由布子の中曽根告発証言
    http://blogs.dion.ne.jp/hirokuri/archives/3026024.html

    >>227
    中曽根死ね
    http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1114589043/
    http://mimizun.com/log/2ch/seiji/money4.2ch.net/seiji/kako/1114/11145/1114589043.html
    中曽根康弘
    http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1182339136
    http://mimizun.com/log/2ch/seiji/money6.2ch.net/seiji/dat/1182339136.html
    平成の妖怪 ナベツネ 中曽根
    http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1194170515/
    http://mimizun.com/log/2ch/giin/society6.2ch.net/giin/kako/1194/11941/1194170515.html



    898 :日本@名無史さん[sage]:2009/08/24(月) 23:06:59
    【緯度経度】ワシントン・古森義久 「東アジア共同体」への疑問
    2004年12月04日 産経新聞 東京朝刊 国際面

    「東アジア共同体」構想という妖怪がアジアを徘徊(はいかい)している-。

     やや陳腐な形容かもしれないが、マルクスの「共産党宣言」の表現がつい連想されてしまう。
    いまや日本の外交課題として浮上したようにみえる東アジア共同体という言葉はその実態を
    知ろうとすればするほど、奇々怪々な側面が影を広げる。実態がどうにもつかめない。だから
    妖怪などという形容が頭に浮かぶのである。
    http://plaza.rakuten.co.jp/shibu2003/17000
    http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1115254/
    「東アジア共同体」の幻想と猛毒
    http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-333.html

    【政治】 民主・鳩山代表、アジア共通通貨の実現には「10年以上の歳月を要する」、東アジアの政治的統合には「さらなる歳月が必要」
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1249609146/

    民主・鳩山氏「アジア共通通貨の実現を」

     民主党の鳩山代表は、10日発売の月刊誌「Voice」に寄稿し、東アジア地域の通貨を統合する
    「アジア共通通貨」の実現を提唱した。
     鳩山氏は、「私の政治哲学」と題した寄稿で、自らの政治信条である「友愛」に基づく国家目標の
    一つとして、「東アジア共同体」の創造が必要だとの考えを示した。
     具体的には、国際情勢について「米国一極支配の時代から多極化の時代に向かう。中国が、
    軍事力を拡大しつつ、経済超大国化していくことも不可避の趨勢(すうせい)だ」との認識を示した。
    そのうえで「アジア共通通貨の実現を目標とすべきであり、その背景となる東アジア地域での
    恒久的な安全保障の枠組みを創出する努力を惜しんではならない」と主張した。
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090806-OYT1T01282.htm

    【朝日/社説】「日中韓を中心に自由貿易圏、東アジア共同体やアジア共通通貨も真剣に検討するべき」…成熟日本に新産業革命を★5[08/14]
    http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1250264062/



    899 :日本@名無史さん[sage]:2009/08/27(木) 20:26:24
    条約違反非難せず厚遇感謝…対日開戦通告時の駐ソ大使 [読売新聞]【佐藤尚武駐ソ大使】
    http://www.asyura.com/0406/bd36/msg/644.html

    日本に君臨するもの フリーメーソン日本ロッジ幹部の証言

    ▼1950年1月14日付『朝日新聞』は、「秘密結社か否かフリーメーソン」「世界一流人が参加 
    真理を追究する集い」の見出しの下、ナポレオン、ジョージ・ワシントン、ルーズベルト、
    チャーチル、アインシュタイン、マッカーサーなど十人の写真を添えた九段抜き記事を掲載した。
    「世界最大の秘密結社であり世界一流人は皆会員に参加しているといわれるフリーメーソンの
    支部が日本にも設置され、いよいよ世界の一流人との交際を始めることになったが、戦時中
    軍の誤れる宣伝は、徒に亡国のための秘密結社であるかのように日本人に教え込んでいた
    ため現在でもなにかしら恐ろしいスパイ団体のような疑念を国民に抱かせている。では
    フリーメーソンとは如何なる団体であろうか」

    発足時に入会したのは、5人の国会議員と2人の民間人でした。すなわち佐藤尚武
    参議院議員、高橋龍太郎国務大臣、植原悦二郎国務大臣、三島通陽参院議員・
    日本ボーイスカウト総長、栗山長十郎衆議員議員、それにジャパンタイムズの
    芝均平編集局長と村山有社会部長。いずれも、日本にフリーメーソンを導入しようと、
    当時、熱心に活動していた人たちです。

    村山さんの著書によれば、1956年6月、メーソンの会合に出席した鳩山首相は、「四千年の
    歴史を有するフリーメーソンが日本で実を結んで今日に至ったことを誇りに思います」と挨拶。
    メーソンの現役首相として、公にメーソン礼讃をした日本初の宰相となりました。
    民主党の鳩山由紀夫さんがスローガンに掲げる「友愛」は、フリーメーソンの基本理念の一つ
    です。
    http://www.asyura2.com/2002/bd18/msg/342.html



    911 :日本@名無史さん:2010/03/25(木) 23:59:17
    朝日新聞はバカ新聞

    「無敵皇軍!神国日本!」─→ 日本敗戦。
    「北朝鮮は地上の楽園!」─→ 拉致・麻薬・偽札・独裁・餓死者続出。
    「文革マンセー、毛主席マンセー!」→→ 数百万人粛清、数千万人餓死。
    「ポルポトはアジア的優しさ!」─→ 300万人大虐殺。
    「スターリンは優しいおじさん」─→ 冷戦ソ連敗北・崩壊。
    「スイスは永世中立の平和主義国!」─→ 国民皆兵、しかも中立やめるし。
    「イギリスの王室は開かれている!」─→ 皇太子とダイアナ離婚。
    「スウェーデンは男女平等、福祉が充実!」─→ 家族崩壊続出、年金財政悪化。
    「コスタリカは軍隊のない平和な国!」─→ アメリカ軍事顧問、CIAが居る、犯罪多発、傭兵の国。
    「オーストラリアは差別の無い国!」─→ アパルトヘイト発祥の地ですが?
    「ドイツの先の戦争に対する謝罪はすばらしい!」─→ 外地資産の返還請求やってますが?
    「フランスは多様な文化を受け入れている」─→ アフリカ系による大暴動発生。
    「EUを見習って東アジア共同体を!」 ─→ EU憲法否決。
    「北朝鮮への経済制裁は中韓なしだと効果ない!」→→ 米国だけで効果ありまくりでしたが?
    「中国の立場を尊重し靖国参拝は自粛を!」→→ 中国の日本への報道規制要求発覚。
    「日本はアジアを侵略し米に戦争をしかけた」→→ 煽りに煽ったのは朝日新聞でした。



    913 :日本@名無史さん:2010/03/26(金) 00:03:41
    ■朝日新聞 捏造の歴史

    昭和59年 「南京大虐殺」でっちあげ報道
    (生クビがゴロゴロの写真を南京虐殺の証拠として発表。
    しかし、それは1年4ヶ月後、全く別の場所で取られた関係のない事件の写真であった事が判明。
    中国がこのウソ記事を盾に外交カード化。
    このウソ捏造記事によって日本が被った被害∞。。)

    昭和60年 「南京大虐殺」についてのおわび記事を掲載
    (写真は間違いでしたと発表するも、詳しい情報は隠匿。
    実名を出された団体への名誉回復も一言も行わない。)

    昭和60年 元ポーランド大使インタビュー捏造報道
    (スパイ防止法の反対キャンペーンを行った朝日。
    ポーランド大使はスパイ防止法を行うと全体主義的な社会になるという発言したとされた記事。
    実は朝日が間違った情報を大使にワザと与え、対談の彎曲を行って都合のいい記事をでっち上げた事件。
    ラルシュ氏は抗議を行い録音テープの返還を求めるが今だに朝日は無視。)

    914 :日本@名無史さん:2010/03/26(金) 00:13:44
    ■朝日新聞 捏造の歴史

    戦前戦中 朝日新聞社全社を挙げての積極的な戦争協力報道
    (ーーにも関わらず、戦後は日本軍を叩きまくる
    新たに罪を造り出してまで、日本人に罪をかぶせる)

    昭和25年 単独記者会見捏造報道
    (行方不明だった伊藤律に会ってインタビュー成功!とブチ上げるも全てがねつ造!会ってもない、話してもいない)

    昭和35年 北朝鮮礼賛帰国報道
    (北朝鮮は地上の楽園!などのウソ報道を朝日が垂れ流したため、それを信じて北朝鮮に帰った人が北朝鮮で酷い目にあい強制収容所にいれられた。)

    昭和45年 広岡社長自ら支那の文化大革命礼賛報道
    (文化大革命とは文化の名を借りた、毛沢東が気にくわない人間を粛正するための政治闘争。数千万の中国人が虐殺される)

    昭和46年 文化大革命礼賛コラム掲載
    昭和46年 「日本軍虐殺」捏造コラム掲載
    (朝日売国記者 本多勝一が書いた捏造コラム。中国政府が用意した証言者に中国政府役人監視の元インタビュー。
    後に全て捏造と指摘される。日本軍がやってもいない虐殺事件を作り上げ、日本と日本人に損害を与える。)

    ■朝日新聞 捏造の歴史

    昭和61年 スパイ防止法反対キャンペーン
    (地方の議会がほとんどが反対などと記事を捏造。
    山程のウソ記事、捏造キャンペーンを行った結果、日本ではスパイ防止法が廃案。在日反日が日本で好き勝手やったり、山程の日本人を拉致したりスパイがノビノビと日本で活動できた。)

    昭和61年 毒ガス戦でっちあげ報道
    (煙りがモクモクと上がる写真を日本軍の毒ガスとでっち上げ。写真も取材源も全てウソ。)



    916 :日本@名無史さん:2010/07/04(日) 20:27:08
    週刊エコノミスト [2010年6月29日号]
    歴史書の棚/戦間期に現れたソ連の日本人スパイと社会思想
    筒井清忠・帝京大学文学部教授
    http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG42/20100621/410/

     富田武『戦間期の日ソ関係 1917-1937』(岩波書店、6300円)は、シベリア出兵から日中戦争の
    ころまでの日ソ関係をたどった労作。特に日ソ間の情報戦についての研究が評者には興味深かった。
     著者によると、昭和前期にソ連は2人のエージェントを日本陸軍内に確保していたという。1人は、
    毎年の動員計画・部隊の配置換え・暗号表・新兵器開発・参謀本部の対ソ戦争計画などを通報して
    いた憲兵司令部の第3課(防諜担当)に所属する憲兵将校と見られるというのだから驚きである。
     この憲兵の名前は分からないのだが、もう1人は実名もソ連側史料に載っており、陸軍士官学校
    第11期生でハルビン憲兵隊にいた安部忠夫少佐だという。
     本書にも出てくるように、駐ソ大使館付武官の笠原幸雄中佐の機密文書が盗まれ東京裁判に現れ
    たことから、大使館でソ連が情報活動をしていたことはすでによく知られたことなのだが、日本陸軍の
    内部にまでソ連のスパイが入っていたとは。国民にしきりに「防諜」を説いていたことを考え合わせると、
    驚き以上のものがあるといえよう。

    917 :日本@名無史さん:2010/07/28(水) 23:04:22
    >>916
    週刊エコノミスト [2010年7月27日号]
    歴史書の棚/旧海軍幹部が語った太平洋戦争敗戦の原因
    筒井清忠・帝京大学文学部教授
    http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG42/20100720/489/

    <付記> 6月29日号掲載の 『戦間期の日ソ関係』 中の日本軍人名に関し、著者の富田武氏
    から訂正がありました。同書刊行後の調査で、ソ連の日本人スパイ軍人は 「安部忠夫」 では
    なく 「阿部幸一」 と推定されるということです。



    6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/11(水) 10:19:39 ID:K244Be5a0
    近衛氏が大きな役割を果たしたが,家系について。

    『日本書紀』に隠された真実の声
    このページに掲げた血なまぐさい事件は日本史上、“乙巳の変(いっしのへん)”と呼ばれています。
    現場に居合わせた古人大兄皇子(ふるひとおおえのおうじ)は人に語っています。
    「韓人(からひと)、鞍作臣(くらつくりのおみ)を殺しつ。吾が心痛し」
    つまり、「韓人が入鹿を殺してしまった。ああ、なんと痛ましいことか」 
    しかし、「韓人」とは一体誰をさして言ったのか、ということでこの事件に関する研究者の間では、い
    ろいろな説が出ています。
    入鹿を殺したのは、中大兄皇子です。その計画を立てたのが中臣鎌足。
    それに手を貸したのが佐伯連子麻呂と葛城稚犬養連網田です。
    実は、中臣鎌足は百済からやってきたのです。
    少なくとも、彼の父親の御食子(みけこ)は、ほぼ間違いなく百済から渡来した人間です。
    なぜそのようなことが言えるのか?という質問を受けることを考えて、
    次のページを用意しました。ぜひ読んでください。
    (根拠)
    一、『藤原氏の祖先は朝鮮半島からやってきた』
       http://barclay.e-city.tv/oldhist/nakatomi.html
    ニ、    藤原氏の閨閥 Y 
    >藤原氏の事実上の祖は中臣鎌足である。中臣氏の始祖は天児屋根命といわれている。
    >大鏡によれば、鎌足の出身は鹿島とも言われている。奈良にある春日大社は藤原氏の氏神である
    >それにもかかわらず、始祖天児屋根命を第三殿を祀り、鹿島神を第一殿、第二殿を祀っている。
    >藤原氏がもともと中臣氏ならば、第一殿に天児屋根命を祀ったにちがいない。このことは、
    >鎌足が天児屋根命直系の中臣氏出身でなく、傍系もしくは自称中臣一族として養子に入った
    >ものと思われる。
    >よって、春日大社は鎌足の本当の先祖と中臣氏の始祖を合祀したものと思われる。
      http://www.page.sannet.ne.jp/tsuzuki/fujiwara.htm



    8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/11(水) 15:25:24 ID:HZT4g0uj0
    日本を太平洋戦争に導く決定をした東郷茂徳外相の成人前の名前は朴茂徳。
    朝鮮陶工の子孫で父親が士族株を買って日本名になった。
    マジ。教科書で触れられない歴史の真実。



    503 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/12/12(日) 19:25:58 ID:SfGGKOSK

    【ドイツ】イスラム移民が増え、国が消える?独で移民論争
    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1291260405/

    >学校教師のマティアス・ビュンシュさん(52)はザラツィン氏の主張に100%賛成だという。
    >「子だくさんの移民家族が手当をたくさん受け取っている。ドイツ人は失業が怖くて子どもを
    >持てない。こんな現状が続けばドイツは終わりだ」



    62 名前:タミの声[] 投稿日:2010/12/12(日) 17:50:41
    >PTA団体は欲望を具体化した書籍や映像媒体に頼らない、正しいマスターベー
    >ションとセックスの仕方を教えるべきです。

    57さんとやら、そいつは結構、キブいもんがあるぜ。
    マスベは書籍や映像媒体のもたらす刺激がなければ、ファンタジィが膨らまないし、
    セックスはやり方教えて相手がいないんじゃ蛇の生殺しよ。

    結局、規制を言い出した連中の目的はレイプの増加による法秩序の破壊と混乱だけだよ。
    この運動のバックにいるのは統一教会なんだからね。
    純潔運動?笑わせるなよ。さんざんレイプを姦っておいてさw



    93 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 06:31:15
    茨城負けたね、菅になってから選挙勝ってないな
    それを見計らったように統一地方選の前哨戦とカンバンつけてマスコミが騒ぐ
    小鳩時代はそれほどの取りこぼしはあまりなかったが、それはあまり伝えずに、
    あのときは政治とカネでマスコミが騒ぐ

    これじゃどうしょうもないね
    マスコミが好きなのは結局、小泉さんてか
    日テレバンキシャでも、民主・自民・みんなの三つだけ政党支持率を出して
    サブリミナルのようにみんなを添えてたし



    110 名前:名無しさん[] 投稿日:2010/12/13(月) 11:30:55
    >>108
    大学入試ってのは、まずセンターで、六大学の受験資格基準点をとって
    その後、有資格者が六大学の用意したテストに合格しないと入学できないわけだが、
    東大はともかく、早稲田・慶応・明治あたりは非常にあやしいと思うのが
    センター試験をうけずに、エスカレーター式や推薦で入学してくる
    連中。

    そいつらは本当にセンターを受けても、受験資格さえもらえない
    連中がほとんどだと思うわ。

    そういうやつらが、大学に供給されても、大学ではろくに勉強もせずに、
    就活をやるわけなんだが、そきで社会に大量供給される。

    大学の入学は楽だけど卒業を難しくしろいう教授がいただけど、
    大学改革を含めた教育行政の見直しをせんと、このままいけば
    とんでもないことになりそうだな。

    ゆとり教育なんてのは愚で、ろくに基礎能力のないまま、
    分母も漢字の読み書きも、金利計算もできないまま
    社会供給されていってる。



    71 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 18:42:37 ID:1eXN/0gj

    「水に流す」「湯水のように」なんて表現がある国は珍しいらしい。

    そのくらい日本は水が豊かだ。

    低緯度だから木が育ち、狭いから内陸性気候(一般に厳しい気候)がなく、

    島国だから湿潤で、山勝ちだから川の流れが速い→きれいな水がどんどん流れてくる。

    「日本人は水と安全はタダだと思っている」という指摘は、水道に限った話ではないのだ。

    昔中東の人は石油の価値に気づかずに欧米に権利を売ってしまったらしいが、

    それと同じことが日本で起きても不思議ではない。



    140 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:06:17 ID:LOrTGURK

    フェーズ1、水源地を抑える。

    フェーズ2、水利権の分配を要求し始める。

    フェーズ4、裁判に訴え、法的にも微妙な水利権を外交問題にする。

    フェーズ5、和解で何か特典を引き出す。そして要求はさらにエスカレートする。

    フェーズ6、過疎で力が落ちる水源地下流域の農業や漁業従事者がその争いで住居を追い出される。

    フェーズ7、空いた土地に中国人の資本と移民が雪崩れ込み中国の植民地が出来る。

    フェーズ8、植民地の点が増えてくるとやがて点が線になり線が面となる。

    最終章、日本各地の自治体丸ごと合法的に乗っ取られてそれに国政も左右されるようになり、

        首相の名字も某国のようにリーさんになる。日本は典型的な華僑に支配された国になる。

    ▼ 141 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:08:26 ID:gI5ETI1Q

    >>140

    そこまで団結力があるなら、あの人口で日本と生産性が同じなんて事はありあえない

    ▼ 152 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:23:13 ID:LOrTGURK

    >>141

    君が中国人を知らずまた都会で育った人間であることが分かる。

    中国人の「家系」の団結力に対抗出来る民族はこの地上には無い。

    そして日本人でも田舎出身なら分かるが、優秀な奴ほど外に出て行く。

    日本に来るような中国人は本国では中レベル以上の優秀な奴。本国の奴とは違う。

    そういう奴が外国で家系を通じて団結を通じて地元から衣食住経済全てを奪うのは常套手段。

    158 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:31:09 ID:oDKyCnJS

    >>152

    >そういう奴が外国で家系を通じて団結を通じて地元から衣食住経済全てを奪うのは常套手段。


    日本以外の外国でできたからといって日本でできるとは限らない。

    全く条件が異なる。チャイナタウンほどの規模ならわかるが。

    聞くけど、日本にいる中国人、来る中国人ってそんなに賢いの?

    あなたのいう「地元から衣食住経済全てを奪う」なんてことを日本でやったら

    正真正銘のテロだ。法治国家である以上放置されるはずがない。

    ▼ 162 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:52:16 ID:LOrTGURK

    >>158

    >日本以外の外国でできたからといって日本でできるとは限らない。

    日本もいつまでも特別ではないと彼らは思ってるかもしれない。

    実際日本は政治は言うに及ばず経済軍事文化が三流四流の国に下落しつつある。

    >聞くけど、日本にいる中国人、来る中国人ってそんなに賢いの?

    若者の一流はアメリカカナダに行く。二流が日本や東南アジアへ行く。三流はアフリカへ。カスは国に残る。

    >あなたのいう「地元から衣食住経済全てを奪う」なんてことを日本でやったら

    >正真正銘のテロだ。

    今欧州で問題になり始めてる。東南アジアでは歴史的にやってる。

    タイで起きた暴動とかまさに華僑系支持者と本来のその国の民族の支持者の政治的衝突。

    だけどあれを「テロ」と呼んだ人は居ない。法治国家など幻想だ。君は尖閣事件から何も学ばなかったのだね。

    法的解釈などいくらでも出来るんだよ。それを主張できるだけの力があれば。

    そして民主主義とは数だ。数が全て。移民が増えれば・・・。

    ▼ 166 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:08:30 ID:oDKyCnJS

    >>162

    あなたのように危機意識を持つことは立派だが

    いくぶん妄想の域に入っているように思えてならない。

    日本がそんな弱い国なのかと。

    まあいい。最悪そのようなことも起こりうるということを

    頭の片隅にいれておく。しかし日本が中国に乗っ取られたり

    属国になったりすることはまずないと断言する。

    いざとなれば日本ほど団結力のある国はないと信じている。

    ▼ 170 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:29:14 ID:IzYn5kgs

    >>166

    いざ、となるより先に中国人の習性を見抜いて事前に問題解決する方が

    はるかに日本の犠牲を少なくさせることができる。

    イタリア、トスカナ州プラートでは町を中国人に乗っ取られたわけだが、

    イタリア人が自らこれを解決するのは至難の業に思える。

    団結するどころか、やっぱり福島瑞穂みたいな左翼がでてきて

    イタリア人の団結を妨害してるわけで。

    おれはそういった未来の方が日本に当てはまると思うがな。

    絶対、お前のような奴がいけしゃあしゃと多文化共生とかいいだす方に賭ける。

    ▼ 173 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/12/12(日) 22:38:53 ID:LOrTGURK

    >>166

    >いくぶん妄想の域に入っているように思えてならない。

    もちろん極論だ。だがこの極論は中国人の国家戦略の少し高めに設定した目標だろう。

    >いざとなれば日本ほど団結力のある国はないと信じている。

    おそらくその日本人の団結力というのは明治時代に富国強兵の国家戦略として作られた宗教だ。

    日本は国家戦略として団結より格差、つまり国民の差別化を選んだ。

    その流れに反するのは至難の技だろう。

    そしてその「いざ」に気が付くかどうかも怪しい。

    鳩山による普天間基地移設の弊害、尖閣事件の衝突の船長逮捕の後の中国政府の外交展開、

    日本人で誰か予測できた人間はいただろうか?私は居なかったと思う。



    232 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/12/13(月) 04:24:26 ID:YkKGjbOk

    かつて日本が経済大国と呼ばれた時代に、海外のビルを買いあさって顰蹙を買っていた

    今はそれが中国になったが、彼らはそれが額面的価値ではなく資源的価値に重きを置いている

    日本人がいかに近視眼的な価値観でしか判断できない民族かよく物語っている




     「共謀罪」という基本法すら通さない「反社会的勢力」は「非国民」です。
     なぜ「非国民」という表現を使ったかというと、「反社会的勢力」はそのまま「敵対的民族」、すなわち「外国人である在日」が直接間接的に関与しているからです。
     直接的とは在日が組織したもので、間接的とは在日が資金提供して組織したものや在日が裏で組織を操っているものです。
     さらに見ていくと、「反社会的勢力」は、裏社会の6割を占める「解同」と3割を占める「在日」の手先として反対運動を展開しているわけです。
     これらの「反社会的勢力」は、裏社会を取り締まるための制度化に反対するのですから明らかに国民の敵です。
     そして、この「反社会的勢力」こそは「反日勢力」なのです。
     安倍内閣転覆クーデターとなった「年金記録記載漏れ問題」の元ネタを提供したのは社会保険庁職員であり、民主党長妻議員は不正を働いておきながら開き直って内部告発した社保庁職員らと共謀して正義の味方を演じました。
     それに協力したのが当然ながらの「反日マスコミ」です。
     話が脱線しますが、私は公務員に労働組合は必要ないと思います。
     労働組合が反社会的勢力の中心的役割を果たしているのです。
     労働組合は、憲法で公務員の労働争議権を認めていますが、組織化を認めてしまうと労働争議権以外の権利も自動的に獲得してしまうのです。
     憲法を改正して公務員に限っては労働争議権以外の権利は行使出来ないと明記すべきです。
     特に政治への組織的介入を禁止すべきです。
     出来れば民間労働組合に対しても同様の権利の制限を設けるべきです。
    (今述べた内容には誤りがある可能性があります。詳しい方は指摘してください。私はよく資料も見ずに即興で適当な事を書きますので)
    Posted by richardkusomiso(1) at 2010年12月12日 08:31
     話を戻します。
     「共謀罪」の成立を速やかに目指すべきですが、その先にすべき事があります。
     暴力団の組織化そのものを認めない制度です。
     私はこれを「イタリア式暴対法」と呼んでずっと主張してきました。
     「共謀罪」だけでは不十分です。
     それにしても、「スパイ防止法」も制定出来ず、「共謀罪」も反対されて成立出来ない国の未来は明るく輝いています。
     richardkusomisoでした。
    Posted by richardkusomiso(2) at 2010年12月12日 08:32



    《真敵は無知也》

    ▽近代日本とは日本人を蚊帳の外に置いた外敵同士の権力闘争の場であった

     これを別の表現を用いると、

    ▽近代日本とは日本人を蔑ろにした外人同士の権力闘争の場であった

     となる。

    ▽日本人が開発、生産し保有する知的・物理的資財や資産は、南朝鮮、北朝鮮、解同(=南北朝鮮人)ほかマイノリティがそのときどきで融合結託した集団の格好の搾取対象となっている

    ▽「ユダヤ金融資本同盟」は国同士の争いを起こさせては疲弊、相殺する事に長けている

    ▽先の大戦(実質日米戦争)も、既に起きている日中領有権争いや、これから起きるであろう日中経済摩擦、日中戦争も彼らの戦略である

     「リチャード理論」はある意味において日本人の思慮の欠落を補填するに違いない。

    『日本人に謝りたい』
    (モルデカイ・モーゼ著、日新報道)

    『日本のいちばん醜い日』
    (鬼塚英昭著、成甲書房)

     これらの著書は日本人に衝撃を与えるだろう。

     日本人は今、保守系ブログのみならず、敵対的ブログにも目を通し、今紹介した著書にも関心を持たれ、総合的な判断が要求されている。

     日本に混濁を招いたのは紛れもなく在日と解同である。

     日本の未来は彼らが産み出した問題にどのような始末を付けるか否かに掛かっていると言っても過言ではない。
    Posted by richardkusomiso at 2010年12月12日 21:26



    706 :本当にあった怖い名無し :2010/12/12(日) 10:47:11 ID:N/8tN/eX0
    総連、小中補助金は死守 大阪府に対抗 無条件獲得を指示
    なんじゃ、こりゃ!↑

    710 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/12(日) 10:52:49 (p)ID:omM3BqZe0(2)
    >>706
    これかな。
    総連、小中補助金は死守 大阪府に対抗 無条件獲得を指示
    (p)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101212-00000093-san-soci
    朝鮮学校がある自治体の住人は、補助金支出への批判を自治体・首長・議員等によろ。
    どんどん打ち切りに追い込んでいこう。

    712 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/12(日) 11:00:07 (p)ID:oY9Xffrd0(10)
    >>710
    これって、口調だけは妙に勇ましいけど、高校授業料無償化はすっぱり諦め
    小さい子供を利用してのお涙頂戴作戦を展開しろって指令かな?
    そのうち、T豚や狗HKで朝鮮学校の小中学生を扱った特集とかが組まれる悪寒。

    713 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/12(日) 11:05:37 (p)ID:omM3BqZe0(2)
    >>712
    諦めてはいないけど、奴らにとっては高校無償化は薮蛇だったのかもw
    それまで、朝鮮学校に地方自治体からあんなに補助金が出てるなんて、一般の日本人は知らなかったと思うしね。
    高校無償化の対象になってホルホルしてたら、地方自治体からの援助金が
    打ち切られる事態になったというwww


    Posted by また又全方位墓穴堀り乙 at 2010年12月12日 23:55

    750 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/12(日) 14:52:48 (p)ID:dnvUj77D0(3)
    >>748
    韓国って、儲かった分だけ計上して、損した分は隠しまくっているから
    表面上は好調な感じだけど、
    かなりの粉飾やっているから、そのツケがそろそろくるね

    751 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/12(日) 14:58:50 (p)ID:6Eqex76H0(2)
    >だけど輸入は辛いから、韓国は更に対日赤字を積み上げるでしょうw
    そこが、かつての日本と大きく違うところだよな。
    円安で輸出しまくっていた頃も、日本は輸入で赤字を作ったことはなかった。

    753 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/12(日) 15:14:52 (p)ID:6Eqex76H0(2)
    >748
    ↓こんなのを拾ってきた
    韓国の報道
    【経済】韓米FTAで日本車が笑う 競争力が非常に高まった米国産日本車が怒涛の如く韓国市場へ [12/09]
    (p)http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1291856792/
    でも、↑が真実だと思う。
    日本は、馬鹿みたいに韓国有利のニュースしかやらんが、
    今回のFTAも、韓国からみたらちょっと腑に落ちないものらしい。
    「日本の陰謀じゃないのか?」みたいなw
    というか、前に、「やる夫が教える腹黒日本」みたいなスレがあったような気がするんだげど、
    どこだったかな…。

    755 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/12(日) 16:17:43 ID:gz/MjSPH0
    >>753
    こんなの見つけたけど、ちがうかな?
    やる夫が日本の陰謀に巻き込まれるそうです
    (p)ttp://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1240412440/


    Posted by 韓国なんだが、それでなくてもウォン安で、この冬、越せるのか? at 2010年12月13日 00:01



    228 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/10(金) 20:19:19 (p)ID:MdPegODa0(3)
    そういえばある在日が韓国に転勤になり、その後突然出社しなくなったんだって。
    その理由は「徴兵」
    軍に合法的に拉致られたらしい。
    この話はある在日が「ぽろっ」と言ってしまった話なんで本当の事だと思う。

    230 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/10(金) 20:26:09 ID:veMg/gRB0
    >>228
    ある日を境に、韓国に転勤になるzが多数出てくるのか。

    232 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/10(金) 20:42:18 ID:hRsQfl5c0
    >>228
    さりげなく凄いことを言っていないか?
    「実例」が既に「ある」ということですか??

    233 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/10(金) 20:42:47 (p)ID:MdPegODa0(3)
    >>230
    いやその「ある日」までにこの話が拡がる可能性がある。
    早いうちに転勤or短期出張させて軍に秘かに連絡すれば駆除完了。
    すぐに使える駆除方法、合法的なリストラ方法。早ければ早いほどいい。

    235 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/10(金) 20:52:29 (p)ID:MdPegODa0(3)
    >>232
    あくまでも聞いた話だから実際にあったか確認できない。
    聞いたときはビックリせずスルー。
    後でよく考えると怖い話というかスゲーなっと...

    271 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/12/10(金) 22:43:58 ID:/gCRRjv70
    転勤させといて
    こそっと当局に通報するんですよ
    Posted by 2012年から徴兵に応じないと親日罪でパクられるって(笑) at 2010年12月13日 00:09



    【共謀罪】

    賛成を表明している主な団体・企業

    政党         マスコミ
    自由民主党      読売新聞
    公明党        世界日報

    公明党(創価学会)と世界日報(統一教会)が賛成な訳ね。
    Posted by ウッキー at 2010年12月13日 00:48



    足場固め (ponpon)
    2010-12-12 18:59:51
    > 独立国家に外国の軍隊が駐留し続けてることはおかしい
    > 1951年のサンフランシスコ講和条約時代俺たちはもう独立国だと思ってます
    > アメリカの外交の議論の中に日本のことをプロテクトレイトと呼ぶ議論がある

    中高年が「日本=独立国」だと思っているのが不思議です。(笑)日本各地に米軍基地や施設がたくさん存在するのに、独立国なワケがないじゃないですか。実際に米軍施設のフェンスの前に立てば、日本が植民地であることを実感する筈です。
    テレビの白痴番組を見れば分かるように、「3R・5D・3S政策」はいまだに続いていて、3Rの中の「復活」(Revive、改革後復活、独立)というのは、まだまだ先の話なのでしょう。

    > どこを目指してこの国は行くんだということを示さない

    日本は独立国ではなく植民地なので、日本人自らが指し示すことは不可能でしょう。日本の保護者であるアメリカ、あるいはアメリカを牛耳っている国際金融資本が描いているシナリオ次第だと思いますが…。
    ・チェスのプレーヤー…国際金融資本各派(ヨーロッパ超貴族)
    ・チェスの駒…世界各国&人民

    > 米中関係が見えない
    > 米中関係っていうのはもっともっと密度の濃い交流っていうのが深まってる
    > 去年アメリカ人として中国を訪れた人って171万人なんです

    以前、YouTubeをよく見ていた時期がありますが、中国の街角映像もたくさんありました。白人が撮影したものがほとんどでしょうが、街を歩く白人旅行者がたくさん映っていたり、欧米資本の店があちこちにあったり…。中国でも欧米資本による日本資本封じ込めが行われているのかも??
    そう言えば、先日公開が始まったルーマニアのストリートビューを見ていたら、街外れにカルフールの大きな店舗がありました。新たな(開放された)市場で真っ先に足場を固めようとする欧米資本の貪欲さ、狡賢さ…。凄いですね。

    > アメリカの外交が中国封じ込めに動くのだろうか?
    > そうなると日本が中国との対立の最前線という事になります。

    イエローモンキーを絶滅させるために、イエローモンキー同士を戦わせるということですかね?(笑)さすが戦略が得意なアングロサクソン…。

    面倒ではございますがッ、何卒1回ッッッ、
    それ以上やっても同一IPではじかれるのでッッッッッ、
    「1回」ポッキリッ!!!!!!!!!!!!(13個で世界新)
    クリックの方を、よろしくお願いい~た~し~ま~す~るぅ~。

    人気ブログランキングへ   

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    漫画アニメ規制条例

    日本の漫画文化が日本経済に与える恩恵を、どのくらい
    減ずることになるかの試算は、なされた上での可決なの
    でしょうかね。

    ア?オ、[e:457]ネ、ホイ盥网ハトャソ皃ュテ貎ミ、キ

    QL?9L{*], www.hhmovie.net, ア?オ、ネ、ホイ盥网ハトャソ皃ュテ貎ミ、キ, http://www.hhmovie.net/?p=131
    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。