スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【拝読希望】11月10日の備忘録を更新しました。【千客万来】

    11月10日

    クリックの程よろしくお願いします。
    人気ブログランキングへ   

    警察官は町のお巡りさんから上層部にいたるまで、100%全員が「裏ガネ」で汚染されている by 仙波敏郎氏
    http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-740.html

    小沢の持ってる中国利権をごっそり頂こうと・・・中国と示し合わせて、小沢を外す
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/fb9d17bad4f41b3df0158f62ffc9c8e1

    弁護士はカネくれる人の味方をするのが商売
    http://shadow-city.blogzine.jp/net/2010/11/post_1fc5.html

    これでまた大手新聞は権力に頭が上がらなくなった
    http://www.amakiblog.com/archives/2010/11/10/

    ルーマニアの貧しい女たちの血を吸う現代のドラキュラは誰なのか?
    http://darknessofasia.blogspot.com/2010/11/blog-post_10.html

    土橋重隆の「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2010年11月9日 ガン検診
    http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2010/11/-21-2010119-d10.html

    あー、やだやだ
    http://kagiwo.blog18.fc2.com/blog-entry-362.html

    5年で地方公務員22万8000人減
    http://kagiwo.blog18.fc2.com/blog-entry-363.html

    こんな政治家はもういらない
    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=240568



    548 :日本@名無史さん[sage]:2006/10/19(木) 20:11:55
    国際金融資本二大財閥

    ロスチャイルド(英)┐         ┌英政府
    ↑         │         │    ┌コミンテルン
    時に対立時に協調  ├─闇の世界政府─謀略機関─│
    ↓         │         │    └ナチ
    ロックフェラー(米)┘         └米政府

    そもそも、日中戦争(支那事変)~太平洋戦争は国際金融資本財閥のシナリオだった
    っていうのが国際事情通の間では常識だし
    (もちろん欧州大戦もそう。ナチスにアメリカ財閥が資金援助してたのは有名な話)
    真珠湾攻撃は、今で言う911だった。すべては出来レース。
    目算が狂ったのは中国を共産化させてしまったこと。
    だがこれもいまや中国が経済自由化したことで結果オーライ。


    現在の世界の体制が変わらない限り教科書には載らないだろうが
    事情通の人はみんな知っているよ。
    日中戦争~太平洋戦争の本質は何だったのか。そして911の真相もね。
    軍事でしか戦争を考えられない人には理解しづらいだろうけどね。

    556 :日本@名無史さん[sage]:2006/10/28(土) 11:54:28
    >>548

    > そもそも、日中戦争(支那事変)~太平洋戦争は国際金融資本財閥のシナリオだった
    > っていうのが国際事情通の間では常識だし

    「事情通」かよ?おれはここ数年でやっとそのことに気づいたが、
    そういう「事情」に接することができる立場の人は宝くじで一億円当てた人より確実に少ないだろうな
    例えが適切かどうかわからないが。

    それはともかく、言ってることはだいたい当たってると思うが、一つだけ

    > 目算が狂ったのは中国を共産化させてしまったこと。

    これも目算が狂ったわけじゃなく、シナリオ通りだったと思うが。つまり積極的に中共側を支援した。
    中共の主要な代理人は周恩来じゃないかな。
    文革もこの男が実は煽ってたと思われるが。

    それから、世界史的に見ると、今は金が剣にまさる時代だ。
    何が言いたいかというと、今では軍事力は経済力に比例する。
    しかし昔は富の蓄積のない遊牧民が文明国を侵略することが普通だった。
    いつそれが変わったかというと、分水嶺は17世紀だ。
    イギリス革命と、明から清への交代が同時にあった時代だ。

    イギリス革命の本質は、金持ちによる貴族打倒のクーデターだな。
    この後のフランス革命もそうだが、「平等」や「人権」は単なる看板なんだな。
    問題はこれらの革命が内発的だったかどうかだ。
    金の動きに国境は無いから。「金は天下の回り物」という古くさい諺もあるね。
    イギリス革命はたぶん内発的だったんだろうが、その時点で「革命」を支援する大パトロンが出現したわけだ。

    外発的だったことが疑われるのは次のようなものがある。
    フランス革命、アメリカ独立戦争、1948年の革命、明治維新、ロシア革命、辛亥革命
    ほか



    557 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 22:00:31
    ナチス(国家社会主義労働党)=右版共産主義
    軍国主義=右版共産主義
    共産主義=左版軍国主義
    大東亜戦争=軍国主義者(偽装共産主義者)が自由主義国同士の潰し合いを狙った陰謀

    これが歴史の真実だ。間違いない。



    560 :日本@名無史さん[sage]:2006/10/29(日) 20:03:44
    近江文麿の名言「いわゆる右翼とは国体の仮面をつけた共産主義者なり」
    というのがあるね。昭和20年もはや敗北必死のとき、これ以上戦争を続ければ
    国内で共産主義者が蜂起して革命を起こしてしまうというわけ。
    第一次大戦のロシアを念頭に置いた発言だろう。
    国家総動員法以降の戦時体制じたいがほとんど共産主義だし。



    563 :日本@名無史さん[age]:2006/10/30(月) 00:24:19
    フィリピン戦でわかるように山下の無防備都市宣言を却下して
    マニラに篭城させたのって大本営でしょうが?
    硫黄島の玉砕戦やらせたのも大本営のデタラメの戦果発表のせいじゃなかったですか?

    そのくせ終戦になったら途端に方向転換して

    サイパンなんかじゃ森に隠れている日本兵に投降呼びかけたりしてさ

    インドネシアに残った人が帰れなくなったのも重大な軍規違反を問われるからだよね
    戦争が終わっても戦うなんて死刑に値するもんね?

    なのに残って戦った人が共産党員?

    いいだけこき使って終わったら共産党員呼ばわり

    ばかみたい

    567 :日本@名無史さん:2006/10/30(月) 00:57:32
    >>563
    だからその大本営にソ連スパイが大勢いたの。
    山下将軍がルソン決戦に備えて万全の準備をしていたのに、
    台湾沖航空戦での戦果が幻だという報告を瀬島龍三が握りつぶして、
    猛反対する山下大将にレイテ決戦に変更させ、あの孤島で日本軍は壊滅したの。



    37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:00:19 ID:H3ipnmWA
    中国、韓国は自分達の恥ずかしい悪行を隠すために、事実を捏造して日本を批難します。
    批難される前に批難してしまえ、という事です。

    自分達の恥ずかしい悪行→→→→→→事実の捏造

    ★中国、文化大革命時の大虐殺→→→★南京大虐殺
    ★中国、死刑囚の臓器売買→→→→→★731細菌部隊
    ★中国、軍事大国化→→→→→→→→★靖国神社参拝は日本の軍国主義化
    ★中国、周辺領土侵略→→→→→→→★日本は尖閣諸島を侵略
    ★韓国、万年属国の歴史捏造→→→→★日本の歴史教科書批判
    ★韓国、竹島侵略→→→→→→→→→★日本は竹島を侵略
    ★韓国、売春大国→→→→→→→→→★従軍慰安婦問題
    ★韓国、60年間徴用者の遺骨放棄→★日本は遺骨返還を



    139 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:44:05 ID:dVszKNpO
    米軍に投降すれば殺されてたし・・・

    ニューギニア戦線でのオーストラリア軍やマッカサー指揮下のアメリカ第四十一師団は、「捕虜を取らない」つまり武器を捨て両手を上に挙げて降伏しようとする日本兵や、既に降伏した日本兵を殺するので有名だった。
    軍事歴史家デニス・ウォーナーは1982年に出版した日本の特攻隊に関する本の中で、ブーゲンビル島での自らの体験を紹介している。
    そこで彼は、投降しようとした日本の負傷兵を、オーストラリア軍の司令官が射殺するように命じるのを目撃する。

    「しかし彼等は傷つき、おまけに降伏を望んでいます」と、日本軍の大規模攻撃が失敗に終わったあとの戦場で、部下の大佐が司令官に反論した。
    「私の言うことが聞こえただろう」と、両手を挙げた日本兵からわすか数ヤード離れただけの少将(司令官)は答えた。「捕虜はいらない。全員射殺してしまえ」。そして彼等は撃たれた。

    日本軍も負傷兵や捕虜に対する連合国側の殺害に関する情報をつかんでいて、戦時中の日本からの対米宣伝放送(東京ローズ)では、第四十一師団のことを「屠殺者、Slaughterer」と呼んでいた。
    終戦直後ある米陸軍大尉が公表した記事には、第四十一師団、捕虜を取らずという堂々たる見出しが付けられていた。
    この師団が例外的に日本兵を捕虜にしたのは、軍事情報の収集のために捕虜が必要な場合だけであった。



    140 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:44:16 ID:lhvwI0hd
    清沢洌『暗黒日記』
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B2%A2%E6%B4%8C

    昭和十七年十二月十二日(土)
    右翼やゴロツキの世界だ。東京の街は赤尾敏という反共屋の演説ビラでいっぱいであり
    新聞は国粋党首という笹川良一なる男の大阪、東京の往来まで、ゴジ活字でデカデカと書く。

    昭和十八年九月二日(木)
    戦争の深化とともに,、右翼がどう動くか興味がある。
    彼らは常に戦争を求め、そして戦争を得た。

    昭和十八年十二月十六日(木)
    東大の田中耕太郎博士の外国行きが取り消された。彼はカトリックで日本精神に徹しないからだというのだ。
    近ごろ外国に行くのは、神風連的な右翼連中に限られている。
    彼らは無知でありながら、恐ろしく自信がある。そして、東亜諸国に行って、それ練成だ、それ儀礼だという。こんな連中に彼らが敬服するはずがない。

    昭和二十年三月十一日(日)
    科学の力、合理的心構えが必要なことを、空襲が教えるに拘らず、新聞やラジオは依然として観念的日本主義者の御教説に満ちる。
    葛生能久、皆川治広、横尾惣三郎、吉植庄亮ら八名は、先手 断行、統率の完全なる一体化、一億総討死の決意の急速徹底、ほか九項より成る大東亜戦必勝の具体策につき、請願の手続きをとった。
    一億総討死したら、その後の国家はどうなるか。
    しかし、それが全くのところ軍人、右翼のイデオロギーである。



    141 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:46:09 ID:dVszKNpO
    大西洋横断に成功した、リンドバーグが書いた
    第二次大戦日誌にも米軍の虐待は書かれてるし・・・

    1944年6月21日(水)
    偵察隊の一人が日本兵”捕虜”に煙草と火を与えた。煙草を吸い始めた途端に日本兵”捕虜”の頭部に腕が巻きつき喉元が「一方の耳元から片方の耳元まで切り裂かれた」のだった

    1944年6月26日(月)
    ニューギニア戦線で2000人の日本人捕虜を飛行場に連れて行き機関銃を乱射して殺害しました。生き残った100人~200人を本部に連行した。
    米軍将校の談話・・・・・「両手を挙げて投降したのに戦友が殺されたら投降を奨励することにはならないだろう」
    リンドバーグは捕虜をとらないという米軍の態度に疑問を抱いた
    日本兵の死体から剥ぎ取った絹地の日の丸(国旗)・・・・10ポンド(33ドル)日本軍将校の軍刀・・・・250ポンドで売れるらしい。最近、日本兵遺族に返したいというものも子の手の類。

    1944年6月28日(水)
    我、将兵の態度に深い衝撃を覚えた。敵兵の死や勇気に対しても、また、一般的な人間生活の品位に対しても、敬意を払うという
    心を持ち合わせておらぬ。・・・・略奪したりある議論の最中に私は意見を述べた。日本兵が何をしでかそうと、我々がもし拷問を以って彼を死に至らしめれば
    我々は得るところが何一つ無いし。また文明の代表者と主張することさえ出来ないと。「まっ、中には奴らの歯をもぎ取る兵もいますよ。しかし大抵はまず奴らを殺してから
    それをやっていますね」と、将校の一人が言い訳がましく言った。

    1944年8月6日(日)
    「オーストラリア軍の連中はもっとひどい。日本軍の捕虜を輸送機で南の方に送らねばならなくなった時のことを知っているかね?あるパイロットなど
    僕にこう言ったものだ・・・。捕虜を機上から山中に突き落としジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告しただけの話さ」
    「例の日本軍の野戦病院を占領したときの話を知っているかね?我軍が通り抜けたとき、生存者は一人も残さなかったそうだ」

    1944年8月14日(月)
    ヌムフォール島・・・・「連中はちょいちょい自分たちで殺したジャップの大腿骨を持ち帰り、それでペン・ホルダーとかペーパー・ナイフとかいったような品を作っている」

    1944年8月30日(水)
    タラワ島・・・・「英語を話せる者は尋問のため、連行されあとの連中は一人も捕虜にせず虐殺した」という。



    145 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:49:49 ID:dVszKNpO
    昭和二十年(1945年)四月七日沖縄への海上特攻に赴いた戦艦大和をはじめ
    巡洋艦矢矧(やはぎ)、駆逐艦三隻が敵の空襲を受けて沈没しました。
    「現場の海面で浮遊物につかまり漂流中の無抵抗な乗組員に対して、
    空母を飛び立った米軍戦闘機の群が執拗に来襲しては
    情け容赦もなく機関銃を撃ちまくり殺戮した。」(矢矧の原艦長の証言)

    「この悲惨な状況をあざ笑うかのように、米軍機は何時間にもわたって、
    無抵抗の漂流者に執拗な機銃掃射を加え続けた。」(著書、「伊藤整一」、大和と運命を共にした第二艦隊司令長官)
    同様な残虐行為はニューギニア近海でもおこなわれました。
    昭和18年3月3日に起きたビスマルク海戦(空襲)の結果、
    陸軍の兵士を乗せた輸送船8隻と駆逐艦4隻が敵機の攻撃により沈められましたが、
    沈没した日本の艦船からボートや筏で逃れ、浮遊物につかまり漂流中の千名の兵士達に対して、
    アメリカとオーストラリア軍の飛行機が低空から機銃掃射をおこない、
    機関銃の弾を撃ち尽くすと基地に戻り弾を補給し、
    映画撮影のカメラマンまで乗せて何度も弾の補給に往復しては攻撃を続けました。

    「決して男らしいやり方ではなかった」と第五爆撃隊のある少佐は戦闘記録の中で報告しています。
    「隊員の中には気分が悪くなる者もいた」。

    救命ボートやその周辺を文字どおり血の海に変えたその殺戮の様子を、
    機上から撮影した実写フィルムが十年ほど前にオーストラリアのテレビ局から放映されて、
    国民に大きなショックを与えました。「我々はフェアーな戦をしたと思っていたのに.....と」。
    (容赦なき戦い、ジョン・ダワー著)



    146 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:51:30 ID:dVszKNpO
    昭和十九年(1944年)五月二十四日にブーゲンビル島ラバウル基地にあった第八海軍病院が、
    米軍機による攻撃を受けて、患者、看護婦、医師ら千四百名が死傷した。
    病院の屋根には国際法の定めに従い、上空からよく見えるように赤十字の標識を
    大きく塗装していたにもかかわらず、それを無視して病院の建物に対して爆撃や銃撃を加えるという
    国際法違反の非人道的攻撃をおこなった。

    それ以後日本軍は病院施設に対する国際法違反の攻撃を防ぐために、
    地下壕や洞窟内部に病院を設営することにした。

    フィリピンのラグナラ州カランバには日本兵を収容するルソン第一捕虜収容所があったが、
    ここはフィヒリピンにおける最大規模の収容所であった。
    米軍の発表によれば収容された捕虜のうち、戦争が既に終了した昭和二十年(1945年)末までに、
    栄養失調で死亡した日本兵捕虜は一万二千人にものぼった。

    もし日本側の捕虜収容所がこのような米兵の大量死を起こしていたら、原因や経過はどうであれ、
    B C 級戦犯裁判に掛けられて多数の責任者、兵隊が絞首刑になったことは間違いない。
    しかしここの米軍責任者は誰も罪を問われなかった。



    これじゃあ、米軍に投降しろったって無理だよ・・・



    147 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:52:57 ID:dVszKNpO
    昭和十七年(1942年)八月十七日の早朝、カールソン中佐率いる海兵隊は、西太平洋のギルバート諸島のマキン島にある日本軍前哨陣地を攻撃し、
    守備隊を全滅させました。しかし彼等が戦場で敵の遺体におこなった蛮行は、アメリカ海兵隊の歴史に恥ずべき汚点を書き加えました。

    ルーズベルト大統領の息子で海兵隊大尉のジェームズ・ルーズベルトも加わっていたカールソン襲撃隊は、戦死した日本兵の死体を切り刻み、男根と睾丸とを日本兵の口中に詰め込んだ。
    太平洋戦争について熱心な研究者で著書もあり、またテレビの連続番組(戦線、Battle-Line)のプロデューサーであるシャーマン・グリンバーグが、
    二十年後にカールソン隊員の一人にその時の模様を(テレビで)詳細に語らせている。その隊員は戦友たちのやった蛮行を写真に撮っていた。
    (ジョセフ・ハリントン著の「ヤンキー・サムライ」から)

    ---------------------------------------------------

    マキン島へ救援に赴いた私(谷浦中尉)は、戦場で妙なことに気が付いた。どういうものか仰向けになった屍体が十五~六あり、しかもすべて下腹部を露出している。
    死後一週間経っていたため原形は完全に崩れていて、顔の穴という穴はすべて蛆で真っ白である。どうしてこんな格好をしているのだろう。被弾して苦痛のあまり無意識にズボンをずり下げたのか?。

    アメリカ兵といえばキリスト教徒であり、日本人以上に文明人とみなされ、しかも選りすぐった精兵とこの種の蛮行を結びつけることなど、
    遺体収容作業に当たった誰一人として思いつく者はいなかった。

    戦後五十年経って意外な事実を知り、愕然とした。それはマキン襲撃の際に行われた、海兵隊の蛮行を物語る出版物を読んだからである。
    (マキン、タラワの戦い、独立陸戦隊、中隊長谷浦英夫著)



    148 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/30(月) 19:53:47 ID:dVszKNpO
    米に『首狩時代』再現 /独外務省 髑髏写真を披露
    【ベルリン四日発同盟】
     アメリカ雑誌ライフの五月号に掲載された問題の日本兵頭蓋骨写真は
    早くもドイツ外務省の入手するところとなり四日の外国新聞記者団会見に披露された。
    その写真はアメリカの一少女が机の上におかれた
    人間の頭蓋骨を眺めているところを撮影したもので
    写真の説明に曰く

     これは日本兵の髑髏でアメリカ兵が記念品としてこの少女に送って来たものだ。
    彼女は今この髑髏の寄贈に御礼の手紙を書こうとしている。
    とあり、ドイツ外務省当局はこの写真を披露するとともにつぎの見解を発表した。
     かかることはドイツ人の考え方をもってしては到底想像もつかぬことで
    アメリカの道義が如何に頽廃しているかをもっとも明らかに示すものといえよう。
    正に〈首狩り時代)の再現である。
    アメリカが往昔の食人時代に復帰していることを物語るものにほかならない。

    右のライフに掲載された写真がミズリー州カトリック教機関週報
    アーチ・ディオシースの取り上げた事件と同一のものであるか否かは判明しないが
    この外にドリュー・ピアソンの暴露した〈紙切ナイフ〉事件もあり以上から推察すると
    日本兵の神聖なる死体を冒涜する蛮行は正にドイツ当局の指摘する通り
    アメリカが〈首狩り時代の昔に還って〉アメリカ国民間の流行となっていることを物語るものとして見てよかろう。
    http://wildhorse-depot.up.seesaa.net/image/81u838983C83t81v8E8F82C98DDA82C182BD93FA967B90l82CC93AA8AW8D9C_640.jpg



    169 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/31(火) 07:00:14 ID:fiBMoJYS


    【『日本軍は香港で何をしたか』 著者:謝永光(日本軍による香港占領を体験した鍼灸医)森幹夫訳】


    当時朝鮮は亡国の運命を辿り、台湾も日本の植民地であった。
    日本は兵力不足のため、大量の朝鮮人や台湾人が戦場に駆り出されていた。
    香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、 一般の日本人よりも背が高く、
    日本の正規軍よりももっと凶暴だった。

    このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、
    ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
    当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。



    170 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2006/10/31(火) 07:02:16 ID:fiBMoJYS

    【古野直也著 朝鮮軍司令部 1904/1945 国書刊行会】


    昔から日本人には語学が無い。
    地理・世情に不案内で朝鮮語がわからないから、
    どうしても朝鮮人の警官や憲兵補助員に頼ることになる。

    ところがこれらの連中には不良が多く、住民を脅して私腹を肥やすやら、
    女に手を出すやらの悪辣ぶりで、日本側はその取締りに忙しかったという。

    官憲の権威を嵩にすれば不可能なことはないのだ。
    事大主義はこの民族の特性である。

    日中戦争中でも中国語が堪能な日本軍人はいないから、
    中隊単位で朝鮮人の通訳を雇うことになるのだが、
    この通訳は中国人を生かすも殺すも自由自在に裁量できるから蓄財に励む悪者が多く、
    日本軍が中国民衆に怨まれる大きな原因となった。

    通訳の中には、日本人の名前の標札を持ち歩いて
    中国人の門に打ちつけて豪邸を占拠する者がいたし、
    スパイだといって逮捕し、釈放するといって身代金を
    取ったりして聯隊高額所得者は朝鮮人通訳だった例は多い。

    中には雇いもしないのに軍隊の後方をのこのこついて歩く偽通訳もいた。
    便利だからと使用してみると、いつのまにか日本軍の制服を貰って住みついてしまうのだった。



    538 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 14:15:48
    409 名前: 日本@名無史さん Mail: 投稿日: 05/05/08(日) 15:21:40

    コピペしまくりすいません。これ読んだことありますか?

    書評『神々の軍隊-三島由紀夫と国際金融資本の闇』(浜田政彦 著)
    三五館
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883202119/qid=1094762871/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-6180826-7472319

    ああ、この本を読まなければよかった。この本には、途轍もない「真実」が書かれている。
    第1次大戦終結後から第2次大戦の勃発までの日本史の動きを「国際金融資本」という補助線を引っ張って読み解いている。
    この補助線なしには、日本が突入したシナ事変と大東亜戦争(太平洋戦争)の泥沼は
    いかなる世界史的意味を持っていたのか理解できないだろう。政治家の動きだけを見ていては絶対に分からない
    539 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 14:16:44
    410 名前: 日本@名無史さん Mail: 投稿日: 05/05/08(日) 15:22:18

    当時(第1次大戦後)の日本には大略、3つの勢力がいた。一つ目は「皇道派=新興財閥連合」、
    「統制派=大財閥(ロックフェラー、ロスチャイルド系)連合」「日本原理主義者(大本教、日蓮教、浄土宗、国柱会など)」である。
    「2.26事件」は、日本原理主義者と皇道派=新興財閥連によって起こされた、反財閥、反国際金融資本のクーデタだったのである。
    この大きな視点が、これまでの日本史解説書では全く欠けている。
    皇道派の幹部たちも、本当に国体明徴による天皇の神権国家を作ろうという考えの人々は
    僅かで多くは、大財閥との利権争いの一環として、政治闘争を仕掛けただけであった。
    ところが、大本教、日蓮教などの宗教的熱情から、天皇中心の国体の明徴を実現しようとした「ラディカル」な、ある意味では純粋な、
    日本原理主義者たちは、あくまで純粋に自らの志に従って散った。筆者はここに三島由紀夫の自決と重なり合うものを見ているのだが、
    現代の日本人の視点から見れば、このあまりにも純粋な日本原理主義者の姿は、イスラム原理主義のアルカイーダやタリバンとも重なっていく。
    原理主義はそれが「狂気」であるが故に、現実妥当性を持たず、金と権力を握った者たちによって覆滅せしめられるのだ。
    原理主義者の、武器は狂気だけであり、戦略を欠いていた。これが、日本があの戦争に負けた最大の原因であろう。
    私は彼らの崇高な理念には共感はするが、これは危険なアイデアリズムであり、リアリズムの観点からすれば、
    唾棄すべき「国際金融資本」につながりながら、日本の独立をなんとか維持しようとした政治家たちの立場を取る。
    540 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 14:18:12
    411 名前: 日本@名無史さん Mail: 投稿日: 05/05/08(日) 15:22:43

    この本は、一方に2.26事件に連座した若い日本原理主義者たちに視点を置き、彼らの姿に徹頭徹尾共感した形で筆を進めている。
    その一方で、数々の文献を渉猟した筆者は、ロックフェラー、モルガン、ロスチャイルド、サッスーン財閥などの国際金融資本の中国政策と、
    元々「国際金融資本」(判りやすく言えば、ユダヤ金融資本)のひも付きであり、その限りに置いて自主性を許されていた、
    日本の三井・三菱などの大財閥たちが、欲を見せて、「彼らの虎の尾を踏む」さまを存分に描き出している。
    昔も今も日本が国際金融資本の強い影響下にあるということは変わらない。昔は英国の属国として、今はアメリカの属国として。
    この本の時代背景は妙に現在に重なっている。三井・三菱は「死の商人」でもあった。
    今、アメリカの要求で、武器輸出三原則の見直し、憲法9条の「改正」が行われようとしている。歴史はくりかえすのか。

    本文の内容もさることながら、巻末に乗せられた文献録と人名辞典の資料性を一段と高めている。
    天皇家は初めから、日本原理主義者の抱くような理想を体現していなかった、というあまりに悲惨な現実を、
    海外の文献まで調べながら立証している。天皇家のキリスト教改宗運動を進めた、クウェーカー・コネクションについては最近、
    園田義明氏が詳しく調べているが、本書でも園田氏の観点からとは全く正反対の立場から検討が加えられている。

    574 :日本@名無史さん[sage]:2006/10/30(月) 11:45:24
    日本の三井・三菱・住友といった財閥は英米の国際金融資本に組み込まれているから、
    自国の勝敗なんてどうでもいい。いかに戦争利権で儲けるか。それだけだ。
    軍部はそんなことも知らず、お釈迦様の掌の上の孫悟空だったわけだ。
    その辺りについて分析したのが>>538-540の著作だろう。(自分は未読)
    右翼も左翼も財閥を目の敵にしたのは今で言う反グローバリズムかもね。
    でも、右翼は天下国家を正せと言いながら、裏では財閥から、金を貰っていたし、
    共産党も資金援助を受けていただろう。
    日本を戦時体制に持っていきそれで儲ける。これが国際金融資本のもくろみであった。

    580 :日本@名無史さん[sage]:2006/11/14(火) 11:54:00
    >>574
    > 日本の三井・三菱・住友といった財閥は英米の国際金融資本に組み込まれているから、
    > 自国の勝敗なんてどうでもいい。いかに戦争利権で儲けるか。それだけだ。

    これは本当にそうだね。しかし

    > 軍部はそんなことも知らず、お釈迦様の掌の上の孫悟空だったわけだ。

    これは違うと思う。
    どういうことかというと、日本の財閥は欧米の財閥の子分だったんだが、
    しかし欧米の財閥は子分からシマを取り上げ、もっと上がりを増やそうとした。

    そのために日本が暴発するようにシナリオを作ったというのが太平洋戦争の意味だろう。
    日本のエスタブリッシュメントの中に対米協力者を育てていたから
    日本は中国と戦争しながらアメリカにも宣戦するとい国力に見合わない二正面作戦をとらせ、
    天王山だったミッドウェー海戦では拙劣な作戦、指揮で自滅させることも可能だった。

    英米の走狗としてもっとも働いたのは害務笑、壊軍。組織ぐるみで敵に協力していた。
    近衛なんかも走狗の一員だったが見捨てられたんだろうね。理由はわからんが。

    ところで、共産主義者も対立するように見せかけただけで、
    実は国際資本の走狗だから誤解しないように。
    そんなことはレーニン、トロツキーが国際資本に養われてたことから明らかなんだが。

    ロシア革命ってのは、国際資本が「こんな体制にしてみたらどうかな」という社会実験のようなものじゃなかったかな。
    そして「やっぱり資本主義にした方が儲かるか」ということで、ソ連は崩壊した。



    581 :日本@名無史さん[sage]:2006/11/14(火) 16:47:35
    国際金融資本というと、ロックフェラーとロスチャイルドだが、彼らの資産がどれくらいあるのか、聞いたことはあるかな?
    このあいだネットで検索していると次のような文章が出てきた。

    In 2000, the estimated worth of the Rothschilds was over $100 trillion and the Rockefeller family’s was $11 trillion. How much is enough one could ask?
    いかなる根拠に基づくものか、おれはまったくチェックしてないが、もし興味があれば、上の文章をそのまま検索してくれ。

    100兆ドルと11兆ドルというと、それぞれ全世界の証券市場時価総額、日本の証券市場時価総額より多いかな。
    ちょっと多すぎるような気もするが。



    138 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 00:30:50
    「第五章 大東亜戦争とコミンテルン」と「第六章 日本を陥れたもの」によると、軍部や右翼と
    共産主義者の間には戦略、政策に関しても共通面が多かった。
    反資本主義、反自由主義、反英米、農民・農本主義=反地主、反財閥、革命・クーデターに
    よる社会変革、そしてアジア植民地解放。違いは天皇制への態度だけ。
    実際、治安維持法下、特高は、“転向”で天皇制さえ認めれば、共産主義的信条の持ち主で
    あっても赦す例が極めて多く、かなり“寛容”だったそうだ。
    こうした共産主義者は1935年の有名なコミンテルン・テーゼの意に沿い、国家権力の中枢
    に食い込む“体制内革命”をめざしていた。
    革命運動は抑えられたが、マルクス主義学習は自由で、文献も大量出版されていた。
    転向した知識人(容天皇制)は、諸種のブレーン組織やシンクタンク的な政策研究・立案集団
    に迎え入れられることが多かった。
    そして、こうした隠れ左翼は独伊との共闘を説くなどしていたそうだ。

    140 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 00:43:19
    >>138
    そういう動きはいまだにある。
    日教組の要求通り、「ゆとり教育」による亡国の新学習指導要領導入を強行するなどした
    文部科学省の小野元之事務次官(当時)は、次のような恐るべき告白をしている。

    「大学では過激な学生運動をしていて権力を倒すには暴力が必要であると本気で考え、
    デモもした。しかし本当に世の中を変えるには内部に入ってやらねばと公務員になりました」
    (「毎日新聞」二〇〇一年八月二十日付)

    高崎経済大学助教授 八木秀次氏の講演(要旨)
    http://nipponsaisei.air-nifty.com/sakura/2005/01/post_2.html
     細川連立政権には社会党が加わり、羽田内閣を経て、自社さ連立政権が誕生。村山富市
    という社会党左派を首班に担ぎ、五十嵐広三が官房長官となり、文字通り官邸を社会党が
    握ってしまいます。今日、おかしな現象がいろいろ出てきていますが、その背景には、
    細川政権発足以来の政権の左傾化があります。
     「ゆとり教育」は紛れもなく、自社さ連立の負の遺産です。家永教科書裁判に見られる
    ように、かつての文部省は保守的でタカ派といわれましたが、平成七年、日教組と
    歴史的和解をし、いわば日教組化してしまいました。実際、文科省中枢にいた人は私に、
    「あの和解以来、文部省内の左翼が勢いづいた。そうでなければ、寺脇研氏とか
    小野元之元事務次官などが出世するわけがない」と伝えています。
     ゆとり教育は一九七〇年代以降、日教組が主張してきた子供中心主義を、文科省が
    取り入れたにすぎません。

    154 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 13:02:49
    >>140
    日教組を有力支持母体として持つ社会党が政権に参画し出してから歴史教科書の
    極左化が進行し始めたんだよ。それに対抗して「新しい歴史教科書をつくる会」や
    「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」とかが結成されたりした。

    マルクスの言葉

    「青少年に対して祖国の前途に対する希望の灯を奪い、
    祖国蔑視、祖国呪詛等の精神を扶植することが革命への近道だ」

    583 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 17:43:34
    >>154
     レーニンは「青少年に対し祖国の前途に対する希望の燈を奪い、祖国蔑視、
    祖国呪詛の精神を扶植することが、革命への近道だ」と力説し、
    昭和二十七年、日本共産党の志賀義雄は、

     「何も武装闘争などする必要はない。共産党が作った教科書で、社会主義革命を
    信奉する日教組の教師が、みっちり反日教育を施せば、三、四十年後には
    その青少年が日本の支配者となり指導者となる。教育で共産革命は達成できる。」

    という呪いの言葉を我が国に吐いた…。
    http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/from94to95ww2.htm



    191 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:04:48
    『餓死した英霊たち』 藤原彰 青木書店

     筆者は、病死者、戦地戦争栄養失調症による広い意味での餓死者は127万6千名と推定し、
    全体戦没者212万1千名の60%強としている。
     この原因をつくったのは、まず大本営の敵情判断の誤り、補給無視の作戦計画、現地自活
    主義による兵站軽視の作戦指導であり、直接には作戦参謀の独善横暴にあるとしている。
    筆者によれば、高級参謀の田中新市、服部卓四郎、辻正信の強硬トリオが参謀本部を
    開戦論にまとめ、対英米開戦に突入させ、その後の南方での作戦指揮はほとんど彼ら
    によるとしている。この他でインパール作戦の牟田口中将の功名心からの無謀な作戦も
    指摘している。
    http://www02.so-net.ne.jp/~n_kawa/main/book02.htm

    ガダルカナル作戦(1942年)当時の作戦部長は田中新一少将、作戦課長・服部卓四郎大佐、
    作戦班長・辻正信中佐、作戦班長総合補助・瀬島龍三少佐。
    このラインが臭うんだよな。南方で関東軍兵力が壊滅したことで、ソ連軍満州侵攻が可能に
    なった。そして瀬島らはソ連軍侵攻直前に大本営を抜け、うまい具合に満州に赴任している。

    603 :日本@名無史さん:2007/02/26(月) 18:29:41
    >>191
    旧軍幹部らが吉田首相暗殺狙う=52年夏、クーデター企てていた-CIA解禁文書 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000077-jij-int
    http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1172480265/
     52年10月31日付のCIA文書によると、クーデターを企てたのは元参謀本部作戦課長の
    服部卓四郎氏(故人)ら。自由党の吉田首相が公職から追放された者や国粋主義者らに
    敵対的な姿勢を取っているとして、同首相を暗殺し、民主党の鳩山一郎氏(同)を首相に
    据える計画を立てた。

    児玉氏・辻氏は使えず…米反共工作でCIA分析
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070225it16.htm?from=top
    http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1172466983/
    辻氏については、連合国軍総司令部(GHQ)の情報部門が対中工作を指揮させようと
    したものの、逆に日本の再軍備のために米国を利用しようとしたと分析し、
    「第3次世界大戦さえ起こしかねない男」(54年の文書)と警告した。

    辻政信
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1
    辻は戦後国会議員になり
    「第三時世界大戦が起きれば米国はソ連に負ける」と中立政策を主張。
    http://choco.2ch.net/news/kako/1009/10099/1009984334.html


    服部の本音は、親米反ソ派の吉田を引きずり降ろし、
    鳩山に日ソ国交樹立をやらせたかったんじゃないの?



    608 :日本@名無史さん:2007/04/11(水) 02:10:57
    共産主義者の陰謀かどうかは知らないが「ハル・ノート」で有名な国務省長官ハルの
    副官ハリー・ホワイトは戦後になって、ソ連のスパイであったことが発覚している。
    なぜか、米国議会で糾弾され、非米活動委員会出席後、ニューハンプシャー州の自分の農場にて心臓発作で急死。
    当初ハルは穏健案
    1. 日本は南部仏印から撤兵し、かつ北部仏印の兵力を25000人以下とする
    2. 日米両国の通商関係は資産凍結令(7月25日)以前の状態に戻す
    3. この協定は3ヶ月間有効とする
    を検討していたが、ハリー・ホワイトが「ハル・ノート」を作成し長官を説得した。
    東京裁判でパール博士は「ハルノートのようなものを突きつけられたらモナコ王国やルクセンブルクのような小国
    でも武器をもって戦っただろう」と言っている。
    結局ソ連のスパイはゾルゲにしても、第三帝国の参謀本部にいたスパイにしても
    なかなかやりおる。日米開戦にもっていくのが彼の使命だったわけだが、
    これで日本のシベリアへの侵攻の可能性は0%になった。



    578 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 20:53:21 ID:a9hVN8Rb [3/16]
    >>567-568
    厚労省の大臣だった管は真っ黒だろw
    ↓を読めば尖閣問題も解るぞwww
    >>485>>543
    301 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/03(月) 21:51:34 ID:2favVbej
    >>295

    破壊屋ッテ奴が煽ってるな・・・・政府紙幣賛同者=ロス工作員って事にしたいんだろうな
    最近は知る人が増えてネタバレして来たから撹乱工作の為に単なるロス茶工作員を
    ロック工作員?ロス工作員?と騒いで撹乱しまくって混乱させて生き残り工作をしているのだろうw
    便所民や副島等の自称陰謀論者達の真贋が落ちても銀行家は何も困らないw
    主導権は握れなくなる位なら真贋を落として有耶無耶にするw
    本屋さんに本を出せる時点で答えは出てるよ・・・本は彼等の認可なくしては出版できない
    個人なら可能だがなww

    と・・言うよりもロックロス対立論を煽ってる時点でマッコウモグラがロスの工作員だよ・・・
    副島を批判して正義面か?ww言ってる事同じじゃないか・・・・・

    今の民主批判と良く似ているなw銀行家の悪事が知られると共に自公売国政党の悪事も露になったw
    こうなると銀行家の犬共は無闇に民主を批判し自民を賞賛出来なくなったw
    だから必ず「自民支持者ではないが」と中立を演じるw
    そして自民の悪事を暴露し「現民主政権の主要メンバーもグルだ!」と煽るw
    実際は単なる言いがかりでしかないw売国政策と知ったから離党し民主党を作ったのであるw
    残念な事に民主党にも沢山のスパイが入り込んでいる、コレは防げない・・・
    しかしその比率が問題である自民は性和解に完全に乗っ取られた売国政党になってしまった
    その性和解の乗っ取りに気づいた政治家はある者は自民党に残り戦い
    ある者は離党し新党を立ち上げたw民主党はその為に作られた政党だ
    だが・・サバタイが入り込んでいる・・・完全に乗っ取られた訳ではないが・・・
    あwコバンザメ高名は最初っから乗っ取られた政党ですけどw

    ここで予想通りの反応すると思うから釘を刺しておく枡添達は製和解の別働隊だからww
    乗っ取られて取り込まれて売国行為やりまくった後に離党しても無駄wwwww

    580 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:02:06 ID:a9hVN8Rb [5/16]

    312 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/03(月) 23:16:44 ID:mhEZt/tY
    >>309

    認可法人ですよ?つまり民間ですよ?w議決権が無いの・・・・
    政府が55%持ってるって言ってる時点で民間なの・・・・
    でも・・・・55%持っても政府には議決権が無いの・・・1998年だったかな?
    新日銀法で独自性を強めて政府は政策に口出しできなくなったの・・・
    政府の意向も国民の生活も関係なく独自に動く事が問題なの・・・

    >じゃあ、みなさんは何に対してそんなに怒ってるんですか?

    俺に粘着する奴等は「俺に銀行家の支配の手口を暴露されて怒ってるのw」
    問題は日本の(ほぼ世界中の)民間中銀と市銀の支配者がイギリスに住む外人(家族)
    って事なのwこいつ等が滅茶苦茶してるの・・・

    >不当な行為をされる危険性がないのでは?

    不正な事ってwお金を供給しないことは不正なのか?wどう思う?
    外国に民間人に通貨の発行管理を任してるんだぜ?で・・・バブル崩壊・・・
    サブプラ恐慌・・・・デフレ不況・・・おまけにフランス革命・共産革命・
    明治維新を起こされWW1、WW2戦争を起こされ・・サリンテロが起こされ
    911が起こされ・・アフガン・イラク戦争を起こされているんだぜ?
    不正とかいう話じゃないんだぜ?日本の年間自殺者何万人か知ってるか?

    現在の金融システムは風呂入る為に水が流れないように栓して水入れるでしょ?あの栓がない
    状態なんだよ?供給を止めたら何が起きると思う?しかも民間で利子を取り利益を株配当として抜くから
    出した水以上に水を返さないと成り立たなくなるの・・・
    利子の利益を100%国民に無償で還元したら成り立つよ?だから国営化って言ってるの・・・
    国営化しても何も変わらんの・・・利子を取っても国庫に入って国内を回るから問題なくなるし
    利子を禁止して税金で済ましてもOKなの・・・だって・・国債の支払いは税金なんだから・・・

    581 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:03:34 ID:a9hVN8Rb [6/16]

    317 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/03(月) 23:55:00 ID:mhEZt/tY
    >>309
    先ず蛇口が2つある事を理解した方が良い中銀と市銀だ
    民間市銀はその名の通り民間でしょ?だから政府はコントロール出来ないのは分かるでしょ?
    「民間企業に政府が難癖付けることは良くない事だ!民主主義に反する!」とマスコミに刷り込まれてるでしょ?
    製造業とかなら政府がギャーギャーあまり良い事ではないw放任過ぎても現状を見ば分かるが
    全然良い事は無いww売国奴は決済通貨を信用創造する(蛇口)市銀だけでなく中銀まで放任した為に
    現在の惨状が起きた・・・アメリカ見てみ悲惨でしょ?
    もし中銀を政府が完全支配したら2つある蛇口の内一つ握った事になり半分通貨発行権を支配した事になる
    これではまだ不完全だ、私立銀行軍(市銀群れ)が貸し渋りを起こしたら恐慌が起きるの・・・
    それを防ぐ為に政府が中銀(蛇口)と連携して風呂(市中)水(お金)を供給したら
    マスコミが無知な大衆を洗脳するの・・・「無駄使いだ!国債発行残高が膨大に・・つけは国民に来る・・」と・・
    では・・中銀だけ支配して市銀に規制を書けたら良い?規制したら益々貸さないよ?金利下げたら貸す?
    利子下げたら市銀は儲からないでしょ?じゃ~金利上げる?そんな事したら今度は企業や個人が借りなくなるよ?
    住宅ローン等の長期ローンを組んでる人はいきなり金利が上がったら破産する人も出ちゃうよ?

    銀行家は上手いでしょう?w雁字搦めだよねw「銀行で働く従業員は儲けたいVS低金利で借りたい企業と国民」
    と言う構図になるの・・・「なんで銀行で働く雇われオーナーや従業員は利益を出したいのか?」
    それはね銀行の株主(オーナー)が「儲けを出して株配当を寄こさないと経営陣を総入れ替えするよ?」って言うの・・・
    だから市銀で働く奴隷達は必死に儲ける為に金融市場という博打場にお金を持っていって
    巻き上げられちゃうの・・・でも普通なら「巻き上げられた=損益を出した」と言うことだから
    経営陣は全員クビになると思うでしょ?でも・・ならないのww
    「金融市場という賭博場で負けた=オーナーに貢いだって事になるからねw」
    で・・・市銀の負った負債は国(国民)が肩代わりすの・・・・

    585 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:33:05 ID:a9hVN8Rb [8/16]

    318 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 00:03:40 ID:cHEAQG0w
    金利が安い
    「銀行はあまり貸したくない=企業と大衆は金利が安い内に借りたい」
    金利が高い
    「銀行は貸しまくりたい=企業と大衆は金利が高いから借金したがらない」

    簡単な事だわなww

    >>314

    オーナの存在にやっと気づいたの?おめでとうww

    >>316

    「外国人の家族にこのまま通貨発行権を任せて奴隷として生きろ!」と言われても・・・ねw
    だから何度も言ってるだろう?国債の支払いは税金だって・・・アホなのか?
    国債の利息も税金だぞ?頭大丈夫か?
    問題は金融市場と言う名の博打場で働くギャンブラー達の再就職先だわな・・・
    こいつ等優秀なんだろう?それなら問題ないなw
    いきなり禁止にはしないよ?賭博場で働く人達の為に徐々に縮小していきますw
    君達のように「パチンコは違法だから潰せ!FRB・日銀を潰せ!」とは言わないの・・
    そこで経済を良く知る俺は働く人達の事も考えてるの・・・害しかないからと言って
    その人達の生活を滅茶苦茶にすると俺まで影響が出るの・・・・「公務員の給与を減らせ」
    と言ってるアホもお前の仲間ww賭博場で働くギャンブラーの消費も公務員の消費も景気に影響してるの・・
    今は逆に公務員の給与を上げるべきなのwww無論末端だけしか認めないぜ?
    ガンガン上げてキャバクラ・ヘルスで豪遊して金を回せww
    ま~経済学を学んだ経済音痴の君達では理解が出来ないだろうな・・・・

    586 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:33:46 ID:a9hVN8Rb [9/16]

    320 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 00:46:22 ID:cHEAQG0w
    >>319

    >>312と>>317と>>318は理解したのか?

    >ここら辺がよくわかりません

    自分で考えて書いてみwヒント上げるからw恐慌が起きる前は必ず好景気でしょ?金融経済がww
    ①「好景気=金余り状態orお金が循環している」と言う事なのw
    ②「不景気=金詰まり=貸し渋り=市中にお金が無い」と言う事なのw

    ①でお金が有ったのに②の時にはお金が忽然と消える・・・不思議でしょ?
    日本のバブル崩壊の時200兆とも300兆とも言われてるけど巨額のお金が
    日本の市中から忽然と消えたの・・・・サブプラも同じだわなw
    貸し渋りだけではこんな事は起きない供給しないだけだから負債=資産と平行して減って行く
    ま~これでも困るんだが、バブルの時は違う負債>>>資産となってしまうの・・・
    何処に行ったのかは分かるよねwバブルを仕掛けた連中の「秘密のプライベートバンクw」
    問題はどの様に巨額のお金を強奪したのか?を考えれば良いw
    お金はなくならないの・・・負債が有るって事はその同額お金が有るの・・・
    持ち主が変わっただけなの・・・日本のバブル崩壊で日本・アジアは大きな被害を受けた
    サブプラで欧米日世界中が被害を受けた・・・つまり世界中の国々が負債だけが残って
    お金が消えたってこのなのw

    ヒント「株は安い時に買って高い時に売れ!で・・底値になったらまた買えw」
    「借金は返済は株券や土地・建物じゃダメ!銀行が発行する数字で!」

    自分で考える力が無いのか質問して揚げ足を取りたいのか知らんが
    たぶん明日強奪の方法をかいてやるよww

    587 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:35:11 ID:a9hVN8Rb [10/16]

    328 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 01:53:38 ID:cHEAQG0w
    >通貨=負債で対価となる商品の通貨に対する相対的価値が以前に比べて下落し

    通貨の価値が変動することはある通貨以外のあまり変動しない価値ある物と比べると
    よく分かるw今は基軸通貨の$自体が変動してるから滅茶苦茶で出鱈目なんだけどねww
    銀行の帳簿に記入された数字分の数字は同数市中存在するから価値云々ではないのです

    >>325←初心者のフリしても直ぐにばれちゃいますw
    まったく困ったもんだ・・・インフレも起こせるしデフレも起こせるんだよ・・
    隠した数字を一気に供給したらインフレぐらい簡単に起こせる
    で・・・価値の下がった通貨と価値ある物資と交換して大量のお金に換えたら
    供給を止めてインフレを解除するw要するに金利上げたりして貸し渋って金詰まりを起こす
    そうすりゃあら不思議大金持ちだなwwで・・有り余る資産で欲しい物件を買いあさるw
    供給する蛇口を握ってるって事は為替でウハウハなのww

    >>326
    出たよwww伝家の宝刀「意味不明」wwww図星って事だw
    後「国土と人口」も考慮しないとなwもう一は年齢層の割合だなw
    働き手20~55歳が何%かとかw後は携帯とか便利なものが増えて消費意欲=通貨需要
    が増えているから30年前と同じように語れないの・・・だから定義など無いの・・・
    「昔はコレだけ発行したら足りたはずだw」と言っても昔と今じゃ違うの・・
    「産業力=供給量と消費=需要」←コレだけで分かるだろうがアホ・・・
    本来これに大して通貨を必要量発行するのが銀行の役目なんだよ・・・
    儲けの為に発行してるからこんな事になるんだよ・・・

    >ソーゾーさんは常に形而上的な表現を使うのは何か意図してるのですか?

    理解しているから定義など無いと語れるのだよ?アホかお前はw

    588 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:35:35 ID:a9hVN8Rb [11/16]

    329 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 01:57:28 ID:cHEAQG0w
    >>323

    お金は負債として創られる「負債1000兆ある=資産1000兆ある」
    銀行の帳簿に「1000兆貸した」と記入すると1000兆謝金として資産が作れる

    1000兆(負債)=1000兆(国内市中資産)となる毎年10兆返済し供給しない状態(今は利子無しで考えてチョ)
    1年後
    990兆(負債)=990兆(国内市中資産)となる
    2年後
    980兆(負債)=980兆(国内市中資産)と・・・減って行く、供給しないと減って行く仕組みなの

    で・・・負債=資産なのはずなのに何故か980兆(負債)で380兆(国内市中資産)と言う状態になるの・・・
    ま~今は全ての国がこうなるの・・・で・・980兆(負債)380兆(国内市中資産)←この状態が
    君の理屈で起きるのなら必ず破産する仕組みになるwそんなもん誰も採用しないでしょ?
    実際は負債分と同じ量の数字があるの
    「980兆(負債)380兆(国内市中資産)600兆(海外?何処行った?)」←こうなってるだけなのw
    で・・・通貨の必要量が950兆円だとすると国内市中には380兆しかない
    この状態になると不景気「みんなお金が無い・・」と言い始めるw実際無いんだから仕方が無いww
    好景気(バブル)後にドカンと減らせば恐慌だ・・・で・・政府は国債570兆円分発行して中銀に引き受けて
    もらって市中に流して景気を維持しようとするが日銀が拒む・・「お金は有る(マネサプライしてるからw)」と言うの
    もし日銀が言う事を聞いて供給したらこうなる
    「1550兆(負債)950兆(国内市中資産)600兆(海外?何処行った?)」となるわけ・・
    負債だけ増えて行くと言う仕組みだ・・・利子を取れって株配当として外人に流せば
    もっと酷い状態になる・・端から足らないww絶対に有るんだけど何処かに行ったの・・・
    ASに聞いたら「日本の資産はアメリカに行った」「アメリカの資産は欧州に行った」
    「欧州の資産は何処に行った?と聞いたら欧米の市中と言いやがったww」そんな訳がないw
    課税できない何処かに行ったってこと何だわなwwま~金融経済なんだなこれがww

    589 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:36:06 ID:a9hVN8Rb [12/16]

    333 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 02:47:34 ID:hu5UKdD6
    ①「タックスへブン=怪しい南の島々=エリザベス女王が元首の怪しい島」
    ②「非課税団体、層化・統一・バチカン等々の怪しい非課税団体」
    ③「金融経済で国境を越えてグルングルン回っている非課税のお金」

    この三つが連動したらもう何が何だか何処に行ったのか分からないのw
    政府は行方を追う事は出来ないの・・・・銀行が邪魔してくるし・・・
    「顧客情報は教えられません!」と言うの・・・「犯罪者で麻薬王で服役中なんだぜ?」
    と言って聞かないの・・・ま~調子に乗りすぎてスイスの銀行は渋々情報を提示したがなw
    良く考えたら調査機関もグルだったねw大衆の目が気になって演技しただけだねこれw
    一個増やさないとダメだねw
    ④調査機関も実はグルw(国際機関・第三者機関等々の怪しい機関)

    もう目も当てられないな・・・民間機関(第三者)に第三者機関が監視しても意味無いわなww
    国(第一者(こんな言葉あるのか?当事者が正しいのか?w))を監視するのは国民(第二者)であり
    第三者=他人だぜ?w日本国内にある国家に属さない独自性(つまり他人)を持った日銀や
    怪しい法人を調査するのがこれまた妖しい第三者なんだからまともな事はしないわな・・・
    民を調査するのが国で国を調査するのが民である第三者(他人は邪魔w)
    役人が役人の不正を暴く?無理だろう?w仲間だもんwだからみんな共産主義を嫌うんでしょ?
    役人を監視・管理する為に国民の代表を送り込むのが民主主義である
    政府の機関を国民の為に運用し監視するのが国会議員の仕事です
    民主主義国家において役人はこの権限は無い国会議員(国民)の下僕として動けば良い。

    590 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:37:26 ID:a9hVN8Rb [13/16]
    335 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 03:19:59 ID:hu5UKdD6

    >>334
    「金融市場という賭博場で負けた=オーナーに貢いだって事になる」と
    「その強奪方法とやらを教えて頂けないでしょうかね 」は同じなの・・・
    それは明日か明後日に教えるよw(自分で考え悩んで脳を動かせwおれ自身がそうだったw)

    >どのようにして非課税のお金になったか、具体的にお願いします
    ②の宗教法人は法律で決まってるから・・常識になってるね・・・③はノーベル経済学賞とか貰った怪しい奴が騒いで煽って
    「国境を越えたお金は課税したらダメ!」と言うルールを作っちゃったの・・
    で・・・逆らうと国債機関のWTOか?貿易関係でギャーギャー言う怪しい機関が
    「国際ルールに乗っ取ってフェーアーに!」って言うの・・・「うるせ~」って言ったら
    「ハイw経済制裁しま~すw」って言うの・・・これをジャイアニズムって言うのw
    ①もこの怪しい国際機関が決めたルールなの・・アンタッチャブルなの・・・
    ①~③のこんな程度の低いペテンは「大衆が知らないから通用してるんだけどねw」

    >>その根拠は何ですか?
    「世界中の負債が増えて増税して税収が減っている=大衆の所得が減っている」からだよ?
    簡単な事なの・・・スポーツ選手の所得の上昇の推移と大衆の所得の推移は同じか?
    「負債が増える=資産も増える」はずなのに大衆掴む量は増えていない
    ジンバブエは負債が増えてインフレになって大衆は大量のお札を掴んでたでしょ?
    アレが普通なんだぜ?アメリカ見てみ可笑しくないか?途轍もない負債を抱えてるんだぜ?
    その負債分$は出回ってるんだぜ?何処に行った?
    欧米の市中にあるというなら欧米大衆の所得は増えてるよ?現実見てみ何処に行った?
    大衆だけじゃないぞ?大金持ちのバフェットもゲイツも1兆ほど資産減らしてるんだぜ?
    それなのに「儲かったぜww」って言う奴が何処にもいないだろう?
    だから「見えないところに隠した」と言ってるんだよw「儲かったww」って言ったら
    「お前が犯人か!」って言われるから黙ってるに決まってるだろうが・・・

    >市中資産がなくなるとか不自然すぎるじゃないですか
    無くならないよ・・国内市中(実態経済)にあった資産が移動したんだよ・・・

    591 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:38:04 ID:a9hVN8Rb [14/16]

    336 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 03:35:00 ID:hu5UKdD6
    >>334

    >>どのようにして非課税のお金になったか、具体的にお願いします

    宗教法人に寄付をする、宗教法人が経営する企業の売り上げを寄付として抜く
    宗教法人は金融市場にそのお金を持って行く、国境を越えたお金は非課税となり
    政府は行方を追う事は出来ないし調査機関自体がグルだから追える訳がないww
    で・・・そのお金がまた宗教法人に流れたり怪しいカリブ海の島の銀行に流れるの・・
    で・・カリブ海の島や宗教法人のお金が金融市場に流れる・・・グルグル回るわけだ・・・
    金融市場でお金を回して膨らまして宗教団体に寄付をするって逆の手もある
    この非課税の団体やルールを利用して動かして煙に撒くってことだよw
    で・・・調査機関が妖しい第三者機関なんだから追える訳が無い・・・
    政府が単独で調査しようと思ってもこの第三者機関や国際機関が邪魔をする・・・

    592 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:38:58 ID:a9hVN8Rb [15/16]

    341 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 09:31:00 ID:Xo+Uk6Ey
    >>338
    >>165>>167を見たら分からんか?これも手口の一つ>>167の手口では
    好景気にはならないw通貨の総量は増えてないからなwただ経済支配の為に
    株価を意図的に落とし底値の内に買い漁り日本企業のオーナーになって「従業員給与・
    下請け単・設備投資を削って価利益配当を上げさせて現在の惨状を作った。
    強奪方法はいたってシンプルだ(既にこのスレで書いたと思うが)
    ①最初に対象国の株を100兆で買って置く②マスコミと送り込んでおいた売国奴と
    中銀と市銀をフル稼働させて消費を煽り資金共有を強化させ市中の資金循環を良好状態にする
    ③供給量を増やし資金が循環し景気が良くなると銀行とマスコミが二人三脚でが
    金融市場での運用を大衆に進める④煽られた大衆は借金して株式市場に投資したり
    借金して土地を買って転売し始める(バブル発生)⑤バブル発生となる

    バブルの起こし方は①~⑤の手順でOK
    ①で100兆円もの海外投資があるので金融市場の資金循環が活発になる
    ②で怪しい3馬鹿が煽る③で金を貸しまくる(マネーサプライ)金利を下げてもOK
    ④2つの蛇口の内の市銀蛇口の供給量が増えて負債=資産が増える
    ⑤その増えた資金が②の煽りで実体経済から日本の金融市場にドッと流れ込みバブルが発生し株価上がり
    ①で仕掛けた連中が予め買っておいた株が高騰し2倍3倍と値が跳ね上がる
    仕掛けた連中は①の株を3倍の高値で売って300兆円のキャッシュに変えたら
    >>333>>335の手口で隠す(日本の金融市場から強奪する)

    593 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:39:16 ID:a9hVN8Rb [16/16]

    342 名前:ソーゾー君 ◆0aWIMuV0Ro [] 投稿日:2010/05/04(火) 09:33:59 ID:Xo+Uk6Ey
    コンだけwww仕掛けた連中は200兆円の儲け、で・・キャッシュに変えて
    奪った資金を隠してバブルを起こした国の2つある蛇口を閉めれば恐慌が発生
    し株価が底値になる・・・で・・底値になたら奪った有り余る300兆円で対象国の
    株を買い漁りオーナーになり経済を支配してしまう(>>165>>167参照)
    恐慌が起きて底値だから300兆円も使う必要は無い・・担保として奪われた資産
    (銀行は不良債権と言いやがる・・)を十分の一以下の底値で買うんだから100兆も用意したらOKw
    >>167見るともっと酷いわな・・一円も返ってきてない・・・コレを2回もやられたらどんな国も支配される



    598 名前:百式 ◆K.oTJPZF2. [sage] 投稿日:2010/11/10(水) 00:11:39 ID:qAfEmOJv [1/2]
    コピペ君と同一人物扱いされているようだが、違うぞ?
    まあ、ソーゾー君のコピペで学ばされることはいまでも多いが。
    ちょっとTPPについて書いておこう。

    ドルを刷りまくったところでアメリカの経済は回復しない。そもそもアメリカは資源の豊かな国なのだから貿易を基本的に閉じて、内向き政策をひたすら続けていれば
    いとも簡単に復活する。それを邪魔しているのがロスチャイルドの自由貿易だ。自由貿易によってアメリカの富は貿易相手国に流出してしまい、現在のような貧しい国家に転落してしまった。
    アメリカの経済を元に戻すには関税を引き上げればよい。1973年以前の関税率は今とは比べ物にならないほど高かった。しかし、この年を基点に関税率を大幅に引き下げてしまい13%程度にしてしまった。
    中国だろうがインドだろうが人件費の安い国で大量に生産してアメリカに輸入する。アメリカ国民が正当な給料で作り出した製品と輸入品と比べてみれば競争で勝てるはずがない。
    TPPで前原・仙石が関税をゼロにするなどと言っているがとんでもない話だ。自由貿易の狙いはその国のその分野の産業を根絶やしにすることである。
    関税ゼロで日本車とアメリカ車が戦えば、やがてアメリカ車は国内から駆逐されてしまう。自動車部品を扱っていた中小企業もすべて国内から消え去る。
    関税の大幅引き下げや自由貿易を推進するということは、すべての産業の分野で世界中の低賃金労働輸入品と価格競争して勝利しなければならない。
    世界中のいかなる国とも負けてはいけない。たとえ一国でも負ければ日本国内からその産業は永久に消え去ってしまう。

    599 名前:百式 ◆K.oTJPZF2. [sage] 投稿日:2010/11/10(水) 00:12:49 ID:qAfEmOJv [2/2]
    そのロスチャイルドの戦略を止めるのが関税だ。
    アメリカがかつて豊かな時代だった時は多いときで30~50%もの関税を輸入品にかけていた。関税によって国内産業を守っていた。
    日本のお米なども今は関税で守られている。輸入米には700%の関税がかけられている。それでも日本で作った米より安いというのだから、これをゼロにすればユダヤの手先企業は肥え太る。
    吉野家が牛丼を70円とかで売るかも知れない。マクドナルドがハンバーガーを30円で売るかも知れない。それで?貧しい人たちは救われる?んなわけねーだろ。
    国内で作ったものがまったく売れなくなって胃袋を他国ににぎられ終了と。ドル危機で輸出入が一時的にストップでもすれば日本の中で餓死者が出る。経済のことが何もわかってない菅・仙石・前原を引きづりおろさなければならない。

    コメントを書き込むだけでも時間がかかるものだなあ。
    めんどくさいから、またしばらくひかえよう。



    812 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 07:11:34 ID:EPAy+pQm [2/3]
    日本は満州に中央銀行を創設し
    通貨の発行を始めます。
    その時、他国通貨の中央銀行を支配し、紙幣を発行すると
    とても儲かるということに気がつくのです。

    1931年12月の高橋蔵相就任以来、
    積極的な財政支出政策(おそらく理想的におこなわれた世界最初のケインズ政策)により
    日本の経済活動は順調に回復を見せたが
    1935年頃には赤字国債増発にともなうインフレ傾向が明確になりはじめ、
    昭和11年(1936年)年度予算編成は財政史上でも特筆される異様なものとなった。

    高橋蔵相は満州国の通貨を円と等価として
    お札を刷りまくるのです。
    そのお札で公共工事を行った。
    そして世界で初めて世界大恐慌を脱出します。

    ロスチャイルドやロックフェラーがだましとっている
    金利を公共工事に使ったわけです。

    それがインフレの原因です。

    しかし、それがユダヤを激怒させます。

    1936年2月26日に高橋蔵相は暗殺されます。

    813 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 07:17:37 ID:EPAy+pQm [3/3]
    日本、朝鮮、中国
    ここに円による経済圏をつくられると
    ユダヤ先生による世界支配に支障がきたされるのです。
    円経済圏の発展により
    金利を盗むユダヤ先生の経済政策の嘘がばれてしまうのです。

    だから、戦争をしかけられたのです。
    ユダヤ人ヒトラーが
    ベルサイユ条約を破棄して再軍備を始めたのは
    満州中央銀行が設立された後です。
    そして、第2次世界大戦に引きずり込まれた。

    すべてはユダヤ先生が通貨を支配するために



    191 名前:自分は名無しであります[] 投稿日:2010/11/09(火) 09:48:31 ID:ETq2Vrds0 [2/6]
    黒木氏は、生前に親友に、もし殺されたらと頼んでいたことがあった。
    親友は、原稿のコピーを保管していた。親友は、記者会見を希望していて、
    黒木氏から聞いていたことを要約すると
    ・冤罪捏造団の調査を終わり、本の原稿を書き終えた。
    ・ビル支配システムで監視されていて、原稿を読まれてしまった。
    ・脅されてきた。殺されるかもしれない。
    ・脅迫する刑事は、練炭自殺に偽装すると言っていた。
    ・元TBSアナウンサーの川田亜子が練炭自殺に偽装して殺された。
    ・冤罪捏造団は、他にも練炭自殺に偽装する暗殺をしている。
    ・自殺はありえない。原稿のコピーを渡しておく。
    ・もし殺されたら、出版社に持ち込んでもらいたい。
    ・出版したら、印税で家族は生活に困らない。
    ・家族には、何も言わないで、冤罪捏造団を調査し、本を書いていた。
    ・家族が殺されないようにするためだ。
    ・冤罪捏造団が練炭自殺を偽装する殺人を増やしたので、まねる者が増えた。
    http://sinka7.iza.ne.jp/blog/entry/1873598/



    192 名前:自分は名無しであります[] 投稿日:2010/11/09(火) 09:55:18 ID:ETq2Vrds0 [3/6]
    三井 環さんが指摘する検察裏金の構図が警察にもあって,漏れると困る輩が
    まわりまわって国のトップまで達するのだろう。

    検察や警察の報償金は一銭も情報提供者には支払われない。
    全て裏金になって庁舎の金庫で現金管理だ。
    ウエに割り振られた裏金の達成額によって出世も決まる。

    年間800枚ほど偽造する架空の領収証につく印鑑は,警察署の近所にあるハンコ屋でレンタルだ。
    たくさんあるハンコ屋は,レンタル料だけで食っていける。

    今回は犯人に仕立て上げられた人間の死を時間差で確認して報償金を山分けというところか。
    偽犯人を恐喝していた殺人犯Zにもいくらか入るのかい。

    気になったら徹底的に自分でしらべることだ。
    国民一人一人が,点と点を線でつなげ。



    471 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2010/11/09(火) 10:21:06 ID:uq14CoKR [1/7]
    >>468
    >風俗バイトに殺到している、と

    それはまともな求人がないからで、ハロワに行ってみればわかるんだけど、
    NHKの連中には考えもつかないことだからねー。
    http://shadow-city.blogzine.jp/net/2007/10/nhk1500_6398.html

    高利貸しで金を借りて幸福になれるやつなんかまずいないさ、
    崖に突き出した板をちょっと前に進むだけなんだし。
    先の希望がないのに金を借りてもどうしようもないんだ。

    ◆女子アナ年収ランキング(潜在視聴率、年収)
    1位 高島彩(31) 7.8%  2000万円
    2位 西山喜久恵(41)2.1% 1900万円
    3位 高木広子(38) 0.1% 1800万円
    3位 島田彩夏(36) 0.1% 1800万円
    5位 佐々木恭子(37)3.1% 1750万円

    国会議員の推定年収:2,896万円
    推定平均年収:2895.9万円
    推定月収:188.7万円
    平均ボーナス額:632万円

    >「子ども手当」調整続く 所得制限で駆け引き 800万円に賛否噴出
    >別の与党幹部は「800万円なんかにしたら参院選に絶対に負けるよ」と指摘する。
    >また、原口一博総務相は17日、与党関係者に「年収800万円から1200万円の層で
    >うちの党の支持者は多いんだ」と漏らし、800万円ラインに異論を唱えた。

    公務員組合「連合」公務員自治労職員の平均年収 (注)※
      2006年:934万9000円
      2007年:937万2000円
      2008年:1029万6000円



    472 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2010/11/09(火) 10:23:55 ID:uq14CoKR [2/7]
    実は民主党を操る影の司令塔?労働組合の腐敗ぶりを徹底解剖
    ちなみに、民間最大級のNTT労組のスト資金は548億円!。
    年1%で運用したとして、これだけで眠っていても6億円近い収入が転がり込んでくる計算です。

    組合員から集めたお金を労組はどう使っているのでしょうか。
    最近、日本郵政グループ労組新宿支部で幹部の使い込みが発覚しました。

    焼肉、キャバクラ通いで500万円近い予算を文字通り食いつぶしたというのです。
    同労組の中央執行部役員の年収は1人当たり平均2500万円!
    三役クラスとなれば、それ以上です。「労働貴族」ぶりはまだまだ健在といえるでしょう。

    問題は、そんな労組が民主党政権に強大な影響力を有していることです。
    労組ピラミッドの頂点に立つ「連合」(日本労働組合総連合会)は180万の得票力を誇り、民主党の全衆参議員417人のうち54人が連合組織内議員です。

    さらに付け加えれば、鳩山内閣の全閣僚18人のうち7人が連合組織内候補。
    労組のカネ、選挙協力なくして、政権交代はなかったといっても過言ではありません。
    (『週刊ダイヤモンド』副編集長 藤井 一)



    474 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2010/11/09(火) 12:34:51 ID:7ZZYs3NU
    マスコミ報道はけっして伝えませんが、世界自由貿易市場の拡大は、貧困の増大と、
    一握りの富裕層の資産の肥大化という現象と表裏一体で進行しています。
    グローバル化で世界が発展し成長しているというのは、トータルで見た場合の話で、
    そこに生きる個々人の視点からみたら、逆に大部分で貧しさが広がっているというのが実態ではないでしょうか。

    コイズミ総理に痛みに耐えてがんばれといわれ以来、10年もがんばった挙句、サラリーマンの給料が下がり続けているのはどうゆうわけか?
    優良な中小企業でも投資資金を貸しはがされているのに、世界中でマネーがだぶつき投機先を求めてさまよっているのはどういうことか?

    これらのことを見るだけでも、マスコミが振り撒いてきたグローバリズム神話というものが、いかにいんちきかということがよく分かります。
    マスコミ報道は、グローバリズムがはらむ単純な法則を隠蔽しています。
    ピンはねできるものは世界規模でピンはねできるので、一握りのピンはね競争の勝者は、莫大な資産家になります。
    反面、大多数のピンはねされる側の人間は、世界規模で、ピンはね率の高い、富の再配分が極端に低い労働者と競争させられるわけですから、どんどん貧しくなるのはあたりまえのことです。
    こうした、ひとりひとりの人間にとっては、不幸の拡大再生産になりかねないグローバル経済原理の実情をマスコミはけっしておおっぴらには解説させません。
    本来ならば問題点を明らかにした上で、それを解決する新たなルール作りが必要なのです。
    それを制御する政策を提示することもなく、グローバル信仰を振り撒く単純馬鹿が民主自民のネオコン連中ですが、それを世論誘導で支えているのがマスコミです。
    彼らを若いということで持ち上げる反面、TPP 参加慎重派を、まるで抵抗勢力のように印象誘導しているマスコミ・・・その罪は限りなく重いと思います。



    475 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2010/11/09(火) 12:55:58 ID:KuZlloij
    だいたい、農業なんてのは、兼業農家、サラリーマン収入があるのに、副業
    で、週末コメを短い季節の間作ればいいわけで、農協にもっていけばコメが売れるんだが、
    、サラリーマン収入+兼業農家の副収入+やつらは農地を保有してさまざまな相続税の税優遇をうけたりしていて、
    儲かっているんだわ。やつらは。別にコメをつくらんでも、耕作放棄して
    農地だけ保有しておいても税優遇うけるのでいい。農地を貸すことで
    不労所得もあるしね。

    だから農家は儲からないというのは半分はウソ。地方だから土地も安いし、
    生活コストもそこまで高くない。車のガソリン代くらいだろ。
    ただ農家といっても兼業農家の話で、そいつらの保護するために
    減反制度を続けて動いているのさ農協が、で農協の組織票はばかにできないから
    政治家はどうしても、兼業農家や農協に目を向けた政治になってしまうわな。
    献金も相当入ってくるし。兼業農家も地方公務員とか農協職員とかだろ。

    個別補償も農家にお金を直接お金をばらまくことになっているけど、
    農協がコメの買い取り値段を下げたら、コメ収入が減る農家が出てくるわけで
    その差額を個別補償で埋めるわけで、農協自体は別に粗利はかわらない。
    しかし農家自体もうからない。
    農協からイオンや大型スーパーにおろる畜産品などは、安い値段で
    仕入れられる。イオンや大型スーパーは価格決定権を持ってて、
    安く仕入れているのに不況だからという理由で、市場価格がいくら下がろうが、
    価格を下げなかったら丸儲けだわな。

    たしかに関税撤廃することで問題はそういうやつらを駆逐することはできるわけだが、
    問題は専業農家 農業だけで飯を食べている人たち。
    彼らに対して国内の食糧自給率の観点から考えて、関税を撤廃した後、その
    分補助金を出す必要があるのだ。

    国内の農家が全滅し、海外に食糧を頼らざるをえなくなると、海外のコメ
    や畜産物などの価格に日本の消費者は左右される。
    政治的な外交カードにも使われる。



    499 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2010/11/09(火) 21:51:31 ID:xMMMJP4y
    クソイナカヤクザとクソイナカ有力者の結びつき
    http://ameblo.jp/inaka-wo-abaku/entry-10550424343.html
    なんだクソヤクザ10人くらい一気に殺せるやん!!
    http://ameblo.jp/inaka-wo-abaku/entry-10484305811.html
    やけになって、人生捨てるなら、ヤクザを殺れ
    http://ameblo.jp/inaka-wo-abaku/entry-10485260253.html
    ヤクザはこうしてアホの人気取り
    http://ameblo.jp/inaka-wo-abaku/entry-10461596229.html
    ヤクザってのはブサイクが多く、ブサイクじゃないと出世しないシステム
    http://ameblo.jp/inaka-wo-abaku/entry-10422338766.html
    さすがヤクザ、人間として全くクソ
    http://ameblo.jp/inaka-wo-abaku/entry-10536780110.html



    警察官は町のお巡りさんから上層部にいたるまで、100%全員が「裏ガネ」で汚染されている by 仙波敏郎氏
    2010?11?10(水) 12:34
    検察の裏ガネが三井環氏によって注目されたが、それ以上にもっと根が深く、その金額も膨大で、歴史的にも古くからある裏ガネがあった。

    その内容を知れば驚愕することは間違いない。

    一般市民が犯罪に巻き込まれれば、まず警察に駆け込む。

    その警察組織の中で、ほとんどの警察官が犯罪に手を染めている、と仙波氏は現役時代から警鐘を鳴らしてきた。

    警官たちが今もなお手を染め続けている犯罪とは。

    公金横領、公文書偽造、私文書偽造、脱税、業務上横領、詐欺・・・。

    また、仙波氏は「日本という国の中で、日常業務の中で犯罪を犯しているのは、ヤクザと警察官のみです」ときっぱりと言ってのけた。

    インタビュアーの岩上氏も、仙波氏が語る内容があまりにも強烈過ぎて、しばしば言葉に詰まった様子がビデオで伺えた。

    また、選挙違反についても警察庁のキャリアから時の政権の意向に沿った形で検挙されるという内容もびっくりだ。

    愛媛知事選で、負けた相手候補を応援した土建屋を、選挙が終わって一斉検挙し、完膚なきまでに叩きのめしたといういことだ。

    その驚愕のインタビューは是非、時間があるときに岩上氏のウェブサイトでご覧いただきたい。要必見である。

    仙波敏郎氏インタビュー(メモ&要点)

    警察組織は、25万人のノンキャリアと500人のキャリア、一般職員をあわせ30万人いる国家権力の最大の組織。

    その組織を挙げて裏ガネ作りに手を染めている。

    警察組織にいる者は、100%裏ガネに汚染させれている。

    町のおまわりさんから上層部にいたるまで、100%全員が汚染されている。

    日本という中で、日常の業務の中で犯罪を犯しているのはヤクザと警察官のみ。

    署長以上の管理職は年間数百万円使い込んでいる。

    全国で年間400億円全てが裏ガネに回っている。
    署長以上の管理職は、一人年間数百万円懐に入れている。

    捜査費というのは警察の中では国費の「捜査協力費」のこと(年60億円)

    市民の皆さんは犯罪捜査に使ったお金を捜査費と思っている方が多い。要するに言葉遊びで騙している。

    都道府県費のお金は「捜査報償費」という。(年90億円)

    犯罪捜査に使ったお金は「捜査費用」と言っている。

    この捜査協力費60億円と捜査報償費90億円の150億円の99%は裏ガネに使われている。

    一部、本当に捜査に協力してもらった人を表彰したり、物を持っていったりしているが、ほぼ全額が裏ガネになっている。

    それは全て国民の税金から拠出されている。

    現在の警察制度は、昭和29年にできた。500人のキャリアが考えだした裏ガネのシステムは最初からあった。
    昭和33年当時に既に裏ガネが確認されている。

    私が24歳で巡査部長になってから偽領収書を書けといわれた。既にその前から裏ガネのことは知っていた。
    そのときに書かなかった。
    断ったら転勤や出世ができなくなるから皆手を染めてしまう。
    断った警官は「マル特」と呼ばれ、特別扱いされて常に監視の対象となる。

    自分は一切偽領収書をつくらなかった。それで転々と転勤をさせられた。

    警察は裏ガネを作るために通常、偽の領収書をつくる。
    また、観葉植物などの備品をたとえば、98,000円で毎月買ったことにして白紙の領収書をもらっておく。
    実は一回だけしか買ってないが、同じものを1階から2階に移し、2階のものを3階にと移動してフロワーごとに替えつつ同じものを使いまわしている。それだけでも年間で100万以上浮くことになる。

    裏ガネを作るために偽の領収書が必要で、捜査協力費から捻出している。
    だから、犯人を誰でもいいから作らないと裏ガネがつくれない。だから冤罪もうまれる。

    一番簡単なのは、指紋。指紋を適当に採取して、それが現場から出たということにしておくのは日常茶飯事。

    また、警察官の犯罪も裏ガネによって守られ、事件を起こしても組織をあげて守られ、逆に栄転している者もある。

    愛媛県警で本当にあった話として、ある巡査部長がレイプ事件を起こした。
    警察は組織を挙げて巡査部長をかばっている。独身のレイプされた女性を4・5時間監禁し「なんで妻子ある男性と性交渉をもったのか」と逆に問い詰める。その後に刑事告訴されるが、一年前のことで証拠力がない。

    レイプ犯の巡査部長は、その後何事もなかったかのように栄転した。
    レイプ事件でも何でも全ての警察官の犯罪は、裏ガネがばれるということで、守られる。

    春になると、800万円の現金を副署長が用意して、3月の年度末にはゼロにする。
    それを全て署長が移動の時などに渡し、署長はその中から本部長に上納する。

    警察官の制服のうちポケットは二つあり大きく作ってある。
    なぜか。
    100万円の札束を入れても外から見てもわからないから。
    ボーナス時期になると署長は裏ガネから100万円を渡すことになっていた。

    裏ガネが警察全体の人事にもかかわっている。
    お歳暮お中元は当たり前、署長になるのは上納金を上司に多く積んだ人がなる。

    今から20年くらい前に同級生で察まわりやっていた産経新聞の現役記者によると、事務部門の警官がぐちって、「実は本部長から毎月の上納金を100万円にしろと言ってきた」と相談を受けた。その産経の記者は裏ガネのことは知っていたけど具体的な数字を聞いたのは初めてだと言っていた。

    当時は警察には部門が5つあった。事務部門、刑事、交通、警備、生活安全部門でそれぞれ20万円が本部長宛の上納金として割り当てられていた。

    その中では刑事部門は報償費があり、生活安全部門も防犯協会や許認可の関係がある。
    警備は国費の捜査費があるからもっと強く、交通にも安全協会がある。

    だが、事務部門はカラ出張しかない。

    三井環氏は高校の先輩 
    松山東高等学校で、夏目漱石の『坊っちゃん』の舞台になった学校で有名。卒業生には、正岡子規、大江健三郎や伊丹十三がいる。
    同じ高校の先輩・後輩で、それぞれ検察の裏ガネと警察の裏ガネを追及しているという何の因果かわかりませんが・・・。

    私が5年前に告発したことにより400億円あった裏ガネが200億円に減った。

    官僚組織に正常化をもとめるのは難しい。政治家やメディアや市民の力が必要

    5年前、告発したときに民主党議員もきてくれたが、今は政権与党になってからの民主党からは何も声がかからない。主流派は完全に官僚に飲み込まれた。(参照)

    今までの自民党と民主党の政治家の中で、日本の検察、警察にNOといえるのは小沢一郎しかいない。

    小沢一郎と阿久根の竹原市長とダブってみえる。

    市長も自分を捨ててこの阿久根市を豊かにしようというのが原点。

    4時間彼と話したら、彼は本物だとわかった。竹原市長のやっている手段はいいとはいえないが、原点はブレてない。

    検察と警察は以前の自民党政権時の制度がいいと思っている。

    愛媛県の県知事は文科省出身で森喜郎の腹心だった人。
    負けた県知事候補を応援した土建屋を徹底的に潰すため、軽い刑でも小さな談合などでもガサ入れた。形式犯でもあげた。

    県知事が警察庁長官に圧力をかけ、長官が本部長に、本部長が署長に圧力をかける。

    選挙違反でも、選対本部の中に警察の協力者が入って、わざと違反させることもある。
    公安の人間は全体の2%いる。彼らは表では名前も顔も知られていない。警察の中でも知っているのはごく一部。
    彼らは非合法をやるのが仕事。

    だから政治家は警察に絶対にNOといえない。

    よっぽど地盤が強固で選挙に強くないと、負けたときに何をされるかわからない恐怖がある。

    新聞記者はスパイが多い。
    記者懇といって警察が記者を囲っている。また記者も副署長や署長にたかっている。

    警察は検察の捜査力をバカにしている。
    検察が一から事件を捜査したことがない。実際は警察が力をもっている。

    検察がなぜ可視化に反対するか、彼らは警察を守っている。

    警察は当然無理な取調べをする。
    現場の捜査官は自分の捜査テクニックがばれるのがいやだ。
    自分たちのやっている不正を表にだすことはできない。
    一番ひどい取調べをしているのは警察。
    きびしい取り調べをしないと自白させられない。


    警官OBが15万人いるが、私だけですよ、裏ガネに関与していないのは。

    告発した段階で命を賭けている
    私は自殺はしない、死んだら殺されたと思えと息子に言っている。

    市民としていかにそうした犯罪に手を染めている警察官に接していけばいいのか?
    何かあったときには必ず警官の階級と名前を聞く。そしてメモをとる。
    警察に100%信頼をおかないこと。

    Web Iwakami - 岩上安身オフィシャルサイト『仙波敏郎氏インタビュー(2010年11月6日)』より  

    (以上、メモ&要点)

    裏ガネを中心として犯罪を取り締まる者が、日々犯罪を犯し、国民の税金を誤魔化し、横領している。

    それ故にモラルが低下し、良心が曇り、社会常識まで欠落していくのだろう。全ての事柄に組織防衛がまず前面に出て、何事にも国民よりもまず組織を優先して物事を考えるようになる。

    何といっても共に犯罪を犯している、という強い絆、強烈な関係でそれぞれが結ばれている。

    何とも恐ろしい。

    エゴ丸出しの自組織中心の国家権力の権化、巨大モンスターを抱え込んでいる日本という国は、実に恐ろしい国である。

    今からでも遅くは無い。

    組織の手先になりはて、裏ガネ作りに加担させられたことを真摯に反省し、警察官になろうとした初心に立ち返って、仙波氏のように声を挙げる、真の勇気ある警察官が一人でも現れることを待望したい!



    ビン・ラディンを温存し、アフガン戦争を止めないアメリカ政府==9.11,10周年に向けて、アフガン・イラク戦争の再検証が必要==


    ビンラディン容疑者はパキスタンで「快適な」生活

    (2010.10.19 CNN)

    カブール(CNN) 北大西洋条約機構(NATO)の高官が、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者はパキスタン北部の住宅に潜伏しているとの見方を明らかにした。

    同高官によると、ビンラディン容疑者は地元住民やパキスタン情報当局の一部メンバーに守られて比較的快適に暮らしているとみられる。アルカイダのナンバー2、アイマン・ザワヒリ容疑者も近くの住宅に住んでいるとみられ、「洞窟で暮らしているアルカイダのメンバーはいない」という。

    パキスタンは一貫して、アルカイダの指導部をかくまっている事実はないと否定している。

    ビンラディン容疑者はここ数年、中国との国境に近い北西部の山岳地帯チトラルや、アフガニスタンの旧支配勢力タリバーンの拠点があったトラボラに隣接するクラム地区などの近辺を移動しているとみられるという。

    ビンラディン容疑者は2001年、トラボラで米軍の爆撃から逃れたと伝えられている。米当局者はこれまで何年もの間、ビンラディン、ザワヒリ両容疑者の所在は確認できないとしていた。

    NATO高官はさらに、タリバーン指導者のオマル師がここ数カ月でパキスタンのクエッタとカラチの間を行き来しているという米国の見方も確認した。

    こうした情報の出所は明らかにしなかったが、同高官はNATOの最高機密情報を入手できる立場にある。

    これについてアフガニスタン・パキスタン担当のホルブルック米特使は、特に目新しい情報はないと話している。

    「9.11同時多発テロ」を口実に、テロとの戦いを標榜しアメリカブッシュ大統領とその取り巻きによって開始されたアフガン戦争は、泥沼にはまっています。

    そんな時に、ブッシュアメリカの標的であったビン・ラディンが、実はパキスタン北部で「優雅な生活」を送っているとのお知らせです。

    私もこれはかなり正確な情報である感じがしてなりません。

    もし、彼がアルカイダの指導をしているというのであれば、アメリカ軍が攻撃してくるアフガンの洞窟に隠れているはずがありません。

    あるジャーナリストによると、「ビン・ラディンは、アメリカに住んでいるかも」というジョークまで飛び出す始末です。

    と言うことは・・・・・アメリカがアフガン戦争を続けるには、ビン・ラディンが捕まらないで、いつまでもどこかに潜伏していた方が好都合だからです。

    先日観た映画「グリーンゾーン」は、まさに敵のいないアジトの攻撃を指令され続け、それに疑問を呈したアメリカ兵のお話でした。

    アメリカによるアフガン戦争の目的の一つは、「戦争をし続ける事」。

    それは、テロとの戦争を名目としてアメリカ国内に「戦時体制」を維持すること、さらには、テロとの戦争の中で民間軍需産業の莫大な利益を確保させることだからです。

    この間の「武器輸出三原則」見直し発言は、日本のコンピューター技術を提供させようとするアメリカの意図とアメリカの軍需産業のおこぼれに預かろうとする日本企業の浅ましい「希望」が一致した産物なのかもしれません。

    こんな事をた企んでいるアメリカには、そもそもビン・ラディンを捕まえる意志はなし、同時にテロとの戦争を止める事も無しのようです。

    来年は、「9.11同時多発テロの10周年」です。様々な謎の多いこの事件を再検証する必要がありそうですが如何でしょうか!!!

    2010/11/09(火) 22:22:08| URL| #- [編集]



     毎度の話になりますが、結局旧社会党とは何だったのか?
     何でも反対のもともと政権担当能力のない政権の座を初めから放棄し、裏では自民党とツ―カ―で、国会で自民党とともに出来レースを演じた「ガス抜き政党」であったことは図らずも小沢一郎が暴露しています。
     自民党から社会党議員のためにスーツ代として官房機密費が拠出されていたなんてウソかホントか、とても信じられない話まであります。
     私は、55年体制とは日本人有権者を欺くための米国のダブルスタンダードだったと見ています。
     しかし、日中国交正常化に伴い、米国の影響下から離脱したのが旧社会党ほかの左翼政党です。
     日本共産党は置いてきぼりを食らったように見えますが、初めは日本共産党こそが中共と最も近い関係にありました。
     恐らく中共が日本共産党よりも長期政権の座にあった自民党に食いつく方が得策だと考えて乗り換えたのでしょう。
     さて、旧社会党は総評とともに支那の南京大虐殺記念館建立に深く関わっています。
     中国が極度のスタグフレーションに陥ることが確実視されていたときに、日本が対中ODAを大幅に増額し中共瓦解を救いました。
     この大幅増額の切り札となったのが南京大虐殺という歴史の捏造でした。
     捏造したのは在日ジャーナリストです。
     また、村山談話で日本がどれほど国益を損ない、名誉を毀損され、特亜に血税が流れたか分かりません。

     〈このとき既に政治家の出自の問題に気づくべきだったのです〉

     元祖朝鮮人政党は旧社会党です。
     他にも左翼雑魚政党がありますが、例外なく朝鮮人が仕切る政党だったのです。
    (今夜の悪魔の呟きはここまで)
    Posted by richardkusomiso at 2010年11月09日 22:53



    日本の企業は最近は物が売れないとグチをこぼす。
    日本のマスコミは近年稀にみる大不況だと毎日嬉し騒ぎ立てる。
    しかし本当か?

    町を歩けば”若い女性”の宣伝ポスターがやたら目に付く。しかし若い女性限定にする理由はない。

    テレビもまさにそう。チャンネル変えてもどこも「女性女性」。裏返せばもう「女性」しか見てない。子供達ですらゲームや勉強してる。昔はあんなにあった深夜のエロ番組も皆無。男性が見なくなった、だから一部の層の女性、少ない牌を放送局同士が奪い合ってる、それでどこもグルメだ通販だの同じモノだらけ。これでテレビが終わるのは”決定的”になった。

    地デジに移行するにあたり、各テレビ局は莫大なカネで設備投資を強いられた。地方局はついていけず廃局合併の嵐。。
    これにより、放送権利はますます「少数の大手」に独占され、放送はさらに規制強化される。
    カードを挿し込まなければ地デジは見られなくなり、NHKなどは個人登録強制。番組録画も制限。
    まさに検閲社会、ネットでは無料当たり前!のこの時代に逆行。共産国家ならぬ不自由そのものの世界へ。既得権益にしがみつき、独占欲しさでこのザマよ。

    「エントロピー増大則」ではないが、秩序ある世界から無秩序世界へ、今後も人は向かうだろう。
    ダウンロードも自由、配信も自由、意見の書き込みも自由な「ネット世界」から、わざわざ規制・監視だらけ反日韓流垂れ流しの「規制&検閲下の地デジ放送」に戻る連中が、はたしてどれだけいるのだろう。

    テレビからネットへ。
    この流れは今後急速に加速する、しかし逆はない。

    テレビは「カネはますますかかる、制限規制ももっと強化、しかし見る人はより激減していく。
    テレビは、とうに役目を終えた。
    Posted by テレビ局は韓流暴力団 at 2010年11月10日 04:22



    [流石アグネス、予想通りだ]
    中国で35歳の男がベトナムの9歳の少女を買ってきて自分の嫁にしようとしたというニュースを、子供の人権を守りたいという生ける聖人アグネスチャンに通報したところ、アグネスは華麗にスルーしたことが分かった。

    この人身売買のニュースは中国のサイトで11月2日付に掲載された。そのニュースによると、人身売買まがいのことをしていたのは中国陝西省の農村にすむ35歳の男性。彼は今年の1月に8~9歳の少女を連れ帰って来た。そして、親戚をあつめ結婚式を行い、自分の嫁にしたという。しかし、少女があまりにも幼いため警察が動いた。調べてみたところ、32000元でベトナムから買ってきた少女だったことが分かったという。

    その後少女はベトナムに帰されたそうだが、これは確実に人身売買である。児童の人権に強い関心を向けているアグネスなら当然烈火のごとく怒るだろう。そこで、これをネットの有志が11月2日11時にアグネスにTwitterで通報。コメントを求めたという。

    http://twitter.com/livein_china/status/29432168459

    その結果は…なんとアグネスはこの通報を見事にスルー。一切コメントをせずに無視を決め込んだのだ。子供の人権を守りたいと日本では声高にアピールするアグネスが、自国の中国で起きた人身売買のニュースに対しては何らコメントを発することがなかったのだという。

    実は、前々からアグネスチャンは、中国での人権を無視したニュースに関しては一切批判をすることはなかった。チベットでの人民弾圧の際も世界中で非難の声が上がったにも関わらず、何もコメントをすることがなかったくらいである。今回のスルーも当然といえば当然かもしれない。

    中国がすることや中国で起こったことには文句は言わず、日本では涙ながらに子供の人権を訴えるというダブルスタンダード。相手によって自分の意見をかえるような卑怯者が子供の人権や平和について語っても説得力がなさすぎるのではないだろうか。

    ソース:popup
    http://popup777.net/archives/14042/
    記事内の中国のサイト
    http://www.xkb.com.au/html/news/zhongguoxinwen/2010/1102/...


    流石だな、でもこれでアグネスに突っ込むネタが増えた訳だ
    この調子でじゃんじゃんボロを出して欲しい
    2010-11-10 Wed 00:21 | URL | レツヤ #-[ 内容変更]



    わたしは、9月の民主党代表選の際、日本は衰退への道か再生への道かを選択する重要なものだとコメントしました。 この選択は、ルビコン川でありやり直すことは出来ません。 その後の怒涛の展開を見れば、どちらの選択をしたかは、わかりますよね。 今の日本に、維新の英傑のような人材はいません。 醜悪な老人たちが、若者の芽を全て踏み潰してきましたから。 今思うと、田中角栄内閣時に老人医療無料化などの社会保障の大盤振る舞いをし、慢性的な赤字財政となった時に、この国は終わっていたのかもしれません。 楢山節考に見られる、自己犠牲を善とする老人が、今この国にいますか? みなさんの周りに、尊敬できる老人がいますか? 私は尊敬に値する老人に、会ったことがありません。 どの老人も、独善的で強欲な既得権の守護者でした。 無理もないと思います。 この国を導くべき人たちは、あの戦争で自己犠牲を強いられて死んでしまったのだから。 戦後、この国で成り上がったのは、武富士の武井保雄のような人間ばかりなのですから。 かえって若い世代には、微かな希望があります。 多くはありませんが、他者を思いやる人間がいますから。 老人たち全滅ですが。
    暴言を吐きますが、今この国に必要なのは、老人たちの間引きです。 平均寿命の延びに比例して、この国は殺伐としていきました。 先の短い者が、わずかでも延命しようとして、若い世代の未来を潰す。 これが今の日本です。 滅ぶのは必然かもしれませんね。 

    投稿 mueza | 2010/11/09 11:50



    尖閣諸島での漁船と海上保安庁の船舶衝突・映像、流出の深層


    「海上保安庁の船舶と中国漁船の衝突映像を流出させた、真犯人の意図」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/168477976.html

    「中国軍=アメリカ軍事産業」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/166050977.html

    「尖閣諸島での、日本と中国との、対立・抗争を画策する、アメリカの軍事戦略文書」、http://alternativereport1.seesaa.net/article/165074608.html

    「アメリカ国家は、中国が建国した」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/164758620.html

    「中国政府と、アメリカ政府の本質は、麻薬マフィアである」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/164309281.html

    「麻薬企業ラッセルの、アメリカ支部と、アジア支部」、参照。
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/166175628.html

     日本の検察・海上保安庁「内部」のデータのハッキング・窃盗を専門としている中国軍のサイバーテロ組織=中国紅客連盟は、米国国内に3000社のフロント企業(企業の形態を取った軍事行動部隊)を持ち、米国の軍事産業450社を既に買収し、中国軍の傘下に置いている。米国ペンタゴンは、中国軍のこの動きを容認している。

     CIAのハイテク分野でのフロント企業として有名なインキューテル社(INーQ-TEL)は、既に、中国紅客連盟と協力関係に入っており、特にインキューテルのカリフォルニア支部であるSAFEWAVE社が、中国紅客連盟の中国のハッキング専門企業と合弁企業を中国内部で経営し始めている。

     軍部の行う市民に対するテロ活動の面で、中国軍と米軍との一体化が活発化し始めている。

     特に日本国内では、小平の娘婿にあたるハリー・チャンが中心となり、「全国高等技術開発センター」という研究機関の「外見を持った」乗っ取りファンドが、動き始めている。この乗っ取りファンドは、日本企業の中で、毒ガス、細菌兵器、核兵器材料に転用できる物資、ミサイルのハイテク化技術の買い付けを行うと同時に、そうした製品を研究・製造している日本企業への「買収・乗っ取り」を仕掛けている。

     こうした投資活動=軍事活動への「資金融資」を担当しているのが、ロスチャイルドの銀行ゴールドマンサックスに乗っ取られた日本の新生銀行と、ブッシュ一族のシティバンク、中国建設銀行の3社連合体である。さらに最近、イタリア・マフィアの資金運用部であるバンク・オブ・アメリカ=バンカメが、中国軍部への資金融資に参画し始めている。


    財界・・・いや罪界と呼ぼう (裏塩すとっく)
    2010-11-09 14:45:52
    菅政権を打倒。大賛成である。
    しかしちょっと待っていただきたい。民主党はどうする?その後、利権左派が牛耳る自民党が取ったとしても同じことではないのか?そもそも、政権政党の組み換え程度で何とかなる程度のものか??

    究極は国民の覚悟ということだが、それを全力で阻止している黒幕は経団連だ。経団連といえば、かつては英雄的経営者が集うコワモテの集団というイメージがあった。しかし、今は事実上外資となった会社の雇われ社長のサロンに過ぎない。

    日本経団連の米倉弘昌会長のツラをみてみろ。気概のかけらもない。どうせ、中国に人質でも取られているか、醜聞をつかまれているかのどちらかだ。いずれにしても中国に小金をせびりに行った報いだ。

    中国に日本経済が依存などと平気でマスコミは言うが、これは財界の仕込だ。対中輸出入総額が日本のGDP数パーセントでしかない。安価な労働力がほしいならベトナムなどの大国が至近にいくらでもある。GDP数パーセントはいかようにも取り返せる。中国にこだわる必要もない。

    むしろ、中国こそ日本に依存している。日本の資本投資と資本財導入がなければ、中国の経済はたちまちストップする。すさまじい国難に直面することだろう。しかしだ、日本の技術力が日本を攻撃するための、日本人を虐殺するための軍備に使われているのだ。直ちに対中貿易を中止することこそが平和に必要なことだ。

    日本企業のなりすまし外資のプライベートな事情を、あたかも我が国全体の国益と混同するような報道、そしてスポンサーとして裏から圧力をかけている財界。これを打倒しなければ、政局だけではどうにもならない。

    非正規雇用で若者を使い捨てにしたのはまさに「なりすまし外資」だ。なりすまし外資は今度は日本を使い捨てにしようとしている。若者、基層の労働者諸君は田母神デモに参加して真犯人の財界・・・いや罪界打倒を訴えようではないか。

    愛国労働者こそ、平成維新の奇兵隊だ。



    Unknown (Unknown)
    2010-11-09 17:51:27
    日中国辱密約”発覚 尖閣触れずを条件に胡錦濤APEC出席
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101109/plt1011091654009-n1.htm


    北京から驚くべき情報が飛び込んできた。
    「胡主席のAPEC出席の背後に、知られざる日中密約がある」というものだ

    中日両国間で密約が交わされた。
    まず、中日外相会談で、前原誠司外相が一連の問題発言に対する反省を伝えること。
    そして、菅直人首相と胡主席が首脳会談を行う場合にも、領土問題には一切触れないこと。

    映像流出問題も東シナ海のガス田問題もナシだ。
    議題に上げるのは、戦略的互恵関係の確認と、文化・経済交流の活性化など5項目に限られる

    ------------------------------------

    別に無理して来てもらう必要はないのに
    何で民主党の面々は、見ているこちらが恥ずかしくなるくらい
    中国に対して卑屈なんでしょう?
    弱みでも握られているのか
    中国などという国は、日本にとっては one of themに過ぎない
    極左民主党は、ブサヨの18番である権謀術数を対外的に使って頂きたいものです



    マスコミ洗脳 (一億人の日本人が、たった100万人の半島の奴隷となっている。)
    2010-11-09 19:31:55

    メディアが、半島に乗っ取られている事実を、ネットをしている日本人しか知らない。

    マスコミ、政治家、裏社会、芸能、消費者金融、カルト、パチンコ、風俗、ラブホテル等、莫大な利益が出る業種を、半島に乗っ取られている事実を、大多数の日本人が知らない。

    あらゆる業種が、パチンコマネー、カルトマネーの奴隷となっている事実を、大多数の日本人が知らない。



    至急安否確認をお願いします! (Unknown)
    2010-11-09 20:52:00
    名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 010/11/08(月) 17:27:16 緊急拡散!
    谷岡敏行(殉職)
    佐川穂波(殉職)
    坂田政巳(負傷)
    尖閣諸島での中国船事件時に殉職・負傷したと噂されている海上保安庁職員の名前です。 海におとされて、一人は中国船に轢かれてスクリューに巻き込まれ即死、もう一人は助けあげたものの11月4日に死亡とのことです。 皆さん、少しでも多くの情報をお願いします。
    ----------------------------------
    情報が錯綜しています
    日本の底力(Core Compete..
    http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-606.html
    ブログで、以下の紹介がありましたのでコピペします。
    ●殉職はしていない
    ●民主党政権に対抗するグループが官庁を横断して存在
    ●グループは獅子の会と呼ばれている
    http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-3249.html
    744 :本当にあった怖い名無し :sage :2010/11/07(日) 02:31:58 ID:ERCwEwPc0
    397 :名無しさん@十一周年 :2010/11/07(日) 01:44:23 ID:039+F5IfO
    早くて書き込めないから要点だけ
    ●殉職はしていない
    ●民主党政権に対抗するグループが官庁を横断して存在
    ●グループは獅子の会と呼ばれている
    ●公安、防衛、海保、検察、警察、外務省などから数人単位でエリートが参加
    ●先日の公安資料流出もこのグループが実行
    ●その他の官庁官僚も各自の保有案件について情報流出予定
    ●外務省、公安が民主党議員の個人情報を出す可能性あり
    ●上記は議員の出自に関すること
    ●目的は日本国の再建で、一時的な無政府状態になった場合、官庁が政府権限を代行する 以上が今現在把握できてる内容 俺は某省のキャリアだけど、上記のグループについては10月終わりくらいに飲み会の噂話として聞いていた。 昨日公安と海保の大学同期から同様の話を聞いて要約した内容です
    952 :名無しさん@十一周年 :2010/11/07(日) 02:04:01 ID:039+F5IfO
    俺の書いてる事を信用してもしなくて構わないが、みんなが怒っている以上に、国の将来を決める我々は民主党に対して怒っている
    誰よりもskg38を支持しているのは俺達キャリアだ 間違えないで欲しいのは金や権力の亡者は一部で、ほとんどのキャリアは本気で国を憂いています ちなみに確かに高給取りだけど、キャリア組は20時まで仕事して21時から23時まで外国語会話の講習 23時から26時まで勉強会やら会議 こんなんザラです そんでもってノンキャリがミスると俺達が責任取らされる 結構しんどい仕事なんです 今頃海保の連中は徹夜で休日出勤ですよ
    ~ http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4038.html#comment



    Unknown (えんき)
    2010-11-09 21:53:10
    海面上昇による環境難民と言う侵略者を阻止せよ
    http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha02/05/050502/050502_05.pdf

    上記のP21はアジアの主要なデルタ地帯である。
    現在この一帯はアジア発展の中心地であり、大穀倉地帯でもある。
    この一帯にはおそらく数億人の人間が生活していると思われる。
    海面が5mも上昇したら、ほとんどは水没する事だろう。

    これらの地帯から放逐された環境難民は餓鬼道に落ち、武装難民となり、周辺地域を荒らしまわる事は必然であろう。
    ある者は海を越え、日本にもやってくる可能性大である。
    もとより中国大陸内では経済は大混乱となり、穀倉地帯の水没から飢餓が襲い、国家存亡の危機となる事だろう。
    これが私が「栄誉ある孤立」をしつこく言い続ける所以なのだ。

    追伸:
    沖縄の民意を反日本と仕向けている中国渡来系連中の策略の本音とは、上記事態を察知しての中国環境難民による
    琉球列島(沖縄)乗っ取りにある事は明確なのだ。

    我が日本人の開祖縄文人直系であらせられる琉球列島(沖縄)の同朋に申し上げる。
    あなた方沖縄人は自然崇拝の民、本来的日本人としてのアイデンティティを放棄し、無節操で性悪的な大陸中国人に
    同化してしまって良いのだろうか。それは、先祖を裏切り、未来世代に対する責任を放棄することであると自覚されよ。



    優冷劣厚で滅亡一直線の日本 (ponpon)
    2010-11-09 23:08:31
    > トップに立つととたんに無能になってしまうのはなぜなのだろうか?

    「個」に求められる能力と、「長」に求められる能力は別ですからねぇ。日本人は「まとめ役」や「調整役」には向いていないと思います。それは日本の街並みを見るとよく分かります。全く調和が取れていない。(笑)個々の建物には若干のこだわりが見られるものの、街並み全体に対するこだわりが見られないのが日本そしてアジア及び新興国、後進国など。

    > 相手のことが分からなければ適切な対応が取れない
    > 現場の事が分からなかっただけなのだろうか?

    例えば、農業について語るのであれば、実際に農村地帯へ足を運び綿密な取材をしたほうが良いですし、自らが鍬やトラクターのハンドルを握り、実際に作物を作ってみるほうがもっと良いです。
    現場にも行かないし、野菜も作ったことが無いというのでは、農業に関する適切な意見・アイデアは出て来ないでしょう。

    > デモでもって国民の意思を示さなければなりません

    色んな問題が起こるたびに国内でも様々なデモが起こりますが、デモが問題の解決に役立ったケースってほとんどありませんよね。(笑)ほとんどは不満の“ガス抜き”に利用されてるだけ…。デモ行進などは車線規制をするので、交通渋滞など新たな問題を引き起こしていますね。(笑)

    > かなりマスコミは素人だと思いました

    学生時代を思い出してもらうと分かりますが、放送部(放送研究会)や新聞部というのは、伝達技術には長けていますが、伝達する内容に関してはド素人です。趣味や専門分野を持っている人ならよく分かると思います。一般マスコミが出鱈目だらけということを…。

    > 調子こいてすぐにイケイケになる悪い癖がある

    その辺の犬や猫に似てますね。(笑)犬や猫をおちょくるのは面白いです。知能の低い動物ほど感情的な行動を取りますからね。



    かつて日本が併合していた地域には路上で脱糞するという不思議な風習があったらしい。 (TORAのぬいぐるさんのファン)
    2010-11-09 23:11:53
    日韓併合後の一大社会運動であったが、この悪習はなかなか直らなかった。
    この風習は満洲でも同じことで満鮮地方の風物詩かもしれない。
    (朝鮮軍司令部1904~1945 古野直也著 国書刊行会 25Pより)

    現在でも日本の情報空間(公共空間)に嬉々としてデマ(ゴミ)を振り撒く輩がいる。
    所構わずゴミを捨てて平然としているところをみるとやはりあっち系の人々なのだろう。
    終戦直後の無秩序をいいことに武装して暴れまわった人々がいたが、インターネット黎明期の
    無秩序をいいことにデマを振り撒いて暴れまわっている人もいる。これも同じ系統の人々だろう。
    凶器を手に物理的に襲うのも、デマで精神を襲うのも、行動原理は同じである。

    日本人は「ごみを分別して捨てる」という行動がいかに文明的なことなのか深慮するべきなのだ。
    ゴミを捨てても良い空間が無限に広がる大陸では物理的なゴミも情報のゴミも街中捨て放題なのである。

    ところで我々はそろそろいわゆる「人類」の情報との関わり方には
    二系統の進化があったことを認めなければならないのではないだろうかと思う。

    崇高な情報を体現せんと掘っ立て小屋に住んででも高みを目指してきた人々の軌跡(奇跡)の歴史と、
    崇高な情報を語ることで築いた巨大な利権の塔から世界を見下ろしてきた人々の拡張の歴史である。

    前者は人間の進化を信じ淘汰を受け入れ、
    後者は自我と利権に執着し邪魔なものを淘汰してきた。

    前者は先人の智恵と後に続くものの継承を信じ試行錯誤を積み上げたが、
    後者は崇高さを偽装する八百長技術を積み上げた。

    前者は勇気を発揮し行動による軌跡(奇跡)を積み上げ、
    後者は弁舌を弄し情報のゴミを積み上げた。

    前者が後者が撒き散らかしたゴミを整理整頓すれば、
    後者は、白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しきと唄い、すぐに撹乱をはじめる。

    前者は後者を同じ人間だと思い対応してきたのだが、
    後者は前者の着ぐるみを着て悪事に励み責任を転嫁した。

    前者は後者の悪意を知らず八百長宇宙に関心を持たなかったが、
    後者は前者を敵視し憎悪してきた。(無関心が気に入らなかったのだろう)

    そして現在、後者が積み上げてきた悪意が情報のゴミ(デマ)と八百長技術(演劇)へと
    姿形を具現化しながら前者に襲いかかってきているのである。

    このままでは我らの宇宙はゴミ箱にされてデマと八百長演劇に埋め尽くされてしまう。

    前者の崇高な精神と表現者を窒息死させて絶滅させるわけにはいかぬが、
    後者とて積み上げてきたものは捨てられないし高所からは降りてこれないようだ。

    いまや冥王星前線基地から、遊星爆弾がふりそそぎ、絶体絶命のピンチ。
    地球人類が絶滅するまでに残された時間はあと一年。

    明日への希望を求め宇宙戦艦ヤマトはイスカンダルへと旅立った。

    地球絶滅のときを刻々と迎えている人類を救えるのは宇宙戦艦ヤマト

    その愛と智恵と勇気しかない。

    面倒ではございますがッ、何卒1回ッッッ、
    それ以上やっても同一IPではじかれるのでッッッッッ、
    「1回」ポッキリッ!!!!!!!!!!!!(13個で世界新)
    クリックの方を、よろしくお願いい~た~し~ま~す~るぅ~。

    人気ブログランキングへ   

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    >現在でも日本の情報空間(公共空間)に嬉々としてデマ(ゴミ)を振り撒く輩がいる。
    所構わずゴミを捨てて平然としているところをみるとやはりあっち系の人々なのだろう。
    凶器を手に物理的に襲うのも、デマで精神を襲うのも、行動原理は同じである。

    感覚が麻痺して、ゴミをゴミだと認識できず、ゴミに依存までし出して
    精神を崩壊していく日本人が増えています。まず、ゴミを見分けるところからスタートしないといけないですね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。