スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    9月11日の備忘録

    9月11日

    クリックの程よろしくお願いします。
    人気ブログランキングへ   

    日本の大学だと、7万人くらい教授はいるけど、ノーベル賞取った人はひとりもいない
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/8f2ef157151163eca9372135f54ce6cb

    在日外国人の地方参政権を阻止すべし(4/4)
    http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/1cd6e5ed5dafeab12fa3fe7ff2ab0c3e



    182 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/08(水) 20:58:13 ID:iQ5TIO9k
    電機もダメ、車もダメw

    Acerの22インチフルHD液晶買ったんだけど、たった2万円で滅茶苦茶綺麗だし、カタログスペック上も応答速度5ms。

    同じサイズの劣化性能の10msの三菱製モニタが4万だったから、どんだけボッタなんだよ日本企業は。
    もう日本製品なんて時代遅れの劣化性能だからアジア品のが良心的だし性能も上回っている。

    同じように産業空洞化してたアメリカ企業だけど、インテルとかAMDとかハイテク企業は元気だよね。
    日本は理系を粗末にしてきたツケがまわってきただけ。文系リア充どもは根絶やしになればいいと思うよ。



    200 名前: 6歳小学一年生(神奈川県)[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 14:47:17.15 ID:PEoGafXV0 (PC)
    江戸時代:納税は原則として米に対する年貢のみ。税率40%程度だったが飢饉時の減額もあり、
           社会保障システムはないが農村単位では近い形態の相互扶助あり。
    現代:   所得や商行為の殆どに課税されるほか、印紙税等の意味不明の課税項目多数。
           社会保障費負担も大きく、実質上の課税率はかなり高い。
           社会保障は実施されているが受益者負担を原則とし、かつ、世代間によっては
           負担額よりも小さな保障しか受けることができない。



    59 鉈(新潟県) :2010/09/10(金) 01:49:44.85 ID:aedHZhwf0
    昔の男って炊事も洗濯も子育てもオシャレも出来なくて、妻に優しい言葉をかける愛嬌もなく
    ただ黙々と働くだけでも、たとえそれが肉体労働や低賃金であっても、家長として尊敬されたんだよ。

    それが男女平等の意見を受け入れて、雇用を分け与え、家事もできるようになり、
    オシャレにも気を遣い、女にプレゼントしまくって・・・・で、その結果がどうだ?
    もはや男にとっての女の価値なんてSEXの対象以外なくなってしまったわけだ。
    不況になってしまえば、低賃金でも働く女が、男の雇用を奪ってしまう有様。
    結婚適齢期の男がぞろぞろワープア化する中で、女は1000万男の夢を見ている。
    その一方で、貞操観念はめちゃくちゃで売春しまくり股開きまくり、水商売とAV女優が大増殖。
    男が性欲を処理する「おかず」まで増えたおかげで、SEXの対象としての価値すら凋落ぎみ。

    つまり、女の価値を下げたのは女だ。



    233 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 23:28:05 ID:rBN53cLI
    「途上国=人件費が安い=だから格安で製品作れて安く売れる」という構造は
    限界があるし先が見えてるよ。
    アジアの次はアフリカ、アフリカの次は中東、中東の次は南太平洋
    ゴムみたいな280円の牛丼に喜ぶより
    もっと意味のあるものを適正な価格で売ることのできる市場体質を作らないとみんなで自滅

    234 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 23:42:30 ID:VbTURGtQ
    >「途上国=人件費が安い=だから格安で製品作れて安く売れる」という構造は
    >限界があるし先が見えてるよ
    日本が途上国であったときに、この構図で成長していたのに
    それを理解できずに、いつまでも同じことを続けてきて現在に
    至ってしまった。
    コストで競争すれば後進の国(後進国という意味ではなく)には
    人件費の安さ等の理由により負けは確定しているのに、いつまでも
    価格競争だけで戦ってきたのが今の姿。



    667 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2010/09/10(金) 10:04:35 ID:eegq75If [1/2]
    >>657
    仙谷は好きにはなれないし、児ポ法も無くしてほしいが、同人誌が守られるなら妥協できるかな。
    同人誌が良いと言う事は、エロ漫画やゲームも良いと言う事ですかね?
    しかし、児ポ法も国際社会のモラルの要求で法律化の話が出るのも仕方ないのかもしれないが、他の蛮族と思われても日本のエロの文化を守ってほしい。
    同人誌は、たしかに著作権を侵害している面もあるが、小さいながらも経済効果(著作者の懐以外で)をもたらしていると思う。もしかしたら、著作者の権利を少しゆるくした方が国自体の経済効果は広がるのでしょうかね。
    でも、アメリカとかでは、物を中国で作らせ著作権で儲けているというし、どうなんだろう。
    正直、同人業界は、商業的になり過ぎて、作品愛よりもお金儲けに利用されている面は残念ですが、そのお金で同人業界が守られるているの皮肉ですね。
    「水清ければ大魚無し」という諺があるけど、今の民主党は、悪の部分が逆に良いのかなの最近、思う。自民党政権のままだったら、今ごろ清廉潔白すぎて今以上に行き詰っていたような気もする。

    674 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 13:58:11 ID:GR9kPoKD [1/2]
    >>677
    おいおい、お前さん、何を言ってるんだ。

    児ポ法の真の狙いは、日本の米国化・基督教国化だぞ?

    神道と仏教によって成り立ってきた我が国の伝統的な国家体制の破壊だ。

    児ポ法を武器に基督教的道徳観、価値観を日本人に植え付け、押しつけ、
    純潔教育推進を児ポ法を利用しながら推進し、基督教布教を進める。

    実際、基督教関係者の中には、児ポ法を盾に10代のセックスを撲滅してやる、
    基督教的価値観を浸透拡散させてやると、公然と言い放つ不届き者が大勢いる。

    また、医学的にも、社会的にも、10代半ば以降を性的対象とする事は健全であり、
    異常でもロリコンでも何でもないんだが、10代半ば以降の異性に性的関心を持つ事を、
    宗教的動機から取り締まりたい、弾圧したいと考えている基督教徒共も、
    やはり児ポ法の18歳を児童とするという規定を悪用し、法を勝手に拡大解釈して、
    18歳未満の子達に性的関心を持つ事を禁ずるものだと言い立てて、
    基督教原理主義・米国如く、18歳以下とセックスすると強姦罪に問われる国に変えようとしている。

    だから児ポ法の推進派には壺売りやら膜屋やら異常なカルトが蠢いてるだろ?
    ちなみに膜屋は、純潔教育を米国で推進した、米国の基督教右翼と繋がってるらしい。

    児ポ法自体を根絶しないと本当に国そのものを変えられてしまう。
    基督教徒共は結局文化侵略主義者の手先というわけさ。



    54:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2010/09/11(土) 09:45:39 ID:C/4iVVmQ

    >日本を非難しないと生きていけない

    というより、非難すると、いいことがあるから。

    日本は直ぐに謝ってしまう文化だからな。

    非難は交渉戦術だろ。

    交渉戦術だと気づかず、馬鹿みたいに謝り続けるアホな政治家と文化人。




    57:名無しさん@十周年:2010/09/11(土) 09:57:58 ID:PR7JZMwZ

    私のお婆さんは日帝時代が良かったと言う(Enjoy Korea より)



    うちのお婆さんは日帝時代に中学校, 高等学校を通った。

    今もあの時の話をなさればなつかしき顔になる。



    お婆さんのグシゾル名前はカワセドモコだった。

    その時代はすべてが豊かだったし発展的だったし、

    その発展が李承晩朴正煕時代とは違うように、

    とても自然に進行になって古風であったと言う。



    周辺国と文化交流が活発になりながらすべてが多元化になったし、

    このまま韓国が先進国になるね と喜んだと言う。



    しかし日本解放後韓国は戦争と理念対立, 軍事独裁と市民弾圧、

    独裁政府のこっけいな行動たちで、国がますます情けなく帰った。

    お婆さんはかえって日帝時代がもっと良かったとなさる。



    その時代を暮したうちのお婆さんの証言。




    58:名無しさん@十周年:2010/09/11(土) 09:59:05 ID:PR7JZMwZ

    私の掻お婆さんは親日派か?   (Enjoy Korea より)



    私の母方(晋州)には掻お婆さんがいらっしゃる.

    掻お婆さんは 母方のお婆さんの姑で今年 95歳だ,

    普段 私は日帝時代を経験した生き証人である掻お婆さんの存在がよほど不思議だった.

    私はいつも教科書から学んで来た日帝時代を掻お婆さんにいきいきと聞きたくて

    口先だけ入って来た日帝時代の残忍さに対して問って見た.

    しかし返事は正反対だった.



    治安はますます好きになったし, むしろ 韓国人たちと日本人たちはかなり多い数が

    お互いに親しく過ごしたし, 確かに日帝時代によって恩恵を受けた韓国人たちも多いと

    聞いた. そして日本人たちは 頭が好き, 早くて緻密で約束を よく 守る人々だと言った.



    ただ , 解放前の太平洋戦争時には確かに掻お婆さんの生活は貧しいと言った.

    当時は戦争で "国家総動員令"が下ろされた状態だと税金が大きく上がって 受領海歌は

    品物も多くて貧しい生活をしたと言った.

    ところが私の掻お婆さんは 1913年生まれで 32年間の日製時代の間 戦争時を除き

    大変な時代はほとんどなかった.



    参照で言うが, 私の掻お婆さんのご主人は親日派でもなくて地主でもなかった.

    ただ光州で農業をして暮していらっしゃる平凡な人だった.

    そして 私は小説を書いているのではない. 証拠はないが私が確かに小説ではないと

    はっきりと言えるのにこの文をスヌンゴッだ.



    問うのに 日帝時代がそんなに残忍で地獄みたいな時代だったろうか?

    単純に性急な一般化ではない. そしてどの時代だとか 闇があれば確かに光もイッヌンボブだ.

    どうして韓国は 日帝時代を一方的な内容のみを使って 歴史を 隠しているか?

    日本が歴史歪曲をすると騷いでいるがいざ, 歪曲をすることは本人(韓国政府)ではないか?

    私の 掻お婆さんは親日派か?



    64 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 07:34:33 ID:HY7tfvFP
    仕事の種類にもよるけど、狩猟民族か農耕民族の差みたいなものがあるんだよ。
    乱獲し過ぎて、ぺんぺん草も生えないような仕事をされると、周りはたまったもんじゃない。
    その手の人材は、同じところに長居できないんだよな。
    自己のステップアップとか抜かして消えていくわい。



    419 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/07(火) 04:35:09 ID:l9AhIX46
    毎日のように漫画・アニメ・ドラマ・ゲーム といった架空の人物・世界に感情移入して育ち、
    『勉強だけが人生ではない』 『勉強だけ出来ても駄目だ』 『ガリ勉は社会で通用しない』
    などとゆとり教育の甘い言葉に流されて勉学に対する努力を怠り、
    その一方、ネット上では大企業・国家の方針を連日批判して悦に浸り、
    ゲームやドラマで育んだ “特別でありたい” という願望を満足させ続ける毎日。
    そうやって過ごしてきた人間が、就職活動という『現実』 を突きつけられてパニクる。

      俺は散々蔑んできたブラックにしか就職できないらしい…
      ブラックは回避できそうだが中小企業にしかいけそうにない…
      毎日大企業や国家の方針に提言してきたこの俺が上場もしていない企業に…

    ──ここで、この“現実と理想のギャップ” を受け入れることの出来なかった人間が、ニートと化す。
    これは高学歴でも低学歴でも同様。持つ理想、置かれた境遇が違いはするが、
    自己評価・現実に対する認識が甘過ぎた人間である事に変わりはない。
    そんな彼らは口をそろえてこう言う。

    『社会が悪い。政治が悪い。俺達が働 “け” ないのは俺達のせいではない』

    そして彼等は、 “自分に相応しい境遇” を社会が彼等に “与えてくれる” 時を待ちながら、
    今日も他人を罵り、大企業や公務員を批判し、“特別な自分”をネット上で演じ続けるのである。



    562 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 20:59:33 ID:Y5xk6lPL
    >>558
    中卒が当たり前になるとどうしようもない中卒が出て来る。
    んで仕方ないから高卒以上を採用すると今度は
    高卒じゃないと採用してくれないからってんで
    高校がいっぱい出来てどうしようもない高卒が大量生産される。
    これじゃ高卒程度のレベルも怪しい、ってんで大卒を取ることにする。
    大学はさすがにポンポン増えないだろう、と思ってたら
    なんと大学Aがあらわれた。
    なんと大学Bがあらわれた。
    なんと大学Cがあらわれた。
    なんと大学Dがあらわれた(以下ry



    68 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/07(火) 08:03:43 ID:FAiMjwCk [1/2]
    労働時間に関しては、日本はSF並みに劣悪

    ジョージ・オーウェルの「1984年」の物語の中の世界では
    徹底的に悪いところを誇張して描かれている。
    わずかな配給でかろうじて生存し、
    自分の部屋の中にも監視カメラがあり24時間、表情すらチェックされる。
    ニュースはでたらめの生産の増加や戦争の勝利を謳い
    都合が悪くなれば次の日にも改竄される。
    秘密警察が蔓延って、国に不満があるものは例え家族でも
    密告して、生きては出られない教育施設に送られる。
    言語は語彙そのものが削られ、思想を表現できなくし
    それ以前に教育の段階で、矛盾や、白を黒という考えを
    なんの疑問もなく受け入れるようにさせられる。
    もう、いつもニコニコさせられる。

    そんなとことん劣悪に描かれた作中に、労働についての描写がある。
    1日の労働時間12時間


    日本の労働時間はディストピア級



    75 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 08:26:54 ID:G0Ax8xnp
    >成果を上げる人はいつも成果を上げ、成果が上がらない人はいつも成果が上がらない

    もしこれが本当なら管理者と経営者の責任だよな
    っていうか日本人の性格には成果主義なんて無理なんだよ
    成果主義を作った成果を純粋に判断できる経営環境があるなら別だけどそうじゃない
    胴元のルールを店子が自由に意見出し合って改善できる状況じゃない

    それどころか成果主義は能力ある人が自身を守るため
    スキルを独占しこの人がいないと仕事がまわらいような形になる
    能力ある人間として当然の防衛行動なわけだがこれにより
    組織の腐敗がはじまって手がつけられなくなる
    経験で得られた貴重な技術やスキルが周りに伝わって行くことが
    一切なくなってしまうことは特にものづくりの会社にとって
    死にいたる病となってしまう

    82 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 09:16:56 ID:ozy6JSOq [5/6]
    おまえらは、みんなそう。

    日本語の高い言語能力におんぶに抱っこで、何でも日本語文献の既存知識だけに頼る。
    おまえらは、日本語を使いこなしているのではなく、日本語に使われてる、
    まずそれを自覚すべき。

    だから、思考力と言ってもこのコラムニストのようなとんちんかんな、とんでも思考になる。

    >>75
    >それどころか成果主義は能力ある人が自身を守るため
    >スキルを独占しこの人がいないと仕事がまわらいような形になる
    >能力ある人間として当然の防衛行動なわけだがこれにより
    >組織の腐敗がはじまって手がつけられなくなる

    それをまさしく”足の引っ張り合い”と言うな。
    驚くべき事に、日本人はそういう習性がある人間が多い。日本企業だろうが、外資法人だろうが、関係ない。

    その習性は古くは孔子に遡る。
    孔子という人物は知識を売り物だいう自覚を持っていて、
    それで商売をした人物としてはかなり古い人物として挙げられるだろうな。
    つまり、日本人の習性の古くは孔子に遡るということだ。
    老子はそのような孔子を見て”もったいつけるな”と言ったそうだ。
    具体的には
    「きみが慕う上古の聖人も、その身はおろか骨さえ朽ちはてて、
     いまはただ空しいことばを残すだけである。
     とかく君子は、時を得て用いられれば馬車に乗る身となり、
     時を得なければさすらいの身となるもの。
     『商売の上手なちゃんとした商人は品物を奥深くしまいこんで、
     外見は空しいようにみえ、君子は、すぐれた徳を身の内深くそなえて、
     外貌は愚かなようにみえる』と聞いているが、
     きみの高慢と多欲と、もったいぶりとまよいの念を取り去り給え。
     それらはきみに何の益もないもの。私がきみに言いたいのは、ただこれだけである。」
    というようなことを言ったそうだ。
    http://ikemidoujou.com/bun/mougen/mougen06.htm

    つまり、日本人の自己保身術は、古典中国から輸入され、
    それが今も解消されずに残っている悪しき文化ということだな。

    日本人に成果主義が合わないとか、織田信長がどうやって天下を取ったかまるで理解していない。
    貴様ら原始人は、まず老子を学べ。話はそれからだ。



    84 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 10:01:27 ID:xBAiwfjR
        〃〃∩  _, ,_
         ⊂⌒( `Д´) < ヤダヤダ!人件費増やすのヤダ!
           `ヽ_つ ⊂ノ
                  ジタバタ
             _, ,_
         〃〃(`Д´ ∩ < 環境整えなくても結果出してくれなきゃヤダヤダヤダ
            ⊂   (
              ヽ∩ つ  ジタバタ

        〃〃∩  _, ,_
         ⊂⌒( つД´) < 教育したら自分が用済みになるからヤダー
           `ヽ_ ノ ⊂ノ
                  ジタバタ
           ∩
         ⊂⌒(  _, ,_) < 仕事が出来ないのは部下が無能だからなんだよ…
           `ヽ_つ ⊂ノ
                  ヒック...ヒック...
           ∩
         ⊂⌒(  _, ,_)
           `ヽ_つ ⊂ノ  zzz…

           ∩  _, ,_
         ⊂⌒(  ゚∀゚) <でも成果はワシのもんね!
           `ヽ_つ ⊂ノ



    87 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 10:51:04 ID:WGCIsolV
    成果主義は、数値ではっきり成果がわかる営業などの分野では
    うまくいくかも知れませんが、それ以外の分野では到底適用が
    困難だと思います。結局のところ、数値以外のものには評価に
    人間的感情が入るから。(ハロー効果、対比誤差、期末効果)

    もともとの導入理由が人件費削減なのに「ケチ」とか言われたく
    ないがために跡付けの仕組みにより評価するため当然評価自体が
    矛盾を抱える。

    導入当初は若者からもある程度の支持を受けたのだが、実施後
    初めて、その運用の不完全さや中途半端さなどにより、若者も
    制度に不安を感じた・・・ってことかな?

    成果主義自体の考え方は理解できるけど、日本のように感覚的
    徒弟制度的に企業運営をしている社会では、決められた時間を
    働きとっとと帰ってしまうとか、これは私の仕事じゃないとか
    はっきりしている欧米の仕組み導入には無理がある。

    また、もともと欧米は終身雇用ではなく労働力の流動性が高く
    成果・評価がはっきりしやすい。文句があればやめる、気に
    入らなければクビにする・・・評価制度自体が意味を成さない。

    都合のよう部分だけもってきても矛盾するよね。
    問題なく成果主義を運用できていると自負する会社こそ、正確な
    評価制度がなく主観で評価運用されているということを証明して
    いるのとイコールってことだと思います。



    88 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 11:00:24 ID:4sq2miPZ
    Xさんは成果を2倍にあげる方法を発見しました

    A案.みんなに教えて会社の成果全体を2倍にする
    B案.自分の成果だけを2倍にする

    XさんはAが当然「A案」が会社貢献が大きいので
    「A案」を提案し、評価されるものを期待していました。
    ところが、Y課長は「A案」には問題があり、改善して
    実施してみたところ成果が上がりましたとZ部長に
    報告しました。するとZ部長は「私がY課長に指示して
    A案を実行させ成果を2倍にしました」と社長に報告
    しました。

    Y課長とZ部長は会社から評価され賞与がアップしました。
    XさんはY課長にほめられ、一杯飲ませてもらいました。


    ・・・今の、日本ならこんなところかな?



    94 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/07(火) 11:31:02 ID:d9nTcC7a
    >>1

    だいたいの組織はやる気のある2割とやる気のない8割で人員が構成されている。
    8割の方は目標設定しろと言われたら自分の手の届く範囲の目標しか書かないし、
    自分の守備範囲以外には一切手を出さなくなる。
    やる気のある2割は必死になって8割を鼓舞し、8割の方は乗せられた振りをする。
    8割の方はどうやって成果を出すのかと言うと、ある程度までは頑張るが、自分の
    能力を伸ばしてまで成果をつかもうとはしない。
    じゃあどうするか?と言えば、成果の粉飾。これしか無い。
    大したことのない成果をあの手この手を使ってさも大きな仕事を成し遂げたかの
    ように見せかける。
    だから成果主義を導入後数年間は業績が上がる(もしくは上がったように見える)。
    アホなコンサルはこの数年間だけをとらえて成果主義をたたえるけれど、その後
    の伸び悩みや業績低迷は自分たちの責任では無いと逃げる。



    122 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/07(火) 20:31:43 ID:4v5eFncR [1/2]
    形だけ成果主義にしても実際は上司に気に入られたかどうかってのになっちゃうよな。
    仕事を評価してくれる上司ならいいけど、馴れ合いを評価する上司ばっかだろ日本は。

    124 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 20:36:12 ID:A579FgdQ [2/6]
    >>122

    ビジネスマンとしてより組織人として評価されるかどうかが重要になる。
    これは日本人の気質の問題というよりは経済情勢も大きく影響しているように思う。
    結局誰がやっても大して儲からないからね。属人的な評価なってしまう。
    将来の果実をえさにした終身雇用ではこれが悪化すると思うし。

    133 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/07(火) 21:09:07 ID:9o6t+FWB [3/3]
    まだ成果主義の文句言ってたんだw

    >>124
    その通り。日本の管理職以上の人事とは過去の人脈作りの結果や社内調整能力の有無が大きく作用する

    アメリカのように政権が代われば政府の要職の担当者が一掃されるのと違い、日本では政権が代わっても
    官僚のトップである事務次官や官房はほとんど代わらないw
    つまり、アメリカの合理性とは方針がまずあってその方針にあった人間がスタッフとして機能するのに対して、
    日本では省内の人間関係で省のトップが決まり省内を支配する。政府との関係は省益と政府の方針との利害調整に明け暮れる
    そのような省内人事とは成果主義ではなく年功序列で官僚機構では運用されているからこそ成立している
    実は日本人のメンタリティの根源には年功序列がしっくりくるんだよ

    それは大企業の管理職以上の人事も同じで、結局は有能だろうが無能だろうが上司が直属の部下の人事を決定するのが普通
    そこには妥当性などなく人間関係次第の世界

    でもそれは管理職以上の昇進人事に伴う人事制度であって、一般社員の人事でなく昇給のみに関わる人事制度については、
    現行は成果主義を導入している企業が多いのだろうが、成果主義に不備がある事は認めるもののそれに代わる制度って
    誰か提示できるのか?
    ベースアップを前提とし、そのアップ幅を年功序列ではなく成果主義で決定しているのが現状だと認識した上で、
    そもそも評価の結果としてあったベースアップ自体が今後は全く見込めないと想像できないのだろうか?
    理由は簡単で業績に応じたベースアップの根源にあった「利益が最悪現状維持か増大が前提であった時代」は既に過去のものと
    なっており、今後はうまく経営できれば現状維持か増大、まずければ減少になる時代なんだぞ
    その時代に固定費の増大を意味するベースアップを行うなど経営陣にとっては自殺行為であって、業績が良ければ一時金を
    支給するといった利益の従業員への還元こそが現実路線となるだろう

    何が言いたいのかと言うと、人事制度の改善要求とは既に全従業員を対象としたものではなく、一部の昇格に伴う昇給を目指す
    従業員にとってのみ対象とする事項だと言う事
    大して昇給しないのなら昇格したくないなんて思ってる人にとっては、蚊帳の外の話題なんじゃないのかな?
    何をどういっても無関係なのだから



    Q&Aでの解説 (Unknwon)
    2010-09-10 18:32:46
    量的緩和
    http://anond.hatelabo.jp/keyword/%E9%87%8F%E7%9A%84%E7%B7%A9%E5%92%8C
    >* Q5. あらゆる資産を日銀が無限に買えば、インフレが起こるのでは?

    * A5. 確実にインフレが起こります。日銀も非伝統的な政策に踏み込んで株を買ったりといろいろ試してはいるようですが、言い訳程度にやっているだけなので結局デフレ脱却は果たされていません。

    「2-4%のインフレを達成するまであらゆる手段を尽くす」と明確に宣言させる必要があります。ちなみにトヨタ自動車に300万台以上の余剰生産力があります。

         日本は供給力がありあまっているので、ジンバブエのようなハイパーインフレは起こり得ません。

    * Q6. インフレが起こっても、中央銀行はコントロールできないのでは?

    * A6. 総裁や政策委員が無能でなければコントロールできます。インフレターゲットを設定している諸国では、長期に渡って目標値を逸脱することは許されず、おおむね達成できています。ハイパーインフレなどと極端なことを言いだす人ような人に政策を任せなければ大丈夫です。

    * Q7. 欧米の中央銀行が通貨供給を大幅に増やしたのはプルーデンス政策、日銀は欧米並みに供給を増やす必要ないのでは

    * A7. 欧米で通貨供給が増えたのに日本が通貨供給を増やさないと、需給関係で円高が進みます。

         円高のせいで日本の輸出産業は壊滅状態です。ますますデフレの進む要因になってしまっているので、日本も欧米並みに通貨供給を増やすのが当然です

    * Q8. かつて量的緩和とドル買い介入によって日本経済が不況を脱出したのでは?

    * A8. 日銀も一時、「時間軸政策」などによってリフレ的な政策をとり、ある程度効果がありました。が、デフレ脱却を実現する前にやめてしまいました。ほんとやる気がないんですね日銀は。

    * Q9. 政府紙幣を発行すれば、財政赤字を増やさないでインフレが起こせるのでは?

    * A9. それは国債の日銀引き受けで確実に効果があります。インフレターゲットと連動させて行うのが肝要です。

    * Q10. なんらかの方法で「マイナス金利」を実現することはできないか?

    * A10. 深尾光洋氏のいうように、現金に課税するなどの方法をとれば不可能ではありませんが、わざわざそこまでしなくても、市中の国債をすべて買い切ることからはじめればOKです。

    * Q11. 今の日本は需要不足だから、供給を増やす構造改革よりGDPギャップを埋めるリフレのほうが重要では?

    * Q11.その通りです。構造改革とリフレ政策は矛盾しません。いくらトヨタ自動車が世界最高品質の自動車を作っても(供給の強化)、買ってくれる人がいなければ意味がありません。デフレが進むだけです。

         構造改革をすすめるためにもリフレ政策(需要の回復)は重要です。

         今の日本はブラック企業でバカみたいに働かされている人が多い半面、働きたいのに職がない奴がたくさんいる状態です。労働市場がまともに機能していません。

         自然産出量水準=完全雇用産出量水準のはずがありません。

    あと適当にブラッシュアップしてください。>誰か

    デフレFAQ
    http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51308946.html

    http://b.hatena.ne.jp/entry/ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51308946.html

    2009-11-07■http://anond.hatelabo.jp/20091107194435
    ヘリコプター・ベンの渾名は割と有名だったと思うんだけどなー。

    二行目追加したからそこを参照。デフレ対策にインフレを将来させたら所得減物価増の悲惨な現実になりそうっていってる。

    これはどの辺の情報を前提にそう判断しているのですか。

    それと、日銀が行っていた一連の量的緩和政策について元増田はどう評価してるのかしら。

    増田がどういう経済政策を求めているのかがさっぱり見えてこない。

    ていうかデフレを放置するのが正しいと思っているのですか。>

    今の日本の状況、アメリカの金融政策は当然の成り行きなんだろうね

    ドル安容認どころかドル安、実質マイナス金利で逆鞘過剰流動性追求でアメリカ経済焼け太りみたいなものか

    しかし日本は苦しくて貧しいけど、まさに実質的な生活で人生をまっとうしていくので(実態に即して)経済を営むということ

    ちなみに先に行ってどちらの経済が生き残ると思うかと言えば、虚より実のほうが生き残るに決まっていますよ

    今も既に計画的なドル安よる円高がドル/円70円台に向かってるってことは自動車産業などの輸出関連企業の国外逃亡の悪害はあるにせよ、円の信用はドルよりもユーロよりもはるかに高まっていくのだから

    それに自動車産業なども逆に国内生産で恩恵を受ける政策をその時の政府が打ち出せば、すなわち内需型で利益が上がるように1部分でもしていけば、もっと国内回帰の富国傾向になっていくのだが

    そういうことができる政権よはやく現れてくれんかねってことですね



    ちなみにゲゼル、深尾光洋氏の理論 (Unknown)
    2010-09-10 18:45:29
    量的緩和
    http://anond.hatelabo.jp/keyword/%E9%87%8F%E7%9A%84%E7%B7%A9%E5%92%8C

    >[知識][経済]デフレ脱却にマイナス金利政策検討を 深尾光洋
    日本経済新聞 2009年3月3日 一部抜粋

    深尾光洋
    デフレ経済の下では、金利が低くても貸し倒れリスクのない現金や政府の信用に裏打ちされた預金、国債などを保有するインセンティブ(誘因)が強まる。

    物価が下落している状況では、地価、株価は下がるが、現金は価値が低下しない。このため、設備投資や住宅投資が低迷し、現預金の保有が増加する。

    金融政策面では、日銀がさらに量的緩和や企業債務の直接買い入れを進めることで、ある程度は景気を下支えできるが、効果は限定的である。

    巨額赤字を抱える財政にも景気を支える余力はあまり残っていない。

    為替相場の円安誘導についても、海外景気が好調だった03-04年とは異なり強い非難を浴びる可能性が高く、採用は無理だろう。

    では全く打つ手がないのか。そこで今後検討が必要と思われるのが、金利をマイナスにすることの是非である。

    もちろん、短に日銀がマイナス金利で銀行や企業にお金を貸し出しても、銀行貸出を拡大させる効果はあまりない。

    これは現金という安全資産が大量にあるからだ。銀行も日銀からマイナス2%でお金を借りられるのであれば、日銀から借りられるだけ借金をして現金で積んでおくことで、リスクなしの2%の利ざやを稼ぐだろう。

    だが課税をうまく使うことで、政府は税収を得ながら景気を刺激する事が可能である。

    これは実質的に金利をマイナスにする政策であり、こうした「マイナス金利政策」は今後検討に値しよう。

    マイナス金利は、ケインズが『一般理論』で紹介した、シルビオ・ゲゼル(ドイツ人の経済学者)の紙幣に対する印紙税構想として知られている。

    ゲゼルはお札の裏に印紙をはる欄を多数設け、毎週印紙をはりつけないとお札が流通できなくする事で現金に課税することを提案した。

    今日では、ATMや自動販売機が普及しており、お札に印紙を貼って流通させるのは非常に不便である。

    また現金のほかにも、政府保証のある預金、クレジットカード、デビットカード、電子マネーなどが支払いのために広範に使用できる。

    このため現金だけに課税しても、支出を刺激する効果は限られている。しかし、課税方式を変えることで有効になる。

    たとえば、お金に使用期限をつけるか、使用しなければ価値が下がっていくようにすればよい。

    どんなに物価が下がっていても、家電量販店のポイントや航空会社のマイレージは、使用期限が切れる前に使うのと同じである。

    そこで、政府が価値を保証している現金、預金、国債などの金融資産に対し、デフレによる実質価値上昇分を課税すればよい。同じ金額の安全資産で購入できる財・サービスがデフレで増加する分を、税金で政府が吸収するのだ。

    課税対象は日本政府が直接間接に元本を保証する円建ての金融資産であり、国債、地方債、預金、現金などである。

    現金は、色を変えるなどして新券を印刷し、旧券と交換するとき手数料を取れば良い。

    そうすれば、課税対象の安全資産から、株式、社債、耐久消費財、不動産などに資金がシフトし、景気は刺激される。銀行も課税される日銀当座預金を減らし貸し出しを増加させるだろう。政治的には大きな困難を伴うだろうが、税率二%で三十兆円以上の税収が見込める。これは全国民に二十万円現金を支給してもおつりが来る金額になる。>

    もしかしてヘリコプターベンは案外この理論を密かに実行しているのが今の状況だったりしてね?

    対する日本の日銀総裁を始め、財務・金融官僚(民主党政権下の各大臣は当てにならないので省くとして)は水面下でどう対応していくかが非常に興味あるところだ

    ちなみに各個人の対応としては、円高差益で得するというかやっていける方向でしかも質実剛健⇔独自の技術・技能を身につけて起業するか自営の自立型終身雇用の仕事を選択して激動のここ数年をしのぐのがよいかもしれないが、なんにしても自己責任で頑張ってね


    円高よりも国内の国民所得低下の方が問題 (Unknown)
    2010-09-10 19:10:50
    一人当たりの国民所得は1973年では87万9000円だが、
    バブル崩壊前(1994)には295万円、2007年は293万円。

    一人当たり社会保障支出は1973年では5万7000円だが
    バブル崩壊前(1994)48万3000円、2007年では71万円

    つまり、バブル前と現在では所得は微減だが、社会保障負担が
    15%から25%へと増えているのだ。

    現在の社会保障は「子供に養ってもらう」という考え方。
    これからは、「自分の老後は自分で面倒をみる。」というやり方に変わるだろう。
    公的福祉は限界となり、私的サービスが受けられない人は
    野垂れ死にする時代になるだろう。



    test357 (masa)
    2010-09-10 23:01:53
    徳川吉宗は節約によって日本を立ち直らせようとした。しかし、経済が拡大することはなかった。節約は効率を高めるしゅだんであって、経済の拡大とは別の話だと気づかなかった。

    非効率な部門からお金を引き上げれば全体の効率は高まるが規模が縮小するので、短期的には停滞で長期的には財政が改善するから±0なる。どうしても将来性のある分野に投資する必要がある。

    吉宗は経済を拡大する方法として、貨幣の改鋳を行ない貨幣の量を増やしたと聞いている。

    このことから学ぶことがいくつかある。効率的な経済でなければ拡大しても非効率が拡大するだけ。効率化は不景気の時がやりやすい。無駄遣いは簡単だ。効率的な社会なら貨幣の量を増やして経済を拡大することができる。



    Unknown (Unknown)
    2010-09-11 08:06:32
    経済のイロハをわかろうとしない民主党首脳は退陣してくれ。
    企業を発展させる視点を持った若手に交代せよ。


    ---------------
          TS・チャイナ・リサーチ株式会社 田代尚機 発行
    ////////////////////////////////////////////////////////////////
             目次
             1. 戦略的新興産業の勃興
             2.お知らせ

    1. 戦略的新興産業の勃興
     8日に開かれた国務院常務会議で「戦略的新興産業の育成発展を加速する
    ための決定」が審議され、原則通過した。戦略的新興産業に指定された
    のは、バイオ、省エネ環境、新世代情報技術、最先端機械設備、新エネルギー、
    新材料、新エネルギー自動車の7つ。

     会議では、この“決定”の意義について、以下のように示している。
    産業構造のレベルアップ、経済発展方式の転換を推し進めることによって、
    自発的な発展能力と国際競争力を高め、経済社会の持続的発展を
    促進する・・・。政府が企業を全面的に後押しして、産業発展を強力に
    推し進めるということである。

     関係者の話によれば、これから2~3年以内に、政府は少なくとも
    1000億元(1兆2400億円)の資金をこれらの産業に投入させる
    計画である。中央政府、地方政府はそれぞれの予算で100億元
    (1240億円)ずつ拠出し、残りは銀行借入、資本市場での
    資金調達などで資金をねん出させるもよう。税制優遇策も検討されている。

     マスコミによれば、「戦略的新興産業」という言葉が、今年の流行語に
    なっているそうだ。これから5~10年の間、この戦略的新興産業が
    中国経済の動向に大きな影響を与えることは必至である。

     これらは、世界的にも新しい産業分野である。こうした分野で、
    国家主導で大量の資金が投入され、税制面を含めいろいろな側面から
    支援を受ける。さらに中国は13億人を超す巨大な市場を有している。
    中国では、いろいろな面で急激な変化を見せつけられてきただけに、
    数年後にはこれらの分野において、中国はトップレベルの力を持つように
    なるかもしれないと思えてしまう。

     環境技術、最先端技術では、日本は確かに進んでいる。しかし、こうした
    優位性はいつまで保持されるであろうか。また、そうした日本の優れた
    部分はどれだけ“商売”になるのだろうか。

     大量生産、コストダウンといった実用化の面で日本は弱点がある。多くの
    製品で同じパターンとなってしまうのだが、韓国、台湾企業からの
    追い上げもある。

     日本政府は中国のように、巨額な予算を拠出することはできない。
    政府保証ではなく、政府の指示で銀行に融資させることもできない。現在の
    日本の株式市場では、資本市場を通じた資金調達も難しい。そもそも
    日本政府は中国政府ほどしっかりとした産業政策をもっていない。

     新技術で中国に後れをとってしまう。電気自動車の低価格化、普及で後れを
    とってしまう。そうなれば、日本経済は非常に大きなダメージを受ける
    だろう。なんとかならないだろうか・・・?



    156 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 01:08:28 ID:cX/pg0Yk
    成果主義で失敗してるのは、成果主義自体の問題というよりも
    既得権を得た老害達にも、成果主義を当てはめずに
    中途半端に新人や中堅社員だけに成果主義を当てはめたからでしょ。

    上が成果ゼロでもたんまり固定報酬貰って状態で、成果主義を導入したら
    総額の帳尻が下に来るのは当たり前。



    157 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 01:25:11 ID:PFix2rAk [2/4]
    >>151
    ワークライフバランスも大事だね

    いい加減、定時で帰る、有給休暇の完全消化が当たり前にならないといけない
    台湾、中国すらからもクレージーだと思われてる

    ジャパンアズナンバーワンwの頃は、日本人は働きすぎでアンフェアだのと
    海外から非難されたが、今となっては誰もそんなことは言わない
    働きすぎで疲弊しようが過労死しようが勝手に自滅してろってことだろう

    最近は従業員満足なんてことも言ってるが、本当にそう思うなら、普通に定時
    で帰れる職場、年に1回は最低でも2週間の連続休暇が取れるようにしろと
    思う

    164 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 01:58:36 ID:WGS20fW6
    >>157
    それで儲かればいいんじゃないかな

    資源もない、もう教育水準人材水準が必ずしも高くない、
    軍需産業や航空産業で儲けられるわけでもない、
    他国から収奪できるわけでもない、食糧自給率は低い、

    そんな国の人間がそれで世界最高峰レベルの生活水準と給与水準を
    それで得られるようならば。
    根腐れしてきてるのがもう目に見えているところだろう。



    173 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/08(水) 03:43:03 ID:BCkY/h7T
    日本の成果主義は、単なる賃下げのためのツールとして導入されただけ。
    評価する側の問題点も多い。正当な評価がなされない。上司との人間関係が評価に大きく影響する。
    日本の仕事はチームでの仕事が多い。小さなノウハウの積み上げのような業務が大部分だろう。
    成果主義とは、同僚の成績が上がれば、相対的に自分の成績が下がるというシステム。
    つまり、今まで仲間であったチームのメンバーが、敵に変わるシステム。
    成果主義導入により、敵に変化した同僚等に自分の知っている細かいノウハウを伝授して、人間を育てる的な循環が破壊された。
    成果主義導入前は
    優秀な後輩が入って来たら、積極的にノウハウを伝授して、成長してもらえればその分、自分の負担が減るという好循環があった。
    成果主義導入後は
    優秀な後輩が入って来たら、警戒感が走り、成長してくれない方が、自分の成績が相対的に下がらないということになる。
    以上の問題点をちゃんと考えないと、成果主義導入にて、組織は崩壊する。



    472 :名無しさん@十一周年:2010/09/11(土) 16:45:35 ID:YfByCbof0
    植草さんは、小泉政権批判の急先鋒だった。
    小泉政権時代に起きた石井紘基議員刺殺事件、当時石井氏は小泉の弱みをつかんだ、
    これで小泉と取引ができると、周囲に漏らしていた。
    事件の朝、国会での答弁の為に持って出たはずの、書類と日記帳が鞄ごと無くなっている事にきずいた
    奥さんが警察に、返してもらいたいと連絡をいれるも『鞄はない、なかった』との返事。

    私たちの想像の及びもつかない 国家の闇の部分があるということだ
    ニュースの表面しか目にすることのできない国民は、事件の真実など神ならぬ身の知る由もない。



    242 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/08(水) 20:17:49 ID:3ppVQA/w
    成果主義は成長期に導入すれば最大のメリットがある。
    それがなぜわざわざ非成長期に導入されたのか?

    それは「経営責任を問われることなく人権費を下げられる」こと。
    本来は、人件費を圧縮しなければならないことを経営者が
    きちんと従業員に説明してそれを実行して責任を果たせば良いだけだった。
    自らが先頭に立って身を削って見せれば下はついてくる。
    しかし、コンサルは経営層の責任問題回避の心理を突きそして成功した。

    問題の本質は「責任者の責任取りたくない心理」が酷いことにあると思うよ。
    そして今、本来責任のないところへしわ寄せが来ている。

    面倒ではございますがッ、何卒1回ッッッ、
    それ以上やっても同一IPではじかれるのでッッッッッ、
    「1回」ポッキリッ!!!!!!!!!!!!(13個で世界新)
    クリックの方を、よろしくお願いい~た~し~ま~す~るぅ~。

    人気ブログランキングへ   

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。