スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    9月10日の備忘録

    9月10日

    クリックの程よろしくお願いします。
    人気ブログランキングへ   

    ちょー簡単な第二次世界大戦史
    http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-356.html

    在日外国人の地方参政権を阻止すべし(3/4)
    http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/44082fe1ee8aea381f085815b9651767



    71 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/10(金) 01:07:24 ID:fmPGU8sR [4/19]
    >66
    技術系の会社なんで、高専なんかが優秀なのは分かってますが、以外と高専出身者は
    就職率が良く、大学なんかよりも良いんじゃないでしょうか。殆ど残ってません。
    リクに払うのは、もう捨て金といっちゃー悪いですが、諦めてます。
    でも問題なのは、そのマトモな人材が本当に少ないんですよ。
    特別優秀なのを待ってる訳じゃないんですが、さっきも書きましたが危機感が薄いんですよね。
    実はこれまでの経験でも数名首にしたんですが、もう本当に手を尽くして、こっちもボロボロ
    に成るくらい追い込まれてクビなんですよ。
    せめて、そこまで酷くなければと思ってるんですけどね。
    まあ、昔は採用の決定がいい加減だったという反省もありますが。
    最近分かったことは、自分で学ぶつもりが無い人は、どんなに教育しても駄目ですね。

    83 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/09/10(金) 01:17:37 ID:7YohJCP+ [3/3]
    >>71
    >最近分かったことは、自分で学ぶつもりが無い人は、
    >どんなに教育しても駄目ですね。

    これには同意。自分も色々と経験してきたけど、
    自分から前に進もうとしない人間を進ませる事は、
    お釈迦様でもなければ無理だと悟った。

    怒られるかもしれないが、そういう人に多大な力と期待を注ぐより、
    前に進む人間を見つけてくる方がずっと効率的なんだよね。
    まぁ、なかなか見つからないけどね…。



    無差別通り魔殺人の深層

    「小沢一郎に続く、『防衛利権』の体現者」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/161829263.html

    「民主党内部に巣食った自民党勢力=小沢一郎の暗躍・活躍の意味するもの」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/161723200.html

    「日本の霞ヶ関の官僚世界と政界を支える闇資金=サラリーマンの自殺者3万人の原因」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/161381219.html

    「小沢一郎に見る、日本政界の『闇資金』の動き」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/161268894.html

    「小沢・鳩山「自民党」 VS  菅・民主党の戦争」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/161079579.html

    「小沢一郎を支える、鳩山一族の、自民党金脈」、
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/160983147.html

    「小沢一郎を支える、政界ゴロツキ集団」、参照。
    http://alternativereport1.seesaa.net/article/160696779.html

     前回までの拙稿で、小泉・元首相=広域暴力団・稲川会と、霞ヶ関の国家官僚達がヘッジファンド・デリバティヴのギャンブル投機会社を「共同経営している」事実を指摘した。この投機会社が、「そのまま」人材派遣会社として、年収150万円以下の社会的弱者の「給与を、ピンハネ」する、ヤクザ企業となっている事実も指摘した。

    一方、こうした「ヤクザ企業」の支配下に入った社会的弱者=派遣社員を「酷使する」代表的企業=トヨタ自動車等は、「どのような目的で、使い捨ての人材派遣社員を使っているのか」。

     「日本企業は、外国企業との過酷な競争に打ち勝つため、技術開発・設備投資に莫大な費用を必要とし、その資金を捻出するため、サラリーマンの給与を低く抑え、リストラ=首切りを続け、アルバイト・パートの『使い捨て労働者』を生み出して来た。月給7万・8万円の、将来に希望が持てず、結婚も出来ないフリーターの急増は、日本企業が生き残るための、致し方ない方法であった」。こうした日本企業・国家の生き残りのための「犠牲」が、フリーター・派遣社員の急増の原因であった、という分析が流布している。

     トヨタ自動車の昨年の、研究開発・設備投資は1兆800億円。

    トヨタ自動車による、株・債券・原油・貴金属等・デリバティヴ・ヘッジファンドへの「金融ギャンブル投機に使用された資金」は、4兆8000億円。

    ギャンブル投機に使われた資金は、設備投資の4倍を「はるかに上回る」。

    ギャンブル投機の資金を捻出するため、サラリーマンのクビを切り自殺に追い込み、将来の希望の無いフリーターが絶望の余り無差別通り魔殺人に追い込まれる「雇用環境を作って来た」。

    これが、真実である。

    恐慌と、世界大戦への引き金となるデリバティヴ・ヘッジファンドへのギャンブル投機。その結果として、市民を襲う食糧・ガソリンの高騰等々。こうしたギャンブル投機の資金が、「どこから出てきたのか」を、これは明確に示している。



    Unknown (Unknown)
    2010-09-09 15:50:52
    >>ズル菅にやる気は無い。

    【韓直人、不得意分野における国政放棄の無責任ぶり】---
    http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/208b73de14fba56a153c6e74a33b33d8
    ①急激な円高ドル安を注意深く見守るだけで、---無策。
    ②不得意な安全保障政策から逃げ回り、---に任せ切り。
    ③陸海空3自衛隊の最高指揮官であるとの認識が薄く--- 
    ④「竹島」問題を記述した防衛白書の公表を先送り。
    ⑤全閣僚、副大臣、政務官に対して、靖国神社公式参拝禁止令。
    ⑥国家戦略(局)の事実上の開店休業化。
    ⑦09マニフェストの軽視、無視。
    ⑧中国、ロシア外交を鳩山由紀夫前首相に丸投げ。
    ⑨参院選大敗北の責任取らず。
    ⑩「核廃絶」からの逃避。
    ⑪北方領土関係の住民の子どもたちが首相官邸に訪問した際、面会せず、居留守。
    ⑫有効な雇用政策を立てず、----。日本国民に落選・ノーを宣告された法無大臣を、30日以上留任させるのは、憲政史上例がない国民審判無視、民意軽視、有権者愚弄の極道者だ。

    日本を真に守ろうとする政治家を選べ (Unklnown)
    2010-09-10 08:11:26
    平沼氏故中川昭一氏の功績を語る動画
    http://dororon.blog.shinobi.jp/Entry/893

    中川昭一さんのお仕事ー水問題
    http://dororon.blog.shinobi.jp/Entry/885

    (追記2つあり)中川昭一さんのお仕事の1つ、水問題。その他公式HPから色々と。
    (10/10更新)2009.2.3のソースを追加しました。
    (10/13更新)2008.11フィナンシャルジャパンのソースを追加しました。

    コメントを頂き、中川昭一さんの支持者の中にも、中川さんが水問題に取り組んでいたことを知らない方がおられるようで、びっくりしました。

    中川さんはもっと評価されるべき政治家でした。公式HPから、色々とメモしておきます。

    ●2007.2.9 知っていますか?地球をめぐる、水の問題
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20070209_86.html
    (抜粋)
    >何をいまさら・・・と言われるかもしれませんが、日本が水の輸入大国であるということをご存知でしょうか?

    >政治家も水問題にきちんと取り組む必要があると思うのです。ヒトが生きる前提である資源を、利害を語る前にまず世界的に確保する――、それには政治でなければ果たせない役割が、少なからずあるように私は確信しています。

    国際水フォーラムが繰り返し開催されているのをはじめ、水を守る活動がさまざまな方面で活発に行われています。これらを積極的に支持すべきだと考えます。

    ●2007.12.19 志帥会 政策勉強会での講演録 「水問題について」
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/speech/detail/20071219_259.html
    (抜粋)
    >私、谷垣政調会長にお願いをして、今回、党に「水の特命委員会」というものを作って頂きまして

    >日本は水だけは豊富ではないかと思われがちですけれども、一人当たりの淡水保有量が世界平均の3分の1近くしかなく、決して水ですら豊かではありません

    >水保有についても、先人達から大変苦労されていて、全国22万の溜め池があるそうですけれども、溜め池とか水田とか森林とかいったもので、必死になって水管理、水との戦いを先人たちがしてきているわけであります。我々も、今後その努力をさらに進めていかなければなりません。

    >私が一昨年、農水大臣だった時にサウジアラビア、アラブ首長国連邦へ行き、両国が淡水化を非常に熱心にやっていることを知りました

    >日本は、水技術について歴史的にも大変高い伝統技術も持っておりますし、先端技術も持っています。膜の技術とか、細いファイバーの繊維の中に水を通して濾過する技術とか、こういうものに関して非常に日本は進んでおります。

    >世界に貢献できる技術、経験人材を持っている国として、是非とも積極的に貢献していくべきではないかという提言をしました。当時は参議院選挙の直前だったので、党の選挙公約に入っております。

    >ただビジネスとしてはまだまだこれからでして

    ●2008.6.20 自民党・特命委員会「水の安全保障研究会」について記者会見しました
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/act-repo/detail/20080620_333.html

    ●2008.6.28 「社団法人日本環境教育フォーラム」にて、環境・水問題をテーマに講演しました
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/act-repo/detail/20080628_348.html

    ●2008.6.28 「社団法人日本環境教育フォーラム」にて、環境・水問題をテーマに講演しました
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/act-repo/detail/20080628_349.html

    ●2008.7.2 委員長を務める、党特命委員会・水の安全保障研究会にて、最終報告書作成の挨拶をしました。
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/act-repo/detail/20080702_339.html

    ●2008.7.5 党特命委員会・水の安全保障研究会で、沖縄へ視察に行きました
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/act-repo/detail/20080705_345.html

    ●2008.7.6 党特命委員会・水の安全保障研究会で、沖縄へ視察に行きました
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/act-repo/detail/20080706_346.html



    日本の危機! (Unknown)
    2010-09-10 08:19:36
    中川昭一さんのお仕事ー水問題
    http://dororon.blog.shinobi.jp/Entry/885

    ●2008.7.10 党特命委員会「水の安全保障研究会」最終報告書(7月2日)(PDFファイル)
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/speech/detail/20080710_350.html

    ●2008.8.11 水の安全保障特命委員会がスタート
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20080811_357.html
    (抜粋)
    >本報告書の特長は、
    >①20回の会議、10数回の報告書作成作業を通じ、8省庁、数多くの官僚が同席しましたが、一切発言も会議の運営への関与もなかったこと(させなかった)。

    >②議論が議員と数多くの水の専門家(学界、経済界、NGO、自治体―水の運営、管理者等)によって対等に進められたこと。

    >③報告書作成は、全体の議論をまとめて3人の専門家(学者、NGO関係者)によって見事に行われたことです。

    >多くの困難が存在することも明らかになりました。
    >①タテ割、ヨコ割の弊害(役所だけでなく、学界・ビジネス界にも存在)
    >②水情報の一元化
    >③どこに「チーム・水日本」の司令塔(仮称「水の安全保障機構」をどういう形態で設置するか)
    >④緊急課題(災害対策、国際緊急支援、すでに発生している水のインフラの更新問題等)に対応できるか。
    >⑤水の管理の複雑さに加え、水の所有権の法的位置付け(既に多くの地下水が内外の経済体により、占有されている。海外では裁判になっているケースも多い)
    >⑥海外への発信(国際水ビジネス支援、日本の水文化の発信-「治水」はWater Safety managementでは不充分で「Chisui」がふさわしい)
    >⑦世界水機関「WWO;World Water Organization」の早急な設置等々。

    >内外の水危機に「チーム・水・日本」がリーダー・シップをもって緊急、適切に対応していかなければならない。次回の特命委員会は「気象」について勉強・議論して行きたいと思います。

    ●中川昭一:「水」が日本の安全保障
    (2008.8.28 日経BP)

    (追記箇所その2)
    ●2008.11 水で日本は世界に貢献できる中川昭一(財務大臣・内閣府特命担当大臣)
    http://www.financialjapan.co.jp/20
    0811/0811nakagawa.html
    >水はきわめて重要であり、デリケートであり、そしてまた、生命にも地球そのものにも欠くことのできない、そして現在も将来も不安な状況にあるということを認識させられました。

    ではそんな状況に対してわれわれ政治家、あるいは日本がやれることは何であるか?
    それをみんなで考え、今年の7月に研究会から最終報告書を出しました。

    これからは政治と行政、学界、産業界が一体となって水問題に取り組んでいこうと、第2段階の作業を始めたところです。

    >研究会は発展組織として、「水の安全保障に関する特命委員会」となります。研究という目的は、報告書の提出で達成しました。

    この報告書や各種の議論に基づき、「今度は政治や行政がやらなければいけないことをやっていこう」という考えで、特命委員会に衣替えして実際の作業に入っているところです。

    経済産業省が日本企業の水ビジネスにおける海外市場開拓の支援を明らかにしていますが、これも研究会の報告書の一部にあります。

    >日本は海水淡水化などに使う膜の技術など、技術の面では世界のトップクラス。また自治体が中心となって運営する上下水道に蓄積されたシステムや維持管理のノウハウには素晴らしいものがある。

    これらをODAだけではなく、ビジネスの大きなチャンスにもなると位置づけ、オールジャパンで世界に出ていきたいところです。

    >欧米の水メジャーに相当する企業はまだ日本には存在しないと思いますが、たとえば東南アジアのある大都市で数百万人に対する上水ビジネスを日本企業とヨーロッパ系企業2社が担った例があります。

    ヨーロッパ系は撤退した一方で、日本企業は現在でも安定的に市民に水を供給している。受益者に対してどちらが役立っているかは明らかでしょう。

    ビジネスとしては利益の問題は避けられませんが、水で日本が果たす役割は、ビジネスに加えてもっと意義深いものがあると考えています。

    >中国は巨大国家であり、めざましく発展しているだけに、汚染といった形で水問題が表れています。南の豊富な水を不足する北へ送るという「南水北調」プロジェクトを見てもわかるように、水不足の面も問題視されています。

    中国の状況は日本に無関係ではありません。日本の気候は、ヒマラヤ、中国とつながっているわけで、経済成長による気候変動は何らかの影響をもたらす。つまり中国の問題であると同時に日本の安心安全に対する大きな問題にもなってくる。

    だからこそ中国もしっかり認識して欲しいし、日本としては協力すべきところはしたい。中国には自国内だけでなく周辺国にも悪影響を及ぼさないよう努力してもらいたいと思います。

    >水には境界線がありませんから、一国の問題でもない。北海道洞爺湖サミットでも、水と衛生が地球規模の問題として一つの合意事項になりました。そういう認識のもと、ある意味で日本が世界をリードしていきたいと思っています。

    (追記箇所その1)
    ●2009.2.3 水が心配だ(2月2日)
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/mynews/detail/20090203_439.html
    >最近は、できるだけ日本の水、それも地元の水を飲むようにしている。「地水地消」だ。地球温暖化という大問題に立ち向かうと同時に、一人一人が身近な所で「水の節約」に心がけることも必要になってきた。
    >1月30日、念願の「水の安全保障戦略機構」が発足した。いよいよ「チーム・水・日本」が内外で実質的に始動する。よくここまで来れたと、関係者に心から感謝したい。

    ●2009.6.11 「危ない―日本を直視して」
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20090611_480.html
    (抜粋)
    >くらしや経済だけでなく、「核から水まで」日本が危ない。

    >水も危ない。十勝は元々降水量が日本平均の半分程しかないが、昨年は更にその半分しか降らなかった。雨が地下水となり、我々が地下水由来の水を飲むまで数十年から数百年かかる。今の降水不足は、数年から数十年後に可視化され、実感される。その時対策を取ろうとしても、既に手遅れなのだ。

    >水問題は
    >①気候変動による降水の一層の偏在。
    >②関わる行政が多数で法的関係も複雑。

    >水行政は指揮者のいないオーケストラ
    >③水と外国との関係。
    >④水問題への国民的理解。がポイントだ。

    >日本の水道ビジネスにヨーロッパの水企業がどんどん入ってきているのに、日本は技術と人材を持ちながら、海外水ビジネスに殆ど進出していないこと、
    >世界的情報企業が世界の水情報を独占しようとしていること、
    >水不足に悩む中国が日本の山等、水源を押えようという動きがあると報道されていること等が憂慮される。
    >領土や主権が危ないことも心配だ。北方領土や竹島だけでなく、対馬や与那国島等でも実質的に主権が侵犯されている。

    >我々は対馬を始めとする領土の主権侵犯や住民の苦難に対応する為、「国境離島対策プロジェクトチーム」(超党派、座長:中川昭一)を発足した。外国人の土地所有の制限(水源問題も同様かもしれない)や地域支援も含め、作業を始めた。

    >連日多数頂いている国民からのメールで、今圧倒的多数を占めているのが、現在放送中の「NHK・ジャパンデビュー」第一回の戦前の日台関係に関わる番組だ。他の議員達も同様なので、本日「公共放送のあり方について考える議員の会」」(会長:古屋圭司)を発足した。この問題に対する私の考えは、HP最近思ったこと(2009年6月5日)で示している。

    >「日本が危ない」一般マスコミに正確に報道されていることも、いないことも含め、現状を直視して適格な対応をしていかないと、日本は後悔する。


    *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

    公式ホームページには他にも、中川さんの仕事ぶりや人柄が分かる記事がたくさんあります。未見の方はぜひ読んでみて下さい。
    http://www.nakagawa-shoichi.jp/

    支持者と握手し、人懐っこい笑顔の中川さん。>

    中国の経済崩壊と日本の潜在的侵略崩壊との密接な相関を直視せよ!!



    キム木愛とかでキムだらけってか? (Unknown)
    2010-09-10 09:56:54
    変更マスコミに反撃する庶民の声
    http://kokohendarou.seesaa.net/category/7495650-1.html
    ~山岡賢次は在日である。彼の本当の名はキム(金)、
    通名は「金子賢二」
    昭和18年4月25日生まれで、安田生命の保険外交員の時に 山岡邸に出入りし、世間慣れしていない山岡荘八夫人の歓心を買い、 言葉巧みに秘書に潜り込んだ。

    そしていつの間にか一人娘の長女・秀江にいいより、やがて結婚に成功する成りすまし在日のパターン通り、養子縁組

    山岡荘八の本名、藤野姓を名乗り「藤野賢二」となるが
    ほどなく「藤野賢次」と改名。
    これにて「金子賢二」は完全に消滅。

    山岡荘八は、晩年は健康が優れず昭和53年9月に逝去。

    それを待ち受けたかのように、今度は裁判まで起こして「藤野賢次」を「山岡賢次」に変え
    自分が山岡荘八の血のつながった息子のように装って 参院選挙に打って出た

    利益をもたらす相手にこびるのが得意な人間で
    今は小沢の提灯もち ~



    済州島は、朝鮮ではなく、元耽羅国という独立国であった。崔洋一や、汚沢一郎や、菅が、日本を恨み、貶めるのは、バカげている。 (Unknown)
    2010-09-10 11:00:53
    崔洋一とのやりとりについてお知らせします。
    彼がNHKの番組で「日韓併合を認める者に、歴史を語る資格はない」と発言したことは、皆さまご存じのことと思います。
    私は8月29日にFAXを送り、彼に幾つかの質問をしました(発言自体を非難したのではなく、発言の根拠を質したもの)。
    一週間待って応答がなかったので、9月7日に下記のような二回目のFAXを送り、「無回答なので、こちらで貴殿の論理を推測するしかない。そしてこのやりとり(と言っても彼からは無回答という事実のみ)をマスコミ、ブログ、メルマガ等に公開する」と言ったところ、慌てた崔から「公開するな」と言ってきました。
    私が、私の発信したFAXの公開を止める権利が彼にあるとは思えません。これで分ったことは、(1)私のFAXが彼の痛いところを突いており、これを公開されると言論界において、彼の権威が失墜する。(2)彼は非常に小心な男である。
    9月7日に打ったFAXの概要。
    1.「歴史を語る資格がない」のは、一般的に資格がないのか、日韓関係に限っているのか不明である。
    2.「歴史を語る資格」の要件について、崔は明確な基準を持たずに番組内で発言し、他人を攻撃した。
    3.日韓併合の歴史的事実を証明する重要な一次資料も知らずに番組で発言した。崔氏の発言(結論)を批判しているのではなく、公開の席で発言する以上、他人に説明できる根拠があって発言するべきであり、「そういう基本姿勢を欠く人は、あの種の番組に出て発言する資格はない」。
    以上ですが、左翼、反日の共通の弱点は、歴史的事実に疎い(特に一次資料を見ていない)ことと、論理性に欠けることです。
    http://www.melma.com/backnumber_45206_4962170/



    というか… (ponpon)
    2010-09-10 15:25:56
    > 日本のニートの現状はみんな親が悪い。

    いまだにこんなことを言ってる人がいるとは…。(笑)

    バブル崩壊後、企業が採用を大幅に抑制または凍結していた時期に、人口の多い第二次ベビーブーム世代が大学を卒業したので、就職出来ない学生が大量発生して大変なことになったんですがねぇ。(いわゆる超就職氷河期)まともに就職出来なかった多くの大学生がその後、フリーターやニートになってしまったワケです。ちなみに、この世代は女性の社会進出意欲が盛んで、それも新卒市場の飽和状態を加速させてしまいましたとさ…。チャンチャン♪

    千葉市の年齢別人口グラフ(1989年~2010年)
    http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/121002.html

    日経平均株価の推移(1984年~2010年)
    http://uk.finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EN225&t=my&l=on&z=l&q=l&c=

    上の2つのグラフを見ると、社会に出る若者が多かった時期に景気が酷かったことが良く分かる。特に大都市部において、新卒市場が飽和状態であった。地方で行われていた公共事業は若者には何のメリットも無かったのである。
    ちなみに、第二次ベビーブーム世代が四年制大学を卒業したのは1990年代後半。彼らが結婚出産適齢期だったのは1998年~2003年頃。この頃の株価を見れば、第三次ベビーブームが不発に終わった理由がよく分かる。

    これも「日本弱体化政策」の一環だったのだろう。



    これは真実である。どうすればいい? (Unknown)
    2010-09-10 16:37:50
    <ある鮮人の寝言告白>
    今や創価学会や統一協会など宗教界や年間30兆円のパチンコ業界・
    消費者金融業界・風俗業界・ラブホテル業界を在日は掌握したよ。
    全 国の駅前も在日が握っている。
    宗教やパチンコで儲けた金で、駅前の一等地を買い制覇するつもり。
    外国人参政権も達成する為『工作』して いるよ。
    日教組の上層部は我々在日が制覇して、日本人の子供には
    我々の歴史観を徹底的に教育する。
    日本海の名前も東海に変える。
    靖国も徹底的に叩く。日本の永住権取得も緩和させ、
    移民を多く受け入れアホな日本人は30%ぐらいにする。
    反対するなら「差別!差別!」と騒ぐ。今の時代は戦争で侵略するような時代じゃないんだよ。
    我々はあくまで合法的に日本を侵略してるんだ(笑)芸能界もほとんどが在日プロダクションだし、
    新人なんか体売るか、創価に入信しないと仕事は与えない。
    もちろん、テレビ局も我々の 支配下にある。
    結局全ては金であり、我々はテレビも政界も全て制覇したんだよ。
    芸能界は今後も在日芸能人をプロデュースしていく。
    日本 は最高だね。
    税金のかからない宗教とパチンコ産業で我々は大儲け!こんなことアホな日本人の多くは知らない。
    まあ、日本人の事はどうで もいいよ。
    政治や大企業や在日企業を守り「日本を乗っ取る」のが目的だから。
    ほとんどのアホ日本人が『我々を日本人』と思ってる(笑)
    まあ、知った所でお前らにはどうする事もできないけどな(笑)

    面倒ではございますがッ、何卒1回ッッッ、
    それ以上やっても同一IPではじかれるのでッッッッッ、
    「1回」ポッキリッ!!!!!!!!!!!!(13個で世界新)
    クリックの方を、よろしくお願いい~た~し~ま~す~るぅ~。

    人気ブログランキングへ   

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。