スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    6月18日の備忘録

    6月18日

    クリックの程よろしくお願いします。
    人気ブログランキングへ   

    ★イラン問題でわかる世界情勢の変化~崩壊する多極主義陣営
    http://archive.mag2.com/0000012950/20100618171654000.html
    ロシアは様子見だろうな。漁夫の利、最高のタイミングで溺れた犬を鎮めるのが戦争の常套手段。

    中国は世界最大の移民輸出国 ~現在3500万人の中中国は世界最大の移民輸出国 ~現在3500万人の中国人が世界各地で生活している
    http://toanewsplus.blog60.fc2.com/blog-entry-364.html
    本当の人口は20億とか、2015年くらいから人口減少始まるとか、将来的に男性が4000万人配偶者が持てないとか何もかもがヤバい。自民と民主がなんで1000万人移民を入れたいかって、この余剰人口負債を日本に押し付けるためなんだろう。なんでかって?アメリカの属国だから。銭の~ためなら~民をも殺す~。あぁ、あ、アメリカ様と、中国様の、お尻の穴のウンコおいしぃですぅ~。

    過去記事 郵政法案への対処法2 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
    http://archive.mag2.com/0000154606/20050805074500000.html

    過去記事 人口飢餓、アセンション詐偽について
    http://hya94ki.blog34.fc2.com/blog-entry-9.html



    246 名前:麻布第三連隊 ◆OEQQxZzzQU [sage] 投稿日:2010/06/17(木) 16:27:01 ID:zUhXGnNC [2/2]
    JAXA(宇宙航空研究開発機構)の年間予算は1800億円らしい。それに
    対し、NASAは4兆円に迫る規模だ。ESA(欧州連合)も同程度だ。
    日本はそれらの20分の1以下だ。まったく、我が国歴代内閣の正気を疑うよ。
    これがかつて、世界最強の空母艦隊を建造した政府の国策か?その状況下での
    事業仕訳云々だ。蓮舫女史のピエロっぷりが、分かろうと言うものだ。

    大東亜戦争開戦劈頭、6隻の正規空母を擁する我が航空母艦機動艦隊は、
    究極のアウトレンジを具現化した、当時に於ける世界最強の海上戦力であった。
    と言う事はだ、諸君。我が航空機動部隊は瞬間風速とは言え、人類史上、
    最強の軍事力を有していたのだ。1941年12月から、翌、1942年、6月までの
    約半年間、日本の軍事力は、人類史上、最強だったんだ。これに匹敵する
    戦力は、その半年間、地球上に存在しなかったのだから。

    誤解しないでいただきたいが、おれは軍事力を求めているんじゃないよ。
    国策の重要性を言ってるんだ。繰り返す。軍事力はものの例えだ。大切な
    ことは、地球を管理する潜在力を有する社会、言いかえれば、その使命を
    有する社会は、北米でも欧州でも支那でも印度でもない。今はその自覚の
    皆無な小さなこの島国なんだ。人類の運命はこのちっぽけな国の双肩に
    掛っているんだよ。おれたちが、望むと望まざるとに関わらずね。



    18:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 00:05:27 BrGYmwb3
    サラ金にお金を借りるのは
    操業運転資金に困った中小企業も
    多い。
    それらも破綻すということは
    社会的にも大きな問題。
    軽視するな。

    22:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 00:07:36 mSepOuL5
    >>18
    だよねー
    景気悪いときに総量規制導入するセンスがわからん。
    それも自公政権のときに成立した法律をそのまま施行するなんて・・・

    193:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 11:35:48 sBQNZrSD
    >>18
    そういや、韓国政府が、韓国中小企業が日本の中小企業を買収するための支援を行うって
    記事があった。

    韓国は、準備万端。他国の政治の成り行きをよく見て迅速に動いているんだな。



    185 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2010/06/18(金) 06:35:56 ID:AySSphij [3/5]
    > さて、190兆円ドーンと使うか?日本の財政破たんを予定の3年後から、2年以内にしようぜ。w
    >50歳以上の預貯金1200兆円があれば、日本の借金1200兆円を返せるから楽勝だ。老人たちに払わせよう。

    これはまさにテレビが「お灸」に擦り込んでる調味料そのものだ。
    国の借金の9割以上は日本国内で引き受けた国債。地方債も同じく。
    これは所有者にとっては財産。国民の財産ってことだ。
    その財産を相続するのは今必死で働いて子供の学費を稼いでる世代。
    国難を煽り立ててその相続を妨害し
    横から吸い上げたいと考える人たちが「国の借金」論を連呼している。
    国の負債や財産の総体として国債を語っていない。

    などと言っても無意味なような気はするけどね。
    他人が言ってることをまるで自分の考えのように語る使い捨てのパシリは
    今まで何人もいたし。



    34:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 10:52:19 HVN3A5CL
    欠陥商品なら世界で売れないって。
    欧米人の消費者は日本人よりはるかにシビアだよ。
    日本人みたいにブランドだけで中身みないで買うとか絶対しないから。
    アメリカで欠陥商品売ればすぐに返品の山となる。
    買って何日以内とかなら返品可能の場合がほとんどだし。
    サムスンはそういう厳しいユーザーの目からみてほぼ問題ないという証拠。
    だから日本以外の世界中で受け入れられてる。
    一方の日本人はブランドしか見ないから高くて低性能を売られても喜んでる。

    38:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 10:57:47 d3rQw3ep
    >>34
    いやいや、日本人の方がシビアだよ
    店頭で見比べて買うのは日本人くらい
    最近中国の量販店がラオックス買収して日本のやり方真似てるけど
    それ以降中国でもサムスンやLGは追い出されつつある

    171:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 14:19:25 Iy9daEv8
    >>34
    安けりゃベストバイでまとめ買いの北米人が見る目シビアとかw

    61:  2010/06/17(木) 11:16:23 7tWJNwtk
    >>38
    タイ駐在だが
    タイの店で見るサムソン製 TV は今や日本製を圧倒。
    遥かに綺麗ですよ。
    日本人が日本のぬるま湯につかりっぱなしで海外に
    出ない時点で、もう負です。 中国人に対してもね。

    64:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 11:18:53 d3rQw3ep
    >>61
    それはサムスンしか売ってないから

    東南アジアでも富裕層は日本製品、これ常識

    【経済】シンガポールで日本の大型・高級家電が人気・・・所得高を反映
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1276663234/

    158:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 13:42:29 IWxkLVPF
    >>64
    その通り。シンガポール.マレーシア.タイ.カンボジアインドネシア.ベトナム.などはパナソニックや三洋、キヤノンなどが強い。
    http://www.jetro.go.jp/biznews/feature/chukan/4bbac6d24af38
    日本メーカーが優勢な地域の記事は絶対にスレが立たないのが2ちゃんねるだからね。

    70:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 11:27:15 hiFeMcfB
    >>61
    日本メーカーがサムチョンのテレビ分解して
    構造やパーツを真似て開発してる時代だぞ

    製品レベルも日本製より上なんじゃないのか?

    74:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 11:29:50 FWMS9aTs
    >>70
    それパクられていないか調べているだけっぽいw

    75:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 11:30:30 d3rQw3ep
    >>70
    それに、なら何故日本の技術者をヘッドハンティングするのかな?w
    アホ



    156:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 13:40:31 s0tstiHY
    技術が無くて追いつけないなら分かるが、
    技術があってシェア奪えないならまだ可能性はある。

    韓国からメディア戦略と広告手法を学ぶだけ学んで、
    韓国が開拓した市場を今度は逆に奪い取ってください。

    168:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 14:13:12 XlKbXfEv
    >>156
    メディア・広告もあるが、製品作りの思想が違う点が大きい。
    日本企業の付加価値のつけ方が『技術力をみがく』だとすると、
    韓国企業の付加価値のつけ方は『徹底した顧客志向』にある。

    顧客志向というと語弊があるかもしれないが、徹底した顧客の
    調査によって、顧客のニーズを細かく洗い出している。

    つまり、コモディティ化する製品群から抜け出そうと、日本企業が
    技術を進化させることで対応しようとするのに対し、韓国企業は、
    無駄を省いて、必要なものだけを詰め込み、それに適した設計・
    生産体制を構築し、コスト体質を強化することで、抜け出そうと
    しているように見える。これがメインボリュームを攻めるために、
    必須である価格の安さにも繋がってる。

    以下よく言われることだが、製品投入当初は技術競争による
    シェアの争奪が行われるが、一定水準の技術レベルに到達
    すると、新たな付加価値をつける必要性に迫られる。その際、
    日本企業はさらなる技術の高度化を行い、高価格帯へ移行
    する傾向が見られるが、ある水準以上の技術は顧客にその
    価値を認められなくなる。つまり、高価格には見合わない、
    という判断が増えてくる。そうこうする内に、低価格で十分な
    機能を確保した韓国企業製品が市場を席巻することになる。

    >>158
    30年以上かけて構築された『パナショップ』があるにも関わらず、
    マレーシアでは一般的ではない、家電量販店に絞られている
    サムスンの勢力が、テレビではパナの7~8割程度、白物家電
    では半分程度にまでシェアを伸ばしている点は注目すべき。

    デジカメに関しては、世界的に日本メーカが強い。アジアに
    限ったことではない。が、サムスンは次に戦略的に投資する
    部門として、デジカメを対象のひとつとしてあげているので、
    注意しておく必要がある。



    217:名刺は切らしておりまして 2010/06/17(木) 22:50:53 iNfC9ev9
    たぶん30年後には朝鮮人のほうが日本人より良いイメージになっているだろうな。
    そのころには朝鮮や中国の捏造歴史が世界中に広まり、
    「日本人はとんでもないことした民族」と言うことになっているだろうなw

    いまでもすでに朝鮮企業のビジネスマン?wは「帝国主義の日本にとんでもないことをされた」と
    小学校以来習った捏造被害妄想歴史を信じ込んで欧米人に吹聴してるからな。

    229:名刺は切らしておりまして 2010/06/18(金) 00:18:02 Ogeb+Mr+
    >>217
    危機感をもてという意味ではとてもいいな

    人間の性向は楽なほうへ楽なほうへと向かい、
    帝国主義だ、植民地主義だ、封建的だと
    とても楽なフレームで過去も見ることが蔓延する

    一秒だけ考えて、世間にすでに用意されているどの
    色眼鏡をつかって今後は判断しようかという作業だけが
    現代人のおおくのひとの仕事

    これを覆すしんどい作業は、これから日本人がやらねばならん



    =中国に分断統治される国になってしまうだろう。 (Unknown)
    2010-06-17 16:15:49
    >菅首相は沖縄が独立したほうがいいとも言っているようだ。喜ぶのは中国も同じなのだろう。 このままでは日本の独立自尊の精神が失われてアメリカと中国に分断統治される国になってしまうだろう。


    【拡散】7月1日 中国_国防動員法 日本_個人観光ビザ緩和 同時施行
    http://www.youtube.com/watch?v=HhzbxtrQmdM

    韓国人は性犯罪者が多い
    http://www.youtube.com/watch?v=5UewgBvnNPo

    在日中国人の犯罪
    http://wiki.livedoor.jp/kokonnoiro/d/%BA%DF%C6%FC%C3%E6%B9%F1%BF%CD%A4%CB%A4%E8%A4%EB%C8%C8%BA%E1

    強盗・窃盗・殺人事件 在日中国人の犯罪は日本人の8倍
    http://www.youtube.com/watch?v=5HSEChXVUhU&feature=player_embedded

    ■【国際】「東京大虐殺やってやる!」 在日中国人の犯罪、日本人の8倍も高い発生率…でも中国メディアは殆ど報じずに「日本が悪い」報道
     http://www.2nn.jp/newsplus/1243473744/

    2003年、日本の外国人犯罪者は2500人、うち80%を中国人が占める。外国人犯罪の発生率は日本人の4倍だが、中国人はさらにその2倍もの高い発生率を記録

    ■日本戦略研究所  http://kaz1910032.hp.infoseek.co.jp/cian140526.htm...
    中国人の犯罪急増 追いつかぬ捜査
    ≪「家族殺すぞ」≫

     「殉職者が出てもおかしくなかった」。当時の捜査幹部は述懐する。しかし、室内から猟銃は見つからなかった。犯行グループは単に金になると思い盗んだだけで、闇ルートでさばけなかったため川に捨てていた。

     いとも簡単に、ためらうことなく人を殺す中国人犯罪。“完全武装”した捜査員らの突入は、まさに凶悪集団と化した中国人犯罪の実態を裏付ける。

    警察庁刑事局の吉村博人局長は中国人犯罪グループについて、「どういう集団なのか分からない。情報を取らなければならないが、追いついていけないのが現状。かつて経験したことがなかった」と語る。

     彼らは日本の捜査当局の通訳不足にも付け込む。「取り調べのたびに通訳を依頼され、半年でやっと数件を送致した。

    すべて処理すると五年はかかる」。ある捜査員は中国人犯罪の捜査の歯がゆさを打ち明けた。「国の家族を殺すぞ」と通訳人を脅迫したり、通訳人を買収し有利な通訳をさせたりするケースもある。

     日本の警察をあざ笑うかのように「稼ぐだけ稼ぐ」ため、犯罪を続ける。その彼らに立ち向かう警察当局の苦悩を物語る出来事があった。 ≪警察の限界≫

     「中国人かな、と思ったら一一〇番」。

    警視庁は中国人グループとみられるピッキング盗がピークを迎えた十二年、こうした表現が入った防犯チラシを作製した。

    「あなたが管理するマンション あなたの部屋がねらわれています」
    「中国人らのマンション空き巣が多発しています」と注意を呼びかけ、最後に
    「中国人かな、と思ったら一一〇番」「中国語で話しているのを見かけたら一一〇番」とした。

     しかし、同庁は「配慮に欠ける」との指摘を受け、回収。同庁のある幹部は当時、「エスカレートする一方のピッキング被害をなんとか防止したいという熱意からのもので他意はなかった」と弁解した。

    このチラシこそ、警察当局の“本音”で、多発する中国人犯罪に苦慮する真の姿を浮き彫りにした。

    「カード偽造やピッキング盗、エステ強盗など中国人犯罪は変遷してきた。彼らの変化に対応するのに捜査側には限界がある」。ある捜査関係者は吐き捨てた。

     急増する中国人犯罪。それに追いつけない捜査。日本人が犯罪防止のために設けた壁も彼らは日本人が予想だにしない方法で小さな穴を開け、そして最後には完璧(かんぺき)に壊してしまう。
     
    摘発された中国人犯罪者はニヤニヤしながらこう話した。「中国の警察官の取り調べの方が怖い」と。

    ■中国人犯罪組織   http://www.npa.go.jp/hakusyo/h15/html/E1101031.htm...
    資金獲得の場所として日本を選んだ理由(被疑者の声)

     ・短期間で大金を稼ぐことができる。犯罪であれ何であれ,金を稼いだ者が成功者である。
     ・本当はアメリカに行きたいが警察官に撃たれるなどの危険性もあり,刑も重い。
     ・日本の警察は絶対に殴らない。運悪く捕まっても,否認していれば退去強制されるだけで済む。
       捕まることは恐いが,警察自体は恐くない。
     ・日本は刑が軽く,窃盗でもせいぜい数年なので我慢できる。
     ・日本の刑務所はきれいで,テレビも見られ,中国での生活より楽だといわれている。

    ■最近の在日中国人による犯罪  
    中国朝鮮人犯罪 ~日々発生する中国人、韓国朝鮮人、在日犯罪を記録 http://ameblo.jp/ck-crime/

    ・外国人犯罪の80%は中国人=中国メディアはこの事実を隠さず報道せよ―日本華字紙
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/124...
    ・"犯罪天国ニッポン" 「刑務所快適」「刑が軽い」「警官怖くない」 外国人犯罪激増
    http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/106458...



    民主党と菅直人の背景にあるものはな~んだ? (Unknown)
    2010-06-17 17:16:08
    それはね!!

    左翼活動家
    http://dogacli.com/word/%E5%B7%A6%E7%BF%BC%E6%B4%BB%E5%8B%95%E5%AE%B6

    菅直人殿=国家解体DNA保持者
    バカサヨの作った動画
    青山繁晴がズバリ!沖縄県民に警告!
    赤軍に勝るものなし.wmv
    1/4【沖縄スペシャル】普天間の真実[桜H21/12 ...
    琉球独立党から知事選へ 2006年 屋良朝助 沖縄独立
    西成暴動(2008)
    424集会の模様(後編)

    新沖縄独立論 琉球共和国 夢から現実へ  屋良朝助
    http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/shoseki/shinokinawa/shinokinawa.html

        目 次

    一  何のために沖縄は独立した方が良いのか
    二  独立せずに今のままが良いのでは
    三  琉球共和国の建国 夢から現実へ
    四  そのまんま独立論 沖縄独立は驚くほど簡単です
    五  沖縄の人に国を運営する能力があるのか
    六  独自通貨は必要か
    七  奄美大島はどうなるのか
    八  琉球共和国の経済政策の基本的考え
    九  琉球共和国における国防の基本的考え
    一〇 琉球独立における軍事基地及び琉球国防問題の解決案
    一一 基地の場所貸し入札はいつやるのか
    一二 民族とは何か
    一三 沖縄の人はみんな基地撤去の非武装論か
    一四 どうやって自力防衛するのか
    一五 沖縄が独立すれば即中国に占領されるか
    一六 沖縄の若者へ
    一七 独立は怖いか
    一八 崩壊する国家、日本
    一九 反戦平和団体への疑問
    二〇 沖縄の軍事基地をなくすには
    二一 尖閣列島は中国の領土か
    二二 尖閣列島は中国の大陸棚にあるので中国の物か
    二三 尖閣列島の石油資源はどれくらいあるのか
    二四 政治改革と四権分立について
    二五 教育改革について
    二六 沖縄における愚民化教育とは
    二七 赤松問題の見解
    二八 国旗の紹介

    かりゆしクラブの最近の活動状況及び動向
    http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/photo/kinkyou.html



    カンガンス(菅直人総理大臣)はベ平連の全共闘 (Unknown)
    2010-06-17 17:57:09
    TORAさん、そんなことは認識違いも甚だしいと思うよきっと事情通からの大嘲笑は必至かも(とりあえず大笑いしとこう)

    >対米従属型の新自由主義政権になり、日米同盟はますます固定化していく。

    <べ平連の全共闘が=「~日米同盟のますます固定化していくって」論理にここの読者一同総脱毛しちゃうほどだってばよ

    菅直人総理大臣はべ平連
    http://asia1.jugem.jp/?eid=160

    カンガンスはベ平連の全共闘
    http://coffee-eclair.at.webry.info/201006/article_9.html
    菅直人総理大臣:ノンセクト・ラジカル歴。社会民主連合。全共闘活動家。

    千葉法務大臣:旧社会党。弁護士。死刑廃止論者。全共闘。

    川端文部大臣:旧民社党。同盟(現:連合)で組合活動歴。連合と密接。

    赤松農水大臣:旧社会党。

    直嶋経産大臣:旧民社党。同盟で組合専従歴。連合と密接。

    平野官房長官:旧社会党議員秘書歴。父親が社会党議員歴。

    中井公安委員長:旧社会党→旧民社党へ移籍。

    仙石特命大臣:全共闘学生の救済歴。弁護士。旧社会党。ブント。

    福島特命大臣:仙石さんと同じ弁護士事務所歴。弁護士。社民党首。鉄板(中核派シンパの噂)です。


    菅直人と民主党議員が全共闘時代と接点があるか捜査する。
    http://blog.goo.ne.jp/zepher2010/e/3d169b70863cade9ca0dbe369a69e3f0
    ---------------------

    ちなみに菅直人はベ平連であると麻生元首相が語っています。

    ■ベ平連(ベトナムに平和を!市民連合)
    『ベトナム反戦活動が、左翼的な学生活動との関係を強くしていきイデオロギー色が濃くなっていく中で、日本赤軍の主要メンバーとなる丸岡修のようなテロリストが入りこんだり、下記のような違法活動の実施やアメリカと対立するソビエト連邦政府からの援助を受ける(ウィキペディア)』とあります。

    うむ、”左翼的な学生活動”とは、革マル派、中核派を指すのだろうか。ソ連からの支援ともなれば、そう考えられるのだが。菅直人はベ平連の流れ。海外では”ポピュリスト”と誤解されているが、実態は真っ赤な男で、だからこそカンガンスなのだ。

    「このベ平連は中国がベトナムに侵攻しても何も言わなかったし、ベトナムがカンボジアに侵攻しても何も言わなかった」という。

    結局反米と言いながら実態は共産の工作員だったということになる。

    米国側の陰謀も当然あるだろうが、その米国もソビエト共産主義が巣食っていたので、結果どちらがという思考がまず間違いなのだが。

    上記に名前の挙がっていない人物としては、前原誠司。

    どうやらマルクス主義青年同盟(マル青同)の後身、民主統一同盟と深い繋がりのある人物だということです。

    で、菅直人のほうがマシ!? 民主党新代表に前原誠司
    http://plaza.rakuten.co.jp/mooominbtazil/diary/200509170000/

    ■マルクス主義青年同盟(ウィキペディア)
    1975年の東京都知事選挙に際し、政治団体『マル青同政治連盟』を組織して、きねぶちみわ子(杵淵美和子)を公認候補として擁立したが、泡沫候補として終わった。

    その直後の同年5月25日、岡山大学で殺人事件を起こす。岡大北津寮を武装襲撃して、岡山大生大沢真を殺害。死体を山中に穴を掘って遺棄したものである(岡山大学北津寮襲撃事件)。

    1985年、戦術転換し、日本共産党に共闘を呼びかけたが拒否され、逆に『赤旗』で徹底的に批判された。
    1988年『民主統一同盟』と改称。機関紙名も1988年1月の107号以降、『民主統一』に変更した。小沢一郎・小泉純一郎・松下政経塾支持などを打ち出した。

    麻生元首相が言うように、こういった組織が名前を変えて市民団体の皮をかぶってしまったら、タダでさえ時間が流れ月日が経ち、世代も変わればもう追い付けない。一体どうやって彼らの本質を見抜けとでもいうのだろうか。。。

    民主党だって、社会党や連合・全共闘の隠れ蓑となって旧自民勢力も取り込んでしまったから、有権者には分かりにくくなっているのを報じないメディアの怠慢でしょう。しかしメディアも片棒を担いでいるのだからどうにもならない。
    というのが戦略なのでしょう。

    であるからこそ、全共闘世代が立ち上がって声を上げる必要があるのではないでしょうか。でもその結果が菅や仙石擁護であればどうにもなりませんがね。。。

    正直把握して理解するにはより時間がかかると思います。他にもいろいろ見ていかなければならないこともあり、広く浅くとしていく必要があるので。

    それでも少しずつ、前へ進んでいければと思っています。というのもあって、なおのこと折角コメントを戴いても応えられないという事情があります。でも貴重なコメントには感謝していますし、今後とも是非よろしくお願いします。

    ところで…夕刊フジが経済オンチとして仙石を紹介しています。驚くべき発言に、専門家の間で驚きの声が出たというが、これは本当に信じられない。こんな人間が閣僚かよ…。

    「数十兆円規模の需給ギャップ(需要と供給の差)解消によるデフレ脱却は、経済にマイナスの影響が大きい」

    今のところまともな見識を持っているのは亀井だけです。それ以外は増税して配分すれば経済成長可能とか(菅)、ウンザリする発言ばかりです。

    トンチンカン発言連発! 菅政権の経済政策に期待と不安
    2010年6月9日(水)17時0分配信 夕刊フジ
    http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100609018/1.htm

    いかん、また書こうと思ったことが書けなかった…。
    よろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
    ---
    ブログ主は国籍法改悪・人権擁護(言論弾圧)法案・外国人参政権・1000万人移民・共謀罪・主権移譲に反対しています。



    TORAさん、菅直人や菅伸子夫人べ平連の主導部隊にいた幹部 (Unknown)
    2010-06-17 18:10:32
    TORAさん、その事実を知らなかったのかい?
    あるいは知っていてそんなコメントをプロパガンダしてるのかい?

    とにかく詳しい内容を掲げておくから、よく菅政権の背景と今後を詳細に再調査研究することをお勧めする!

    菅直人総理大臣はべ平連
    http://asia1.jugem.jp/?eid=160
    麻生元総理が8日に街頭演説を行ない菅直人総理大臣や仙石由人官房長官にかみついた。

    「いよいよ本格的な左翼政権が今日からスタートします~菅直人はべ平連!仙石由人は全共闘・・・」だと切り出した!べ平連とはベトナム戦争時に反米反戦運動をしていた左翼団体で「ベトナムに平和を!市民連合」の略。

    幹部は旧ソ連の諜報組織KGBから支援と援助を受けていたとされる。

    麻生元総理は「(反戦運動)とは聞こえがいいけど中国がベトナムに侵攻し、ベトナムがカンボジアに侵攻した時にべ平連は何も言わなかった。『カンボジアに平和を!市民連合』をつくらなきゃおかしいのにやらないのがべ平連。菅直人はその時に奥さんの伸子夫人ともどもべ平連の主導部隊にいた幹部だったんですよ!・・・・。」と吼えた!

    べ平連と言えば連続企業爆破事件や浅間山荘事件を起こした左翼組織の人間たちも参加していたといわれているが、

    この人たちはかつて日本における旧ソ連や北朝鮮のような共産社会主義国家の実現を夢見ていたようだが~元べ平連の菅直人総理大臣も若いころは同じだったのだろうか~

    「スズメ百まで踊り忘れず」というが、だとすればせめてウオッカの酒税と焼肉屋の飲食税の免除ぐらいしてもらいたいものだが~でも・・・・・
    これも夢か~~と!

    菅総理大臣は平成元年に韓国の盧泰愚大統領へ、土井たかこ並びに133名の 国会議員らと、『在日韓国人政治犯の釈放に関する要望』という署名を 提出した。

    「韓国政治犯」29名を列挙して無罪放免を訴えた ものだが、その中に日本人拉致被害者の原敕晁さん拉致事件の実行犯、北朝鮮工作員・辛光洙(シンガンス)が 含まれていたのだ。

    先日も拉致被害者の家族が菅総理大臣を訪ねていたが北朝鮮に籠絡された男が、いたいどこまで親身になって拉致被害者救出を考えているのか疑問である!~

    とにかく、悪徳の栄え続ける先例(ためし)なしだ。

    ましてや国賊・売国・反日の全ては必ず瞬時に自滅するよ。



    イラ菅とベ平連の凶暴さ (Unknown)
    2010-06-17 18:23:45
    沖縄独立マンセー、安保粉砕~、自主独立で平和を目指す革命、抵抗勢力は総括(リンチORポア)しちゃうべ~ってののべ平連=米平連って落ちでよろしいですか⇔TORAさん

    イラ菅とベ平連の凶暴さ
    http://chelse.iza.ne.jp/blog/entry/1650759

    “イラ菅”早くも…記者団に逆ギレ連発「何の批判ですか」
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100612/plt1006121551002-n2.htm

    (引用開始)
     久々に「イラ菅」の復活だ。11日に所信表明演説を行った菅直人首相(63)が同日夜、記者団に逆質問を連発し、早くも短気で怒りっぽい“素顔”を見せた。鳩山由紀夫(63)政権時代は「ポスト鳩山」の最有力とされていただけに、米軍普天間飛行場移設など難題にあえて口を挟まず「ダマ菅」「静菅」とも呼ばれていたが、首相就任わずか4日目で本領発揮となった。

     「イラ菅」復活の引き金は、今国会会期の大幅延長見送りをめぐり、野党が「菅首相は逃げている」と批判していることに関する記者団の質問だった。

     首相は開口一番、「何の批判ですか」とニラミをきかせた。声のトーンは変わらないものの、不快感は明らか。記者団が再質問を浴びせても、「ですから、何の批判ですか」「ですから、なぜそんな批判が出てるんですか」と逆質問を連発。記者がまだ質問しているにもかかわらず、「ですから…」と質問をさえぎる場面もあった。

     最後は「私自身、あのー、逃げるなんて気持ちは、まったくありません。党首討論もやりたいし、逃げるようなことをしていないのに、『逃げるな』と言われること自体よく分からない」と不機嫌そうに言い放った。

     「イラ菅vs記者団」のやり取りはまだ続く。
     「所信表明演説に具体的性が少なかったが」と指摘された首相は、「全部聞いてましたか? もっと大変なことを言ったつもりなんですけど」と語気を強め、「おれの演説が理解できないのか」と言わんばかりに反論した。

     首相就任後、慎重な言い回しの「安全運転」が目立っていたが、亀井静香金融・郵政担当相の辞任などで早くもストレスが蓄積しているのか。今後も、「イラ菅」の場面が増えそうだ。

    (引用終わり)

    イライラしているカンガンスが関わったべ平連、平和を叫ぶ人物達が、仮面の下はどれだけ凶暴なのでしょう。

    9条の会の呼び掛け人でもある鶴見俊輔。
    小田実をベ平連に誘った鶴見俊輔って、動画を見る限りソフトなおじさん。でも、wikiなどで調べると、その凶暴さにゾッとしました。キチガイですよ!

    そして、一番嫌いは蓮舫さんと同じらしい。

    日本人は「金とセックスだけを追い求める人間」だと思って大人になった方がいい…呆れて果てました。

    哲学のことはよくわからないけど、ニヒリズムってやつですか?

    哲学者だか何だか知らないけど、非常に勝手なじじいです。人をいじめたり、万引きをしたり…

    新左翼・民主党には、こんな人間がウヨウヨいそうです。

    キャバクラ、路チュー、不倫、不透明な政治献金、事務所費、これらを恥ずかしいとも思わず、開き直る人達が、日本の政権を取っている。おかしいよ!

    鶴見俊輔 - Wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E4%BF%8A%E8%BC%94

    (抜粋引用)
    厳格な母親に反撥し、東京高等師範学校附属小学校3年生のとき近所の中学生と組んで万引集団を結成。

    本屋から万引した本を別の本屋へ売りに行く、駅の売店から小物を盗むといった悪事を繰り返す。
    このためクラスでは除け者にされていたが、このときただ一人鶴見を庇っていた同級生が永井道雄だった。

    しかし鶴見の側では永井をいじめる態度に出て、大塚駅の前でこうもり傘の柄で永井の足を引っ掛けて水溜りの中に倒し、その後で再びクラスから村八分にされることを恐れて翌日は早くから登校し、クラスの世論を鶴見側に有利に傾けるため事実の捏造をした。

    肉体的に早熟だったため、小学生時代から性的な思念が頭から離れず、授業中は「パンツの中でペニスが右側に入っているか左側に入っているか」を気にして上の空だった。

    10歳をいくつも出ない年齢で歓楽街に出入りし、女給やダンサーと肉体関係を持った他、自殺未遂を5回繰り返して精神病院に3回入院させられた。当時、同校の生徒800人のうちただ1人の不良少年であることが誇りだったという。

    (中略)

    「人の下積みになれ」と説く母への反撥もあり、2年半に及ぶ米国留学時代には学校の成績に大変こだわる面があったことを自ら認め、これを「一番病」と名付けて自己批判している。鶴見によると、この「一番病」を攻撃することが長らく自らの戦略となり、物を書いていく源泉になっていたという。

    その結果として大衆文化に着目し、大衆文化の表現形式として漫画を重視し、漫画評論の先駆けの一人となった。漫画の中では山上たつひこの『がきデカ』を高く評価し、「あの『がきデカ』というのがみんなに読まれているうちは、ああ、日本人にはこういう人がいるんだな、日本ってこんなんだなという自画像をもっているうちは、まだまだ安全だと思っているんですよ。

    「正義のために戦え」とか、「聖戦」とかいうふうにして戦争の態勢をつくるところまでにはまだ一歩あるなという感じがするのです」「こういうふうに金とセックスだけを追い求める人間が活躍するわけでしょう。

    ああ、日本人はこうなんだな、こういう人間がたくさんいるんだなと思って大人になることがいいんです。

    日本人は神の子で、万邦無比の国体なんだと思って海外に出ていったら困るんですよ。『がきデカ』を読んでいれば、ちがった人間になるんじゃないかという希望をもっています」と述べている。

    (引用終わり)

    「私達は普通の市民です」

    思わず笑ってしまいました。
    あなた達は「普通の日本人」ではありません。

    YouTube - 14 - beheiren ベ平連 - The Intrepid Four - 1967

    http://www.youtube.com/watch?v=WAnFy_sd3Gs&feature=player_embedded



    TORAさんにプレゼントのつもりで (Unknown)
    2010-06-17 18:42:38
    あまりTORAさんを責めても遺憾と思ったので今日のテーマの総括に役立つのをプレゼントコメントしとこうかの

    民主党対米隷属派候補の識別リスト作成が急務!!
    http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/06/post_19e7.html

    >今は選挙前であるから、
    じっと我慢の子であるが........、という声は多い!
    これは功利主義である!
    功利主義は、ご都合主義であって、真実ではない!

     その上に乗っかって、宰相の座を射止めたのが菅総理大臣である。これは誰も否定できないだろう。さらにそれに便乗して、民主党対米隷属派議員が政権中枢を占めたのである。これも依存はあるまい。

     政治は、魑魅魍魎の世界であるから、誰もが党利党略で動く。政局であれば尚のことであろう。

    そして、選挙前ともなれば、それはさらに露骨になる。しかし、だからといってそれを全て是認する訳にはいかない。何故なら、真実に悖(もと)るからである。

     政治は妥協の産物であること認めるが、筋はきっちり通さなくてはなるまい。妥協はしても筋を通したのは、亀井国民党党首である。

     はたして、菅総理はそうであると言えるだろうか?

     少なくとも所信表明演説、代表質問を聴く限りに置いては、そうとは思えない。大石内蔵助の『昼行灯』に徹しているというのか。半分、寝ぼけ眼で演説をし、質問に応えたと言うのであろうか?

     そう言うことは、個人的にはあんまり好きではないが、見上げたものだ。しかし、それは君子豹変することが前提である。『昼行灯』が最後まで『昼行灯』であるならば、君子ではない。
    単なる猟官宰相である。

     そう観るのは、投稿者だけであろうか? それなら結構な話である。
    何もそうした杞憂を的中することに個人的誇りは感じない。外れることを共に喜びたい。そして、そうしたことを好みとしない中でも、菅総理に拍手を惜しみなく送ろう。

     しかし、そうは思えない危惧がある。その意味で、植草先生の警告は決して杞憂ではないと思う。

     選挙管理内閣を粛々と行い、君子豹変すれば菅総理は本物である。長期政権を目指し、さらに現布陣に固執すれば、明らかな『奸』総理大臣と命名して間違いなかろう。それだけの話だ。

     警戒せよ!

    【転載開始】2010年6月16日 (水)
    民主党対米隷属派候補の識別リスト作成が急務

    私が小泉政権を政権発足時点から厳しく糾弾し続けたのは、小泉政権の政策基本方針に原因がある。

    小泉政権の政策基本方針とは、
    ①市場原理主義

    ②対米隷属外交

    ③官僚利権温存

    ④政権の大資本との癒着
    だった。

     政権運営上の問題は、独裁的に権力を行使し、警察・検察・裁判所、メディアをも支配下に置いたことである。

     小泉政権が強化した基本方針は、戦後日本政治の基本構造であった。紆余曲折はあったが、底流にこの基本方針が存在し続けたのが、戦後日本の政治構造である。

     政権交代を実現し、日本政治に新しい時代を開かせることは、この日本政治構造を刷新することである。
     新しい日本政治の基本方針とは、
    ①共生重視主義

    ②自主独立外交

    ③官僚利権根絶

    ④政権と大資本の癒着排除
    である。

     同時に警察・検察・裁判所制度の近代化とマスメディアの民主化を実現しなければならない。

     昨年8月30日の総選挙を通じて、政権交代の大業が実現した。政権交代の大業を導いた最大の功労者は民主党の小沢一郎氏であった。主権者国民は小沢一郎氏が率いる民主党を支持し、政権交代を実現させた。(続く)

    続き (Unknown)
    2010-06-17 18:42:59
     しかし、本ブログで指摘し続けてきたように、民主党内部には日本政治構造の刷新に反対する議員が少なからず存在する。

     その中心が民主党六奉行プラスワンの対米隷属派議員である。

     小沢一郎氏の力量に劣等感と怨嗟の情を抑えきれない反党議員の代表が渡部恒三氏である。渡部議員の下に、仙谷由人氏、岡田克也氏、野田佳彦氏、前原誠司氏、枝野幸男氏、玄葉光一郎氏の六奉行が名を連ねる。

     昨年8月の総選挙で主権者国民は民主党を支持した。支持して理由は、民主党が、
    ①共生重視主義

    ②対米隷属からの脱却

    ③官僚利権の根絶

    ④大資本と政治権力との癒着排除
    を、明確な政権公約に掲げたからである。

     対米隷属からの脱却の直面するテーマとして取り上げられたのが、在日米軍のあり方の見直しである。

     鳩山前首相は「最低でも県外」と明言した。

     菅直人新首相は「米軍海兵隊の国内駐留は必要不可欠なものではない」との基本的見解を表明し続けてきた。

     ところが、菅直人氏は首相に就任するやいなや、5月28日の日米合意を絶対視する主張を展開し続けている。

     沖縄選出参議院議員で民主党沖縄県連代表を務める喜納昌吉氏が、
    『沖縄の自己決定権-地球の涙に虹がかかるまで』
    -沖縄にもう基地はいらない(未来社)

    沖縄の自己決定権
    著者:喜納 昌吉
    販売元:未来社
    Amazon.co.jpで詳細を確認する
    を出版された。

     喜納昌吉氏は名歌「花」の作者としても有名な音楽家でもある。新著紹介のサイトには、「音楽は転職、政治は本職」の言葉が紹介されている。

     菅新首相は民主主義と主権者国民の強固な意志を甘く見るべきでない。

     喜納氏は著書のなかで、政権交代後に沖縄の基地問題に関して菅首相と交わした会話を紹介した。

    喜納氏が「沖縄問題をよろしく」と言ったところ、首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。

    基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。

     民主党は在日米軍のあり方を見直す方針を昨年総選挙のマニフェストに明記した。

    沖縄県の主権者はこの公約を信用して、民主党に各個人の重い一票を投じた。民主主義の原点は主権者国民が持つ、それぞれの重い一票にある。

     菅直人氏は所信表明演説で、「1票の力が政治を変える」。当時の強烈な体験が私の政治の原点です」

    と述べた。故市川房江議員の選挙活動を支援した体験を紹介してこう述べた。菅新首相はこの原点に立ち返り、主権者国民の切実な声を反映する政治の実現を目指すべきではないのか。

     民主党は在日米軍のあり方を見直すことを政権公約に掲げて選挙を戦い、多数の主権者国民の支持を獲得して政権を樹立した。そうであるなら、新政権はこの政権公約を実行に移すために真摯に努力することが求められる。

     鳩山政権の副総理の地位にあった菅直人氏が、「沖縄問題は重くてどうしようもない。もうタッチしたくない」と発言したのが事実だとすれば重大な問題だ。

     鳩山政権が総辞職に追い込まれたのは、鳩山総理が主権者国民の信頼を踏みにじったからである。どんなに重い問題であっても、主権者国民と約束したからには、政治は体を張って信義を守り抜かねばならない。

     どうしても不可能なときには、主権者国民に対して主権者が納得し得る説明を示す必要がある。

    菅直人氏も小沢一郎氏の説明責任を求めてきた一人であるが、他人に説明責任を求めるなら、その前に自分が説明責任を果たすことが不可欠だ。

     菅新首相は普天間基地問題について、「日米合意を踏まえる」ことを再三表明しているが、問題になっているのは、主権者国民の同意を得ずに、日米政府が勝手に作成した日米合意そのものなのである。

     主権者国民に対して、沖縄の主権者の声を無視して、米国の要求通りの日米合意を政府が勝手に結んでしまったことについて、何らの説明も示されていない。

     海兵隊の沖縄駐留が日本の安全と東アジア全体の安全と安定を確保する「抑止力」として機能しているから必要だとの説明だけが繰り返されている。

     しかし、米軍海兵隊の沖縄駐留については、菅直人氏自身が必要不可欠なものではないことを、これまで、繰り返し明言してきているのだ。

     総理に就任した瞬間に、これまでの考え方が急変したのなら、その経緯と理由を示さなければ、主権者国民は理解しようがない。

     菅直人新首相は6月23日の沖縄戦没者慰霊式典に出席する意向を示しているが、いまのままの言動では、沖縄の主権者から「帰れ」コールを浴びせかけられて当然である。

    「帰れ」コールを回避するために官房機密費がばらまかれることを、納税者国民が許さないことも銘記するべきだ。

     政権交代実現により達成するべき日本政治構造の刷新の中核をなす項目が、対米隷属からの脱却なのである。
    ①市場原理主義

    ③官僚利権温存

    ④大資本と政治権力の癒着
    のいずれもが、日本政治の対米隷属と不可分に結びついている。

     民主党内対米隷属派議員は、
    ①市場原理主義

    ③官僚利権温存

    ④大資本と政治権力との癒着
    を容認する基本姿勢を示していることを認識する必要がある。

     6.2クーデターにより、政権交代後に成立した新政権の基本方針が、
    ①共生重視主義 → 市場原理主義

    ②自主独立外交 → 対米隷属外交

    ③官僚利権根絶 → 官僚利権温存

    ④大資本と政治権力の癒着排除 → 大資本と政治権力の癒着維持
    に転換するなら、もはや政権交代後の政権とはいえ、連続性は存在しないことになる。

     文字通りの「クーデター=政権転覆」であり、主権者国民はこの最重要事実を正確に把握しなければならない。

     幸い、民主党内の対米隷属派議員は民主党議員の大宗を占めているわけではない。参院選で対米隷属派に属さない自主独立派の議員を増加させれば、民主党の進路を正道に戻すことが可能になる。

     6.2クーデターで、民主党内対米隷属派は不正で不当な手段により、主権者国民の手から民主党の実権を奪ってしまった。主権者国民は、限られた手段と機会を最大に活用して、対米隷属勢力の手から主権者国民のための政党である民主党の実権を奪還しなければならない。

     その基本は、9月代表選で、民主党正統を民主党代表の地位に就任させることである。民主党対米隷属派は、代表選にサポーター投票を組み合わせる戦術に売って出る可能性もある。民主党内正統派は、いまからサポーター選挙にも備えて、サポーター登録の獲得活動を始動させなければならない。

     政権交代新政権が
    ①市場原理主義

    ②対米隷属

    ③官僚利権温存

    ④政治権力と大資本の癒着維持
    に向かうなら、政権交代は小泉政治への回帰を意味することになる。小泉政治賛同者が菅新政権に賛意を示していることも、分かりやすい状況証拠である。

     主権者国民は参院選で、民主党自主独立派、国民新党・新党日本、社民党候補者を支援し、民主党内対米隷属派の当選を妨げなければならない。

     そのために、民主党立候補者の分類リストを早急に作成し、主権者国民に提示する必要がある。【転載終了】



    対日工作てんこ盛りだけど~ (Unknown)
    2010-06-17 20:10:47
    米国情報機関の対日工作  

    孫崎氏の把握する米国の対日工作の要旨は次の通りである。
    (以下要旨)
    冷戦終結後、米国は日本を標的として経済スパイ活動を展開した。

    米国は、日本のすべての省庁に内通者を確保した。
    内通者は脅迫や金銭提供等、非正規な手段によって協力者となった者である。
    CIAのみならず、米国国内を拠点とするFBIも活動している。

    女性を使いスパイを獲得する手口、ハニー・トラップ(蜜の罠)も適用されている。
    ときに売春婦や年少者も利用されている。
    第二次大戦後、米国は日本に対してさまざまな政治工作を行なってきた。それは今後も続くであろう。

    CIAの対日工作の全貌を掴むのは難しい。しかし日本への工作もイタリアへの工作(コルビー元CIA長官が記述している)と類似している。

    〈工作をするには、資金源は米国という事実を秘匿する必要があった。CIAの中道勢力に対する援助は、主として、直接金を渡すかたちで行われた。

    純粋に政治的側面だけに努力を絞ることは、作戦をあまりに狭くする。自由労働運動の強化、競争的な協同組合の結成、各種の文化的、市民的、政治的団体の援助にも、多くの努力を払った。ワシントンはマスコミ面における活動を期待した。〉(なお〈 〉は、コルビーの著書の引用部分)。
    KGBとCIAがイタリアで実施したことは、日本でも実施したと判断するのが自然。(p.193~197)

    (要旨終了)
    ところで最近、田岡俊次氏が日米交渉での次のようなエピソードを紹介している。「日米航空交渉で、出席していた外務省の役人があまりにアメリカよりの発言ばかりするので、他省の官僚が腹を立てて、その役人の上司(外務官僚)に文句をいった。

    ところがその上司は、『きみたちはアレが日本の人間だと思っているから腹が立つんだろう。わたしはアレを相手側の人間だと思っているので、腹は立たない』。」

    (注1)
    このような話は氷山の一角で、上記のような「工作」の結果、日本の体制(政・官・財・マスコミ・学)は蝕まれ、外交をはじめ政策全般が『国益』から甚だしく乖離するようになったとみてよかろう。

    なお「工作」は買収や弱点(スキャンダルなど)を掴む手法をも使用するため、いちど「内通者」になると身動きがとれない。(これは、普通の「市民」感覚とは、ずれるかもしれないが、アメリカの機関と接点があった日本の公務員たちにとっては、必ずしも驚くことではない。)

    そしていまや「対米従属派」が官僚の主流になっているわけだ。

    外務省について孫崎氏は次のように言う。
    <日本というのは不思議な国で、この当時、イラク攻撃への疑念を述べた人はほとんど淘汰された。

    米国の情報をそのまま受け入れ、大量破壊兵器の保持、アルカイダとの結びつきを強調した人は、情報・安全保障の専門家としての地位を確立した。大量破壊兵器の不在などが明確になった今日、淘汰された人はそのまま、地位を確立した人もそのまま。不思議である。>(p.220)

    対米従属一辺倒の人たちだけが「出世」し、いまや「外務省はアメリカ大使館の出張所」(田岡氏)なのだそうだ。これは外務省だけのことではないだろう。



    ブレジンスキー+ジョセフ・ナイ=ブレジンナイネチズン (Unknown)
    2010-06-17 20:28:44
    以上は、ちきゅうざコメントからでしたが、だからこそ来る艱難辛苦の日本の大危機に当面してネチズンの大活躍が期待されるし現実にそうなるのですが

    ちきゅうざコメント
    http://chikyuza.net/modules/news3/article.php?storyid=859
    さて、次の指摘はさらに重要と思われる。

    イスラム革命の闇
    <ここ[ソ連やイラン・イラクという国々]で思い知らされたことは、人間は物理的な力に弱いことである。

    軍や治安警察が前面に出て弾圧を行なえば、これに抗することは基本的に不可能である。・・・では、どうして七九年に、強力な軍と治安警察の存在するイランで「イスラム革命」が成功したか>(p.110)

    <大使としてイランに赴任した直後に、私はパーティーに出ていた。一人の男が私に近寄ってきて、「革命前、米国のサリバン大使が離任挨拶にイラン首相を訪れた。

    お土産にフクロウの置物を渡して、『誰が敵か分からない。思いがけない人が敵かもしれません。

    よく周りを見なさい』といって去った。大使、サリバン大使の発言が何を意味するか分かりますか」
    と謎かけをして去った。>(p.110~111)

    〇八年六月、孫崎氏はテヘランの会議で元駐イラン中国大使(七九年革命時テヘランで勤務)にこのエピソードを話した。
    <途端に彼[元駐イラン中国大使]は身を乗り出した。彼の説明は次のとおりである。

    ①米国は途中でイラン国王を追放する方向に動きはじめた。

    ②米国はイスラム革命の前にパリでホメイニと会い、両者のあいだで合意がなされている。米国は、米国の強い影響下にあるイラン軍部が国王追い落とし運動の弾圧に参画しないことを約束した。

    ③一九八一年出版のサリバン大使の自叙伝は、米国は国王に代わってイスラム政権が出現することを歓迎すると記述している。

    ④国王追放の約十日前、NATO司令官がテヘランを往訪し、まずイラン軍部と会合し、その後国王と会い、国王に十日以内にイランを去るよう命じた。>(p.111~112)

    孫崎氏は、もちろんこの説明を鵜呑みにせず検証するのだが、この説明は基本的に正しいという。(本書はその根拠を何点か挙げているが、ここでは省略。)

    <ではなぜ、米国はシャーを見放したか。いくつかの要因がある。
    第一に、イラン国王は石油政策で独自路線を歩みはじめた。・・・

    第二に、カーター大統領は、ソ連の脅威はなくなったとして、ソ連と戦うために容認していた独裁者を排除する方向に舵を切り替えている。この時期に、朴正煕韓国大統領が金載圭KCIA長官に暗殺されている。

    第三に、米国は中東にイスラム勢力の拡大を望んだふしがある。

    ・カーター政権末期の安全保障担当補佐官はブレジンスキーである。・・・

    ・ブレジンスキーは、中東でイスラム勢力が拡大すれば、これに隣接する中央アジアなどでソ連のイスラム勢力に影響を与え、ソ連内部の混乱を招くとして、イスラム勢力の拡大を支援する方針を採用した。

    ・この考え[ブレジンスキーの考えのもとになったもの]は七九年四月のビルダーバーグ会議で提言され、中東のバルカン化構想といわれた。

    ちなみにビルダーバーグ会議は、米欧主要政治家・経済人が参加する会議で、その顔ぶれから主要な国際政治の流れが決められるとまでいわれてきた。>(p.113~114)

    「ビルダーバーグ会議」の話などは、私などが言えば「陰謀論」のレッテルを貼られるかもしれないが、プロの孫崎氏がこういうのである。
    実は、この点は権力観としてきわめて重要な点である。

    権力ということで、ナショナルな「権力」しか理解しない人もいようが、たとえば近代のイギリス支配階級を例にとっても、「シティ」のマーチャントバンカーたちはその出自からして国際的な「ネットワーク」をもっており、その「シティ」と「貴族」は深く結びついている(注4)。もちろん「王族」たちは国を越えた血脈を持ち、「ネーション」の外部にある。

    米国の優先順位を知れ、地域がこれにどう当てはまる?

    さて、このイラン革命の真相の件はきわめて示唆に富む。

    アメリカの公式の敵は必ずしもその『敵』とは限らない。アメリカの公式の友人はかならずしもその『友人』ではない。
    この情勢を東アジアに当て嵌めるとどうなるか?
    北朝鮮は、はたしてアメリカの敵だったのか?

    北朝鮮の行動から最大の利益を引き出したのは、アメリカではなかったか?北朝鮮幹部とCIAの関係などという話も、必ずしも「陰謀論」と片づけるわけにはいかないことになる(注5)。

    <重要なことは、世界の情勢を見るとき、「まず大国(米国)の優先順位を知れ、地域がこれにどう当てはまる?」を考えてみることである。地域情勢から見て、大国の意図を見抜けないと、大きな情勢判断のミスを犯す。>(p.115)

    孫崎氏は<米国がかつて支持をし、見切りをつけた指導者>を数え上げ、<吉田茂総理もそうであろう>という。

    <世界の多くの指導者が対米関係で失敗するのは、自分をあれだけ重用したではないか、自分は米国の利益に大変な貢献をした、だから米国は自分を切ることはない、との思い込みである。

    米国とのディール(取引き)は、それが米国大統領とであっても、米国の一個人とのディールである。・・・この点が、多くの非米国人が誤解する点である。>(p.116)(注6)

    それでは今回の自民党の敗北についてアメリカはどう関わっていたのか、という疑問もわく。

    独自の情報能力が問われる

    さて、孫崎氏は同書の最後で、次のようにいう。

    <国際社会での米国の優位性の後退は、避けがたい潮流と思う。同時に中国の力は上昇する。米中の狭間にあって、日本の安全保障政策の舵取りは難しい時代に入る。否応なしに、独自の情報能力が問われる時期が来る。

    ほんとうはその日に備え、日本は情報機能を強化すべき時期に入っている。>(p.237)

    しかしこの情報機能の強化は、なにか「官製組織」を立ち上げればよい、ということではないだろう。

    むしろ孫崎氏が強調・重視しているのは「独自戦略の模索が情報組織構築のもと」であるということであり、民間人を含めた問題意識の在り方だろう。

    孫崎氏はこうも言う。
    <数年前までは、国務省の見解を直接知るには大使館員か、新聞記者でなければならなかった。

    しかし、いまや誰でも、[ネットによって―引用者]日本の大手メディアの記者のように、プレス・ブリーフの席上に座っていられる。

    「情報のマフィアに入れ」は、皆が準構成員程度には実現可能の段階にきた>(p.80)ともいう。

    なにより「ネティズン」たちの――民衆のための――「情報能力」が問われている。

    なお、今回は孫崎氏の「情報と外交」のごく一部しか紹介できなかったが、同書を――氏の「日米同盟の正体」(講談社現代新書)とともに――是非お読みになって戴きたいと思う。

    (注1)12月26日、CATV朝日ニュースター「パックインジャーナル」での発言。以下の引用した田岡氏の発言もこの番組でのものである。

    (注2)この点については、副島隆彦氏が「日本の核保有に宗主国であるアメリカ様の許可が出るかどうかという話なのである。・・・今時核保有を言い出す人間はアホである。

    刃物を振り回す人間は必ず自分の手足を切る」(「あと5年で中国が世界を制覇する」p.209)と言われている。

    (注3)孫崎氏は「日米同盟の正体」で次のように述べている。「南北戦争、真珠湾攻撃、九・一一同時多発テロの三つを並べてみよう。この三者は実に見事な類似性を持っている」。

    「米国の安全保障政策の中で、なぜ謀略が生まれてくるのか。

    これは米国の政治風土と深い関係がある」。「米国の安全保障政策では謀略は不可分の関係となっている」。

    「この理解が九・一一同時多発テロの理解に必要」である。ところが「日本人は戦略的な思考が弱い・・・。

    特に、謀略、陰謀論的な動きが出ると、「それはあり得ないでしょう」と思考停止する」(「日米同盟の正体」講談社現代新書 p.66~71)。

    日本では「空気が支配」しているから、結論が「空気」に反するような「思考」は事前に「停止」される。

    (注4)この点は、P.J.ケイン、A.G.ホプキンス「ジェントルマン資本主義の帝国」(名古屋大学出版会)を参照願いたい。

    (注5)副島隆彦氏は「金正日に継ぐナンバー2の金永南でさえ本当はアメリカの意向で動く」(注3と同じ書、p.209)という。

    (注6)なお田岡氏も「核密約」について「ニクソン―佐藤間の密約であり、彼らが退任した後は、効力はない」という。ただし密約の「効力」と核持ち込みの有無は別問題である。これは、アメリカの当局者(たとえばアーミテージ)がどんな人種かを考えればわかることだ。~

    いわゆるブレジンナイのシナリオの上を行く天の采配=小泉信次郎の大逆転って感じ



    勇気ある告発、腐敗家畜公務員制度 (Unknown)
    2010-06-17 20:30:26
    阿久根市長ブログよりhttp://www5.diary.ne.jp/user/521727/
    以下 元公務員の方からのメール
    --------------------------
    私は元、役所公務員です。
    実は、選挙投票所の投票管理人を何回か仰せつかった経験から言わせてもらいます。
    遡る事、約12年くらい前ですが、所謂管理職員が選挙事務の業務を遂行する場合には残業手当(選挙事務手当)、時間外手当については本業の管理職手当てが毎月支給されていた為、本来は支給されない事(条例、規則)
    に成っているにも関わらず、1時間当たり4000円の選挙事務手当てが支給されていました。
    1回の選挙事務(投票事務、開票事務)をする事で、投票事務が朝7時から夜8時で13時間、開票事務が夜9時から深夜12時までで3時間で、合計16時間×4000円=64,000円を頂戴していました。
    勿論、昼食、夕食、午前午後の、お菓子飲み物は支給されていました、更には通勤手当ても支給されていました。
    私は、妻も同じ職場だったので妻も、64,000円位は支給されていたと聞いていました。
    1回の選挙事務手当ては、夫婦で128,000円でした皆様の税金で申し訳ありませんでしたこの場を借りてお詫び申し上げます。
    しかし、もっと更には、期日前投票もしていれば、その分(土日)の手当ても支給されていた筈ですよ。
    選挙事務手当ては、ご指摘のとおり金儲けの手段とし、当時の職員達は皆さん表面上やりたくない仕事といっていましたが本当は自分から進んで選挙事務の依頼を期待していたのでした。
    今でも、税金の無駄遣いがあれば是非是正して頂きたく存じます。
    大臣様へ、総務省が地方の市区町村に国民の血税を選挙事務の補助金としてバラマク事をやめさせてください。
    ガンバレ!ガンバレ!

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。