スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    6月2日の備忘録

    6月2日

    クリックの程よろしくお願いします。
    人気ブログランキングへ   

    在日コリアンとチャイニーズは日本人にとって害悪でしかならない
    http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/455.html
    勤勉な日本人は戦前だけだ。今の戦後教育世代は白痴だから物事のコンバートができない。本当に勤勉なら絶えず新しい情報を取得して間違いを修正していけるはずだ。それができない以上こいつらにはレゾンデートルがないのだ。あらゆる全てにおいて。反論は許さない。政治、経済、社会、教育、家族・・・全てどうなってしまった?それでも反論するというのなら、あなたは私を肯定しているにすぎない。

    ギャンブルの寺銭と利権一覧
    http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51463713.html
    こないだ暇つぶしにギャンブルにどれだけお金がつぎ込まれているか数えたらアメリカは概ね10兆円、それに対し日本は35兆円(パチ:30兆、その他:5兆)。3倍の人口を誇るアメリカよりも多いんだぜ?あり得る?もう日本人は算数もできないのね。君たちの大嫌いな朝鮮人以下。超賤人。またの名を日本白痴蛆蟲。

    「経費も教員も削減せざるを得ない」…京大理学部が寄付呼びかけ
    http://digest2ch-bizplus.seesaa.net/article/151885117.html#more
    子供に苦痛と絶望と死しか与えられない国、日本。

    過去記事 第41回 続 アメリカの出口戦略
    http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2010/03/02/008597.php

    過去記事 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
    http://archive.mag2.com/0000154606/20050729100142000.html

    過去記事 言論弾圧に失敗
    http://hya94ki.blog34.fc2.com/blog-entry-24.html

    6/1~2 今日の口蹄疫動画
    http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/06/612.html



    16 名前:いわぬが花子[] 投稿日:2010/06/01(火) 18:16:57
    >>15 ちがいますよ~だ!! 身内に半島とかかわりのある人はいないもの。
    ご存じでしょ、某役員氏からは「橋龍さんには実の○がいる」とか「植草さんは冤罪だ」とか
    いろいろ教えてもらって、本スレにカキコした経緯を。

    その後いろいろあって、どうやら日本の支配層は半島系らしい、ってことに気付いたんですよ。
    分かりやすい例を紹介しますね。
    http://www.nikaidou.com/old/2009/11/post_3888.php

    ここのハングル書きの御仁は、皆々様あちらの血が流れてる方々でございますよ。
    上のサイト主はそれも知らず、チョンは帰れ!!と叫んでおられます。お気の毒に。
    拉致が北朝鮮の仕業だなんて、いきさつを聞けばまあ恥ずかしくてたまりませんことよ。
    出来れば、本スレにもよろしく。



    275:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 05:51:44 gF2HUxyc
    日本企業がアップルに勝てない本当の理由なんて簡単じゃん。

    東洋人はルール策定側になれない

    これにつきる。
    最強のコンテンツホルダーは白人会社。白人会社は東洋人の言うことは絶対に聞かない。
    単純だけどそれしかない。



    544:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 10:59:08 wZg6egOb
    電気屋で見てりゃわかるが、日本製品と海外製品じゃ「美意識」が全然違う。
    どうしてあんなダサい製品が堂々と発売認可下りるんだ、日本では?

    本当に残念でならないが、この“海外”には中国とか韓国まで含まれる。
    世界最底辺のデザイン力で大丈夫なんか?日本はさ。



    676:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 13:19:18 XnZXoc72
    日米IT対決

    Windows VS トロン
    Intel VS ルネサス
    IBM VS 富士通
    iPod VS ウォークマン
    iPhone VS ガラパゴスケータイ
    iTunes Store VS mora
    iPad VS LIBRIe
    Google VS 日の丸検索エンジン(経産省)
    YouTube VS ニコニコ動画
    Amazon VS 楽天
    Facebook VS mixi
    Twitter VS Amebaなう

    677:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 13:22:01 UKekIMlw
    >>676
    基本劣化コピーw
    ・・・考えてみりゃITに限らず映画や音楽もみんなそうだったな


    678:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 13:23:11 ymcOcVft
    >>677
    映画についていえば互いにリスペクトして向上している一面もあるんじゃね?
    黒澤映画をハリウッドが参考にしているし、それらの作品をまた邦画が参考にしたりした。
    ただ、最近の邦画は元気ないからあれだけどさ。



    695:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 13:45:52 W74RyTuY
    日本企業が勝てないのは上層部に将来のユーザーに対するビジョン・理念が薄く、
    それに対する情報発信もしていない
    それに半年サイクルで新商品を出すペースにも画期的な製品が作れないし
    現製品のマイナーチェンジ的な製品しか作れない
    企業としては確実に売れる製品でなければならないが
    それでは企業の理念や個性が他社と平均化されていく
    とにかく今の日本企業は守りに入り過ぎなんだよな

    696:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 13:50:55 vz6mzaTO
    >>695
    上層部だけの問題ではない。教育から全部そうだから仕方がない


    697:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 13:53:57 CqbAofEx
    上層部も>>695-696のようなことを嘆くけど、
    いざ自分のこととなると・・・

    702:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 14:02:27 r3/xY3pN
    >>695
    企業のカルチャーが違いすぎるよな
    欧米の企業であれば椅子も高い良い椅子だったり
    日本企業に典型的なあの机の配置とかあり得ないわけで。
    そんなところから飛び出した製品なんか出るわけがないw



    718:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 14:25:08 oxE8vQuB
    アメリカは資源を消費しないソフトウェア開発に力を入れてきたから
    差がつけられるのは当たり前

    日本はハードウェアが得意と言うが
    ハードウェア分野では商品の製作にかかる資源が必要になる
    鉄・銅・金・プラスチック・アルミとかな

    ソフトウェアはこういった資源を全く使わない為
    資源の乏しくなる今後の資源獲得競争の外で市場を占有することが出来る
    アメリカの「ハードウェア産業は近年崩壊する」と言う予測に立った上での行動



    752:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:00:47 ftzZ89o0
    日本の経営者は、ジジィばかりで、新しいことに不感症すぎるし、リスクをとらない。

    iphone出たときにジジィの役員にみせて、時代の変わり目なのを説明したけど、
    「何ソレ?ハア?」って感じw
    「携帯屋は、流行らんって言ってたぞ」ってアホすぐる・・・
    ネットで通販もしたことないから、全然理解できない。
    あれを触っても、何も感じないって、経営者としてボケすぎてる・・・orz

    新規事業にしてもそう・・・
    今までないような事業案を出しても、事業の内容も理解できないし、
    「ウチではリスクとれないし・・・」ってチャレンジせず、外資系にヤラれちゃう。
    ヤラれてから、「何でウチからは、ああいうの出ないの?」って、お前が潰したんだろ!!
    おまけに業績悪化、大リストラで予算カットしやがって、何もできなくなった・・・

    バカらしいし、お誘いもあって、今は外資系に移りましたとさw

    754:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:05:45 mCeKfHgn
    >>752
    説得できないおまえの無能を棚に上げてそれはないだろw
    総合メーカー系の大企業のトップはむしろ「各事業へ資金を配分する金融屋さん」だという認識を持て
    銀行に融資してもらいたくてそこの支店長と話するのに支店長がその分野のアマチュアだと「バカらしい」のか?

    社会や企業の構造に対して、下っ端にすぎないおまえの認識不足を反省しなさい
    他人を影でバカにする前に、味方になってもらう努力をもっとすべきだな


    763:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:19:12 RplcE4y4
    >>754
    経営者のセンスで差がついてるのにそれはないだろ
    最低限なんでヒットしたのかぐらいは感覚で理解できてないと
    どういう方向に金を使えばいいかも分からなくなる
    大衆が相手の商売ならなおさら

    767:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:27:20 mCeKfHgn
    >>763
    総合メーカーでは各事業における商品に関わる直接のセンスが求められるのは、
    事業部長などの各事業部のトップだよ

    経営陣はそんなことまで詳しく知らないし
    やるべき仕事はほかにたくさんあるからこそ経営と事業部とをこうやって
    役割分担してるんだから、そこが理解できないのは痛いぞ

    それでだ、そこでさらに経営陣を説得して自分とこの事業への資本配分を実現するのは、
    事業部長の最終責任ではあるが、
    実際は直接説得を実行する立場にある各事業部の担当従業員の実力、
    つまりおまえの実力な
    そして資本配分が実現しなかったのであるからおまえの実力は、
    所詮そこまで「だった」(あ~俺って優しいなあ・・・w)ということだよ

    まずそこんとこ反省せい

    781:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:39:26 6uzcy0Qf
    >>767
    ドッグイヤーといわれる業界はトップダウン式じゃないと討ち死にって事だな

    795:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 16:03:00 mCeKfHgn
    >>781
    日本企業の事業部がそれぞれそういった海外ブランドの
    川上を占めればいい
    メイド・イン・ジャパンのiPhone最強、ってな感じ

    まあ、思考の遊びだけど

    んで、そのうち消費者が「なんだ、メイドインジャパンのiPhone買うなら、
    はじめっからメイドインジャパンのiPhoneもどき買えばいいじゃないか」と来れば美味しいし

    766:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:23:42 BBJU6/qG
    >>424
    > >>398
    > >アップルの勝因は
    > >ユーザーインターフェイスに依るところが大きい
    >
    > まったくあなたの言うとおりなんだけど
    > 日本人は、小難しいシステムを小器用にまわせるのが
    > 優秀な人間という思い違いをしている人が非常に多いので
    > 日本は負け続けると思う。

    日本の官僚も経営者も、ユーザーインターフェイス(=UI)を
    技術と認めないんだよね。形のあるものしか技術だと認めない。

    優れたUIの開発にこそ、斬新な発想と開発工数と評価のための莫大な金銭的時間的コストの
    試行錯誤の繰り返しが無いと不可能なのに。
    iPadのUIは、たぶん90年代から作っては壊しの試行錯誤を繰り返した上だからこそ
    使い易くキレイに整合した小宇宙を提供できるわけ。

    万が一、売るとしたら数千億円の価値がある技術なんだけど、
    物としての目に見える形がないと「パクればいいじゃん、金を払うのは馬鹿」。

    そんなことじゃ、最初に出すことは無理なんだな~~

    772:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:33:37 vz6mzaTO
    >>766
    俺も社内でUIの問題を挙げたら
    「そこまでする必要ないんじゃね?現状でも出来ないことはない」みたいな
    「ナニこいつそんなどうでもいいことに必死になってるんだろう」
    みたいな雰囲気になってしまう・・・
    デザイン変更にコストがかかることならなおさら話が通らない

    785:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:42:49 BBJU6/qG
    >>767
    あなたが前提としているような
    計数管理の鞭だけで経営者として君臨する古いアメリカ型巨大企業を理想としていては
    もはや戦えない激動の時代ということでしょ。

    > >>763
    > 総合メーカーでは各事業における商品に関わる直接のセンスが求められるのは、
    > 事業部長などの各事業部のトップだよ
    >
    > 経営陣はそんなことまで詳しく知らないし
    > やるべき仕事はほかにたくさんあるからこそ経営と事業部とをこうやって
    > 役割分担してるんだから、そこが理解できないのは痛いぞ

    793:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 15:57:47 BBJU6/qG
    >>754
    > >>752
    > 説得できないおまえの無能を棚に上げてそれはないだろw
    > 総合メーカー系の大企業のトップはむしろ「各事業へ資金を配分する金融屋さん」だという認識を持て

    日本企業が技術優位を確立していた分野で、コンスタントに設備投資を継続さえしていれば
    地位を確保し続けられた分野でさえも韓国や台湾に叩き潰されたのは、それを理解できない、
    こういう無能な経営陣が君臨していたせいなんだよね。

    こういう馬鹿な経営陣は、官僚に良い顔をしたくて、
    無償技術供与を命令したり、
    製造技術を全部付けて製造プラントを将来の競合者に販売したり。

    805:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 16:15:07 PyuUV9KR
    >>793
    みんな、もういいよ・・・無能なオレだけど、今、やりがいある仕事してるから。
    今の隊で頑張って、いつか元の会社を買収して経営者として乗り込むくらいの気概で頑張るよ。

    でもって、転職せずに頑張ってる前衛部隊長や隊員の諸君
    企業資産を有効に活用できず、減収減益連発のアホな団塊以上の司令部に振り回され、
    予算と給料のカットに苦しんでることでしょう。
    何年後かに、アホな司令部は一掃され、あなた達が優秀な経営者として舵を取り、
    再び、戦場で会うことを期待してます。

    会社が残ってればですけど・・・



    886:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 18:04:26 oxE8vQuB
    日本人のソフトウェア軽視は今に始まったことじゃない
    さかのぼってみれば太平洋戦争の時もそうだった
    零戦を初め日本の戦闘機は徹底した機動力重視のため防御力を犠牲にしていた
    一方のアメリカは日本とは逆に戦闘機は防御力を重視していた
    その理由は戦闘機は失っても一年もあればまた生産できるが
    優秀なパイロットの育成は一年ではとてもできないからだ
    ハードよりもソフトを重視したアメリカ
    ソフトよりもハードを重視した日本
    結果的に日本は有能なパイロットを初期の時点で大量に失ったため戦局を不利にしていった

    891:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 18:18:08 1LhB6Qtl
    >>886
    人間ってソフトだったの

    894:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 18:24:25 1oSh8Yxa
    >>891
    戦闘機が真価を発揮できるかはパイロット次第であって、戦闘機があれば勝てるわけじゃない。
    ハードとソフトに似てるでしょ。



    参考までに

    土井たか子こと李高順が帰化したのは、1958年10月26日です。
    福島瑞穂こと趙春花が帰化したのは、1986年2月15日です。

    マスコミが言えない韓国の話
    成りすましはみんなカミングアウトすべきでしょう。
    池田大作(→父:ソンジャンチョク、帰化人)  
       (在日への選挙権推進、韓国での反日活動の実績)
    土井たか子→李高順(帰化前の本名)北朝鮮 に親族多数
    五島昌子(土井の秘書)本名、渡辺昌子は通名、
       つまり、在日朝鮮人(元社青同活動家の話より)
    辻元清美(帰化人、赤軍派)
    筑紫哲也 (→朴 三寿:元朝日記者、共産キャスター)
    本多勝一(→崔 泰英:「南京大虐殺」虚報の中共工作員記者)
    佐高信 (→韓 吉竜:極左評論家)
    福島瑞穂(→趙 春花、帰化前の本名:中核派)
    永六輔 (帰化人。反日活動、言動多し)
    2010/06/01(火) 14:36:09| URL| #- [編集]



    2ちゃんねるで見つけたコピペです

    ■あなたはこの事実を知ってもパチンコをやり続けますか?■

    朝鮮パチンコ業者←←←借金
    ↓               ↑
    ↓               ↑
    収益←←朝鮮サラ金業者(武富士、アコム、アイフル、プロミス)
    ↓            ↑       
    【朝鮮人の利益】←VS→【日本人の損失】
    ↓               ↑     
    送金       日本に密輸・攻撃・洗脳
    ↓               ↑
    ↓               ↑
    韓国・北朝鮮での覚醒剤・テポドン製造費用 
    反日教科書マスメディア工作・民主党支援費用

    ■警察OBは白眼視されてもパチンコ業者に天下りますか?■
    2010/06/01(火) 20:32:01| URL| #- [編集]



    半島閥

    日本人は常に人との対立を避けようと行動する。人とぶつかりそうになると一歩引く。日本人同士なら、お互いに一歩引く事で両者共中立の立場になり対立を避けて来た。それは2000年来の知恵でもあった。

    だが相手が半島系人間だとそうはならない。日本人が一歩引くと彼等は一歩前に出てくる。

    現在在日南北朝鮮人は凡そ60万人弱、帰化する人の数は1978年以降毎年1万人を越えていたと言われる。従って半島系の人間は帰化も含めて100万人程度、日本の人口の0.8%程度しかいないと思われる。しかしTV等のタレントやマスコミを見ると数十%もいるように感じます。

    日本映画監督協会は在日の崔洋一が理事を勤める。映画が専門で韓国籍の彼が、何故かフジTV『新報道2001』では日本の政治に口を挟み政治家を叱咤してたり、門外漢の筈の日本の経済政策を語らせたりしている。教育TVでは既にNHK御用達になった姜尚中が美術等に興味も無いくせ『日曜美術館』の司会を務めるようになった。

    それでだけでは無い。沖縄では北朝鮮の国歌を父兄に歌わせる小学校が有る。神奈川のある小学校の図書室の歴史の本の大半は朝鮮の歴史の本であった。北海道教職員組合は竹島を韓国領と生徒に教育しようとしていた。当然指導しているのは半島系の教員でしょう。

    そして民主党の闇法案の数々。全て日本を毀損し朝鮮人の為に作られたような法案です。数が物を言う政治の世界でも、今や半島系の方が数が多そうです。今やあらゆる主要なポストは半島系が握っています。

    日本で1%未満の彼等が、何故主要なポストを握る事になったのか。それは日本人の性格と彼等の性格、そして戦後60年と言う年数のおかげです。彼等は身贔屓であり、自己中心であり、攻撃的であり、不正を行うことに躊躇しない。5000年の間獲得した民族のDNAでしょう。当然、先に述べたように平治に日本人がその彼等と対すれば、日本人が不利になります。

    戦後60年、就職採用、後継者選び、推薦等々の人事移動が単純に60回あったとします。日本人は公正ですが公正な人事を行わない集団が0.5%だとしても60年経てば、0.5%-60年利子計算と同じく30%以上が不公正な集団に占められることになります。この不公正な集団が半島系の人間達ですが、日本以外に根を持つ彼等の性質は薄くなる事も無く、年数が経てば経つ程彼等が勢いを増す結果になります。

    結果は、ご覧の通りです。多くの日本人はこの事に気が付いていません。公正にすれば世の中は段々良くなると信じています。しかし、不公正な集団の存在を許すと逆の結果になることに気付くべきです。

    だからと言って日本人自体が半島系の人間と同様に不公正を行うべきでは有りません。半島の歴史文化が日本の後塵を拝したのは、彼等民族の性質、身贔屓や不公正さのせいだったからです。日本には日本の行き方があります。日本では、門閥、閨閥、学閥、派閥、全て非難の対象となりました。方向に間違いはありません。只、厳密さが足りなかったのです。

    半島系が主要なポストを握り日本をおかしくしている現状では、今は結束し多少手荒なまねをしても、日本を取り戻す必要があります。しかし、日本人が日本を取り戻した暁には、閥の存在を許さない厳密な法制度を作り、より公正な社会を目指すべきです。私は閥の一つにすぎない政党の解体を提案します。
    2010/06/01(火) 22:35:34| URL| 崗上虜囚 #Luo6PgT. [編集]



    02. 2010年6月02日 11:21:38: P5EoBf8LJ1
    アメリカによって日本の国民性がこうまで破壊されては、もはや立ち直る術はない。
    ネトウヨが言うような「世界最高の日本の民度」ってのは真っ赤な嘘としても、アメリカに撲滅されるまえの日本人は公共性を重んじたり、次の世代の事を思ったりはしていた。
    今の日本は、横から西欧が次から次へと麻薬を打ち続けているも同然だ。一度世界が滅亡でもしない限り目が覚めることはないだろう。



    Unknown (Unknown)
    2010-06-01 16:15:49
    今の世の中、年功序列なんて大企業だってないよ。選抜の末による年功序列的なものはあるだろうけど。


    特に製造業はね。
    無論経理とか総務とかの特殊な分野で採用もごく一部のところは別だけど。

    技術分野では採用はまず大幅に絞っている。入社後、係長クラスまでは大きな差はつけないが、その後はかなり激しい。

    売上、利益などの数値での評価もあるし。

    日本企業の衰退の原因はまずは自国市場の衰退。そして海外での販売では円高でやられる。

    その上、資本コストが高い。
    東芝がWHを買収したときのことを思い出してみたら。今からみれば正しい判断だったけど、
    カネがなくて会社がつぶれるのではないかと評価した向きも多かった。




    アップルはちょっと前はつぶれるかもとか、大失敗をやってきた会社。
    確かに非凡な会社であるが、今回ヒットが続いたからと言って、その会社のカルチャーも含めて称賛すると、数年後恥をかくことになるかもね。

    米市場が懐が大きいからこそ、アップルが存在できる。米メディアの宣伝により、売れる形をとり、その上で海外市場でも売れていく。


    ビジネスなんて、所詮はカネ、いかに初期投資できるかで勝敗がきまることが多い。

    日本市場が輝いていた時、そしてカネがまわっていたときは、太陽電池とかラップトップ・ノートブックPCとか、当時としては画期的なものが出てきた。

    携帯は最先端の技術を持ちながら、他国に広がらないのか。通信はその国にとって非常に政治的なものであり、各種の援助を含めたインフラ作りから支援しないとうまくいかない。
    この時に日本はカネがなかった。

    デジタルテレビも一時は日本形式はだめそうになったが、何とかブラジル採用までこぎつけられた。

    今後は中国韓国に技術を盗まれないようにしながら、売れるためのインフラ作りから支援していく形が必要になる。



    Unknown (Unknown)
    2010-06-01 17:12:04
    ガラパゴス化という説明はマスコミが流した印象操作ですよ。
    アップルも観察してみると、アプリに統一性はないし、
    内部のソフトの個性もバラバラです。

    ただ単に、固定したハードを利用してるうちに、
    これもできる、あれもできる、という要素を入れただけです。
    これを集荷性作業といいます。

    またアップルの社長が独裁という印象も嘘でしょう。
    あの手の企業ではワンマンをやった瞬間にものは作れません。
    まったく違うアプリが同梱してるわけですから。

    大学の教授のわりには、あまり海外市場のパターンを
    しらないようだ。

    元祖タッチパットは日本のメーカーであり、最初は
    某シンセメーカーが単独で採用し、それが富裕層の米国人
    にバカ受けしました。そして私たちも、なら大きい画面を
    シンセに付けてしまえとネットで冗談で書いていたら、
    本社が突然オアシスという機種に実際に投入しました。

    それを観ていた作曲家などがエンジニアとつながり、
    これ何・・・っとなって話題になりました。主にアメリカで有名
    な機種で、ほとんどのエンジニアが持ってる80万円のシンセです。


    ちなみにタッチする部分の操作で電子膜を開発したのも日本です。

    あまり世間の知らない評論家や教授の意見をまともに
    信じると、後でとんでもない失態をやらかします。

    他にも芸術品だと説明する背後の部品ですが、あれは電子膜を
    振動で傷をつけないようにするために、液晶商品の背後には
    よく付けられている膜と同じです。統一性は平面だと簡単に
    どこの企業でもできます。外装を熱で劣化させないための
    耐熱性で統一してる可能性があります。ホワイトパネルは
    時間がたつと黄色く変化しますから。

    マスコミのあほな宣伝につられないように。
    日本ではテレビや他の分野でダントツです。



    Unknown (Unknown)
    2010-06-01 17:18:21
    それと説明2になりますが、新しい戦略をする時には
    絶対に第二広報をしてはならないという鉄則があります。
    製品が完成して出荷予定になってから、始めて商品の
    宣伝をすることが重要です。事前に情報を知りすぎては
    意味がありません。なぜ竹中平蔵が政策内容を
    何もテレビでは説明しないのか
    という理由もそこにあります。

    偶然でも必然でも神の偶然でもありません。

    昔ブルーレイの発表の時に、あれを広報せずに
    突然販売した場合、50パーセントの売り上がありましたよ。
    でも自然に小出しに宣伝しすぎて、逆に購買層が下がりました。

    問題なのは、日本のマスコミとバカ学者と製品製造部門ではなく、
    宣伝部門の幹部クラスですね。



    Unknown (Unknown)
    2010-06-01 18:19:08
    >>ユ二クロとか日本企業じゃないだろ。
    反日企業一覧http://h8comyac.web.fc2.com/frame.html
    2005年、米・フォーブス誌世界の億万長者
    ★印---在日朝鮮人経営者(現在は、韓国民団(民主党)/創価(公明党)の圧力か、公表がされない)
    1.★ 池田大作 18050億円---創価=朝鮮人   (カルト団体)
    2.★ 福田吉孝 5600億円---アイフル     (サラ金)
    3.★ 武井保雄 5500億円---武富士      (サラ金)
    5.★ 木下恭輔 4700億円---アコム      (サラ金)
    6.★ 毒島邦夫 4700億円---サンキョウ    (パチンコ)
    8.★ 孫正義  4300億円---ソフトバンク     (創価系)
    11. 柳井正  3200億円---ユニクロ      (創価系)
    17.★ 神内良一2200億円---プロミス 
       (サラ金)
    18. 山内薄  1800億円---任天堂       (創価系)
    19.★ 岡田和生1700億円---アルゼ  
        (パチンコ)
    20.★ 辛格浩(重光武雄)1700億円---ロッテ
    21. 福武總一郎1500億円---ベネッセ  
        (創価系)
    22.★ 大島健伸 1400億円---SFCG     (旧:商工ファンド)
    25.★ 韓昌祐  1100億円---マルハン     (パチンコ)
    (参考)御手洗冨士夫  210億円---キヤノン    豊田章一郎   485億円---トヨタ
    ▼創価系?企業JAL(最大労組が創価)、
    ファミリーマート、
    アイデム、和民etc
    2005年度 ソフトバンクBB 新卒採用者 250名
    <キャリア職郡 50名>
    朝鮮大学校(東京)=12名 ソウル大学校=9名慶応義塾大学・高麗大学校=6名
    延世大学校・釜山大学校・早稲田大学=4名
    東京大学・梨花女子大学校・中央大学・中央大学校・明治大学=1名



    Unknown (Unknown)
    2010-06-02 12:02:42
    日本を殺すスキャンダル狂い
    副題 『真の問題はリーダーシップの欠如ではなく、些細な醜聞に熱狂する社会だ』

    要約

    1、先進国の政界では、日本以外で、スキャンダルによって政権を失う事はほとんどない

    2、代表例はビル・クリントンであり、サルコジもベルルスコーニもほとんど無傷だ。特にベルルスコーニはカーセックス、カネ、発言等あらゆる問題にさらされたが、未だ政権を維持している

    3、一方、日本は違う。どんな些細なスキャンダルも、政治家の政治生命を奪うまで進行する

    4、現在の鳩山首相の凋落ブリは、世界第三位の経済大国日本に、なぜ?冴えない政治家しか登場しないのか、世界に疑問を提起させている

    5、一般的な回答では、世襲議員と自民党の派閥力学によるモノと説明されてきた

    6、しかし、鳩山のケースはより根深い問題を示唆している

    7、日本の国は政治スキャンダルに対して病的なまでに執着している

    8、自民党が構築した『政官財による鉄の三角形』は弊害はあったが、こうした癒着関係は先進国(特にアメリカは凄まじい)でも存在する。
    が、日本では、それにまつわる些細なスキャンダルが致命傷になり政治家の政治生命を奪う。
    そんな国は日本ぐらいだ

    9、強い政治指導力を期待された政治家が、他の先進国からみて些細な問題で失脚した例は多い

    10、89年のリクルート事件により、竹下登は退陣(不起訴)したが、ヨーロッパ型の福祉国家をつくる構想を示した竹下が、もっと長く首相の座にいれば日本は少子高齢化に対応できたかもしれない

    11、90年代はじめ、ポスト冷戦時代、世界が新たな安全保障への枠組みを目指す中、日本だけが『政治とカネ』の問題にあけくれた

    12、そして長期政権を築いた小泉以降、スキャンダル絡みの辞任が相次いでいる

    13、安倍政権下で発生した農水大臣達のコメディーさながらの大騒動は、安倍の成果、日中関係の改善という果実を吹き飛ばし、未だ、台頭し続ける中国に対し有効な政策、戦略的互恵関係を打ち出せない要因の一つにもなっている

    14、福田政権の後を継いだ麻生太郎は個人攻撃の標的になった。高級バー、漢字の読み間違い、財務相の『もうろう会見』・・・くだらない問題ばかりがクローズアップされ続けた

    15、中川は世界的な金融危機を乗り越える為にIMFに最大1000億ドルの融資を約束し、世界経済を救ったが、その成果を正しく評価せず、自民党は下野する事になった

    16、確かに自民党政権は長く続きすぎたかもしれない

    17、そして現在、政権が交代しても相変わらず、時の首相がスキャンダルで失脚した政治家と同じような運命を歩みつつある事で、一つの疑問が湧いてくる
    スキャンダル(とおぼしきモノ)に見舞われた政治家を完膚無きまでにたたく日本の風潮は、極端過ぎはしないのか?

    18、理屈の上では、透明性のあるクリーンな政治は有益なことだ

    19、しかし、日本ではスキャンダルが政治の最大の関心事になってしまい、国家的な問題を解決する為の政策が二の次になってしまっている

    20、野党とメディアは未だに、鳩山と小沢一郎民主党幹事長の『政治とカネ』の問題を糾弾し続けている

    21、朝日新聞が3月に行った世論調査では、7月の参院選で『政治とカネ』の問題を重視すると答えた有権者は半数以上にのぼる

    22、多くの日本人は、日本がいま直面している経済や外交の深刻な問題よりも、政治とカネというスキャンダルを追及する事が喫緊の重要課題と考えているようだ

    23、政治家の『清潔さ』を過度に重視する風潮は、政治資金規正法をより複雑化させてしまった

    24、今や、『スピード違反や税金みたいに恣意的なモノ』で、検察がその気になれば『ほとんどの政治家を逮捕できても不思議でない』状況になった

    25、『カネのかからない政治』、この提案自体、現実離れしている。民主主義は政治家が活動する為にカネが必要であるからだ

    26、政治資金規正法の複雑化は、ごく些細な違反を理由に有望な政治家の政治生命を奪う事態を招きかねない

    27、ダークスーツをまとった特捜が政治家の事務所を家宅捜索した瞬間、この国の政策論争はすべてストップする。そして、メディアと世論は疑惑の政治家を袋叩きする

    28、清潔至上主義でいいのだろうか?

    29、日本のメディアは、政策をめぐる議論を報じるより、政争や政局を報じがちだ

    30、政治家のスキャンダルを追及すれば、視聴率や売り上げ部数が稼げる。メディアは血に飢えたサメのように、新たな餌食を探し続ける

    31、直面している数々の難題を乗り越える為に、日本の時の政権は腰を据えて政治に対し取り組む必要がある筈だ

    32、しかし、日本のスキャンダルマニアは政治空白を作り続けている

    33、元自民党政治家の鈴木宗男は政治家人生を通じて、ロシアとの関係改善に力を注いできた

    34、資源大国ロシアとの関係改善は日本にとってプラスになり得るし、中国を牽制する材料にもなる

    35、鈴木は日ロ関係改善に大きな成果をあげつつあった

    36、が、鈴木は田中真紀子との確執が原因で、執拗なパッシングをマスコミから受け、収賄罪も浮上し、逮捕起訴された

    37、鈴木は国政に復帰したが、以前ほどの政治影響力を発揮出来ないでいる

    38、日本は自ら有力な政治家を失脚させることで、国際的な影響力を急速に失いつつある

    39、政治とカネの問題で政治家を片っ端から糾弾して失脚させることが日本にとって本当に得策なのか、考えるべき時期に来ている



    Unknown (Unknown)
    2010-06-02 15:12:07
    「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」(カレル・ヴァン・ウォルフレン) 2010年3月19日 中央公論 (全文)*保存用


     いま日本はきわめて重要な時期にある。なぜなら、真の民主主義をこの国で実現できるかどうかは、これからの数年にかかっているからだ。いや、それ以上の意味がある。もし民主党のリーダーたちが、理念として掲げる内閣中心政権を成功裏に確立することができるならば、それは日本に限らず地球上のあらゆる国々に対し、重要な規範を示すことになるからである。それは我々の住む惑星の政治の流れに好ましい影響を与える数少ない事例となろう。
     
     しかしながら、それを実現させるためには、いくつもの険しい関門を突破しなければなるまい。国際社会の中で、真に独立した国家たらんとする民主党の理念を打ち砕こうとするのは、国内勢力ばかりではない。アメリカ政府もまたしかりである。いま本稿で民主党の行く手を阻むそうした内実について理解を深めることは、よりよい社会を求める日本の市民にとっても有益なのではないかと筆者は考える。


    政権交代の歴史的意味

     各地で戦争が勃発し、経済は危機的な状況へと向かい、また政治的な機能不全が蔓延するこの世界に、望ましい政治のあり方を示そうとしているのが、他ならぬこの日本であるなどと、わずか数年前、筆者を含め誰に予測し得たであろうか。ところがその予測しがたいことが現実に起きた。初めて信頼に足る野党が正式に政権の座に就き、真の政府になると、すなわち政治の舵取りを行うと宣言したのだ。だが、民主党政権発足後の日本で起こりつつある変化には、実は大半の日本人が考えている以上に大きな意味がある、と筆者は感じている。
     
     まず現代の歴史を振り返ってみよう。第二次世界大戦に続く三〇年に及んだ輝かしい経済発展期が過ぎると、日本は目標を見失い停滞し始めた。自分たちの生活が改善されているという実感を日本の人々は抱くことができなくなった。日本の政治システムには何か重要なもの、これまで歩んできた道に代わる、より希望に満ちた方向性を打ち出すための何かが、欠落しているように筆者には見えた。一九九三年のごく短い一時期、行政と政治的な意思決定が違うことをよく理解していた政治家たちは、日本に政治的な中心を築こうと改革を志した。しかしそのような政治家はきわめて少数であり、行政サイドからは全く支持が得られなかった。ただしいい面もあった。彼らは同じ志を持つ相手を見出した。そして後に政権の座に就く、信頼に足る野党の結成へと動き出したからである。
     
     九三年、日本社会にも新しい意識が広がっていった。これまで長く求められてはいても実行されずにいた抜本的な改革が、実現可能であることがわかったからだ。以来、影響力のある政治家や評論家、ビジネスマンたちは、機会あるごとに、抜本的な政治改革の必要性を訴えるようになった。
     
     小泉純一郎が大方の予想を裏切る形で自民党の総裁に選ばれた際、それがほぼ実現できるのではないかと、多くの人々は考えた。ところが、首相という立場ながら、セレブリティ、テレビの有名人として注目を集めた小泉の改革は、残念ながら見掛け倒しに終わった。結局のところ、日本の政治に、真の意味で新しい始まりをもたらすためには、自民党も、それを取り巻くあらゆる関係も、あるいは慣例や習慣のすべてを排除する必要があることが明らかになった。
     
     チャンスは昨年八月、民主党が選挙で圧勝したことでようやく巡ってきた。そして九三年以来、結束してきた民主党幹部たちは、間髪を入れず、新しい時代を築くという姿勢をはっきりと打ち出したのだった。
     
     民主党が行おうとしていることに、一体どのような意義があるのかは、明治時代に日本の政治機構がどのように形成されたかを知らずして、理解することはむずかしい。当時、選挙によって選ばれた政治家の力を骨抜きにするための仕組みが、政治システムの中に意図的に組み込まれたのである。そして民主党は、山県有朋(一八三八~一九二二年、政治家・軍人)によって確立された日本の官僚制度(そして軍隊)という、この国のガバナンスの伝統と決別しようとしているのである。
     
     山県は、慈悲深い天皇を中心とし、その周辺に築かれた調和あふれる清らかな国を、論争好きな政治家がかき乱すことに我慢ならなかったようだ。互いに当選を目指し争い合う政治家が政治システムを司るならば、調和など失われてしまうと恐れた山県は、表向きに政治家に与えられている権力を、行使できなくなるような仕組みを導入したのだ。
     
     山県は、ビスマルク、レーニン、そしてセオドア・ルーズベルトと並んで、一〇〇年前の世界の地政学に多大な影響を与えた強力な政治家のひとりとして記憶されるべき人物であろう。山県が密かにこのような仕掛けをしたからこそ、日本の政治システムは、その後、一九三〇年代になって、軍官僚たちが無分別な目的のために、この国をハイジャックしようとするに至る方向へと進化していったのである。山県の遺産は、その後もキャリア官僚と、国会議員という、実に奇妙な関係性の中に受け継がれていった。
     
     いま民主党が自ら背負う課題は、重いなどという程度の生易しいものではない。この課題に着手した者は、いまだかつて誰ひとり存在しないのである。手本と仰ぐことが可能な経験則は存在しないのである。民主党の閣僚が、政策を見直そうとするたび、何らかの、そして時に激しい抵抗に遭遇する。ただし彼らに抵抗するのは、有権者ではない。それは旧態依然とした非民主主義的な体制に、がっちりと埋め込まれた利害に他ならない。まさにそれこそが民主党が克服せんと目指す標的なのである。
     
     明治時代に設立された、議会や内閣といった民主主義の基本的な機構・制度は、日本では本来の目的に沿う形で利用されてはこなかった。そして現在、政治主導によるガバナンスを可能にするような、より小さな機構を、民主党はほぼ無から創り上げることを余儀なくされている。これを見て、民主党の連立内閣の大臣たちが手をこまねいていると考える、気の短い人々も大勢いることだろう。たとえば外務省や防衛省などの官僚たちは、政治家たちに、従来の省内でのやり方にしたがわせようと躍起になっている。
     
     彼らが旧来のやり方を変えようとしないからこそ、ロシアとの関係を大きく進展させるチャンスをみすみす逃すような悲劇が早くも起きてしまったのだ。北方領土問題を巡る外交交渉について前向きな姿勢を示した、ロシア大統領ドミトリー・メドヴェージェフの昨年十一月のシンガポールでの発言がどれほど重要な意義を持っていたか、日本の官僚も政治家も気づいていなかった。官僚たちの根強い抵抗や、政策への妨害にてこずる首相官邸は、民主党の主張を伝えるという、本来なすべき機能を果たしていない。民主党がどれだけの成果を上げるかと問われれば、たとえいかに恵まれた状況下であっても、難しいと言わざるを得ないだろう。しかし、旧体制のやり方に官僚たちが固執するあまり、生じている現実の実態を考えると、憂鬱な気分になるばかりだ。



    107:名刺は切らしておりまして 2010/06/01(火) 23:59:36 +c+KNOPl
    日本だってコネとか家柄とかめっちゃ効くじゃん。典型例があの漢字読めない元総理とか腹痛で総理辞めた元総理

    116:名刺は切らしておりまして 2010/06/02(水) 00:04:03 dsMZX9ZN
    >>107
    まあ、政治家全般だな。 地方議会とかも相当酷いみたいだしね。 あと、地方の公務員採用とかも。

    結局、税金で楽して食えるようなポジションは全部世襲やコネで占められて、
    民間はそれを支える奴隷みたいな感じになってる。

    それでも中国みたいに、これからどんどん収入が増える一方みたいな希望があれば
    良いんだけど、日本はその逆。 収入はこれからどんどん中韓と同列に落ちていく。

    絶望から生まれる不平不満感が社会を覆い尽くしてる。

    面倒ではございますがッ、何卒1回ッッッ、
    それ以上やっても同一IPではじかれるのでッッッッッ、
    「1回」ポッキリッ!!!!!!!!!!!!(13個で世界新)
    クリックの方を、よろしくお願いい~た~し~ま~す~るぅ~。

    人気ブログランキングへ   

    テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。