スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010.03.28の備忘録

    3月28日

    人気ブログランキングへ

    非常勤講師は"パート以下"--経費削減を迫られる国立大
    http://digest2ch-bizplus.seesaa.net/article/144866061.html
    バーカ。



    昨日、いろいろな話をした・・・
    誰とと言うのは伏せるにしても、興味深い内容なのでここに記しておく。

    質:鳩山内閣の現状は?
    答:鳩山という人の事を世間が判っていない。と言うか、人間観察の出来ていない
    メディアが記事を書いたりニュースで流したりするから判断を誤らせてしまう。
    鳩山由紀夫という人物はぶれてもいないし最初の立ち位置からずれてもいない。
    そもそも最初の立ち位置というか、何を考え何をしたいかを正確にメディアが把握していない。
    鳩山由紀夫という人は、功成り名を遂げた人であり、同時に金銭欲は無い人物だ。
    だから、世間とは異なる感性と考えしか持ち合わせてない。
    彼が政権を維持しているのはただ一つの目的だけ・・・それは、鳩山一郎を凌ぐと言うか
    鳩山一郎の歴史を壊して鳩山由紀夫の歴史を作りたいだけの話だ。
    鳩山由紀夫にとって政治とは鳩山一郎がやっていた”何か”であり、その”何か”で自分の母親から
    叱責されるのが優等生としては耐え難いことなのだ。
    友愛という言葉も、鳩山一郎の唱えた友愛と自分の考える友愛は違うんだと、自分が
    友愛の言葉を新しくして、鳩山一郎を凌ぐんだと言う意味合いを込めて使っている。
    だから、外務省で進めている密約解明の問題も、戦後日本の歴史を作った一人である
    鳩山一郎を否定する為の作業に過ぎない。
    つまり、政治を私している点に於いて鳩山由紀夫は戦後最大の総理だろう。
    同時に、彼は日米関係は大事だと良いながら、基地問題を混迷化させることで
    日米関係に亀裂を生じさせようとしている。
    これも、その鳩山由紀夫が考えている、歴史創造に繋がるプロセスであり、彼は本気で
    日米安保を改定しようとしていると思う。

    だから、鳩山内閣に最初から統率力なんて存在しなかった。
    鳩山総理は自分の事だけを考え、閣僚もそうだ・・・
    鳩山由紀夫の名前を借りて、皆さんご自分の政治的目的の為に使ってくださいねと
    ひたすらに自己中心的な内閣と言える。
    だから閣僚間の意見意思の疎通が図られていないし、それに対して総理が注文を付けることはない。
    ポーズとして何かを言うことはあっても、それはあくまでポーズであり・・・
    頭の中身はどうすれば”大パパ”鳩山一郎の歴史を壊して自分の名前をその上に貼り付けられるか・・・
    それしかない。
    政権内部での権力闘争や抗争など元より無いのだ・・・
    つまり、鳩山の名前を借りて自分勝手出来るんだから、これほど閣僚にとって
    良い内閣はない・・・
    政治主導と言う言葉も、小沢の言う政治主導と鳩山由紀夫の言う政治主導は意味が全く異なる。
    小沢のそれは権力構造を変える為のスローガンであり、鳩山のそれは名義貸しする為の
    キャッチコピーに過ぎない・・・つまり、実態のない言葉という訳だ。
    だから、内閣がどうなるとか元より鳩山の頭の中にはないし、閣僚間の意見の齟齬など
    気にも留めない・・・
    本当なら何人か辞表を叩き付けて出て行くのが居てもおかしくないが、名義貸し内閣だから
    出て行きそうで誰も出て行かない。
    そこを見誤ってるから、ぶれる鳩山内閣とか問題山積と書くけれども、鳩山にとっての問題とは
    気楽に焼き鳥屋に行けないだけの話だ・・・野球も始まったから、そこの店主と
    世間話・・・と言うよりもどこかの名誉監督の話をする自由さが無いだけの事だ。

    質:普天間問題はどうなるか?
    答:恐らく年内に重大な決断をすると思う。
    オバマの出方もあるけれども、国内問題を一つ片付けたオバマにとって
    次に何を選択するか、それ次第だと思うけれども・・・まあ、中国との関係をどうするか
    その意味に於いて基地問題は早く片付けたいだろう。
    圧力が強まるのは当然として・・・問題なのは鳩山自身がこの問題を深刻だと
    認識してない事だ。
    重要視すべきは、鳩山由紀夫は運命論者的な処があり、かかあのあのオカルト好きが
    相まって自分が重大な決断をする運命にあると頑なに信じ込んでいて、それが鳩山一郎と同じく
    日米関係に関しての決断だと言う事だ。
    鳩山一郎以上の歴史的決断をするんだ・・・これは実行しようとするだろう。
    駐留無き安保・・・それが果たされないなら安保は無意味だとの考えを今年中に示すと思う。
    その意味に於いて、今の混乱は大した事ではないと思っている様子だ。
    現実問題を考えてではなく、歴史はこうやって作られるのだと言うプロセスの問題での話だが。
    沖縄がどう苦しもうが、アメリカから何を言われようが、そんな事でぐらつく非常識人間ではないよ。
    非常識だから首相をやっていられる。
    今の状況、普通の人間だったらとっくに胃腸が無くなってる。
    オバマは話せば判ると最初は思っていた・・・結果は逆で、話せば話すほど判らなくなる。
    聞いた話では、通訳が「言い回しが特殊で責任を持てません」と言ったとか。
    「良いお天気ですね」と聞いたら「良いお天気かどうか、私は貴方の良いお天気という思いを
    汲み取ることが出来ませんが、私の良いお天気という思いの中身だけは受け取って頂きたい」と答えた。
    これが鳩山の会話術だ・・・
    そんなこんなで基地問題はぐだぐだ行くんだろう。
    ただ、何かの決断を今年中にすると思うし、歴史の転換点を創るんだとの鳩山由紀夫の
    アイデンテティからすればそれは不思議じゃない。

    質:小沢との関係はどうなるのか?
    答:もともと、鳩山は政治家なんてと思っている・・・つまり、お互いに利用し合う関係であり
    信頼よりも利害関係と言った方が良い。
    利害と言っても、鳩山の場合は世間との窓口と風よけとしか考えてないし、小沢は鳩山から勝手し放題の
    それこそ御朱印状を頂いてるので官僚に対しての圧力を掛けられるし陳情も自由に出来る。
    普通それだけの名義料なら莫大な金が掛かるが、鳩山は金を必要としない代わりに風よけを必要とする。
    だから、それに長けている小沢にとって鳩山は都合の良い存在なのだ。
    この二人が離反することはまず考えられないし、面白おかしくメディアが書いたとしても
    それは事実を何も見ていないと言い切れるね。
    万が一、この二人が離反する場合は小沢が鳩山を必要としなくなった時だ。
    しかしそれは容易に考えられないね。

    質:第二次鳩山内閣はどうなるか
    答:確かに閣内不統一に見えるが、名義貸し内閣で勝手に振る舞っても貸す方は何も言わないから
    やりやすい内閣と言える・・・実際、殆ど仕事をしてない閣僚が居ても誰も咎めない。
    ただ、より党中央の党勢統治を強める意味からすると、小沢に距離を置く名前が通っている閣僚は
    徐々に遠ざけられていくと思われる。
    仮にそのまま居座ることが出来たにしても、権限の大幅縮小は避けられない。
    郵政改革法案の件で、あの二人が記者会見した・・・亀井と原口だけれども、語るに落ちたというか
    頭隠して尻隠さずだなと感じたのは、あの二人が内閣の中の小沢側近なんだねと・・・
    特に亀井さん、あんたは汚いねえと言う事だ。
    表向き世間の声を唯一総理に直言している素振りで、実際は小沢べったりの自民党潰しの先兵ですねと
    そう受け取った人間は少なくない・・・むしろ、相当数居る。
    亀井は道化役を引き受けながら小沢の意向を汲み取り内閣に睨みを効かせている・・・
    もし、亀井が内閣から去るとしてもそれはあくまで芝居と受け取るべきだろう。
    あの内閣で役者は亀井だけだ・・・菅直人は間抜け正直と言えるからね。
    賢い素振りで抜け作だから間抜け正直で、自分の考えている事を隠す事が出来ない。
    亀井に比べればお粗末極まりない。

    質:菅直人をどう思うか?
    答:菅直人自体、あれほど政策通を自惚れる政策知らずは居ない。
    その意味で天然記念物だ・・・それはともかくとして、小沢と財務省の関係について
    憶測であるが・・・大事な事なので触れておく。
    ます、断っておくがこれは今日時点の話で、字体が劇的に変化する事も有り得るよと言っておく。

    小沢が検察に上げられ掛けた時、ストップを掛けたのは財務省だ。
    もっと言えば、検察は財務省が捜査に協力すると安直に考えていた。
    しかし、その真逆をやられてしまい挙げ句の果てに予算で斟酌を加えると言ってきた。
    結果的に検察の捜査は進捗が鈍り、今に至っている。
    つまり、財務省は自らを守る為に小沢と手を組み、郵政を手に入れたのだ。
    一旦手放すハメになった郵貯を取り戻すことに成功した・・・そこで政治資金規制法違反の捜査でも
    銀行に非協力的な態度を取らせ、捜査に遅滞をもたらし期日までに証拠など揃う事はなかった。
    言い換えると、去年の春頃・・・だから一年前に既に財務省は政権交代止む無しを見越して
    一か八かの博奕に出る・・・つまり、現政権を見捨てて小沢に付くことを選択した。
    当然財務省はこのままで行けば、小沢に脱税問題が浮上する事は判っていたし、小沢もそうだった。
    だから渡りに船で、双方の利害が一致し、財務省は渋る小沢を説得して藤井を財務大臣にする事に成功する。
    時間稼ぎをして、その間に党中央と財務省中央のホットラインを構築し、同時に事業仕分けでいずれ
    民主党の首脳になる人材と人脈を形成し、他の役所との力関係も変わってしまう。
    本来なら、子供手当は財源問題で財務省がストップする筈を小沢と党中央の強い意向で
    やる事にした・・・これは、その財務省と党中央との関係が如何に強いかの証拠となり
    他の役所からすれば、財務省突出でその予算案作成により気を配る事が求められる。
    財務省は、衆院選から参院選と統一地方選が終わらなければ政治的に落ち着くことがないから
    本格的な改革はもう少し先で・・・税制改正に於ける財務省案を丸呑みさせる事等一連の
    施策は不可能だと見ている。

    だから今は、新たな権力構造の構築に与力していて、閣僚が間抜けな発言をしても見て見ぬ振りを
    党中央共々していると見るべきだろう。
    党中央と財務省の癒着は、政策起案から実行のスピードは上がるが、反面より恣意的な
    政策が増えるし、唐突な法案提出もあるし・・・何より統治第一の民主党だから国民の自由度は
    下がらざるを得ない・・・それが悪者扱いされるかもしれないとの懸念を抱かせる。
    それ故、余計自民党が政権に返り咲くことを恐れるのだ。
    当面はないだろうが・・・当然粛正を伴うからね。
    それは何が何でも阻止するだろう・・・財務省にとって、小沢独裁というのは一番政策を進めやすいのだ。
    政治主導と言う名前の、党中央独裁とそれを支える一部財務官僚と言う構図が見えてくる。



    【参考資料:昔の経済人の言葉】

    岩崎弥太郎(三菱財閥創始)
    「およそ事業をするには、まず人に与えることが必要である。それは、必ず後に大きな利益をもたらすからである」

    本田宗一郎(本田技研工業創業者)
    「社長なんて偉くもなんともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ」

    土光敏夫(旧経済団体連合会第4代会長)
    「社員諸君にはこれから3倍働いてもらう。役員は10倍働け。俺はそれ以上に働く」

    ヘンリー・フォード (フォード・モーター創業者)
    「奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える」
    「ほかの要因はさておき、我々の売上は、ある程度賃金に依存しているのだ。より高い賃金を出せば、
    その金はどこかで使われ、ほかの分野の商店主や卸売り業者や製造業者、それに労働者の繁栄につながり、
    それがまた我々の売上に反映される。全国規模の高賃金は全国規模の繁栄をもたらす」

    松下幸之助(松下電器産業(現パナソニック(笑))創業者)
    「産業人の使命は、水道の水のごとく物資を無尽蔵たらしめ、無代に等しい価値で提供することにある。
    それによって人生に幸福をもたらし、この世に楽土を建設する」

    渋沢栄一(実業家)
    「その事業が個人を利するだけでなく、多数社会を利してゆくのでなければ、決して正しい商売とはいえない」

    早川徳次(シャープ創業者)
    一.近所をよくする。近所を儲けさせる。二.信用、資本、奉仕、人、取引先、この五つの蓄積を行え。
    三.よい人をつかんだら、決して放すな。四.儲けようとする人は、儲けさえあればいいんだ。何事にも真心がこもらない。
    五.人によくすることは、自分にもよくするのと同じだ。人を愛することは、自分を愛するのと同じだ。
    事業の道も処世の道も、これ以外のものはない。」



    国民新党の議席が伸びれば、民主党の売国政策は見送りとなる。

    共産党の議席が伸びれば、連立政権が小泉改革否定と修復を開始する。

    みんなの党の議席が伸びれば、連立政権が小泉改革を再開する。

    民主党単独過半数なら、売国政策が実行され、新自由主義も再開する。
    国民新党の影響力が低下する為。

    今回ほど泡沫政党が重要な意味を持つ選挙はないだろ。



    「最近の若い社員のことを“アスファルト人間”と言っておるんですわ」--日本電産の
    永守重信社長は一気にまくし立てた。「とにかく怒鳴りつけても、冗談を言っても、まるで
    反応がない。いくら水をまいても、全部、跳ねのけて道路わきのドブに流し込んでしまうア
    スファルト道路と同じ。どんなに熱心に仕事を教え込もうとしても、染み込んでいきよらへん」。

    京都市に本社を置く日本電産はパソコンなどのハードディスク装置用小型モーターで
    は世界トップメーカー。1973年の会社設立からちょうど20 年、ベンチャー経営者である
    永守社長が自らの手で売上高600億円、従業員も1000人を超える規模にまで築き上げ
    た。しかし、どうも最近、若手の様子が変なのだ。

    「バブルの時代、本来、入るはずのない者までが、うちに来たんやないか。あとでお荷
    物になるぞと当時から公言しとったが、案の定そうなってしもうた」。永守社長の嘆き節
    は止まらない。「一流大学の連中は一生懸命勉強して、自分の実力の1.5倍の学校に
    入るから、会社に来た時はもう疲れ切って、カス同然。かと思うと、電気工学科を卒業し
    ているはずなのに、オームの法則も知らへん者が研究開発部門に行きたがる。どない
    なっとるんや」。

    永守社長の堪忍袋の緒は切れた。バブルの時代も守り通した「新入社員は素手で便
    所掃除」という新人研修は学生にも「悪名」高いが、加えて面接試験では「ハングリー精
    神」、「情熱と執念」など「古典的言葉」を連発して学生の反応を見る。学生に聞こえよ
    がしに、「研究所ではどれだけ休んどるんや」と永守社長が聞けば、人事部長が「はい、
    土曜も日曜も出社。昨年から休みはありません」と答えてみせる。多分に脅しの要素が
    強いが、「休日だの福利厚生だのを口にする者には即刻お引き取り願う」。

    「一度どついたら、二度と立ち上がれへんのやないか」などと気に病むのもやめた。
    昔のように、若手の書いた設計図を目の前で平気で破ってゴミ箱に捨てても見せる。
    「それでも残ってくれるのが本物」と思えばこそだ。
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20/186058/



    698:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 11:38:56 AN77c3xW
    >>1
    > 法人税率を下げれば、企業が元気になり、雇用が増え、国の税収も増えるのに、

    なりませんw
    法人税率を下げると株主が儲かるだけ。
    企業を元気にして雇用を増やすには、損金算入枠の拡大しかないんだよw

    704:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 11:42:57 MBx0aVcU
    >>698
    そうそう、法人税率引き下げて得をするのは税引き後利益を好きなようにお手盛り出来る
    役員と株主だけなんだよなw

    従業員もその企業の納入業者や下請けと逝った中小企業もみんな、利益拡大名目で
    賃下げ・コストダウンを迫られて損をするw

    法人税率を引き下げれば企業が元気になって景気回復とか大ウソw


    706:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 11:45:06 s3qaRnZz
    >>704
    そんな発想だからずっと不景気のままなんだ

    722:名刺は切らしておりまして 2010/03/27(土) 11:52:14 MBx0aVcU
    >>706
    お前、現実を見ろやw 実際にリーマンショック前まで一部上場大企業の殆どは史上最高
    利益を毎年更新し、マスゴミは“いざなぎ以来の好景気”とか大ウソこいてたが、なんの事は
    無い、90年代初頭から始めた法人税率引き下げと消費税増税によって、庶民・中小企業の
    富が金持ち・大企業に盗られる格差拡大が起こってただけなんだよw 実際に小泉政権から
    福田あたりまでの間に一般勤労世帯の所得は年平均100万以上下がってる。なのに大企業
    だけは史上最高益で、そこの役員報酬や株主配当は2倍3倍当たり前w

    法人税率引き下げで景気なんて絶対に良くなりませんw 格差が拡大し、以前は庶民や地方や
    中小企業に回ってた金が全て一部の大企業と金持ちに集中するだけの話です。法人税率引き下げ
    れば投資促進されて新規雇用開拓とかアホかw 内部留保貯め込んでるだけだろうがw



    54:名刺は切らしておりまして 2010/03/16(火) 16:56:43 jbxprDBm
    大学の講師を辞めて、高校の教師になる人は沢山いるよ。
    高校教師に成れる人はむしろ、勝ち組と言っても良いくらい。

    東北大学の博士課程修了者が近所のコンビニでバイトしている姿を見た時は涙が止まらなかったよ。
    この社会、何かがおかしいよ。



    79:名刺は切らしておりまして 2010/03/16(火) 18:33:13 RSww4p90
    しわ寄せは教官ばかりにいって
    事務員達は昔のままぬるま湯。
    なぜマスゴミはこの実態を報道しないんだろうか?

    81:名刺は切らしておりまして 2010/03/16(火) 19:44:54 36PD+gNc
    非常勤講師をパートタイムのような収入源として捉えるから駄目なんだよ
    非常勤講師っていうのは肩書であって、どこそこの大学で何を何年間教えてたよっていう
    専任講師やその筋の研究機関に入るための資格か身元証明のようなもの
    高学歴の大学では、低学歴大学の専任講師が非常勤として講義しにいくくらいだからな

    また、専任教員は教育と研究を両立し、かつ大学運営にも多数携わらなければならない
    オープンキャンパスや進学相談とかな
    少ない時間の中で何百人もの学生の課題見つつ、学会発表の準備したりしてる
    普通の人間には無理ってこと

    82:名刺は切らしておりまして 2010/03/16(火) 21:40:38 KmeQIXuo
    >>81
    そのファームとしての講師を、年金給付までの小遣い稼ぎにしとるのが、
    天下り元高校教諭。

    少し前には、正規教員の採用を控えさせて、氷河期を間引かせて、
    給与と退職金を維持させた。

    日本を食い潰した実行犯の1人は間違いなく教員。

    あいつらクズだ。

    114:名刺は切らしておりまして 2010/03/18(木) 23:30:25 p7Z0UsQW
    >>79
    教員が決定権を手放さないんだよ。
    事務職員はアホすぎるからかもしれないけど。
    最近の若手はみんな大卒だけど教育する人がいないから伸びることなく腐っていく。



    116:名刺は切らしておりまして 2010/03/19(金) 00:15:25 UvD8n+U1
    現場の証言1
    「研究にうつつを抜かし校務を引き受けない教員のせいで、学内の校務を大量に引き受けざるを
    えない我々が、研究に割く時間がなく、研究業績も出ないのは当然だ。このような事情を無視し、
    研究業績を外部公開して、あたかも我々が研究者として無能であるかのような誤解を世の中に
    与えることなど許されるものではない」

    研究業績の公開が教授会で議題になったとき、大半が賛成派に回ったのを見て、ある狂獣が
    こんなことを言って反撃してきたことがある。


    現場の証言2
    無能教員には辞めてもらいたいけど、今の制度じゃあ辞めさせる仕組みがない
    これを苦々しく思っている大学教員は多い
    だいたい、HPで教員の研究業績を公開しようという話がもちあがっただけで、「プライバ
    シーの侵害」とか言って強行に反対する連中なんだぜ、無能教員は
    私立であろうと、税金投入を受けて研究のプロとして喰っている以上、成果報告を
    公表するのは当たり前だろうという理屈さえ通らんのよ

    125:名刺は切らしておりまして 2010/03/19(金) 20:00:38 anHyJ+iN
    ファミレスのアルバイトに500万も1000万も給料払う馬鹿がどこにいるんだよ?
    それと同じことだよ。日本人は教員(特に大学教員)を神格化しすぎ。
    いち職業として考えればパートタイマーの人間が給料安いのは当たり前。
    専任教員がやっている莫大な学務や会議出席もないし、ゼミも論文指導もない。
    仕事が少ない分、責任が無い分、給料が少ない。
    どこの国(先進国)でも、どこの会社でも当然のことです。
    あたかも問題かのように書くマスゴミの世論誘導に騙されてはいかん。

    126:名刺は切らしておりまして 2010/03/19(金) 20:17:30 n85JRK8W
    >>116の言ってるのって>>125みたいなやつのことだろ



    127:名刺は切らしておりまして 2010/03/19(金) 23:27:40 qsxtY678
    ある外資系企業の元役員さんを知ってるんだけど、
    その人って、企業向けに1回講演をすると30万円以上が相場なんだよね
    ちなみに、現役時代は年棒5000万とかボーナス1億とかだったらしい

    その人が、知人の大学教授に頼まれて4月から某大学で週1コマ授業をすることになった。
    もう年だし少しでも若い人の教育の役に立つのならというわけで引き受けたらしい。
    いわゆる非常勤講師だ。

    変な話なんだが、大学って、あまり給料の話をしないらしい。
    ひどいところだと、就任が決まってからとか、始めて給料が振り込まれて、
    始めて自分の給料がいくらだったか知るということもあるらしい。

    その人は、給料なんていくらでもいいと思って仕事を引き受けたらしいけど、
    実際に契約の段階になって、始めて1コマ1万数千円が相場だと知ったとか。
    安い安いとは聞いてたけど、そこまで安いとは思わなかったと驚いていた。

    ファミレスのバイトは中卒でも日本語が不自由な外国人でも、
    未経験で入っても1時間も仕事を見てれば戦力になることができる。
    だから、時給1000円でも当たり前。だって交代要員はいくらでもいるもの。
    でも、大学で専門の授業をするレベルの人って、大学院での数年間の教育か
    社会人としての何十年間かの経験が必要なんだよ。

    大学だから、教育機関だから、研究機関だからお金がないので安くて当たり前。
    そう思ってる人が多いみたいだけど、やっぱり変な世界だと思うよ、大学って。
    少なくとも世間の相場とかコストとか常識とは、かなりずれてるところがある。

    128:名刺は切らしておりまして 2010/03/19(金) 23:49:35 arLPpgBX
    >>127
    金についてうるさく言うのが、日本の大学では半分タブー
    になってるな。アメリカだと契約時に給料交渉する。

    でもそれは企業でも変わらないだろう。
    就職するときに、御社の従業員の30歳時点での平均賃金は
    いくらですか?とか聞かないだろ?
    大して参考にならない初任給だけ知らされても何の役にも立たない。

    非常勤の給料が安いといっても、時給7000円くらいだろ。たとえば
    専門学校で公認会計士講座(大学の講義と同レベル)の講師を
    やっても給料は同じくらいだぞ。つまりそれが相場ってことだ。

    ちなみに非常勤講師も「交代要員はいくらでもいる」に近い状況。
    その元役員氏の件も、もし断られれば
    別の人に非常勤講師を依頼するだろう。非常勤講師で
    「どうしてもこの人に来てもらいたい」ということはめったにない。
    つまり大学は非常勤講師をその程度にしか考えていない。


    132:名刺は切らしておりまして 2010/03/20(土) 05:33:36 aoP8SABb
    >>127
    その給料で働く人がいるかぎり給料は下がりつづける法則


    133:名刺は切らしておりまして 2010/03/20(土) 06:54:21 UUuxYHvU
    >>132
    日本社会全体に共通する問題だし、さらに悪いのは外国人教員率25%という目標数値が設定
    されてしまったから、新規採用は中国人韓国人の採用が増えてること



    青色LED開発者の中村氏が、韓国LEDメーカーの科学顧問に就任
    http://digest2ch-bizplus.seesaa.net/article/144868709.html
    バーカ。



    30:名刺は切らしておりまして 2010/03/26(金) 01:44:14 mkJcSqpX
    先月、試用期間中だった新卒を首にした雇用側から言わせてもらうとね・・・・
    若い奴は、働く気が少ない。
    すがりついてでも働くつもりがないと、仕事は任せられないよ。

    法律は、労働者を守っているから、今すぐ仕事を辞めます^-^って言われてもなんとも言えないのが実情。
    だったら、すがりついてでも働くつもりがあるのかを確認せざるを得ない。

    そうなってくると新卒と言うのは、まだ迷いがある。
    そういう人間を雇って教育も施してやって、給料までくれてやる。
    そんな奇特な経営者、居るかねいまどき。

    それで3年ほどで転職します!キリッ だもんな。
    はぁ?お前を雇って大損ですわ!

    これが普通だぜ。

    32:名刺は切らしておりまして 2010/03/26(金) 01:46:52 RnmRtFuj
    >>30
    相互不信のスパイラルだな。
    経営がその考えじゃ若手が意欲なんか見せる訳無いだろw


    41:名刺は切らしておりまして 2010/03/26(金) 01:53:21 2xFviAmj
    >>30
    意欲って、どうやったら見えますかね?(´・ω・`)
    いや、俺も40歳近いおっさんで、若い子を見なくちゃいけないこと
    あるんだけど。

    俺より上の人間だと、「寝ない奴が偉い」、「残業する奴が偉い」的な
    発想がまかりとおってて、そういうことしない若いのを見下す傾向が
    強いのですよ。

    俺から見て、結構使える奴をボロカスに言うんだけど、そいつは結構
    効率良く仕事してるし、アイデア出るし、面白い奴なんだけどさ。逆
    に、いくら同じこと言っても覚えない奴は、仕事残ってるから残業し
    なくちゃいけないし、翌日朝早くから来てるしで、上の世代からは
    「やる気がある!」と見えるらしい。

    人間の判断というのは、難しいなあ……と思ってる今日このごろ。



    今から30年以上前に円安で当時の普通の給料をもらってた世代がいた。
    当時の世の中はインフレ。働いてもたいして楽ではない。生活は苦しかった。
    週休1日。学校も銀行も土曜は半ドン。みんなよく働いた。
    やがて日本の生産性が世界的にトップになる。景気ヨシ。人生観も多様化。
    海外から時短しろと言われ、週休2日。8時間労働に。
    20年ほど前に土地バブルといわれる投資ブームが到来。やがてバブル崩壊。
    しかし、以前のままの賃金体系・退職金で雇用が続いた。
    景気は回復しない。雇用は増えたり減ったりしながら円高・デフレに突入。
    バブル崩壊後と言っても生活はそんなに苦しくない。
    デフレだから物は買える。円高で蓄財のある層は海外旅行にもいける。
    やがて賃金体系が成果ベースに変わり始める。業績連動が流行。
    しかし、それ以前の賃金体系で雇われた層はすでに十分なたくわえを持った。
    家も買った。景気が悪くて子どもは就職困難だが家族は養える。
    そのうちITバブルと呼ばれた好景気が来る。約10年前。
    しかし円高でそれほど利益は出ない。電子関係・通信事業だけ少し潤った。
    貯蓄のある層の預貯金は裏で国債に。国の借金300兆へ。
    そのうちITバブル崩壊。日経平均7000円台へ。円高継続。
    日本のお金の総量が減り続けるので量的緩和へ。景気変動の世の中に。
    業績連動の賃金体系で雇われた層は景気に左右される生活。家庭はもてない。
    少子化に拍車がかかる。就職難は継続。円高・デフレも継続。
    デフレなのでなんとか生活は出来る。しかし働いても生活は楽にならない。
    最下層がやがてワーキングプアと呼ばれ始める。
    貯蓄のある層はデフレ歓迎。贅沢しなければ生活には困らない。
    やがて格差が広がったことに世の中が気づく。
    円高是正・量的緩和規制で利上げするとインフレ方向に進むので、日銀が利上げへ。
    しかし最下層のセーフネットは整備されていない。北九州で餓死男性が出る。
    そのうち古い賃金体系で雇われた世代が一斉に退職。5年後には年金世代に。
    円高は継続。それどころか金融状況が悪化。リーマンが破綻して信用収縮。
    世界中のお金の総量が減りつづける。世界中で量的緩和へ。日本も再度緩和。
    日本では円高・株安が進行。貯蓄のある層の預貯金は裏で国債に。借金800兆へ。
    景気低迷は継続。就職困難というか採用自体が無い世の中に。
    そのうち政権が交代。事業仕分け。公共事業が縮小。メーカーの工場は海外へ脱出。
    誰にでも出来る仕事が日本から減少していく流れにチェンジ。
    派遣・日雇いは仕事が無い流れに。
    企業の税収も減るが、デフレで消費税による歳入も減る方向。
    少子化がとまらない一方で年金世代が増え続ける。
    子ども手当て・高校無償化で社会保障が増加する方向。



    404:名刺は切らしておりまして 2010/03/26(金) 12:17:03 I4RHumbb
    ここを見ていると、人の批判ばかりですが、我々十代の人間も見捨てられて当然の質の低さですよ。
    まず本を読んでいない。
    50代前半のおじさんと話をすると、吉村昭や山本周五郎の作品の話がぽんぽん出てきます。
    高卒の中堅ゼネコン出身といっていましたが、寮生時代に一ヶ月5冊本を読まされ感想文も書かされていたそうです。
    だから今でもものすごく物知りです。
    「頭のよさは読んだ本の数に比例する」がおじさんの口癖です。
    逆に30代前半のいとこの兄ちゃんは、大卒ですがあまり物をよく知りません。
    おじさんと話をしてもチンプンカンプンの顔をしています。
    そのせいかわかりませんが、なかなか正社員になれなくて悩んでいるとおばさんから聞いています。
    絶対にこんな人にはなりたくない。
    だから勉強を一生懸命して、すこしでも頭がよくなるようにがんばります。



    胸を張れ、日本人
    http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3300.html
    今の日本人は勉強なんてしていません。



    副島隆彦氏  徳間書店 本「次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた」で、
    日銀の大株主はJPモルガンチェース銀行とシティグループだとのことですが、
    ほんとなのでしょうか。どこにそのような資料があるのかわかりません。

    また日本の金融政策を決定する日銀の政策委員会のメンバーの素性ですが、
    もし、大株主がJPモルガンチェース銀行とシティグループだとしたら、
    当然、それらの銀行の息のかかったメンバー選ばれていると思うのですが、
    どうなのでしょうか。

    日銀総裁の人事を見れば、
    わかるようです。。

    日銀創設そのものが、明治時代での英米ユダヤ政商らに作られているという視点があります。。

    日本近代史を丁寧に見ていくと、、
    なるほどということが多々ありますし、

    しかし,何で?って不可思議、、
    子供自分知ってる明治人は今の昭和・平成人よりずっと穏やかで、見識高く、公を尊重していましたが、

    どうして!?戦争することになったのか?
    本当に真珠湾は奇襲攻撃といえたの?
    とか、、
    本当に、日本はアジアを侵略するために戦争はじめ他の?
    それにしては・・
    インドの英ユダヤ政商からの独立運動家らが日本に入り浸ってた史実があるし・・・

    GHQの戦後戦犯裁判も、

    本当の戦犯となるべき人物・・戦争で得した数少ない日本人・・企業はおとがめ無しだし・・

    日本国民のナショナリズムをファシズム化させた
    大政翼賛会などの動きなど、を擁護した
    特高警察のエリート官僚らは公職追放もされず、
    延々と政権や警察で権限を保っている・・という不可思議・・

    世代を超えて・・・



    27 名前: ラジオペンチ(神奈川県)[sage] 投稿日:2010/03/24(水) 12:34:10.88lsJVhSbg BE:673920959-PLT(12072)
    sssp://img.2ch.net/ico/folder3_04.gif
    壁に空いた穴にチンチン突っ込んで向こう側からただひたすらチンチンを
    いじられるだけの風俗とかあるなら行きたいな。会わなくていいし話さなくて
    いいから楽だ。

    180 名前: ガスクロマトグラフィー(東京都)[] 投稿日:2010/03/24(水) 13:26:30.00eb258vOR
    >>27
    http://www.pastel-punch.jp/mh.html

    339 名前: 硯(神奈川県)[] 投稿日:2010/03/24(水) 15:40:49.178t1sZapQ
    >>27
    ラッキーホール

    56 名前: 虫ピン(catv?)[] 投稿日:2010/03/24(水) 12:38:32.84I76NGmV6
    >>27
    それ反対側ではチンコしゃぶり一本2000円とかいってホモの客とってるんだぜ

    59 名前: 画用紙(アラバマ州)[] 投稿日:2010/03/24(水) 12:39:14.972186Yiqe
    >>56
    永久機関の可能性を感じた



    過去記事 「続 団塊の世代を“産廃”や“お荷物”と呼ぶ“異常”:拍手コメント」 
    http://sun.ap.teacup.com/souun/2576.html



    過去記事 小泉内閣の構造とは何か<権力の2重構造>
    http://archive.mag2.com/0000154606/20050429114242000.html



    過去記事 第十回 外貨準備高とは結局何なのか?
    http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2009/07/28/006255.php



    過去記事 第10回「サブプライム問題がサブプライムだけに留まらない理由」
    http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm?i=20080825d8000d8



    本を読んで文章にしたいのに鬱の時は何もできない。躁の時は音楽ばっか聴いてる。どうしよ~。



    一つ言えるのは、公安委員長のゴニョゴニョは決して、偶然起こったことでは無いことは完全に見抜かれていると思われるニダ。
    http://www.j-mp.net/archives/50380641.html
    投げえし隠語ばっかで嫌だ!!需要があるかもしれないから載せとく。



    ■ 民主党が推進する新しい利権
    http://www.nikaidou.com/archives/459
    死ねばいいのに。



    小泉、竹中時代を清算しないで、自民はどうするの?

    構造改革で更に巻上げ バブルで潰した挙句
     円がジャブジャブなったところでバブルになり、パンクして「失われた10年」となった。バブルでつぶして、ぼう大な不良債権を抱えさせ、構造改革をやらせてさらに巻き上げる。これはアジア各国が早くに経験してきたのと共通で、タイにはじまってインドネシアがやられ、97年に韓国が破綻。翌年にはロシアが金融危機に見舞われていた。ジョージ・ソロスのようなヘッジファンドが莫大な資金を投入して、経済が成り立っているかのように思っていたら、突然引き上げる。その後、IMFが市場開放をさせ、アメリカ金融資本が自由勝手に各国に進出して、各国人民を搾り上げていく構造を作り上げていった過程である。そのための規制緩和を自民党売国政府をしてやらせていった。
     低金利を強いられた日本から資金が逃げ出し、自動的に高金利のアメリカ市場へと向かうシカケが施された。「円キャリー・トレード」など、アメリカ金融資本が日本から低い利率の資金を借り入れる。この資金をハゲタカファンドが借り入れて、金融派生商品に投機したり、日本企業乗っ取りなどの資金にしてきた。日本のメガバンクも保険会社も、経済が低迷するなかで大手は軒並み株式を外資に握られ、食品からアパレル、不動産にいたるまで、日本企業は買いあさられた。そして昨今はサブプライム危機が表面化すると、いっせいに資金を引き揚げて株価暴落の事態となった。
     アメリカそのものはカネがないので国債を乱発。米国債の購入者の九割が外国人購入だ。海外から集めた資金によって巨額の財政赤字を補い、各国でバブルを創出して投資で荒稼ぎしてきた。貿易赤字、財政赤字と合わせた“双子の赤字”が単年度で6000億㌦ずつ。これを穴埋めするための資金調達先が日本や中国、中東諸国で、米国債の主な引受先になっている。低い調達コストで高いリターンを求める手法で、法外なレバレッジをかけたサブプライムのような金融商売の原資にもなった。「円高を阻止する」と称して円売り・ドル買い介入を繰り返し、米国債を買い込んだのが自民党政府だった。
     日米の関係では、プラザ合意を経た1988年の日米構造協議で「今後10年間で430兆円の公共投資を実施すること」と約束させられ、そののち630兆円に引き上げられた。その結果、国内でも財政赤字が悪化した。市町村は不要不急の公共投資をやらされたことで、財政は破たん。すると財政破たんを理由にして市町村合併を押しつけられた。さらには民生費削減へと直結。国・地方あわせて財政赤字は1100兆円にもなった。
     サブプライム問題発覚後は、アメリカでは公的資金注入によって、これまで散々に詐欺商法で暴利をむさぼって世界経済を破たんさせた銀行の救済をやっている。これも国債発行に頼るしかなく、日本のような従属国に引き受けさせる関係になっている。
     日本の米国債保有残高は秘密にされていて決して公表されないが、政府が保有しているものだけでも1兆㌦を突破した外貨準備高の大部分を占めており、そのほかに銀行や生保、証券会社、輸出企業を中心とした独占大企業2000社が運用しているものなどすべてをひっくるめると、相当額になる。
     そして、米国債のほかにサブプライムローンのような金融派生商品を保有していたりもする。一昨年には、実質的に破綻した米国政府系住宅金融会社のファニー・メイ、フレディ・マックの関連債券を農林中金が5兆5000億円、三菱UFJが3兆3000億円、その他生保や証券会社など、日本の金融機関が合計で23兆円保有していることも明らかになった。こうしたデリバティブにも日本の金融資産が突っ込まれている。金融資産というがそれは国民の預貯金などである。海の向こうが破綻すれば一蓮托生という関係になってきた。

     日本国内は財政赤字に 債務残高は1100兆円
     そして国内はどうなっているのか見てみると、日本政府は800兆円という膨大な財政赤字を負っている。政府歳入が年間約50兆円なので、16倍にもなる。国・地方を合わせた債務残高は約1100兆円とされる。財政赤字を理由に、国内では地方切り捨てや医療・福祉をぶち切ったり、生産人民の生活がままならないほど貧しい状態をつくりだし、消費税を増税するとか、財政再建などといってきた。そして、一方では「史上空前の好景気」が同時進行で、大企業の内部留保は120兆円を超えるまでになった。
     財政赤字はさらに拡大する傾向にある。こちらもカネがないので国債発行でまかなっている。日本の場合、アメリカと違って国民の貯蓄資金を使って国債を買い取っている。銀行など金融機関に預けた貯蓄の相当部分は、政府の国債購入に回るシカケになっている。従来であれば簡保資金などが最大の買い手になっていたが、郵政民営化によって2007年からは縛りがとれた。340兆円の郵貯・簡保資金は日本国債の買い取りではなく、今後は外資(ゴールドマン・サックス)が運用する関係へと切り替わった。これも奪われた巨額の資金である。これが小泉・竹中の最大の仕事であった。
     09年3月末段階の日本の国債残高は681兆6544億円で、所有者別内訳を見てみると、金融機関がおよそ7割を保有している。国民の預貯金は四五〇兆円近くが回り回って国債に姿を変えている。
     60数年前の終戦後には預金封鎖になって、みなが預金を引き出せないうちに、たいへんなインフレになり、預金や保険は二足三文になるという出来事があった。「これは利子がすごくいいよ」といって国民に買わせていた国債は、敗戦によって名実ともに紙屑になるという経験を年寄りは忘れていない。第二次大戦の経験では、貯蓄とか株などは政府がすべて紙くずにしたのだ。
     アメリカに流れたカネはアメリカは属国などに返す気などないと見るのが普通で、最後はドル暴落、債務不履行もやりかねない。大インフレで大借金をゼロにするという事態も十分にあり得ることである。国内の財政赤字1100兆円に加えて、約500兆円が焦げ付くという事態である。
     日本国内、国民生活を貧乏にさせて、独占企業や米外資が好き放題を謳歌し、社会を崩壊させてきた、この間の小泉・竹中に代表される自民党売国政治の犯罪性はこの上なく大きい。



    小泉元総理・竹中元大臣の業績一覧表です!

    確かにものすごい業績ですね。これだけの偉業を国民に阻止されずに成し遂げたわけですから。万死に値するというと「万」じゃ足りないと叱られそうですね。小泉竹中のお陰で家族が自殺したり、断腸の思いで事業を断念したり、仕事を失って路頭に迷った数多の被害者の皆さん。彼らが、自分の不幸の影にこんな裏事情があったことを知った時、小泉・竹中は無事ではいられないと思います。

    ここで再度確認しておきます。ユダヤ裏社会は、日本社会の要所要所に隠れ朝鮮人を配置して売国行為を行わせてきたと理解しています。その最たるものが政界です。まず政界を浄化することから、日本再生は始まります。


       ●小泉・竹中と 自民党清和会 の政策の結果


       GDP下落率----------------歴代総理中№1
       自殺者数------------------歴代総理中№1
       失業率増加----------------歴代総理中№1
       倒産件数------------------歴代総理中№1
       自己破産者数--------------歴代総理中№1
       生活保護申請者数----------歴代総理中№1
       税収減--------------------歴代総理中№1
       赤字国債増加率------------歴代総理中№1
       国債格下げ----------------歴代総理中№1
       不良債権増----------------歴代総理中№1
       国民資産損失--------------歴代総理中№1
       地価下落率----------------歴代総理中№1
       株価下落率----------------歴代総理中№1
       医療費自己負担率----------歴代総理中№1
       年金給付下げ率------------歴代総理中№1
       年金保険料未納額----------歴代総理中№1
       年金住宅金融焦げ付き額----歴代総理中№1
       犯罪増加率----------------歴代総理中№1
       貧困率--------------------ワースト5国に入賞
       民間の平均給与------------7年連続ダウン
       出生率--------------------日本史上最低
       犯罪検挙率----------------戦後最低
       所得格差------------------戦後最悪
       高校生就職内定率----------戦後最悪



    太平洋侵出を狙う中国の「悪の論理」
    http://archive.mag2.com/0000000699/20100328080000000.html
    まあ当たり前のことなんだけどね。



    政策提言の想定問答
    http://www.adpweb.com/eco/eco609.html
    経済はこの人が一番わかってるんじゃないかな?



    今日本の組織で技術力の意味や価値を草の根から理解して出世した管理職はあまりいないと思います

    むしろそういったものや人を売ることに長け、既存の上司に受ける人が出世していきます
    当然戦略や新しいものを作ることはできないタイプの人材です アウトソーシングやリストラが流行るのはこのせいです 真に世界にイノベーションをもたらすサービスが日本から出なくなったのはこの所為でしょう これは日本社会の性格を考えると流れを正すのは困難です

    何故なら真実に組織を理解し、技術を導入できる指導者は組織を生まれ変えられるかとそうでもなく そういう人は日本社会では陰湿に総スカンを食らって退場します みんな長いものに巻かれることにたけてるからです

    また真の価値を健全に運営している組織では常に俗物がその主導権を奪おうと虎視眈眈としています トヨタが技術メインを手放すようなサービス主体を訴えるのは自分の本質を切って捨てたい指導者のコントロールできない(自分がそうじゃないから)技術者層をコントロールするために自作自演で「身内を売った」可能性も頭の体操に想定してみると面白いです

    俗物は真実を愛してそれを極めるものを大抵好みません 人と人の関係づくりに意味を見出し天と地の間で起きる事象を理解しそれを社会に還元する技を活かすことは恐れるのです 権魯力やお金がものをいう社会になる所以でしょう
    技術に拘る人達も社会を回すものがヒトモノカネであることを度外視したりするとヲタク化してしまい 現実的になれなくなります 俗物であることも大切…

    伝統をかたくなに守ろうとする小さな組織は外からの圧力が加わり弱っていきます

    日本の良さ(器用であること)が再び脚光を浴びれるようになるまでは我慢しないといけないのかも 出世する方々も優秀な属性ならその辺りは分かっていて技術に長けた人に色々なもので「投資」します 管理者とは人を上手く使える人のこと(byカーネギー)なのでこれも合理的なことです(日本が勢いづいたのは創る管理者がいたからこそなんですが 覇権的管理者が生まれやすいお隣に今は劣勢なのです 日本は俗物とは云え日本社会の属性を代表する和の管理者を出していこうとする それが判断力を弱くしている)

    日本としてはオープンソースのスタンスで盗んでおいてそのあとは独占しようとする相手に対して強烈なアンチテーゼ
    になるといいかもしれませんね 良いものは同人誌の会場よろしくみんなでワイワイ集まって交流してこそ生まれるですから(最近だとデジタルカメラ)

    人気ブログランキングへ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。