スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010.03.27の備忘録

    3月27日

    人気ブログランキングへ

    日本人の弱点とはまさに勤勉と従順を美徳とする悪しき風習だよ
    要するに洗脳耐性ゼロ、家畜としてみれば世界で最も優秀だろうがな
    欧米のパワーエリートから見たら赤子の手を捻るが如しだろうな
    ロックフェラーが没落したところで今度はロスチャイルドが復活するだけさ
    こんなくだらない百姓民族が再び独立するのは永久に無理だろう



    天下太平江戸幕府300年の歴史をもつ、現在は経済植民地日本であります(キリッ
    もっとも、その鎖国によって外国に対する免疫がなくなったのかもね。

    アジア諸国から日本へ人間連れてきて、日本人のように従順になるか試験してるのかな。
    日本へ帰化するつもりで来てる連中であれば、それはうまくいっていると思う。
    この家畜文化をどんどん諸外国へ輸出すれば、家畜エリートに日本はなれるかもね。
    一神教徒たちに家畜のすばらしさを植え付けてあげたいね。

    しかし、いつでも本国へ戻るつもりの奴らは、やりたい放題だな。



    西友で298円の弁当+88円のコーラしめて386円なり(マイバッグ持参)。
    かっては600~1,000円はランチで出していた層がワンコインでオツリまでもらってる。
    な~に俺にゃ関係ねー!とは言ってもさすがに日本全国がこうなってくると持ちこたえる
    のも少なくなってくると思う。
    意外に400円程度でも食べ応えがあるのは脅威であるわな。

    ・・・、が、かく言う西友もイオン他大手&地域密着型スーパーあるいはコンビニ、大手外食等々、
    地獄の消耗戦を展開中。
    おそらくはこのレースで生き残ってもその先に何が待ってるかワカラン。
    正直、子供の卒業式の後、「何食べたい?」と聞くと
    「回転寿司!」と言われスシロー行ったわw。そしたらどこでも見れる図式だが、近隣にかっぱ寿司他
    競合店はどこもお客さんで溢れかえってる。「どこが不況なんだ?」と思ったがこの光景こそがそうなんだな。
    ちょっと前までは寿司ってのはハレの日の食べ物。座っただけでも5~6千円は覚悟だったが、今はその金額でも
    家族4人腹一杯だわ。そらぁ、寿司屋の友人たちの激戦ぶりにもドン引きするもんだ。
    もうね、全部の意味での「職人」的じゃあ生きていけないと思った。



    632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 06:46:56
    上野樹里は鄭富吉の親戚ですか?


    635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 07:17:59
    >>632
    片岡都美の知り合い


    667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 15:20:57
    上野富吉こと鄭富吉という地上げヤクザの愛人が片岡都美
    鄭富吉には正妻がいたが片岡都美と自前のホテルで同棲をつづけた
    株の仕手戦をやっていた最中の96年6月に鄭富吉はホテルに血痕を残して忽然と失踪した
    このあとそのホテルを乗っ取って目黒プリンセスガーデンホテルにしたのが片岡都美

    上野富吉 兵庫県加古川市出身
    上野樹里 兵庫県加古川市出身


    668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/26(月) 15:28:37
    文明子 KCIA金炯旭元部長(パリで暗殺)
    母が朝鮮人の片岡都美は統一教会を介してアメリカのボストンで、文明子と知り合う。
    上野富吉-田中森一-許永中-古川組-山口組若頭宅見勝
    片岡都美-中野会 中野太郎
    上野富吉は、韓国から兵庫、そして静岡の美尾組の元組員になる。
    森喜郎-文明子-片岡都美ラインで、北朝鮮に密書。
    小沢一郎-田村順子-片岡都美ラインも忘れて欲しくない。
    クラブ順子(高級クラブでない方)に、経歴詐称の元刑事の北芝健やら、須田慎一郎が出入りしていた。



    ★  日本こそ   地上の楽園   ★48
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1268223803/
    外国に行ったらよーくわかった。
    後進国の中国韓国はもちろん先進国の欧米でも
    日本ではとっくの昔から
    当たり前にできていることが、何年たってもできない。
    たとえば、日本は
    ・水道の水がそのまま飲めてしかもおいしい唯一の国
    ・いつでもどこでも無料でトイレが使用できる唯一の国
    ・買い物の際につり銭をごまかされない唯一の国
    ・お店屋さんにいって買わないで出てこれる唯一の国
    ・何十年経っても物価が安定している唯一の国
    ・四季があり、冬にも晴天の拝める唯一の国
    ・誰でも銀行に口座の開ける唯一の国
    ・だまされた奴よりだました奴が非難される唯一の国
    ・5大差別(人種、階級、学歴、宗教、地域)がない唯一の国
    ・まともな床屋がある唯一の国
    ・安全快適な交通機関が定刻どおり運行されている唯一の国
    ・世界中の書物が翻訳され書店に並び購読される数少ない国
    ・犯罪者でもない限り、警官に呼び止められても何の心配もない数少ない国
    ・所得に差が有る家庭の子供達が平等に教育を受けられる唯一の国
    ・誰でも安くて早くて安全な質の高い医療が受けられる唯一の国
    ・一系の天皇が二千年以上治めている唯一の国
    ・自販機が外に設置されていても、盗まれたり壊されたりすることがほとんどない唯一の国。
    ・ちょっとした失敗でも、潔く、謝罪する唯一の国
    ・虫の鳴き声や波風・・等の物音を左脳で聞いている唯一の国
    ・BBC世界好影響ランキング2年連続世界一の国
    ・手頃な値段で、誰でも、あらゆる娯楽が、楽しめる唯一の国
    ・世界一、自然のきれいな国
    ・世界一、旅行者のマナーが良い国



    某企業がアメーバ経営をやろうとして、事業を細分化した。

    今の悩みは「経営センスのある人材がいなくて機能しない」。

    今まで命令通りにキッチリ動く人材を育成、出世させといて、今更何を言ってんだ?
    と思ったのは、俺だけではあるまい。
    そういう人材の特性は、命令が無いと待機する、前例のないことは基本的に拒否、
    他者の欠点探しと批判は上手い、余計なことは言わないが実は要求は多い、などなど。

    今の時代の経営者なんて基本的には野良犬の仕事。頭の良い野良犬ってのは、今の日本に
    最も不足してる人材だし、そんなのが昔からの大企業になんているわけねーw
    (強いて言うなら、総合商社にはそこそこ生息してるが)



    日本企業が陸軍文化なのは、敗戦で陸軍が解体された課程で
    企業に大量に旧軍人が流れたからだといわれてるね

    自衛隊発足の際に、旧海軍関係者は海自に引き抜かれた(民間就職から呼び戻された)が、
    陸軍は完全拒否された(断絶した)わけで

    それまでの企業はどっちかというと文化的・エリート的な側面が強かったが
    戦後以降は根性論が幅をきかすようになったわけ



    夫のカードで“秘密の借金”!?
    「6月危機」に脅えるサラ金妻たち
    http://diamond.jp/series/yuuai/10015/
    頭がすっきりしてようやくわかった。プラザ合意をしかけた人、およびその当時からの公務関係者は馬鹿です。



    ベーシック・インカム、計算してみたんだけど…要は独身者には結婚の権利も機会もなく、国に搾取されるという 弱者を追い詰める結果となる。
    http://www.j-mp.net/archives/50379796.html
    だそうです。



    植民地の日本は米国の参政権を要求すべきです。

    毎年秋に米国から届く「年次改革要望書」とは?


     〈問い〉 毎年秋になるとアメリカから「年次改革要望書」なるものが届くそうですが、どんなもので、いつから始まったのですか? 郵政民営化もここから始まったそうですが、本当ですか? ことしの要望書には何が書いてあるのですか?(福島・一読者)

     〈答え〉 現在の日本は、「今日の世界の国際関係のなかで、きわめて異常な国家的な対米従属の状態」(日本共産党綱領)にあります。軍事・外交だけでなく、日本の経済にも、アメリカの世界戦略とアメリカ独占資本主義の利益のために、従属の強い鎖がかけられています。

     それを象徴的に示しているのが、「年次改革要望書」(正式名称・日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書)です。

     これが始まったのは1993年のクリントン大統領と宮沢首相との首脳会談でした。

     その仕組みとは、(1)毎年秋に、政治・経済のあり方について、アメリカが文書で注文をつける、(2)その注文書にそって、日本政府がその実施方を検討し、実行に移してゆく、(3)その実行状況をアメリカ政府が総括し、翌年春、その成果をアメリカ議会に報告する―というものです。まるで、部下が上司から指示をうけ、その遂行状況を点検されるようなものですが、こういうシステムをつくることに首脳会談で合意してしまったのです。

     このシステムは、いまでも確実に動いています。毎年秋になると、アメリカ政府から「要望書」という形で、アメリカ側の要求一覧が届きます。日本政府はこれを受け取ると、これは農水省の分、これは経産省の分というように仕分けして各省にくばり、担当の省庁がその対応策を研究して、できるものから実行に移してゆく、その進行状況を日米の担当者が定期に集まって点検し、翌年3月には、アメリカ政府がその全成果を「外国貿易障壁報告書」にまとめて議会に報告、日本とのあいだで、貿易の壁を打ち破るうえで今年度はこれだけの成果をあげたと、実績宣伝をするわけです。

     このシステムが、合意の翌年94年から始まり、続いています。「郵政民営化」も、このシステムを通じて要求されました。

     ことしの「要望書」は10月18日付でだされています。その内容は、規制改革路線の継続を迫るもので、具体的には、(1)米企業が強みを持つ医療機器や医薬品分野の市場開放(2)銀行窓口での保険商品販売については今年12月までに全面解禁する(3)物流コストの引き下げ(4)郵政関連では、ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険と民間企業との間で課税や当局による監督基準を同一にする、郵便事業の通関手続きで差別的な取り扱いをしない―などとなっています。

     経済の問題でこんな上下関係が押しつけられて、アメリカの介入が制度化されている国は、日本以外には世界でありません。日本経済を健全化し国民生活を向上させるには、この「異常」をただすことこそが求められています。(喜)



    陰謀論大好き ジャクソン大統領について
    http://hya94ki.blog34.fc2.com/blog-entry-58.html
    デフレギャップで困るなら手っ取り早く10兆ほど刷って配ればいい。



    過去記事 小泉構造改革について「本質は売国政策」と栗本慎一郎氏
    http://archive.mag2.com/0000154606/20050428051859000.html



    過去記事 「団塊の世代を“産廃”や“お荷物”と呼ぶ“異常”」
    http://sun.ap.teacup.com/souun/2575.html



    過去記事 第九回 日本とアメリカ 政府の資金調達
    http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2009/07/21/006173.php



    過去記事 第9回「サブプライム問題はどのようにして起こったか」
    http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm?i=20080814d8000d8



    農業就業者は2億人もあれば十分で沿海部の工場労働者も2億人もあれば十分、
    すると9~10億人がいらん余剰人員になる。故に中国の人口圧力て凄い。
    この余剰人口が国策で全世界に撒かれるかと思うと夜も眠れん。

    人気ブログランキングへ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。