スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010.03.08の備忘録

    3月8日

    人気ブログランキングへ

    元外務省国際情報局長 孫崎享氏の著作によれば
    当時の官僚が米国に対し、日本国益を主張し、ぎりぎりの折衝を続けていると
    旧政権から「あんまり頑張りすぎるな」と釘を刺されたそうである。
    背中から鉄砲を撃たれるとの比喩の如く・・・

    米国やその他の外国が自らの国益のために、日本に圧力や謀略を仕掛けるのは当然の事でありこれを日本が止める事はできない。
    各国の代表はそれが使命であり、そのために負託されているのだから。
    しかし、日本の当事者はこれを防ぎ抵抗する事はできるはずであり、且つすべきでだ。
    日本の代表はそれが使命であり、そのために負託されているのだから。

    金を貰ったかは知りませんが、例えば官僚では国内の出世以外にも、国際機関国連、IMFやBIS等への栄達という餌がありますから、厄介です。
    一例として中川酔いどれ会見失脚の後、米国債大量購入でIMF副理事就任という例があるようです。
    これは副島隆彦氏の指摘で、中川氏は国益を守ろうとしたために嵌められたらしいです。
    事実関係の真偽は確かめようが有りませんが、もし事実なら同志の自民党代議士は何故、真相究明を
    しなかったのか?と思い情けなくなります。



    「デフレ脱却」
    日銀の「ゼロ回答」はあるのか
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/306
    日銀はわざと日本をデフレ地獄に落としてそのあとハイパーインフレにするといった陰謀論をどこかで見たけど、そうであるかと疑いたくなるくらい今の状況はヤバい。すでに世界恐慌時のアメリカよりもじわじわと酷くなっているという記事も前に見た。



    「保育園不足」を見て見ぬふりの文科省
    http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20100308-01-1101.html
    縦割り、年功序列による年齢と地位の比例、現場との隔絶など硬直した社会に限界が来ている。以前から文系が馬鹿すぎると私は言い続けていたけど正確じゃなかった。どうでもいい文系が多すぎる。学問と仕事の相関性がないのになぜか大卒が重要視されている。それでレベルが高いかというと教養という面だけにおいてはそこがピークなんじゃないか勝手ながらに思う。文系という学問は必要な時にいつでも受けれる学問にしたほうがいいと思う。



    「謎の学費」に悲鳴を上げる親が続出!
    高校生ワーキングプア大増殖の真相
    http://diamond.jp/series/yuuai/10013/
    自分も健康面では恵まれた立場にはないけどどうにかなってほしいと心から思う。下手なアウトソーシングで雇用が流出し、弱い立場に人間の雇用がなくなった。私学の乱造でどうでもいい文系が増えてさらに椅子取りゲームが深刻になったと思う。



    北教組のカネと戦闘力
    http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20100308-01-0101.html
    なんでこんな干からびた連中が跳梁跋扈しているのか?いつまでこの国の人間は政治の大根芝居を見続けるのだろう?死ぬまで続けているとあっという間に取り残される。



    中国の重商主義によって米国の雇用は約140万人分の職が失われる結果になる
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/91d6139ad59842c9167b54d3604c1dd5
    ものには良い安さと悪い安さがあって、いいかえると上げる安さと下げる安さになると僕は考えている。冷戦の崩壊で安い労働力ができたと浮かれてできた安さは言うまでもなく下げる安さでありいま世界中がそのしっぺ返しにあっていると思う。



    日中戦争は日本の侵略戦争である、と思い込んでいる人が日本でも非常に多いようですが、これは歴史事実に反する迷信と云わなければなりません。
     戦争のきっかけといわれる盧溝橋事件は、条約によって駐屯していた日本軍に中国軍が違法な発砲をしたことから起こりました。
    事件勃発の4日後に結ばれた現地停戦協定で「(中国)29軍代表は日本軍に遺憾の意を表し、かつ責任者を処分し」と云っている通りです。
     この紛争が本格戦争になったのは上海事件からですが、反日的な論調のニューヨーク・タイムスも「日本軍は中国軍によって文字通り衝突へと無理やり追い込まれていったのである」(8月31日)
    書いているように、中国正規軍がわずか4千の海軍陸戦隊に対して総攻撃をかけてきたのです。
     中国の領土内で戦ったのだから侵略に決まっていると考えるのは、国際法を知らない人と云うべきです。条約に基づき駐屯している軍に違法に攻撃を仕掛けるとそれは自国内であっても侵略行為です。
    日本国内に駐屯するアメリカ軍に自衛隊が違法攻撃を仕掛けたら、日本の侵略となるのです。こんな初歩もわきまえない論が横行しています。



    仰天!性転換カエル登場!
    http://ameblo.jp/fukeiki01/entry-10476168414.html
    これ日本の家畜とか大丈夫なのだろうか?ブラジャー男子なんてのがいたなあ。



    日本も国のファンドを持つべきだ(日本の金を国際金融に差し出せ)とか平気でいう政治家もいたもんね

    利息って基本的に駄目だと思うんだよね…
    土を耕して実って自然から人間のものになった分が基本的に純粋に増えた分になるわけで…

    二宮金次郎は偉かった
    アメリカ軍が占領後に学校の金次郎像を
    見て変なものかと彼を調べたら
    「日本の民主主義者」と云ったとか
    二宮金次郎は勤勉・勤労の人と言うけどそれは

    実は現実的にお金を貸す人だった
    今でいうキャピタリスト
    お金を貸して田畑を耕させ 工事や灌漑をさせて
    土地を自然から人のものにした
    そうして得られた成果が利ザヤであり利息だと考えた 自然の恵みをお金に換えて形にしたものが金次郎の金融でした

    金利とは本来はそうじゃなきゃいけない
    ゲーム感覚でみんなから奪い取るような
    金融にまかせていたら 地球も人類も
    金貸しのものになっちゃいますお(既になってるようなものかもねぇ@@;)

    人気ブログランキングへ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    刈谷瞑考

    Author:刈谷瞑考
    通称天邪鬼。
    以後御見知りおきを。
    バナナはむき身で、ハンバーガーは分解して食べます。
    当ブログはコメントは、
    「固定ハンドルネーム厳守」。
    各自留意されたし☆

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。